大 江山 いく 野 の 道 の 遠けれ ば まだ ふみ も 見 ず 天 の 橋立。 十訓抄『大江山』品詞分解のみ

百人一首/小式部内侍(こしきぶのないし)

大 江山 いく 野 の 道 の 遠けれ ば まだ ふみ も 見 ず 天 の 橋立

百人一首いろいろ 水野琥珀 つれづれに母娘の歌をご紹介しましたが、今回は小式部内侍の歌にいたしましょう。 母である和泉式部の歌は以前にご紹介していますね。 情熱的な歌人であった和泉式部。 恋に生き、身も心も捧げ尽くす恋をすることが出来た彼女です。 その娘はいったいどんな女性だったのでしょうか。 大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみもみず 天の橋立 大変に有名な歌ですからご存知の方も多いことでしょう。 この歌にはこんないきさつがあります。 「金葉集」に収められている歌ですが、その詞書にはこうあるのですよ。 だいたいの所をご紹介いたしましょうね。 この歌が詠まれた当時、母の和泉式部は何度目かの夫である藤原保昌という官吏と共にその任国である丹後に下っていました。 和泉式部はその恋の遍歴以上に歌人としての名の高い女性です。 その母不在の折、小式部内侍に歌合せのための歌を詠むよう、命が下されるのですよ。 和泉式部の名が高ければ高いだけ、若い小式部内侍は「きっと母に代作してもらっているに違いない」と、いわれない中傷をされることになります。 無論、陰口であったでしょうが、それを面と向かって言った男がいるのですね。 男の名を藤原定頼、といいます。 小式部内侍が宮中でいただいている局、私室ですね。 そこにわざわざやってきて 「歌はもう出来ましたか。 お母様への使者はもうお遣りになったのでしょう。 まだお返事が来ないとはさぞ心細いことでしょうねぇ」 など小式部内侍に言うのですよ。 それだけ言ってさっさと行ってしまおうとするのを彼女はつ、と男の袖を押さえ、この歌を詠むのです。 母のいます丹後の地。 そこには大江山という山があるのだと、聞きました。 大江山を超え、いく野を通っていく丹後への道は遠いものです。 母は見ましたでしょうか、大江山を生野を、そして天の橋立を。 いつか見てみたいと思わぬでもありませんが、私はまだかの地の土を踏みもせず、母からの文も見ておりませんの。 さあ困ったのは定頼です。 小式部内侍がこれほどさっと歌を詠むとは思ってもみなかったのか、返歌も出来ずに袖振り払いほうほうの体で逃げ出した、ということですよ。 詠みかけられた歌に返歌ができない、というのは大変に恥ずかしいことですし、この歌の詠みぶりも素晴らしいものでしたから評判はあっという間に広まりました。 これ以後、小式部内侍の名は大層あがった、といいます。 詠みぶりなだらかな歌ながら技巧も要所に使われているのですよ。 「いく野」には母のいる丹後への道中にある「生野」と、「行く」の意味を持たせてありますし、「ふみもみず」はもちろん「踏みもみず」と「文も見ず」ですね。 彼女はきっといつも母のいる丹後の地のことを夢想していたのではないでしょうか。 からかわれてすぐにこれだけの地名を詠みこんだ歌が出来る、というのはひとつはもちろん彼女の才能でしょうけれど、やはり母恋しの気持ちもあったと思うのですよ。 それでいて芯の凛とした歌を詠んで見せることによって「私の歌は私のもの」と強い気迫で訴えているではないですか。 話は前後してしまいますが、小式部内侍は母・和泉式部とともに一条天皇の中宮・彰子に仕えました。 まだごく若かったのではないか、と考えられています。 年の頃はそうですね、丁度、大弐三位と同じくらいではなかったでしょうか。 母娘共に出仕したのも同じですし、母の名が高かったのもまた共通しています。 そして小式部内侍もまた、母と同じように華やかな恋をしました。 一人上げるとすれば藤原教通でしょう。 彼は道長の息子ですからおしもおされぬ大貴族です。 その彼がある時、病気をしたのです。 すっかり良くなってから中宮の元にご挨拶に行きました。 それがすんで退出のとき、恋人である小式部内侍の前を通ったのですよ。 彼は言います。 心配の手紙ひとつくれなかったね、と。 彼女は答えます。 忍ぶ仲の私達ですから問うことも出来ず、心乱れて死なんばかりでした、と。 これを聞いて教通はさらに彼女を愛しく思うようになった、との事です。 ですが、彼女は若くして亡くなってしまいます。 教通との別れの後、別の恋人であった男の子を産んだのが元で亡くなった、といわれています。 まだ二十五、六歳ではなかったでしょうか。 母の悲しみはいかばかりであったでしょう。 身も世もなく悲しむ和泉式部を中宮は哀れに思し召して小式部内侍は亡くなったけれどもその年に賜る絹をそのまま母の元に遣わされた、といいます。 その絹を見れば札には小式部内侍、とあるではありませんか。 悲しみは癒えたでしょうか。 私はいっそう増した気がします。 地名の入った歌は良いですね。 どんな所なのだろう、と想像をめぐらせるだけでも楽しいものです。 篠原は職業柄、あちらこちらに取材を兼ねて旅行に行くのですよ。 私は羽を伸ばして、と行きたいところですが、たいていは同行します。 旅行の支度から一切合財、私がするのですが、あの男は鞄の中の物をどけて何かを探す、ということをしないのですから困ったものです。 ずいぶん前のことですが、私は私で所用があって家を離れることが出来ず旅行に同行しないことがあったのですよ。 何日か後のことです。 旅先の篠原から電報が届くではないですか。 さあこれは一大事、体でも悪くしたか怪我でもしたか、と青くなる私の目に飛び込んできた電文はなんだと思いますか。 「インク ミツカラズ ドコダ」 これだけですよ。 万年筆のインクくらい探せばわかるはずです。 ちゃんとこの私が支度したのですから。 まったくなにを考えているのだか。 私がそれにどう返事したか、ですって。 あちらがそうなのですからこちらも一言ですよ。 「ジブンデ サガセ」 以上です。 それから連絡してきませんでしたからきっと見つかったのでしょう。 見つからなくても私の知ったことではありませんよ。 旅先とはいえ、手に入れられないようなものではないのですからね。 もちろん、篠原が帰ってきてからは大喧嘩ですよ。 自分が探さなかったのを棚に上げて教えない私が悪い、とくるのですから。 以来、旅行の支度の時には篠原をそばにおいて何はどこ、かにはそこ、といちいち言っていたのですよ。 さすがにそれには閉口したようで、旅先から何かを言ってくることはなくなりましたね。 だって、言えば私に聞いていなかったあなたが悪い、と責められるのですから。 もっとも、最近は家にいなければならない用事というのも絶えてなくなりましたから、ほとんどの旅行には私も同行しているので、そういった馬鹿な言い争いはなくなりましたけれど。 あれはあれで楽しかったのですよ、私は。

次の

十訓抄『大江山』解説・品詞分解

大 江山 いく 野 の 道 の 遠けれ ば まだ ふみ も 見 ず 天 の 橋立

しかし、和泉式部が代わって作っている噂があった。 歌詠み =名詞 に =格助詞 とら =ラ行四段動詞「とる」の未然形、選ぶ、選び出す れ =受身の助動詞「る」の連用形、接続は未然形 て =接続助詞 歌 =名詞 を =格助詞 詠み =マ行四段動詞「詠む」の連用形 ける =過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 を =接続助詞 定頼中納言 (さだよりのちゅうなごん)=名詞 たはぶれ =ラ行下二段動詞「戯る(たはぶる)」の連用形、ふざける、からかう て =接続助詞 小 こ 式 しき 部 ぶの 内 ない 侍 し 、歌詠みに とら れ て、歌を詠み ける を、 定 さだ 頼 よりの 中 ちゅう 納 な 言 ごん たはぶれ て、 小式部内侍が、歌合せの歌人に選ばれて、歌を詠んだが、定頼中納言がふざけて、 小式部内侍 =名詞 局 つぼね =名詞 に =格助詞 あり =ラ変動詞「あり」の連用形 ける =過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 に =格助詞 丹後 (たんご)=名詞 へ =格助詞 遣はし =サ行四段動詞「遣はす(つかはす)」の連用形、派遣する、使いを送る ける =過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 人 =名詞 は =係助詞 参り =ラ行四段動詞「参る」の連用形、「行く」の謙譲語。 参る、参上する たり =完了の助動詞「たり」の終止形、接続は連用形 や =疑問の終助詞 いかに =副詞、どんなに、どう。 「いかに」の中には係助詞「か」が含まれていて係り結びが起こる。 心もとなく =ク活用の「心もとなし」の連用形、待ち遠しい、じれったい。 「思ふ」の尊敬語。 動作の主体である光源氏を敬っている。 作者からの敬意。 らん =現在推量の助動詞「らむ」の連体形が音便化したもの、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 係助詞「か」を受けて連体形となっている。 係り結び。 と =格助詞 言ひ =ハ行四段動詞「言ふ」の連用形 て =接続助詞 小式部内侍、 局 つぼね にあり ける に、「丹後へ 遣はし ける 人は 参り たり や。 いかに 心もとなく 思 おぼ すらん。 」と言ひて、 小式部内侍が局(部屋)にいた時に、「(母の和泉式部に代作してもらうために)丹後へ派遣した人は帰って参りましたか。 どんなに待ち遠しく思いなさっているだろうか。 」と言って、 局 =名詞 の =格助詞 前 =名詞 を =格助詞 過ぎ =ガ行上二段動詞「過ぐ」の未然形、通り過ぎる、通過する られ =尊敬の助動詞「らる」の連用形、接続は未然形 ける =過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 を =接続助詞 御簾 (みす)=名詞 より =格助詞、(起点)~から。 (手段・用法)~で。 (経過点)~を通って。 (即時:直前に連体形がきて)~するやいなや。 半ら (なから)=名詞 ばかり =副助詞、(程度)~ほど・ぐらい。 (限定)~だけ。 「ふみ」が掛詞となっており、「踏み」と「文」が掛けられている。 「橋」が「踏み」の縁語となっている。 つまり、ある言葉から連想されるような言葉。 (例:「海」の縁語として「沖」や「漕ぐ」、「釣り」など) 大 おお 江 え 山 やま いくのの道の 遠ければ まだふみもみず 天 あま の 橋立 はしだて (母のいる丹後までの)大江山を越えて生野を通って行く道が遠いので、まだ(丹後の名所である)天の橋立に足を踏み入れていませんし、(母からの)文も見ておりません。 と =格助詞 詠みかけ =カ行下二段動詞「詠みかく」の連用形 けり =過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形 思はずに =ナリ活用の形容動詞「思はずなり」の連用形、意外である、思いがけない あさましく =シク活用の形容詞「あさまし」の連用形、驚きあきれるばかりだ、びっくりすることだ て =接続助詞 と詠みかけけり。 思はずにあさましくて、 と詠みかけた。 (定頼は、小式部内侍が即興ですぐれたこの歌を詠んだのを)意外だと驚いて、 こ =代名詞、これ、ここ は =係助詞 いかに =副詞、どのように、なぜ かかる =連体詞、このような、こういう やう (様)=名詞 や =疑問・反語の係助詞、結び(文末)は連体形となる。 係り結び。 ここでの結びは「ある」。 反語 は =強調の係助詞。 現代語でもそうだが、疑問文を強調していうと反語となる。 「~か!(いや、そうじゃないだろう。 なので、「~かは・~やは」とあれば反語の可能性が高い。 ある =ラ変動詞「あり」の連体形。 文末だが、係助詞「や」を受けて連体形となっている。 係り結び。 と =格助詞 ばかり =副助詞、(程度)~ほど・ぐらい。 (限定)~だけ。 言ひ =ハ行四段動詞「言ふ」の連用形 て =接続助詞 「こはいかに、かかるやうやはある。 」とばかり言ひて、 「これはどういうことか、こんなことがあるか。 (いや、ない。 )」とだけ言って、 返歌 =名詞 に =格助詞 も =係助詞 及ば =バ行四段動詞「及ぶ」の未然形 ず =打消の助動詞「ず」の連用形、接続は未然形 袖 =名詞 を =格助詞 引き放ち =タ行四段動詞「引き放つ」の連用形 て =接続助詞 逃げ =ガ行下二段動詞「逃ぐ」の未然形 られ =尊敬の助動詞「らる」の連用形、接続は未然形 けり =過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形。 もう一つの「けり」も同じ。 小式部 (こしきぶ)=名詞 これ =代名詞 より =格助詞、(起点)~から。 (手段・用法)~で。 (経過点)~を通って。 (即時:直前に連体形がきて)~するやいなや。 歌詠み =名詞、歌人 の =格助詞 世 =名詞 に =格助詞 おぼえ =名詞、世評、良い評判 出で来 (いでき)=カ変動詞「出で来(いでく)」の連用形、出てくる、現れる、起こる。 直後に接続が連用形である助動詞「に」が来ているため、連用形となり「出で来(き)」と読む。 に =完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形 けり =過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形 返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられけり。 小式部、これより、歌詠みの世におぼえ出で来にけり。 返歌もできず、袖を引き払ってお逃げになった。 小式部は、これ以降、歌人の世界でよい評判が出て来た。 しかし、定頼は小式部内侍がこれほどの秀歌をとっさに読むとは思っていなかったため驚き、その秀歌に対してふさわしい返歌を思いつかず、いたたまれなくなって逃げだした。

次の

百人一首の風景 京都府福知山・宮津 大江山 生野 天の橋立

大 江山 いく 野 の 道 の 遠けれ ば まだ ふみ も 見 ず 天 の 橋立

175,874アクセス• 「大江山いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立」 百人一首にもなった小式部内侍[こしきぶのないし]の有名な歌。 もちろん、今回の旅の目的地「天の橋立」にちなんだものです。 今回はそう!孫旅。 昨年は「白浜」に行ったんですが、「去年は南だし、今年は北か!」という まことに熟慮ある選択によって決定いたしました。 昨年はその後に「福島」に学び旅に行ったのですが、 今年は先に「松山」への学び旅を終えての「満を持して」の旅となります。 が!が!が! 8月7日 月 といえば、台風5号がまさにどんぴしゃに近づいておりました。 我々はこの5号とともに北上し、荒れ狂う最中の海に到着するわけです。 夏にしか旅行できないとはいえ、本当によく台風にあうものだと 我ながら感心しきり。 さてさてどうなることやら。 今回もまた単なる家族日記になりますが、よろしくお願いいたします。 そのため旅行記の更新等、手を付けることが全くできませんでした。 少しずつ生活パターンを再構築しておりますので、 どうか温かい目でお見守りくださいませ。

次の