承知 しま した 言い換え。 承知いたしました、って英語でなんて言うの?

承知しましたの意味と使い方!敬語?目上の人に使っていい?

承知 しま した 言い換え

「承知しました」とは「 相手に対して理解したという意味の敬語の中で最も使用しやすい言葉」です。 「承知」とは「承諾すること。 事情を理解していること」という意味であり、「承知しました」は謙譲語に値するため、 目上の人や取引先の相手に対して使用する言葉としてふさわしい言葉です。 また、目下の相手に対して使用する場合も見下していない言い方もしくは、相手の意見を尊重するという意味合いを含むことができます。 そのため、目下の相手に対しても使用することが可能です。 現在では多くの企業などのビジネス研修などでも使用を推奨される言葉となっています。 また「承知いたしました」という言葉があり、この言葉は二重敬語として見られがちですが、実は「承知いたしました」は二重敬語ではありません。 「了解しました」とは「 同意を示す敬語として最も誤って使用されることが多い言葉」です。 「了解しました」は 目下の相手や同僚などの身分が自分より低い、もしくは近い相手に使用する言葉です。 ビジネスの場において、目上の相手や取引先の相手に「了解しました」と使用することは相手に対して「経緯を払っていない」と捉えられるため、注意が必要です。 「了解」に「しました」という言葉を付けることで丁寧語になるため、目上の相手などに対して使用されがちですが、丁寧語であって、「謙譲語」ではないため、目上の人に使用することは失礼に値します。 「了解しました」に関しては2010年までは目上の人を敬う言葉としてビジネスの場などで使用されてきましたが、2011年頃から目上の人に対して使用することは不適切だ、という風潮ができ、現在では目下の相手に使用することが基本となりました。 「かしこまりました」とは「 相手に対して理解したという意味の敬語の中で最も尊重を表す言葉」です。 「了承しました・承知いたしました・了解しました・かしこまりました」の4つの中で最も相手を敬う言葉です。 上司などに対し「かしこまりました」を使用することは少し違和感がありますが、直属より上の上司や社長、取引先の相手、お客様に対して使用するのには最適な言葉です。 逆に目下の相手に対して「かしこまりました」を使用することはあまりありません。 「かしこまりました」は相手に対して払う敬意がとても大きい様を表すため、目下の相手に対して使用することは滅多にありません。 最近では目下の相手や友達などの身分の近い存在に対して「かしこまりました」という言葉を違和感なく使うために「かしこまり!」という若者言葉が生まれています。 当たり前ですが、「かしこまり!」は間違っても目上の相手に対して使用しないようにしましょう。 「了承」と「了解」に使い分けが存在するように、「承知」と「かしこまりました」にも使い分けが存在します。 「かしこまりました」は「承知しました」よりもさらに 相手を敬う言葉です。 「承知しました」よりもさらに丁寧に言いたい際に使用すると良いでしょう。 どちらも同じ意味のため、使い分けがとても難しいですが、相手によっては「かしこまりました」は少し固いイメージを持たれることがあります。 無難にどんな相手にでも使用できるのは「承知しました」です。 また、「承知しました」と「かしこまりました」にも意味合いの違いがあります。 「承知」は「何かを 承諾した際に使用する言葉」• 「かしこまりました」は「何かを 理解した際に使用する言葉」 しかし、この2つについては「了承」と「了解」ほど強い違いはないため、基本的には「承諾」と「理解」のどちらでも使用することは可能です。 「了承しました・承知いたしました・了解しました・かしこまりました」のそれぞれの例文を紹介します。 【了承しました】• (目下に対し)内容のチェック、了承しました。 (目下に対し)その依頼については了承しました。 【承知いたしました】• (目上に対し)内容のチェック、了承しました。 (目上に対し)その依頼については了承しました。 【了解しました】• (目下に対し)今回の仕事内容について了解しました。 (目下に対し)作業の進行状況、了解しました。 【かしこまりました】• (目上に対し)作業の進行状況、了解しました。 「了承しました・承知いたしました・了解しました・かしこまりました」の言葉の違いについての記事いかがだったでしょうか。 商談やビジネスメールなどにおいて、この4つはよく使用されるため、しっかり覚える必要があります。 すべて「わかりました」を表す言葉ですが、一つ一つの言葉の意味をしっかり理解していないと使い分けが難しい言葉のため、参考になれば幸いです。 軽くまとめると 【目上に対して使用するもの】• 承知しました• かしこまりました 【目下に対し使用するもの】• 了承しました• 了解しました 『承諾を意味するもの』• 了承しました• 承知しました 『理解を意味するもの』• 了解しました• かしこまりました このように使い分けをすることができます。 ビジネスの場において、言葉の使い間違えは非常に失礼に値するため、しっかり意味を覚えて使い分けができるようにしましょう。

次の

承知いたしましたは敬語?目上の人への正しい使い方とは?

承知 しま した 言い換え

「以後気をつけます」は謝罪の言葉 「以後気をつけます」とは、「今後は気をつけます」という意味です。 つまり、これから努力していこうという姿勢や、謙虚な反省を表す言葉になります。 謝罪のみでは足りない場合も 「以後気をつけます」という言葉を発することで、「その場しのぎの言葉だ」、「何の解決にもなっていない」、「この言葉が信用できない」等と取られてしまうこともあります。 気持ちを込めて言っている側からすると、「謝罪の言葉として何と言っていいかわからない…」と悩んでしまいます。 「以後気をつけます」という言葉を受け入れてもらうためには、この言葉が嫌いな人の理由を知り、対策を案ずる必要があります。 では、そもそも、なぜ「以後気をつけます」という言葉が嫌いなのでしょうか。 この「以後気をつけます」が嫌いな人の理由としては、以下のような意見が挙げられます。 「その言葉では解決になっていない」• 「反省に具体性がない」• 「信用できない」• 「その場しのぎで言っているのではないか」 これらの理由の中でも、特に「反省に具体性がない」から嫌いだと思っている人の割合が非常に高いです。 つまり、「反省をするなら、次に同じ過ちをしないための具体的な案を出しなさい」という人が多いということです。 「以後気をつけます」のビジネスシーンやメールでの使い方 例えば、業務中にミスを上司に報告し、そのミスについて謝罪する時には「同じ失敗を繰り返さないよう、以後気をつけます」といった言い回しになります。 従って、日常生活で使う時と意味や使い方は同じだと思って使ってください。 ビジネスシーンやビジネスメールでの使用例文 例文1. 「このようなことを繰り返さないように、以後気をつけます。 」 この例文は一般的な謝罪やお詫びをする際に使う文章です。 この例文1の代わりに、「今後はこのようなことがないように、以後気をつけます」でも良いです。 この2つの文章はどちらとも、「これから努力していきます」という謙虚な反省を表す綺麗な表現にもなっています。 例文2. 「ありがとうございました。 以後気をつけます。 」 冒頭の「ありがとうございました。 」は、問題解決に尽力していただいたことへの感謝を表した言葉です。 つまり、トラブルを解決する際に、上司や社員の方に手伝っていただいた際に使うことができる文章です。 失敗をすると、誰しも、とにかく謝罪をしなければならないということで頭がいっぱいになってしまいがちです。 しかし、手伝っていただいた際には感謝の言葉を述べることも大事です。 同じ「以後気をつけます」という言葉であっても、言い回しが違えば、伝わってくる雰囲気も異なります。 どような言葉を並べると、より相手に伝わるかを考えて発信する必要があります。 「以後気をつけます」の類語とは 「以後気をつけます」という言葉の類語は、以下のようなものがあり、その数は結構多いです。 「二度とこのようなことはしません」• 「肝に銘じております」• 「猛省しています」• 「失礼いたしました」• 「心がけます」• 「注意いたします」 しかし、この言葉よりは、「以後気をつけます」と言ったほうが反省した気持ちが伝わってきます。 また、より念を押した言い方としては、「二度とこのようなことはしません」といった言い方も誠意が伝わってきます。 しかし、これらの類語は、状況によって使い分けをしなければ不自然な言い方になってしまいます。 そのため、類語を使う際には細心の注意が必要です。 類語の例文 例文1. 「ご指摘いただきありがとうございます。 肝に銘じます。 」 「以後気をつけます」よりもしっかりと失敗を受け止めているような雰囲気がします。 しかし、どちらかというと「肝に銘じます」は、「覚えておきます」といった意味合いが強いので、相手から指摘をいただいた際に使うのが良いです。 例文2. 「今後は充分注意いたします。 申し訳ございませんでした。 」 こちらの誤りを相手から指摘される前に発見し、謝罪する時の文章です。 ビジネスメールで時刻が違っていた等の訂正メールに用いる例文です まとめ 以上のように、類語は沢山あっても、状況によって変えなければさらなる悲劇にあう羽目になってしまいます。 そのため、類語を使う際には、一番適当なものを考え、使う必要があります。

次の

承諾メールの例文と状況別フレーズ【了承いたしました】

承知 しま した 言い換え

「ご承知おきください」の意味・使い方 「ご承知おきください」の意味は「あらかじめ知っておいてください」 「ご承知おきください」の意味は、 「あらかじめ知っておいてください・ご理解ください」となります。 「承知」には、「事情などを知ること」「依頼を聞き入れること」「相手の事情を理解して許すこと」といった意味があります。 「ご承知おきください」の「〜ておく」という表現は、「前もって何かをする」「そのままにする」という意味があります。 「ご〜ください」の「ご」は尊敬を表す接頭語で、「ください」は丁寧語になります。 「承知」は謙譲語の「承る」という文字が含まれているため、謙譲語だと思いがちですが 実は謙譲語ではありません。 「ご承知おきください」は「(これから行うことについて予め)承諾しておいてください・ご理解ください・そのための準備をしておいてください」といった意味合いになります。 「ご承知おきください」は尊敬語だが、目上の相手に使うのは不適切! 「ご承知おきください」は、「(その事を)知っておいてほしいとお願いをする場合」と「(その事を)すでに知っているということを示す場合」に使います。 「ご承知おきください」は文法的に正しい表現であり、尊敬語になります。 しかし「ご承知おきください」は「知っておいてください」といった意味です。 目上の人に対して、目下の者が「知っておいて」というのは 上から一方的に物を決めるような響きがあり、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 したがって、 目上の人へ使うのは避けた方が無難と考えられます。 また「承知」に謙譲語「承る」の「承」が含まれているため、「承知」は謙譲のイメージが強い言葉になってしまいます。 謙譲語は自分を謙って相手に敬意を示す敬語なので、 相手の動作に対して使うのは誤りで失礼にあたります。 目上の相手にふさわしい敬語表現の言い換え・類語 「お含みおきください」は「ご承知おきください」の代わりに使える 「含みおく」は 「心に留めておく」「ある状況を考慮に入れる」「念頭におく」という意味です。 つまり、 「お含みおきください」は、「(相手に対して)事情をよく理解してください」「心に留めておいてください」という意味になります。 「お含みおきください」はお願いをするときによく使われる表現です。 「含みおく」のみであれば「自身の内に秘めておく」という意味合いになり、自分自身に対しても使うことができます。 これが「お含みおきください」となると、「心に留めておいてください」といった意味合いで、相手に 念を押すようなニュアンスが含まれます。 「お含みおきください」のみでも十分意味は伝わりますが、 「お含みおきくださいますようお願い申し上げます」「お含みおきくださいますと幸いです」などとすると、より丁寧な表現になります。 「お含みおきください」は尊敬語「お」+丁寧語「ください」で成り立っているので、目上の相手に対して使うことができる言葉です。 「ご承知おきください」は「お含みおきください」に言い換えることができます。 また「お含みおきください」には、 「公にできない事情があるからどうか察してください」という意味もあります。 「お含みおきください」は使い方によっては、曖昧もしくは内密な依頼や失礼なお願いだと受け取られてしまう可能性があります。 相手に不快感を与えるような言い方にしないよう気をつけましょう。 ・明日より1ヶ月入院のため不在になりますことをお含みおきください。 ・本日は大雨の影響により、運行状況が悪くなっております。 目的地までの所要時間がいつもよりかかりますことをお含みおきください。 注文はネットでお受けできますが、商品の発送は休業明けになるのでお含みおきください。 「何卒お願いいたします」は「お願いします」と思う気持ちをより強く表す 「何卒(なにとぞ)」は、 「どうにかして」「なんとかして」という意味合いで、相手に対して強く願う気持ちを表しています。 「何卒」は、「どうか」「どうぞ」よりも改まった言葉です。 時代劇などで、「何卒!」と目上の人物に懇願しているシーンがありますが、現在では「何卒」単体ではあまり使われなく、後に「よろしくお願いいたします」などといった言葉を付けます。 「何卒」は、公式の場における挨拶やスピーチ、手紙やビジネス文書でよく用いられます。 「お願いします」と思う気持ちをより強く表したい時に、「何卒お願いいたします」と使うことができます。 「何卒お願いいたします」は、丁寧な表現のため目上の相手に対して使うことができ、お願いや依頼をした後の締めの言葉として使うことがほとんどです。 ただ「どうか何卒お願いいたします」「どうぞ何卒お願いいたします」などと、「何卒」と「どうぞ」「どうか」は一緒に用いることはできないので気を付けましょう。 ・恐れ入りますがご理解のほど何卒お願いいたします。 ・今後ともご指導ご鞭撻を賜りますよう何卒お願いいたします。 ・お忙しいところお時間を頂戴できますことを深く感謝申し上げます。 明日の会議につきまして、何卒お願いいたします。 「ご了承願います」は相手に了解・納得を得るために用いられる丁寧な言い回し 「ご了承願います」は自分が行ったことに対して、 「納得してください」「受け入れてください」という気持ちが含まれた表現です。 「ご了承願います」は、 尊敬語の「ご」+「承諾する」を意味する「了承」+「願う」の丁寧語「願います」が組み合わさった表現です。 「ご了承願います」は「どうかご理解いただき、受け入れてくださいますようお願いします」といったように、相手に了解・納得を得るために用いられる丁寧な言い回しです。 「前もってこちらの主張を受け入れてもらいたい、何かあっても悪く思わないでほしい」という意味が含まれます。 「ご了承願います」はまだ始まっていないことや、これから始める段階のことに対して許しをもらうときに使う言葉です。 「ご了承願います」は、口語だけではなく、メールやビジネス文書などでもよく使われます。 ただ「ご了承ください」も尊敬語となりますが、単体で使うと一方的に相手に承諾することを強要するようなニュアンスになる可能性があります。 目上の相手や取引先などに対して使う場合は、 「ご了承願います」「ご了承のほどお願い申し上げます」といった丁寧な表現が適しています。 ご了承願います。 ・ご依頼の件につきましては貴意に添いかねることになりました。 何卒ご了承のほどお願い申し上げます。 ・お返事にお時間をいただく場合がございます。 予めご了承くださいませ。 ・参加希望者が殺到しているため、応募を締め切りさせていただくことがあります。 ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。 「ご容赦ください」の意味は「過失に対して大目に見て欲しい」 「容赦(ようしゃ)」は 「許すこと」「許容する」という意味になります。 「ご容赦ください」といった場合は、「過失に対して大目に見て欲しい」という意味になります。 「ご容赦ください」は、自分の失態に対して相手に「どうか許してください」というお願いを込めて使います。 「ご容赦」は「ご了承」とよく似た言葉ですが、意味は大きく違います。 「ご了承」は「こちらの言い分について理解して受け入れてください」という意味に対して、 「ご容赦」は「こちらの過失について強く反省しているので許してください」という意味になります。 また「ご容赦」には、 相手の理解を求めると共に謝罪のニュアンスも含まれます。 ・当時は混雑が予想されるので、お車でのご来場はご容赦ください。 ・こちらは数量限定商品のため、数に限りがございます。 売り切れの際はご容赦願います。 ご理解の上ご容赦くださいますようお願い申し上げます。 「ご承知おきください」の他に使うべきではない言い回し 「お知りおきください」は上から目線に感じられることがある 「お知りおきください」も正しい文法の敬語表現です。 しかし「ご承知おきください」と同様に「知っておいてください」といったことを目上の人に対して使うと 上から一方的に物を決めるような響きがあり、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 目下の者が、目上の人に対して「知っておいて」ということ自体が失礼にあたります。 目上の人へ使うのは避けた方が無難と考えられます。 「ご了解ください」も上から目線に感じられることがある 「ご了解ください」も正しい文法の敬語表現です。 しかし「ご承知おきください」などと同様に、目上の人に対して「了解しておいて」と言っていることになります。 上から一方的に物を決めるような響きがあり、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 目上の人へ使うのは避けた方が無難と考えられます。 「了解してほしい」ことを伝える場合は「ご了承のほどお願い申し上げます」などと使うようにしましょう。 その他の間違いの多い目上の人に使う敬語表現 敬語は相手に敬意を示すときに使う言葉です。 しかし敬語を間違った表現で使ってしまうと相手に失礼な印象を与えてしまいます。 そこで間違って使うことの多い敬語の正しい表現について紹介します。 「させていただく」という表現は、 「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 「させていただく」は、文化庁では「基本的に他者の許可を得た上で、自分が行うことについて、その恩恵を受けることに対して敬意を払っている場合」に使うのが適切であるとしています。 つまり、 「〜させていただく」は、相手からの要望があった場合にのみ使うことができる表現なので、相手から頼まれていないときに使ってしまうと失礼に当たります。 しかし相手にいちいち許可をとっているか確認することは難しいです。 そこで代わりに使うことができるのが、 「〜しております」「〜いたします」という言葉です。 「〜しております」は、行動が継続・進行していることを表す丁重語になります。 「〜いたします」は、「する」の謙譲語「いたす」+丁寧語「ます」で成り立つ丁寧な表現になります。 「〜しております」「〜いたします」は相手に許可を得ている、得ていないと関係なく使うことができるので非常に便利に使える言葉です。 「取り急ぎ」は急用でも失礼のないように用件を伝えられる言葉で、簡略化した言い回しでもあります。 「取り急ぎ」は、「十分な対応や準備は整っていないけれど、特に急ぐべきこととして」という意味になります。 「取り急ぎ」は「準備が整っていない」という意味を含むので、本来目上の相手に対して使うには失礼に当たります。 「取り急ぎ」を「まずは」と言い換えることによりフォーマルな印象になり、「申し上げます」は「言う」の謙譲語なので、自分を謙った表現になります。 「どうしますか」は日常会話で使用する際は問題ありませんが、ビジネスシーンで使うとなると軽い表現に聞こえてしまいます。 「どうしますか」をビジネスシーンで使うときは、 「いかがでしょうか」「いかがなさいますか」と言い換えます。 「いかがでしょうか」の「いかが」は、成り行きや結果を危ぶむさまを表す形容動詞で、「でしょうか」は「だろうか」の丁寧な表現で、また「いかがなさいますか」の「なさる」は「する」の尊敬語になります。 「どうしますか」は相手に疑問をそのまま聞いているようなイメージですが、「いかがでしょうか」は、 相手に改まって尋ねるというイメージです。 目上の相手に対して使うには「いかがでしょうか」が適切な表現になります。 「了解」という言葉は、尊敬語でも謙譲語でもないので、同等もしくは目下の者に使うようにしましょう。 「了解しました」は「了解」+「しました」で丁寧な言い方になりますが、軽い印象を与えてしまうため、目上の相手に「了解しました」と使うのは失礼にあたります。 「了解」「了解です」も然りです。 目上の相手に使ってはいけない言葉ですが、親しい間柄であれば目上の者に使っても許される場合があります。 目上の相手に対して使えない「了解しました」の代わりに使えるのが、 「かしこまりました」になります。 「かしこまる(畏る)」は「つつしんで目上の人の言葉をお承る」という意味の謙譲語です。 「相手の言ったことを理解し、その言葉に従う」という意味になります。 「かしこまりました」は、謙譲語「畏る(かしこまる)」+丁寧語「ます」なので丁寧な言葉になります。 「かしこまりました」は丁寧な表現なので、主にお客さまや取引先などに対して使用するのが良いです。 「かしこまりました。 「参考になる」には、 「自分の考えの足しにする」「相手を評価する」というニュアンスが含まれます。 また「参考になりました」は相手からすると、「参考になる程度だったのか」と思われてしまう可能性があります。 そこで「参考になりました」の代わりに使えるのが 「勉強になりました」になります。 「勉強」は、「良い経験となった」「役に立った」という意味です。 つまり、 「勉強になりました」と言うことで、「学ぶことができて感謝申し上げます」という意味合いを強く表すことができます。 また、「今回こうしてアドバイスを受けることができ大変勉強になりました。 今後に役立てたいと思います」といったように、助言のおかげで知識が身についたことや、今後の活動に活かして行きたいといった旨を伝えることで相手に好印象を与えることができます。 「ご承知おきください」の英語表現 「ご承知おきください」の英語表現を見ていきましょう。 ビジネスシーンなどでフォーマルに「知っておいてください」と言うときに最適な表現は、 ・Please note that... をご承知おきください) ・We hope you understand that... などになります。 この「note」は学習ノートのノートではなく、動詞で「... を覚えておく」を意味します。 その他にも、もう少しカジュアルな表現ですと、 ・Please keep in mind that... ・Please be aware that... 日常会話で使う程カジュアルな表現だと、 ・Give a thought. (ちょっと考えておいてよ) ・Just think about it. (同上) それでは例文です。

次の