ニューバランス マスク。 ニューバランス米国工場でのマスク製造について|株式会社ニューバランス ジャパンのプレスリリース

ニューバランスマスクは購入できるのか?発売はいつかと販売価格/生産量やオシャレすぎるビジュアルへの口コミについても

ニューバランス マスク

ニューバランスがマスクを開発 米ニューバランス社が医療用マスクを開発、製造を開始😷 社が医療用のフェイスマスクを開発し、米国内にある2つの自社工場で生産を拡大する活動に取り組んでいる。 4月中旬までに、週に最大10万ユニットを製造することを目標としているという。 — エキサイトニュース ExciteJapan エキサイトニュースの報道によるとシューズメーカのニューバランスが医療用フェイスマスクの開発をし、製造を開始したようです。 マスクの製造ですがアメリカ国内の2つの自社工場で生産し4月中頃までには1週間で10万ユニットの製造を目指しているようです。 マスクの生産にあたり地元の医療機間や研究開発機関と協議し、フェイスマスクの型を1週間で作り上げたようで【アメリカ食品医薬品局】の基準も満たしているようです。 まさかシューズメーカがマスクを生産するなんて誰も思わないでしょね。 日本でもシャープなどがマスクを生産しているようにどんどん異業種のマスクづくりが今後期待できそうですね。 ニューバランスのマスクの値段は ニューバランスのマスクだからきっとお洒落だし丈夫なマスクだと思いますよね。 問題は価格ですがグーグル検索やツイッターなどあらゆる手段を駆使し探してみたところニューバランスのマスクは今のところアメリカでの販売になりそうです。 値段的には1枚500円程度になるのではないかと私は見ています。 これは日本の洗えるマスクのピッタマスクが大体500円前後ですしあまり効果のものだと逆に使用する人が少なくなる可能性が高く在庫を抱える可能性があるからです。 いくらいい商品だとしても売れなければただのゴミになってしましますからね。 ニューバランスのマスクのネット通販は? ニューバランスのマスクのネット通販は残念ながら今のところは日本などでは行われないようです。 ただ今後の状況次第ではシューズやウェアのようにネット通販での販売があるかもしれません。 それにおしゃれマスクとなると着用していてもウキウキしてきますからね。 現在ネット通販でもおしゃれな洗えるマスクなども販売されていますし通常の使い捨てマスクも販売されているようなのでご紹介します。 洗えるウレタンマスクです。

次の

ニューバランスがマスク製造へ、財団は2億円以上を寄付 (2020年3月31日)

ニューバランス マスク

マサチューセッツ州ボストンを本拠地とするニューバランス・アスレチック・インコーポレイテッドは、アメリカ国内にある5つの工場のうち、マサチューセッツ州ローレンス工場と、メイン州ノーリッジウォッグ工場にて医療用のフェイスマスクの開発、製造を実施している。 アメリカ国内でPPE(Personal protective equipment個人用保護具)に対して緊急に需要が高まり続けているため、ニューバランスは現在アメリカ国内にある二つの自社工場でフェイスマスクを開発し、生産を拡大する活動に取り組んでいる。 地元の医療機関や研究開発機関と協議し、フェイスマスクのプロトタイプを1週間で製造した。 4月中旬までに、ローレンス工場とノーリッジウォック工場を合わせて、週に最大100,000ユニットを製造することを目標としている。 FDA(Food and Drug Administrationアメリカ食品医薬品局)の要件を理想的に満たし、この基準を必要とする最前線の医療スタッフが自信を持って使用できる製品を実現するために、現在フェイスマスクの設計と材料仕様を同時に進化させている。 ニューバランスは、直接的な医療施設とのやり取りや我々の工場があるマサチューセッツ州とメイン州の行政との調整及びコミュニケーションを通じ、我々のフェイスマスクが彼らの需要と供給に適しているか十分理解し確認した上で、供給を進めるという。 今回のマスクの製造については商業的な目的ではなく、ニューバランスとして、COVID-19の大流行による経済的および公衆衛生危機の中で多くの従業員たちに誇りをもたらしているという。 並行して、ニューバランスは、ガウンやフットカバーなど、他のPPEの要求にも、R&Dチームと迅速に対応。 これには、プロトタイプへの取り組みと、米国を拠点とする3Dプリント機能を最適化するコラボレーションの機会の模索が含まれる。 関連情報: 構成/DIME編集部.

次の

ニューバランスがマスクの生産を開始

ニューバランス マスク

A post shared by newbalance on Mar 27, 2020 at 5:16pm PDT ニューバランスは、マサチューセッツ州ローレンスとメイン州ノリッジウォックの工場で4月中旬までに10万枚のマスクを製造するとともに、FDA(米国食品医薬品局)の規格を満たす高機能マスクの設計と素材試験を請け負っている。 「今はマサチューセッツ州ローレンスの製造施設で試作マスクを作っていますが、ニューイングランド州の他の工場を使ってすぐにでも本格的な生産に移りたいと思います。 政府当局者や地元の医療機関、また他の国内合弁会社や試験施設などと連携して進めています」と同社は発表した。 この動きの前には、医療専門家たちに相談をして試作品の開発に1週間をかけている。 現在のニューバランス製マスクは、医療機関や研究開発機関から使用を認められたニューバランスで入手できる素材から作られたものであり、同ブランドの靴製品を思わせる製品になっている。 ニューバランス製マスクは、メルトブロー式不織布、ポリエステルとナイロンの層、5層のポリウレタンフォーム、そして同社スニーカー用の伸縮性のある靴紐からできている。 靴紐はマスクのストラップ部分に使われている。 「これはビジネスチャンスではありません。 ニューバランスは、原価あるいは寄付としてこのマスクを提供しようと考えています。 COVID-19パンデミックによる経済的・健康的危機にあり、昔からの顧客である小売り業者が店を閉めるなか、この構想に多くの社員たちが誇りをもって取り組んでくれています」とニューバランスは報道発表で述べた。

次の