金川 ペットショップ 猫。 ペットショップで売れ残りになった犬猫はどうなる?譲渡会や里親は?

雑種の猫の値段はどれくらい?ペットショップで買えるの?|にゃんたんとあそぼ

金川 ペットショップ 猫

この子猫はどこで生まれましたか? 店員は「信頼のおけるブリーダーの元で生まれました」といった漠然とした返答をするかもしれません。 その場合は、「どこに住んでいる何というブリーダーの元で生まれましたか?」とさらに突っ込んで聞いてみましょう。 店員は「血統書に記載されていますので、ご購入いただいた方に対面説明することになっています」といった返答をするかもしれません。 もし子猫の来歴に関する質問を投げかけても、上記したような適当な返答をするばかりで 明確な答えをはぐらかすような場合は、悪徳繁殖業者の共犯者になってしまう危険性があります。 飼い主にとって重要なのは「ブリーダーはしっかりした人なのか?」、「子猫は健全な離乳をしたのか?」、「親猫に遺伝性疾患はないのか?」、「日本国内で可能な遺伝子検査は終えているのか?」という点を事前に確かめることです。 確認のための重要な情報をなかなか提供しないということは、ブリーダーに問題があるか、ショップに問題があるか、あるいはその両方ということです。 NEXT:猫の競り市とは? はっきりとした来歴がわからない子猫たちは、一体どこからきたのでしょうか?ペットショップのショーケースに並べられるひとつ前の段階に戻って見てみましょう。 店内に常時数十頭単位の猫を確保しているような中~大型店舗では、商品として売ろうとする子猫たちを大量に仕入れる必要があります。 そのときによく利用されるのが「 ペットオークション」と呼ばれるシステムです。 このシステムでは「オークション」という名前が示している通り、各地から集められた子猫たちが段ボール箱に詰められ、さまざまな店舗から集まったバイヤーによって競り落とされていきます。 ちょうど野菜のせり市のような感じです。 オークション会場は秘匿性が高く、ペットショップを運営していたり、これからペットショップをオープンさせようとする人以外は、なかなか入ることができません。 会場を視察したことがある作家の渡辺眞子さんは、内部の様子を以下のように描写しています。 会場は市街地から少し離れた貸倉庫のような場所。 中に入ると仕入れに来た業者の席がひな壇のように並び、その中央に手動のベルトコンベヤーのようなものが設置されていました。 まず午前中に動物の餌やアクセサリーなどペット関連グッズが扱われ、次に鳥のヒナやウサギなど単価の安い小動物、その後にサルとか鳥類といった犬猫以外のペット、そして休憩を挟んで午後から犬と猫のオークションが始まります。 段ボール箱に入れられた子犬や子猫がコンベヤーに乗って買い手の前に流れてきます。 そこで白衣を着た担当者が会場全体に見えるように箱から1頭ずつ掴み上げて犬種と雌雄、血統書の有無や身体的な特徴を読み上げ、初値を決めると値付けが始まります。 設置された大きなスクリーンに設定された初値が映し出され、そこから価格は自動的に少しずつ上がるのですが、手元のリモコンボタンを最後まで押し続けた人が落札するというシステムでした。 そのコンベアは会場の外の駐車場に直結しており、買い手が決まると、そのまま車で運ばれていくという一連の流れになっていました。 上記したように、各地からオークション会場に運ばれてきた子猫たちは、まるで野菜か何かのようにコンベヤーの上を流され、次から次へとペットショップのバイヤーの手に渡っていきます。 会場には健康な猫もいれば、寄生虫や感染症を保有した不健康な猫もいることでしょう。 しかし多くの場合、子猫を病気から守ろうとする特別な配慮もなければ、見知らぬ場所に連れて来られて怯えている子猫たちのストレスを緩和しようとする配慮もありません。 NEXT:キトゥンミルの実態 オークション会場に来る前、子猫たちは一体どこにいたのでしょうか?さらに時間を遡って見てみましょう。 子猫を繁殖する業者は一般的に「ブリーダー」と呼ばれます。 しかしその内容に関してはピンキリで、猫の健康や福祉を十分に考えた「シリアスブリーダー」(真面目なブリーダー)と呼ばれる人たちもいれば、ただ単に猫を商品として扱い、劣悪な環境下で繰り返し繁殖を行う「 繁殖屋」と呼ばれる人たちもいます。 残念ながら、ペットショップに陳列されている子猫たちの中には、 繁殖屋において生み出されたものが少なからず含まれています。 繁殖屋は少ない投資でなるべく大きな利益を得るため、手っ取り早く流行りの品種を繁殖させようとします。 日本で言うとスコティッシュフォールド、アメリカンショートヘア、ラグドール、マンチカンなどです。 しかしこうした品種の中には、深刻な遺伝病に苦しんでるものもいます。 例えば、長らく人気トップを占めているスコティッシュフォールドでは「骨軟骨形成不全」や、その結果としての「変形性関節症」がそれに相当します。 こうした遺伝病は、母猫か父猫のどちらか一方から「Fd」という遺伝子を1本でも受け継いだだけで発症する危険性が高まることが知られています。 しかしお金のことしか頭にない 悪徳繁殖屋にとっては、将来的に猫が味わう苦しみや飼い主の苦悩など知ったことではありません。 遺伝学に関する知識もないまま適当に繁殖を続けた結果が、スコティッシュフォールドにおいて見られる他の品種に比べて3倍近い筋骨格系疾患の有病率です。 「前代未聞の猫ブーム」とか「ネコノミクス」といった表現で猫がもてはやされるのに合わせ、関東のペット市場における猫の相場が2015年1月から2016年1月までのわずか1年間で3倍近くに高騰するという現象が起こっています(出典:PETS REVIEW 2016 No. 03)。 オークションにおける落札価格が上昇するに伴い、目先の利益に目がくらんだ繁殖屋が、次から次へと人気品種ばかりを繁殖しようとする展開は想像に難くありません。 結局その ツケを払うのは、遺伝病に苦しむ猫、そしてその猫を看病する飼い主です。 血統書がついてくるいわゆる「純血種」の猫には品種によってかかりやすい疾患があります。 そしてこれらの疾患の中には、事前に遺伝子検査をすることで予防できるものもあります。 果たして流行りの品種ばかりを繁殖させて利益を上げようとしているブリーダーは、お金のかかる遺伝子検査をしっかりやっているのでしょうか? NEXT:繁殖猫の悲劇 子猫たちを生み出すために絶対に必要なのが母猫の存在です。 「繁殖猫」と呼ばれるこうしたメス猫たちは一体どのような環境で生活しているのでしょうか? 国内外のニュースを見ていると、時折「ブリーダー崩壊」という言葉を目にすることがあります。 これは悪徳繁殖業者が経営に行き詰まり、確保していた繁殖猫たちを一度に大量に飼育放棄する現象のことです。 以下は2018年、日本で人気の「アメリカンショートヘア」の繁殖屋が病気になり、繁殖猫を大量に手放したときの状態です。 汚物とゴミにまみれた室内で繁殖させられていたのは日本で大人気の「アメショ」~ペットショップに並んでいる猫たちのふるさとは地獄。 ひどいときにはこの状態が一生涯続きます。 このような劣悪な環境下に軟禁された繁殖猫たちは、発情期が来るたびに出産を強要され、次から次へと子猫を生むことを余儀なくされます。 繁殖屋にとって子猫たちが「機械部品」 ならば、子猫たちを生み出す繁殖猫たちは部品を作り出す「工業機械」にすぎないのです。 そこでは、猫たちを生き物として扱う意識などさらさらなく、まして動物にとって必要最低限な「5つの自由」(飢えと渇き・不快・怪我や病気・恐怖や苦悩から解放され、正常な行動を表出する自由)など期待すべくもありません。 関東にある繁殖屋からレスキューされた2頭のスコティッシュフォールド~高値で売れる「耳折れ」タイプ。 早く保護してあげないと別の繁殖屋に売り飛ばされ、疾患関連遺伝子がさらに拡散してしまうことも。 飼い主としては 事前にブリーダー情報を得て、どのような繁殖施設でどのような品種を繁殖しているのかを確認したいところです。 にもかかわらずペットショップがこの重要な情報をしっかりと提供してくれない場合は、そもそも名前と所在地以外ブリーダーがどんなレベルなのかを知らないか、あるいはあまりにもレベルがひどくて購入者に事前に知ってほしくないかのどちらかでしょう。 繰り返しになりますが、 もし子猫の来歴をしっかりと回答できないようなペットショップがあった場合、悪徳繁殖業者に加担してしまう危険性があります。 改正動物愛護管理法(2006年6月~)の施行により、登録業者を証明する標識の掲示が義務化されました。 ペットショップでもブリーダーでも、 店舗内や繁殖施設のわかりやすい場所に第一種動物取扱業者「販売」の掲示をしていなければなりません。 またウェブサイトを運営している場合、それは「広告」に該当すると考えられます。 環境省のガイダンスでは業者の「氏名又は名称、事業所の名称及び所在地、動物取扱業の種別、登録番号並びに登録年月日及び登録の有効期間の末日並びに動物取扱責任者の氏名を掲載すること」と規定されています。 よって サイト内のどこかに第一種動物取扱業者「販売」の詳細が記載されていなければなりません。 子猫の飼育・繁殖環境 ペットショップの場合、ブリーダーの所在地と名前しか情報をくれないことがあります。 しかし、 猫を買う前にぜひブリーダーの繁殖施設を見学し、飼育環境を確認してください。 ケージの中に複数の繁殖猫を入れておざなりに管理している場合、猫の福祉を無視した「繁殖屋」(キトゥン・ファクトリー)である可能性が大です。 また室内はしっかり清掃されているか、換気は十分か、糞尿の臭いが充満していないかも合わせて確認します。 動物愛護法により第一種動物取扱業者には「犬猫等健康安全計画」の策定が義務付けられています。 しかし行政が繁殖業者の施設を抜き打ちでチェックするというシステムはありません。 結果として、 書類上は登録を受けているにも関わらず、実際は全くルールが守られていないということも大いにありえます。 母猫の扱い方 母猫に対する扱い方を確認します。 目やにがあったり鼻水がたれている場合、何らかの感染症にかかっているかもしれません。 そして感染症は身近に接してグルーミングしている子猫にも移っているはずです。 被毛が粗雑な場合、ブリーダーがしっかりとブラッシングをかけていないのかもしれません。 「多忙」を理由に猫の健康管理を疎(おろそ)かにしているようなら、それは動物福祉よりもお金が優先だということです。 年老いて繁殖が難しくなったメス猫はどう扱われているのでしょうか?家庭内で引退生活を送っていない場合、第三者に譲渡した可能性があります。 悪質なブリーダーの場合、金銭を支払って「引き取り屋」(上の写真参照)という専門業者にお払い箱にしてしまいます。 こうした業者の中には、劣悪な環境下に猫を軟禁し、いちじるしく福祉を損なっているものもいます。 そのブリーダーが猫好きなのかお金好きなのかは、利益を産まなくなった母猫への扱い方に如実(にょじつ)に現れるものです。 社会化期と離乳時期 動物愛護法では犬や猫を販売する際、販売業者が購入者に対して「」を、面と向かって直接説明することが義務付けられています。 しかしこの項目は必要最小限のものであり、必ずしも理想的なものではありません。 まっとうなブリーダーやペットショップなら、その品種に合わせて適切な飼育法を事細かに教えてくれるはずです。 また猫には品種によってかかりやすい病気というものがあります。 まっとうな販売業者なら海外の情報も含めてしっかりと勉強し、こうしたデメリットも含めて購入者に教えてくれます。 さらに遺伝病の中には事前の検査で疾患遺伝子の有無を確認できるものもあります。 まっとうな業者なら疾患遺伝子を保有している可能性のある猫を繁殖には用いません。 たとえば「耳折れ」のは変形性関節症の発症確率が高まるから繁殖しないなどです。 高く売れるからという理由で猫の健康や福祉をないがしろにするのは、シリアスブリーダーではなく「繁殖屋」のすることです。 きょうだい猫の数 子猫を見るときはきょうだい猫(同腹仔)の数も確認するようにします。 品種には 平均的な同腹仔数というものがあり、この数よりも極端に少ない場合は何らかの問題がある可能性を考慮します。 以下は、猫の代表的な品種で報告されているきょうだい猫(同腹仔)の数です。 表中の「平均同腹仔」とは、子猫の生死にかかわらず1回の出産で生まれた子猫の数を平均化したものです。 「死産率」とは、生まれてきた子猫全数の中で、出産時すでに死亡していた子猫がどの程度いたのかを表しています。 また「新生子死亡率」とは、死産を免れて生まれてきた子猫全数の中で、生後60日までにどのくらいの子猫が死亡してしまったのかを表しています。 当然、数字が大きいほど「たくさんの子猫が死んだ」という意味です。 長い間繁殖を行っているブリーダーの場合、多かれ少なかれ何らかの障害を抱えた子猫に出会うことでしょう。 先天的疾患の中には命にかかわる重度のものもあれば、「見た目がちょっと違う」という軽度のものまで色々あります。 表中の「発生率」は1回の出産で生まれた子猫のうち、1頭でも先天的疾患を有していた場合を「1」としてカウントしています。 海外のデータであるためそっくりそのまま日本に持ち込むことはできないでしょうが、上で示したように 非常に高い確率で先天的疾患を抱えた子猫が生まれることはお分かりいただけたでしょう。 例えばの場合、国内のアビシニアンブリーダーが1000回出産を行ったとすると、そのうち100回では少なくとも1頭、何らかの先天的疾患を抱えた子猫が生まれていると推計されます。 つまり最低100頭いるということです。 これは販売することができない個体であってもしっかりと天寿を全うさせてあげるということです。 手足の奇形、口蓋裂、心疾患、臍ヘルニア、横隔膜ヘルニア、眼瞼欠損、類皮腫、胸郭や頭の奇形、合趾症といった 先天的な疾患を持って生まれてきたからといって、治療の機会すら与えずブリーダーがその猫を間引いていいなどというルールはどこにもありません。 きょうだい猫の数があまりにも少ないときは、ブリーダーにその理由を聞いておきたいものですね。

次の

ペットショップで売れ残りになった犬猫はどうなる?譲渡会や里親は?

金川 ペットショップ 猫

ペットショップで子猫を購入する事のメリット ペットショップで子猫を購入するメリットは、気軽にペットショップに行けて、誰でも子猫を購入する事が出来ると言う事です。 ペットショップでは、幼少期の子猫が多く販売されていて、スタッフさんに子猫の様子を聞いたり、子猫と触れ合う事も出来ます。 子猫のうちから一緒に生活をしたいという飼い主さんにとって、ペットショップで購入する事は、子猫の状態を見たり聞いたりできるのでメリットが多いと思います。 また、純血腫の子猫の購入を考えている飼い主さん達にとって、血統証付きで販売されている子猫は、猫種が血統証で証明されていますので安心ですよね。 そして、ペットショップで販売されている子猫達は、入念な健康チェック、健康管理をきちんとした上でのワクチン接種を行っているペットショップが大半ですので、とても安心です。 また、わずかな期間ではありますが、購入してからの生体保証もされていますので、病気が発見された場合等に対応してくれるので、その点においても安心できると思います。 ペットショップで販売されている子猫達を自宅に迎える為には、もちろん高い金額を払う事になります。 猫達は安くても5万円程、血統が良い子猫であれば100万円を超える高額の場合もあります。 ペットショップで販売されている子猫達は、人や物音に慣れていますが、ストレスが多い生活をしています。 そして、幼少期に親猫と離れてしまう為、社会性に乏しい子猫達が多いと聞きます。 我が家の猫達は、ほとんどの猫が保護猫ですが、過去にペットショップで購入した猫が1匹だけいました。 その猫は、血統証を紛失してしまったと言う理由で、ペットショップで売れ残ってしまい1年近くをペットショップのショーウィンドウの中で暮らしていました。 よく通っていたペットショップだったので、その猫が売れ残っている姿を見て、不憫に感じてしまった私は2万円で購入しました。 自宅に連れて帰った猫は、先住猫にあまり慣れる事が出来ずに1匹で過ごす時間が長く、乱暴な性格だったので他の猫達から避けられてしまい可哀想でした。 また、私達にも中々慣れてくれずに威嚇ばかりされていました。 私達と一緒に生活をしていた事が、その猫にとってストレスだったのかもしれません。 結局、2年間一緒に生活をしていましたが、ちょっとした隙に脱走をしてしまい、いくら探しても見つからないままどこかに行ってしまいました。 反省してしまう事ばかりでした。 ペットショップで子猫を迎えるデメリットは、その他にも親猫の状態が見れないので、子猫が育った後の想像がつきにくい事です。 その為、親猫からの遺伝病等の病気の情報が得られない事です。 ペットショップで店舗販売員として勤務している多くのスタッフさん達は、知識不足のスタッフさんが多いので、猫種の遺伝的な病気についてまで知識を持っているスタッフさんが少ないので、遺伝的病気についてまで教えてはもらえません。 ブリーダーさんから子猫を迎える ブリーダーさんから子猫を迎えるメリットは、ブリーダーさん達のお家で生まれた子猫達は、親猫や兄弟猫達と過ごす時間が長い為、きちんと社会化が出来ている子猫達が多いです。 何よりも安心なのが、親猫の様子が見れる事です。 ブリーダーさんから親猫のお話を詳しく聞く事が出来るので、遺伝的な病気や親猫の性格等のお話を聞く事が可能です。 また、子猫を迎えてから困った事があった場合、ブリーダーさんに相談する事も出来ますので安心です。 しかし、ブリーダーさんから譲渡して貰う方法にも、デメリットはあります。 良心的なブリーダーさんを見つける事が難しい、求める猫種のブリーダーさんが近所では、見つかりにくい事、中には健康状態を無視した繁殖を行っているブリーダーさんもいるので気を付けなければいけません。 保護猫を迎える 保護猫を保護する事にもデメリットとメリットがあります。 メリットは勿論、生体代がかからないという事です。 そして、保護猫を保護するという事は、明日死んでしまうかもしれない命を救う事にもなります。 猫カフェや猫の保護団体には、色々な模様や性格の猫達がいてとても楽しいですよ。 保護猫を保護するデメリットは、医療費などのお金がかかる場合があるという事です。 これは、どんな方法でお家に迎えられた猫達にも言える事ではありますが、保護した猫達は初めのワクチン代がかかります。 そして、保護してから疾患が確認された場合は、医療費が高額になってしまう可能性もあります。 最後のデメリットは、ペットショップやブリーダーさん達から子猫を購入するのとは違い、審査があるという事です。 この審査内容は施設によって異なりますが、厳しい事には変わりがありません。 保護団体のよっては高齢者には、子猫を譲渡しない等のルールがあります。 これらの審査には、保護された猫達に幸せになってもらいたいと言う気持ちが込められているので、仕方がない事ではありますが。 審査では、飼い主さんとして適した人格、猫と生活するのに適した環境なのかを面接で審査されます。 我が家には現在、元野良猫の高齢猫が2匹暮らしています。 勿論、元野良猫なので誕生日も分かりませんが、自分達で勝手に猫達の誕生日を決めて、ささやかなお祝いをして楽しんだりしています。 2匹とも10年以上生きていますが、今まで病気等にもかかった事が無く、後からやって来た犬達を叱ったり、時には甘やかしたりして、犬達とも仲良く元気に暮らしています。 若い犬達が来てから、気のせいか元気になったような気がします。 おじいちゃん猫もおばあちゃん猫も犬達の親代わりになってくれています。 この様に子猫を自宅に迎える方法に、どのような方法にも必ずメリット、デメリットがあります。 子猫を迎えるのに自分に合った方法で、子猫を迎える事をお勧めします。 どんな方法で迎えたにせよ、家族の一員になった猫達は、飼い主さんにとっては掛け替えのない存在です。 いつまでも素敵な猫ライフが出来るといいですね!• 猫ちゃんをペットショップで購入する場合は意外に問題があったりします。 実家の猫ちゃんのうち1匹をペットショップで購入したのですが、ストレスでペットシートを少しずつ食べてしまっていたことがわかりました。 癖のようになっていて、なかなかやめさせることができませんでした。 しかし、お腹にたまると手術をしなければならなくなりますので、やめさせようと頑張りました。 まずは、トイレに行かせるように猫砂になれさせてペットシートを使わないようにしました。 そうすると、1年しないうちにペットシートを食べないようになりました。 ペットショップでは、時短と世話の省略のためにペットシートを敷きっぱなしのところがあります。 猫ちゃんの癖などもよく観察してどの子を家族にするかを決めたいですね。

次の

ペットショップにいる生後半年以上の猫を飼いたいと思っているのです...

金川 ペットショップ 猫

もくじ• 野良猫とペットショップの猫の違い 野良猫をもらうのに お金はかかりません。 里親募集の掲示板や各地域で行われる里親会に参加して、引き取り手を探している猫を無料でもらうことができます。 【野良猫を引き取る際の注意点】 ・募集元の方が提示した条件を満たしていないと、引き取りを断られることもあります。 募集条件については里親募集によって違います。 ・ワクチン代・避妊手術代、病気にかかってる場合は治療代が発生するので、引き取る前によく確認しましょう。 市によっては野良猫に対し治療費の補助が受けられるそうです。 一方、ペットショップで売られてる 血統書付の猫は、本体価格に加えマイクロチップ代・予防接種代などを、購入時に支払わなければいけません。 カードで分割払いもできます。 【ペットショップで猫を買う際の注意点】 ・クーリングオフ制度の適用、血統書の送付時期など、購入時にしっかりと説明を受けてください。 後日、疑問に感じたことはショップに問い合わせできます(^^ ペットショップの猫は、1年目のワクチンを摂取済みで売られているケースがほとんどですが、生後半年以降の去勢手術と翌年以降の予防接種は、野良猫と同様に飼い主が病院へ連れていきます。 猫ちゃんの体が無料か有料か。 せっかく同居を始めたのに、おトイレを覚えてくれず苦労したら困るし、全く懐かずシャーシャー威嚇され続けたら悲しいです。 野良猫ちゃんはしつけできるのか?? 生まれてすぐに保護された子猫から育てるのであれば、エサをくれる人を 親だと思って育ちますし、おトイレも案外すぐに覚えてくれます。 里親元さんが1~2ヶ月まで育ててくださっている場合も、大丈夫でしょう。 ちょっと大変なのは、 ある程度育ってから保護された野良猫です。 草むらでおしっこをするのに慣れてしまっていると、狭いトイレは嫌がってしてくれないことがあります。 獣医さんに相談しながら、時間をかけてゆっくり慣らしていくしかありません。 根気がいるけど、頑張ろう! さらに、親猫から引き離された恐怖から、人間を怖がり威嚇する子もいます。 これもエサをあげて遊んであげて少しずつ心の距離を縮めていけば、きっとあなたを好きになってくれるはずです。 我が家で飼った血統書付猫3匹も、子猫の頃からトイレを失敗したことが一度もありません。 大事に育てられた 血統書付の方が飼うのは楽だなぁと思われましたか?ところが、飼ってみなければわからない苦労もあるのです! お店で慣れてても自宅で豹変!? 私は以前、 ロシアンブルーの子猫を購入しました。 店頭で元気に遊んでいた、グレーで細身の猫ちゃん。 エメラルドグリーンの目の色が「外人さんオーラ」を醸し出していました 笑 店員さんにゴロゴロと甘え、私が抱っこすると胸に体を預けて眠ってくれて。 我が家にはすでに先住猫2匹がいましたが、 慣れるまで他の猫と会わせず育てれば大丈夫だろうと思っていたのですが……。 自宅へ子猫を持ち帰りキャリーバックのフタを開けてみると、バックの隅っこで震えていました。 移動で揺れたのと、新しい家の臭いが怖かったのでしょう。 ゲージにうつしても身動きせず、ギュッと目をつむったまま。 1週間ほどはエサをあまり食べず、水もちょっとしか飲みませんでした。 その後、少しずつ私や家族には慣れて抱っこさせてくれるようになりましたが、 他の猫とはあまり仲良くなかったですね(^^; 先住猫がいなければ、 警戒心が少なくて済んだかもしれません。 しかし 猫は繊細な生き物ですから、ショップに馴染み過ぎていると、自宅に連れてきた時に怯えてしまう子もいます。 猫ちゃんの 成長と心のケアを優先し、焦らずに見守ってあげることが大切ですね。 病気をしやすいのはどっち?寿命が長いのは? 野良猫は、ほぼ全ての子のお腹に 虫がいます(にょろり)。 ノミ・耳ダニ・猫風邪などを他の猫からうつされていたり、親の遺伝により悪化させることも…。 野性として苦労して生きてきた証でもありますが、 動物病院で治療を受ければ治りますよ。 【治らない病気もある】 アレルギー性の鼻炎や涙目など、体質的に改善されない症状もあります。 定期的な検診が必要かどうか、獣医さんと相談しておくと安心ですね。 猫エイズはケンカや交尾により他の猫に感染してしまう恐れがあるので、多頭飼いをされる方は飼育に注意が必要です(空気感染はありません) ペットショップで売られている猫なら、 病気をしている子はいません。 ブリーダーの元で生まれてから、商品として大切に扱われてきた猫達。 購入後に先天的な病気が発見された場合、 クーリングオフが適応されることもあります。 寿命の長さについては、以前コチラの記事で紹介しました。 品種により平均寿命は違いますが、それが自分の選んだ猫ちゃんに当てはまるとも限りません。 私の印象では、野良上りの子の方が病気をしやすいけど、 生命力が強い感じがします。 それとオス猫よりもメス猫の方が、わがままで気まぐれでお転婆で長生きする子が多いです。 オスの方が懐きやすく甘ったれでちょっと抜けてて、心も体もデ リケートだと思います。 どっちも可愛い! もう!オスもメスも血統書付も野良猫もみんな可愛い!! 猫が可愛くて好き過ぎる!!!!!! ……はい、結論を出したかったのですが、思考回路がふりだしに戻ってしまいました(反省) 野良猫とペットショップの猫の違いと、猫を飼う時に考えるべきこと 保護された野良猫で、すぐに懐いて飼い猫としてまったり暮らしてるご家庭は沢山あります。 抱っこを嫌がりエサの時だけすり寄ってくる、賢い猫もいます。 ペットショップで買われ、一家の主のように振舞う気高い猫がいます。 いつも押入れに隠れて、いつまでも警戒を解かない猫もいる。 可能性から言えば、 ペットショップの猫の方が懐きやすくトイレも覚えてる子が多いです。 お好きな品種の猫ちゃんがいるのなら、高額を出しても購入したいですよね。 でも、もしも特別に想いを寄せている猫がいなくて、どんな子でも飼ってみたいというのなら、 野良猫の里親募集に目を向けて欲しいです。 ご近所の動物病院で募集の張り紙があるかもしれません。 ネットでもたくさん募集しています。 写真よりも実物の方が可愛いです!会えば「うちの子にしたい!」と思うはずです。 どんな猫だって手間はかかるしお金もかかる。 野良も血統書付も同じ。 猫を飼う時に考えるべきことは、 猫の一生涯を背負って大切に育ててあげられる覚悟があるか。 その一点です。 経済的に無理なく飼えるか・環境は整えられるかを考えて、その上でどの猫を育てるか決めてください。 私は野良猫を引き取った後、自宅の壁をビリビリにされ おしっこをかけられ、ショックを受けました。 今はしなくなったけど、もう二度とやって欲しくないです。 アメショのオスを購入した時は病気もせずに7年生きましたが、風邪のような症状がでて急死しました。 しつけの苦労、そして別れ。 悲しい思い出に胸を締め付けられる日もあるけれど、それでも一緒に暮らした喜びと愛しさは、私にとって かけがえのない宝物です。 今飼っている大事な猫たちも自由気ままに、伸び伸びと生きて欲しいと思っています。

次の