厚揚げ 人気レシピ。 厚揚げとベーコンで作る人気レシピまとめ!お酒のおつまみにもぴったり!

厚揚げ豆腐のあんかけ 簡単節約人気レシピ

厚揚げ 人気レシピ

厚揚げについて 厚揚げは1丁から半丁程度の大きさに切った豆腐を油で揚げたものです。 タンパク質と脂質が多く、ビタミンKとカルシウムが豊富に含まれています。 油で揚げているのでカロリーが高そうと思われがちですが、栄養価は木綿豆腐と比べるとカルシウムは約2倍、鉄分は3倍、たんぱく質はなんと5倍も多いといわれています。 しらす干し、鮭、いわしなどのビタミンD、キャベツやブロッコリーなどのビタミンCと一緒に摂取すればカルシウムの吸収率もアップし、骨や歯の健康維持、骨粗骨粗鬆症予防などにもつながります。 高たんぱくでボリュームがある食材なので、ダイエット中でも安心して食べられます。 油が気になる方は油抜きをしてから調理するとよいでしょう。 厚揚げの調理法について 厚揚げには多彩な調理法があります。 そのまま焼くだけでももちろん良いのですが、手を加えるとより一層美味しくなります。 豆腐と比べると型崩れしにくく、コクと深みを与えてくれるので煮物、炒め物などにもよく使われます。 煮物や炒め物の他にあんかけをかけたり、卵でとじたり、淡白な味の厚揚げなのでどんな味付けにも合うのが魅力です。 和食だけでなく、中華料理や韓国料理、ベトナム料理にも登場する万能食材で、欧米でも豆腐がヘルシー食材として注目されています。 調理する前に沸騰させたお湯で茹でる「油抜き」をすると、厚揚げのタンパク質が固まってうまみが逃げないだけでなく、油の独特なにおいを消したり、調味料の吸収率をアップしてくれるのでおすすめです。 レンジであらかじめ作っておいた油淋鶏のタレに、みじん切りにした白ねぎと白ごまを入れて混ぜておきます。 厚揚げをお好みの大きさに切って、油を敷いたフライパンで厚揚げをよく焼きます。 焼けたらお皿に盛り付け、油淋鶏のタレをかけたらできあがりです。 簡単で美味しくてヘルシーな一品ができるレシピです。 厚揚げは食べやすい大きさに切っておきます。 豚ひき肉を火が通るまで炒めたら、厚揚げと合わせ調味料を入れてざっくり混ぜ、最後に水溶き片栗粉でとろみをつけたらできあがりです。 豆板醤の代わりにラー油、コチジャン、一味唐辛子で代用してもおいしくできます。 簡単であっという間にできるご飯がすすむレシピです。 小松菜はきれいに洗い3等分にカットし、厚揚げは半分に切ってから1cm幅位にカットします。 ごま油を敷いたフライパンで小松菜の芯を炒め、しんなりしてきたら葉を加え炒めます。 炒めた小松菜を一旦お皿に取り出し、厚揚げをや焼きます。 小松菜をもどし、合わせ調味料で味付けをしたらできあがりです。 材料2つで簡単にできる栄養満点なレシピです。 納豆は蒸した大豆に納豆菌を加えて作る、ねばねばと糸を引くのが特徴の発酵食品です。 炊き立ての白米によく混ぜた納豆をかけ朝食に食べる人が多く、日本人のソウルフードとも言えます。 日本特有の食品である納豆の起源は古く、11世紀の書物に納豆の記載があります。 江戸時代には商品化され、既に朝食の定番だったようです。 特に関東以北や九州地方で好まる一方、関西では嫌われているとも言われており、独特の匂いや粘りが苦手な人が多いのも確か。 そこで今回は、納豆嫌いな人も好きになる、白米にかけるだけじゃない納豆のアレンジレシピをまとめました。 納豆のパスタ、ごはん、パン、おかず、オムレツレシピのカテゴリに分け紹介します。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

厚揚げとひき肉の人気レシピまとめ!煮物やあんかけなどアレンジ多彩!

厚揚げ 人気レシピ

SPONSORED LINK ご飯ススム~厚揚げと豚ひき肉 まずは「ご飯ススム~厚揚げと豚ひき肉」を紹介します。 「きのことネギをプラスしました」 「とっても簡単でした」 「何度もリピしています」 と、コメントいっぱいです。 しっかり片栗粉で固めれば お弁当にも入れれますよ~ 簡単うまうま厚揚げの照り焼き 次は「簡単うまうま厚揚げの照り焼き」を紹介します。 簡単うまうま厚揚げの照り焼き 材料 厚揚げ・・・・・1袋 片栗粉・・・・・適量 いりゴマ・・・・少々 しょうゆ・・・・大さじ2 みりん・・・・・大さじ1 砂糖・・・・・・大さじ1 クックパッドで人気 つくれぽは3000人を越えています。 厚揚げだけで作れるからいいですよね~ 小松菜と厚揚げの生姜炒め 次は「小松菜と厚揚げの生姜炒め」を紹介します。 生姜がきいて 美味しい~とコメントいっぱいです。 緑の小松菜がいいですね~ 子供に食べてほしいレシピです。 厚揚げと鶏肉の和風とろとろ煮 次は「厚揚げと鶏肉の和風とろとろ煮」を紹介します。 見た目のトロトロ感がいいですね ご飯に乗せて丼にも出来そう! 厚揚げ油淋鶏 次は「厚揚げ油淋鶏」を紹介します。 本当は鶏で作るユーリンチー 厚揚げで簡単に作れるなら 覚えていたいですね! SPONSORED LINK 生姜の効いた大根と厚揚げの煮物 次は「生姜の効いた大根と厚揚げの煮物」を紹介します。 生姜の効いた大根と厚揚げの煮物 材料 (4人分) 大根・・・・10cm位 厚揚げ・・・1パック 三度豆・・・5本 生姜薄切り・・・4枚~ 出汁・・・・・・水400cc 和風だしの素・・・小さじ1 砂糖・・・・・・・大さじ1 醤油・・・・・・・大さじ2 酒・・・・・・・・大さじ1 みりん・・・・・・大さじ1 大根の煮物も美味しいですよね~ 2日目の染みた感じも好きです。 チンするだけの厚揚げチーズ 次は「チンするだけの厚揚げチーズ」を紹介します。 チンするだけの厚揚げチーズ 材料 厚揚げ・・・・・1つ スライスチーズ・1枚 麺つゆ・・・・・大さじ1 水・・・・・・・大さじ1 刻みネギ・・・・適量 お酒のおつまみにもピッタリ! レンジで簡単なので 男性でも作れます! 厚揚げの煮物 次は「厚揚げの煮物」を紹介します。 厚揚げの煮物 材料 厚揚げ・・・・2枚 水・・・・・・2カップ弱 砂糖・・・・・大匙2 顆粒和風だしの素・・小匙1 醤油・・・・大匙2 みりん・・・大匙1 酒・・・・・大匙1 母の味というか お婆ちゃんの味を思い出すレシピ ほっこり優しい味に仕上げて作りたいですね。 お勧めのレシピ 茄子と厚揚げの照り焼き 次は「茄子と厚揚げの照り焼き」を紹介します。 茄子と厚揚げの照り焼き 材料 厚揚げ・・・・2枚 茄子・・・・・1本 片栗粉・・・・大さじ2 砂糖・・・・・大さじ2 みりん・・・・大さじ1 醤油・・・・・大さじ2 白ごま・・・・大さじ1 私の好きな茄子! 厚揚げと一緒に作って 照り焼きの味付け! 私の作りたいレシピです! いかがでしたか? 厚揚げ豆腐だけで いろいろなレシピが楽しめるので せひ覚えて作ってみてくださいね! SPONSORED LINK•

次の

厚揚げ豆腐の美味しい人気 1位レシピは? つくれぽ1000以上

厚揚げ 人気レシピ

厚揚げについて 厚揚げは1丁から半丁程度の大きさに切った豆腐を油で揚げたものです。 タンパク質と脂質が多く、ビタミンKとカルシウムが豊富に含まれています。 油で揚げているのでカロリーが高そうと思われがちですが、栄養価は木綿豆腐と比べるとカルシウムは約2倍、鉄分は3倍、たんぱく質はなんと5倍も多いといわれています。 しらす干し、鮭、いわしなどのビタミンD、キャベツやブロッコリーなどのビタミンCと一緒に摂取すればカルシウムの吸収率もアップし、骨や歯の健康維持、骨粗骨粗鬆症予防などにもつながります。 高たんぱくでボリュームがある食材なので、ダイエット中でも安心して食べられます。 油が気になる方は油抜きをしてから調理するとよいでしょう。 厚揚げの調理法について 厚揚げには多彩な調理法があります。 そのまま焼くだけでももちろん良いのですが、手を加えるとより一層美味しくなります。 豆腐と比べると型崩れしにくく、コクと深みを与えてくれるので煮物、炒め物などにもよく使われます。 煮物や炒め物の他にあんかけをかけたり、卵でとじたり、淡白な味の厚揚げなのでどんな味付けにも合うのが魅力です。 和食だけでなく、中華料理や韓国料理、ベトナム料理にも登場する万能食材で、欧米でも豆腐がヘルシー食材として注目されています。 調理する前に沸騰させたお湯で茹でる「油抜き」をすると、厚揚げのタンパク質が固まってうまみが逃げないだけでなく、油の独特なにおいを消したり、調味料の吸収率をアップしてくれるのでおすすめです。 レンジであらかじめ作っておいた油淋鶏のタレに、みじん切りにした白ねぎと白ごまを入れて混ぜておきます。 厚揚げをお好みの大きさに切って、油を敷いたフライパンで厚揚げをよく焼きます。 焼けたらお皿に盛り付け、油淋鶏のタレをかけたらできあがりです。 簡単で美味しくてヘルシーな一品ができるレシピです。 厚揚げは食べやすい大きさに切っておきます。 豚ひき肉を火が通るまで炒めたら、厚揚げと合わせ調味料を入れてざっくり混ぜ、最後に水溶き片栗粉でとろみをつけたらできあがりです。 豆板醤の代わりにラー油、コチジャン、一味唐辛子で代用してもおいしくできます。 簡単であっという間にできるご飯がすすむレシピです。 小松菜はきれいに洗い3等分にカットし、厚揚げは半分に切ってから1cm幅位にカットします。 ごま油を敷いたフライパンで小松菜の芯を炒め、しんなりしてきたら葉を加え炒めます。 炒めた小松菜を一旦お皿に取り出し、厚揚げをや焼きます。 小松菜をもどし、合わせ調味料で味付けをしたらできあがりです。 材料2つで簡単にできる栄養満点なレシピです。 納豆は蒸した大豆に納豆菌を加えて作る、ねばねばと糸を引くのが特徴の発酵食品です。 炊き立ての白米によく混ぜた納豆をかけ朝食に食べる人が多く、日本人のソウルフードとも言えます。 日本特有の食品である納豆の起源は古く、11世紀の書物に納豆の記載があります。 江戸時代には商品化され、既に朝食の定番だったようです。 特に関東以北や九州地方で好まる一方、関西では嫌われているとも言われており、独特の匂いや粘りが苦手な人が多いのも確か。 そこで今回は、納豆嫌いな人も好きになる、白米にかけるだけじゃない納豆のアレンジレシピをまとめました。 納豆のパスタ、ごはん、パン、おかず、オムレツレシピのカテゴリに分け紹介します。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の