新型 ハリアー 最新 情報。 【新型ハリアー 最新情報】2020年6月発売「RAV4の対抗馬となれるか」最新情報を徹底紹介|トヨタ

【新型ハリアー 納期 最新情報】2020年6月 納車まで、半年以上かかる!?グレード別情報

新型 ハリアー 最新 情報

パノラマルーフは意外なことにトヨタ初登場 ベンツなど外国車などではパノラマルーフ車が多くなっており、ハリアーに遊び心を求める要望に応えそうです。 ハリアーの評価、口コミ 初代モデルはオフロード車の高い車高とユーティリティーを持ちながら、スタイリッシュなデザインとセダン並みの乗り心地を持ち、上質な内装が特徴でしたが、その伝統は現行モデルにも受け継がれています。 レクサスRXへのモデル集約により国内では一旦販売が中止されながらも、根強いファンの声に応えて国内専用車として2013年に復活し発売されたのが3代目のハリアーでした。 3代目ハリアー復活から6年が経過し、新型4代目ハリアーが2020年7月に登場しました。 ハリアーのグレードはエントリーグレードの「S」、中間グレードの「G」、上級グレード「Z」の3グレード構成になっています。 「S」標準グレード• 「G」中間グレード• 「Z」上級グレード 標準グレード「S」ではT-Connect SD ナビゲーションシステムがオプションでも取り付けられません。 実質的には 中間グレードの「G」以上を検討することになります。 ヘッドランプはデザイン変更を実施、3眼のLEDとシーケンシャルウィンカー (流れるウィンカー)が組み込まれ、切れ長でにらみの効いた表情になりました。 特徴的な樹脂製のグリルデザインも変更されるともに、グリル中央の鷹をモチーフにしたハリアー専用エンブレムのデザインも変更されています。 デビューから6年たっても旧型ハリアーの外観は評価が高い インテリアについては新型でも「装飾パネルなどの素材感が上質で、見た目の高級感は最高」「デザインにおもてなしの心を感じ、くつろげる室内」と高評価です。 クラウンなどの国産高級車を思わせる内装デザインと質感で、乗車した時の目線の高さが無ければ、SUVに乗っていることを忘れてしまいそうなほどです。 「ゆったりとした走りで、ロングドライブでも疲れない」「室内は静かで、ステレオの音がよく聞こえる」とトヨタの高級車らしい柔らかな乗り心地や静粛性も評価は良いのですが、特に2. 0Lのガソリン車のパワーは不足気味。 走り出しや追越しなどではストレスを感じる声もあり、2. 0トン近い車重に対して、2. 0Lガソリン車の動力性能の評価は高くありません。 新型ハリアーとの競合商談では形勢不利なため大幅値引きが期待できそうです。 5ダウンサイジングターボがあり、 ホンダらしい走りの質が最大の武器です。 アメリカで売れている車だけあって、内装も広く居住性も魅力です。 サイズ的にはこのCX-5がハリアーのライバルですが、価格的には ワンサイズ上のCX-8も検討対象になります。 クリーンなボディラインながらも、ひと目でハリアーと分かるデザインは、コンセプトを変えずにブランドを積み上げてきた賜物で、高級SUVとしては レクサス以上のステイタスも感じます。 インテリアはクラウンの手法をそのまま引き継ぎ、日本人好みの「見るだけでわかる高級感」にあふれています。 ゴルフバックが4個積めるユーティリティーの高いラゲッジもあり、マルチパーパスな高級車としてのハリアーに死角はありません。 ややアンダーパワーな2. 0Lガソリンエンジンと、燃費重視のハイブリッドのみのパワーユニットで、パワフルなイメージが無いのは残念です。 旧型の 2. 0Lターボエンジンの復活を求めます。 弱みは走りと価格の割高感 本格的なオフロード走行を想定していない4WDシステムは、ハリアーの弱みです。 ガソリン車は電子制御ビスカスカップリングを使用したスタンバイ方式、ハイブリッドではリアの駆動にモーターを使用したE-Fourです。 もっともトヨタには本格的なオフロードモデルのランドクルーザーやプラドがありますので、 なんちゃってオフロード車のハリアーは、街中や高速で快適であれば問題が無いのかもしれません。 それよりも 上級モデルで500万円の高価格がハリアーの弱みです。 ハイブリッドでも350万円でおさまる日産 エクストレイル、ディーゼルモデルで300万円ちょっとのマツダ CX-5に心が動くユーザーも多そうです。 フルモデルチェンジで、旧型ハリアーにあった 2. 0Lターボエンジンが廃止となったのは意外でした。 0自然吸気エンジンはRAV4やレクサスUXに搭載されている定評あるM20A-FKSエンジン。 ただし、非ハイブリッド車ではホンダの1. 5Lターボが秀逸なため、ハリアーの2. 0Lエンジンでも見劣りします。 また、マツダの2. 5Lターボもこのクラスの他社メーカーではない強烈なパワーとトルクが魅力的です。 ハリアーのエンジン性能 最大出力 最大トルク 燃費 ハイブリッド 2. 6kgf・m) Rモーター(4WD) 40kW(54ps) 121N・m(12. 3kgf・m) 2. エンジンの構成はRAV4と同じです。 ホンダCR-Vのエンジン性能 最大出力 最大トルク 燃費 ハイブリッド 2. 0~25. 6~15. マツダCX-5のエンジン性能 最大出力 最大トルク 燃費 ガソリンエンジン 2. 2~12. 6~19. これだけあると自分の好みの走りを選べます。 また、値段も格安で、ハリアーを買う算でワンサイズ上のCX-8も購入できるので迷いが生じそうです。 ライバルとのエンジン性能でいうと、ホンダCR-Vが最優位です。 ダウンサイジングターボとスポーツハイブリッドという組み合わせは他社の トヨタセーフティセンスは全車標準装備 プリクラッシュセーフティ採用の予防安全装備「Toyota Safety Sense」は、歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼間)を検知対象に加えた最新のものです。 トヨタ車初採用の録画可能デジタルインナーミラー ハリアーの注目点は、走行中の前後方向映像が録画可能な「デジタルインナーミラー」をトヨタで初採用したことです。 オプション価格が気になりますが、こういった最新装備はハリアーには必要なものです。 価格は¥2,949,480~¥4,953,960と若者には高めですが、装備内容や誰でも知っているブランド名を考えれば、リーズナブルともいえます。 弱点だった先進安全装備もセーフティセンスが標準装備化され、レザー仕様のラグジュアリーモデルも準備されるなど商品力は大幅に向上しました。 1クラス下で、トヨタの世界戦略SUVの RAV4が発売されましたが、斬新なデザインとフレッシュな魅力のあるRAV4か、安定感のあるハリアーかで悩む人は多そうです。 トヨタハリアーの商談に行く前に… 人気の新型ハリアーを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか? 一般の方はディーラーの価格交渉で、 百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。 そこで、 どうやって目標値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます! 値引きテクニック 【新車値引き裏ワザ】面倒でもディーラーに行く前に車の査定額を出しておく ディーラーへ商談に行く前に面倒でも下取り価格の調査をして行きましょう! ネットで手軽に査定できるので商談前に査定して、 ディーラーの下取り価格が適正なのかどうか判断ができるようにします。

次の

【新型 ハリアー 最新情報】デザイン、サイズ、パワートレイン、ボディカラー、価格など、フルモデルチェンジ情報まとめ

新型 ハリアー 最新 情報

引用: 新型は長くワイド、そして低くなり、より流麗でスタイリッシュなクーペスタイルに。 引用: 3代目ハリアーの衝撃から7年。 年月を感じさせないカッコいいデザインでモデルチェンジが名残惜しいです。 新型ハリアーは現行型よりも車体が長く低くなったことで、よりシャープでスタイリッシュな印象に。 レクサスや輸入車のような雰囲気に近づいたような印象を受けました。 同じミドルサイズSUVで先に登場したRAV4との棲み分けを図るためか、思い切ったクーペデザインでさらに高級感や都会派の方向に振り切った感があります。 現行が大人気車種でカッコいいデザインでしたので、今回のフルモデルチェンジでは改悪の心配もしてましたが、ハリアーらしさを残しつつ、めちゃくちゃカッコよくなったのではないでしょうか。 引用: エンブレムがこれまで採用されてきたハリアー専用エンブレムからトヨタマークへ。 今までのハリアーファン目線では少し寂しい変更かもしれませんね。 ヘッドライト内部のデザインは新型ヤリスに採用されているデザインに似ていますね。 ヘッドライトのデザインはグレードによって異なります。 レクサスUXやポルシェ マカンのように中央のトヨタマークから左右のリアコンビネーションランプをLEDテールランプで繋げた先進的で洗練されたワイド感のあるデザインになっています。 『低く広く』が表現されたデザインでしょうか。 引用: 高級感のある大人のセンスがちりばめられた空間になっています。 個人的にも非常に高級感があって好きなのですが、ステアリングがチープに感じることが引っかかりました。 (汗) 内装色は、ファブリックシートのグレードにはブラック、ブラウン、グレーの3種類。 本革シートのグレードにはブラック、ブラウンの2種類が用意されているようです。 新型ハリアーはいつ発表日? 先行受注の開始日はまだ決まっていませんが、原稿のオーダーが打ち止めになってから1~2週間程度で新型の先行受注が始まると予想しています。 すでに現行型の注文がストップになっているディーラーも多いのでスケジュールを考慮すると4月中にオーダー可能になるかもしれません。 先行受注時はカタログもない状態での注文になります。 モデリスタ等々のカスタマイズをする方はカタログがディーラーに届く6月17日まで待った方が無難ですね。 ? 現時点で新型ハリアーの正式なカタログはまだありません。 正式なカタログは新型ハリアーの発表日である6月17日に各ディーラーに届きますので、その日にトヨタディーラーに訪問すればもらえるはずです。 ちなみに、発表前のプレカタログがディーラーに配布されているので、欲しい方はトヨタディーラーに行ってみてはいかがですか? ? 実際に貰っている方もたくさんいますよ。 新型ハリアーの燃費 新型ハリアーの燃費は現在まだ公開されていない状況ですが開発の目標値が以下の通りです。 WLTCモードといい、実燃費に近い燃費測定方法が採用されています。 あくまでも開発目標値なので発表時には変わっている可能性もありますが、おおよそこれくらいの数値になっていると思われます。 同じパワートレインを持つRAV4のカタログ燃費値と比較すると、ガソリン車は2WD,4WDは0. ハイブリッド車は1. 6~1. 装備が充実している分、車重が重いのだと思います。 しかしながら、間違いなく1500kgを超えてくる車重のクルマですから、この燃費値は十分ではないでしょうか。 残念ながら7人乗りの設定はありません。 マイナーチェンジや特別仕様車の投入時に3列シートの追加に期待です! 新型ハリアー価格・値段を予想 新型ハリアーの価格を新型ハリアーのグレード 新型ハリアーのグレード体系は上から『Zレザーパッケージ』『Z』『Gレザーパッケージ』『G』『S』の全5種類。 各グレードにハイブリッドとガソリン車の設定があり、どちらも2WDと4WDの選択が可能となっています。 スペック、装備などを考慮して徹底予想。 5L FF 410~515万円 新型ハリアーのスペックや詳細 新型ハリアーのスペックや詳細を現在分かっている範囲で見ていきましょう。 TNGA(Toyota New Global Architecture)というトヨタの「もっと良いクルマづくり」を実現するための新しいプラットフォームが採用されます。 トヨタ車ではカムリ、RAV4ですでに採用されており、評判は抜群。 新型ハリアーでは、超高張力鋼やアルミ材などを積極的に採用し、軽量化高剛性化が図られました。 ボディ剛性はなんと現行型から1. 78倍向上。 今まで『走り』に対してはあまりよい評判のなかったハリアーですが、大幅に乗り心地や走行性能、安定性などが向上することは間違いないと思います! 0L NA 以上の2種類となっていて、現行型には用意されている2. 0Lターボがなくなっています。 どちらもRAV4と共通のものとなっています。 5Lハイブリッド カムリやRAV4と共通のパワートレイン。 また、新型ハリアーにはリチウムイオンバッテリーが新しく採用されています。 従来のバッテリーよりも小型軽量化できたことで後席座席下に配置され、ラゲッジスペースがガソリン車と同じスペースが確保。 さらに低重心化されています。 0L NA RAV4で採用された ダイナミックフォースエンジンが採用。 これにダイレクトシフトCVTという発進用の1速ギアが用意されたCVTが組み合わさせられます。 これによりCVTの欠点である、発進時に回転数ばかりあがり、速度が出ていないラバーバンドフィールが改善されます。 さらに、 10速シーケンシャルシフトマチックも採用されスポーツ走行も楽しめる仕様になるようです。 長さも幅も少し大きくなりましたが、高さが30㎜引き下げられたことで、よりスタイリッシュなイメージに。 【全幅1,850mm】がマンションなどの駐車場では最大サイズとなるところが多いので、1,855mmの全幅が購入の大きなネックになる方も多いのでは? ホイールベースは現行の2,660mmから2,690mmと30mm伸びたことで走行安定性の向上が期待されます。 新型ハリアーのボディカラー 新型ハリアーのボディカラーには以下の全7色が展開されるようです。 スレートグレーメタリックに関しては新型ハリアーのために開発された完全新色です。 内装色は、ファブリックシートのグレードにはブラック、ブラウン、グレーの3種類。 本革シートのグレードにはブラック、ブラウンの2種類が用意されているようです。 新型ハリアーを購入を検討している方へ ハリアーは現行型でも人気車ゆえ値引が渋い車種でしたので、新型は相当値引きが渋いことが予想されます。 なので新型ハリアーの購入を検討している場合は、今乗っているクルマの査定額が非常に大事になってきます。 新車の見積りを作ってもらう前に、今のクルマがだいたいどれくらいで売れるのかを把握しておくことがおすすめ。 新型ハリアーの購入時にできるだけ金額を抑えたい場合は、ディーラー下取ではなく買取専門店がおすすめです。 聞いたことがある方がほとんどだと思いますが、買取専門店ではディーラー下取よりもかなり高額で売却が可能です。 筆者のクルマはディーラー下取と買取専門店で40万円ほど差が出ました。 基本的にどこでも査定は無料なのでできるだけ高く売りたい方はまずは査定だけしてみてはいかかがでしょうか? 元ディーラー営業マンの筆者がおすすめの無料買取専門店をいくつか紹介するので、気になる方は使ってみてください。 実際に売却したい場合には、1度だけの査定で最大5000社のオークションを受けることができ、高額売却が期待できます。 買取価格が非常に高いので筆者も何度か利用しています。 古い車の専門店で、他社で値段がつかないクルマでもかなりの高額買取してくれます。 どれも無料ですので、新型ハリアーの購入を少しでも検討している方は試してみてはいかがでしょうか。 7人乗りはなし。

次の

【新型ハリアー 納期 最新情報】2020年6月 納車まで、半年以上かかる!?グレード別情報

新型 ハリアー 最新 情報

新型は未来志向のデザインを採用!! ハリアーは6月17日にフルモデルチェンジし発表、発売することが確定した。 これまではトヨペット店の専売車種だったが、今年5月からは全国規模でトヨタブランド車は全系列店併売になるため、新型ハリアーはその第1弾となる。 現在、トヨペット店を中心に社内資料としてデジタルデータの第1弾車両情報が流され始めているところである。 申し訳ありませんでした) 新型ハリアーの予想CG。 プラットフォームは当然のことながら、次世代のトヨタのクルマ作りの考え方である「TNGA」を採用し仕立てる。 エクステリアデザインは販売店に提示されているサイトではカムフラージュされたスケッチのみで明らかになっていない。 ただ現行のオーソドックスなソフトなボディラインよりもやや直線を強めたワイルド感のあるSUVシェルを強調した仕立てを想わせる。 フロントマスクは横長のグリルと片側3連ヘッドランプをクリアガラスに埋め込んだ意匠はどことなく未来志向の新型ハリアーであることを感じさせる。 ホイールベースは2690mmで30mm延長、トレッドは前1605mm、後1625mmであるから、それぞれ45mm、55mm拡大しているので、走行安定性はかなり向上させたレイアウトであると予想できる。 最低地上高は195mmで現行モデルよりも5mm引き上げることでRAV4並みの悪路走破性を実現する。 最小回転半径は5. 5mで現行モデルよりも30~40mm短縮し全長を伸ばしながらフロントのオーバーハングを短縮することで取り回しのよさを実現している。 新型ハリアーは現行よりも前後のオーバーハングが切り詰められる。 これにより大型化されても最小回転半径は短くなり取り回し性も向上している 待望のFFのハイブリッドを新設定 パワーユニットは2L、NAガソリン、2. 5Lハイブリッドで、いずれも2WD(FF)、4WDとの組み合わせ。 従来モデルに比べると2Lターボを廃止し、2. 5Lハイブリッドはこれまで4WDのみだったのを2WDも加えることで、ハイブリッドモデルの販売構成比は従来の30%程度から半分以上と倍増することになる。 トランスミッションはRAV4同様にいずれもCVTとの組み合わせとなる。 2Lターボが廃止となるので6ATもなくなる。 新型ハリアーは、2Lガソリン、2. 5Lハイブリッドのそれぞれに対し2WD(FF)と4WDを設定。 現行モデルにないハイブリッド+FFを新設定するのがトピック 2LガソリンNAと2. 5Lハイブリッドのパワーユニットそのものはキャリーオーバーだから、基本的な性能数値は大きく変わらないが、新設のプラットフォームや足回りの強化、ボディ剛性の向上、軽量化などで大幅な走りのポテンシャルアップを図っているはずである。 グレード体系を刷新し安全装備を充実 グレード構成は従来のエレガンス、プレミアム、プログレスといった呼称は使わず、上級からZ、G、S(ベース車)の3タイプとし、Z、Gについては本革のレザーパッケージを設定している。 すべてのグレードに2つのパワーユニットとFFと4WDが用意され、充実したラインナップを形成している。 安全対策のトヨタセーフティセンスやその他の装備は現行クラウン、アルファード/ヴェルファイア並みに充実強化される。 先行車発進お知らせ機能は新型ヤリスなどコンパクトクラスに先行採用されているが、今回の新型ハリアーにも標準装備される。 衝突被害軽減ブレーキの自動ブレーキ作動は従来の40km/hから50km/hに引き上げられる。 障害物検知機能も歩行者はこれまで昼間のみだったのを夜間や自転車も加わる。 新型ハリアーで新しく追加される安全装備はデジタルインナーミラーでドライブレコーダーが前後方向で組み込まれるのが、他車に先駆けた装備となる。 新型ハリアーでは衝突被害軽減ブレーキは自転車検知機能も付加される 現行ハリアーは歩行者の検知に関しては昼間のみとなるが、新型では夜間も付加され進化 今や当たり前の装備となってきているACCは全車速域対応だ RAV4とはキャラクター、価格も差別化 これらクオリティアップ、走行性向上、新開発のプラットフォーム、安全利便性の向上によってかなりのコスト高になるため、車両価格は従来に比べて20万円以上のアップになる見込み。 現行RAV4は車両本体価格が265万~390万円であるが、新型ハリアーは320万~520万円程度と予想されるため、両車は55万~130万円もの価格差となる。 RAV4は優れたオフロード性能がセールスポイント。 最上級モデルのダイナミックトルクベクタリングAWDは新型ハリアーには搭載されないだろう RAV4がラフロードにも強い4WD中心のラインナップになっているのに対して新型ハリアーは2WD中心でシティ走行に向いたハイクオリティを志向したコンセプト分けで違いを強調する。 同じようなパワーユニットを搭載しながら、これだけ大きなコンセプト分けを図るのは珍しいケースである。 シティSUVとして確固たる地位を築いているハリアーは新型でもこのコンセプトを踏襲。 一番の売れ筋はハイブリッド+FFとなると予想(画像は現行ハリアー) 5月中旬から事前予約を開始!? 月販3000台あたりを当面の目標とする見込みだが、4系列店併売のセールスパワーであればRAV4並みの5000台も視野に入りそうだ。 現行モデルは4月5日まで受注を受け付ける。 ただ3月初旬の段階で2Lターボの生産はほぼ終了状態にある。 今購入すればナビ、ETC付きで35万円以上の値引きが可能な状況にある。 こちらの納期は5月となっている。 2017年のマイナーチェンジで2Lターボを追加したが、新型には2Lターボは設定されず。 2020年3月初旬の段階ですでに生産中止になっている可能性が高い 次期型の先行予約の開始はゴールデンウィーク明けの5月中旬あたりの開始になると思われる。 「収益性の高い人気モデルだから、新型車には大きな期待を寄せている」(首都圏トヨペット店営業担当者) というように、新型ハリアーは販社にとって重要なモデルと受け止め、期待を寄せている。 価格は現行より20万円以上高くなることが確実視されている新型ハリアーが 日本のSUVブームの火付け役 現行ハリアーを上回る人気になるかどうか注目だ.

次の