東京 学芸 大学 附属 小金井 中学校。 小金井中学校ー入学情報

東京学芸大学附属小金井中学校(東京都小金井市)

東京 学芸 大学 附属 小金井 中学校

概要 [ ] の附属研究機関であるためが多く、毎年研究大会が開かれており、実験的な授業が行われることも少なくない。 同校教諭は「大学職員」という位置付けなので「教官」と呼称され、職員室に当たる場所は教官室であるが、生徒は他校同様「先生」と呼ぶ。 学校長は東京学芸大学の担当教授が任ぜられるが、実務は副校長が担っている。 通学指定区域はないが、通学時間が1時間以内(乗り換え時間は含まないが、中央線特別快速の利用は不可。 中央線武蔵小金井駅または国分寺駅からは徒歩15分と計算)でなくてはならない。 からした生徒と外部からをして入学した生徒で構成される。 東京学芸大学には附属高校もあるが、制度ではないためは全生徒が必ず行うこととなる(詳細は後述)。 前後期制のためは1学期2回、すなわち年4回である。 ただし3年次には校内テストと称したテストが2回行われる。 教科書中心の授業はあまりなく、個性的な授業が多い。 行事 [ ]• - 1年間に1度、中学生活全体で3回ある。 1年次は北総・常南(千葉・茨城)、2年次は・、3年次は・となっている。 単なる思い出作りや観光旅行ではなく、その都度本格的な事前学習・事後レポートが課される、野外実習という性格をもつ。 スポーツフェスティバル - 10月に、運動会の代わりに行われる球技大会。 生徒は、3on3・アルティメット・フットサル・ソフトバレーボールの4種から好きな種目を選択して参加する。 保護者も参観可。 学芸発表会 - 文化部の発表の場で、あくまで授業の一環として行われる。 合唱祭 - 3月初旬に行われる。 同時に3年生の歓送会も行われ、保護者も参観できる。 部活動 [ ] 季節によって、部活動の時間が変わる。 下校時間が早いこと、高校入試を常に意識しなければならない状況などのため、必ずしも部活動は活発とは言いがたい。 運動部• 卓球部• 男女サッカー部• 男女バスケ部• 男女ソフトテニス部• 男女バスケットボール部• 陸上競技部• ハンドボール部• 水泳部 文化部• 創作部• 演劇部• アート部• 技術・家庭科部• 軽音楽部• 音楽部• 天文科学部 委員会 [ ]• 生徒会執行部• 監査委員会• 学級委員会• 学年委員会• 学芸委員会• 体育委員会• 美化委員会• 保健委員会• 広報委員会• 図書委員会• 放送委員会• ボランティア推進委員会• 選挙管理委員会 主な施設 [ ]• 各教科準備室• 理科教室• 社会科教室• 音楽教室• 美術教室• 技術家庭科教室• 教官室• 教育工学室• 武道場• 図書館• 校庭(人工芝・専用アップシューズが必要・FC東京と共用で、土日はFC東京が使用) 服装・校章 [ ] は、前身の豊島師範附属の校章であったの花である。 ナデシコは、姿が清楚可憐で、その強靭な生命力のため厳しい気候や荒れた土地にも耐えて花を開くことにあやかったとされる。 下に述べる通学服の襟には全員この校章をあしらった持ち上がり学年色のバッジ(赤、緑、青)を装着する。 男子と女子でバッジの形が異なり、女子の方が大きい。 男子が着用を希望する場合にはこの校章が帽章としても用意されている。 着用の場合、の花に「中」の文字が刻まれた公立の標準ボタンでもよいが、ナデシコの校章ボタンがついた学生服が指定店で販売されている。 通学服は、定められた制服はないが、私服校というわけではない。 中学生らしい品位ある服装をするという規定に基づき、保護者と生徒が他の公立中などで制服として着用されている型を自主的に選んで着用し通学することが義務付けられている。 やのような純粋の私服はこの範疇から外れるので、通学服として認められていない。 中学生としての品位から外れた型の服装や着崩しについては、生活指導が加えられる。 この規定に基づき、かつては大半の男子が学生服を着用したが、多くの公立中で制服がにモデルチェンジされる流れに影響されブレザー着用者が増加している。 沿革 [ ]• (昭和22年) - に伴い、「東京第二師範学校男子部附属中学校」(新制中学校)として開校。 校舎は東京第二師範学校(東京都北多摩郡小金井町貫井780番地)を使用。 3学級のうち1学級を池袋の附属小学校内(以下、池袋校舎)に開設。 (昭和24年) - 東京学芸大学の発足により、「東京学芸大学東京第二師範学校小金井附属中学校」と改称。 (昭和26年)4月1日 - 東京第二師範学校の廃止に伴い、「東京学芸大学附属小金井中学校」と改称。 (昭和30年) - 校旗を制定。 (昭和32年)4月1日 - 校舎を小金井校舎に統合(1学年3学級)。 (昭和41年)4月1日 - 1学年4学級となる。 (昭和47年)4月1日 - 「東京学芸大学附属小金井中学校」と改称。 (昭和59年)• - 第1期校舎改修。 - 第2期校舎改修。 (16年)4月1日 - 東京学芸大学附属小金井中学校となる。 内部進学の合格率は9割程度。 ととを合わせた3校の生徒が、外部受験生と別枠で競争試験を受け、内部進学者が決定される。 内部進学者も外部受験と同じ日に、同一の試験を受験するが、二次試験の面接は免除される。 附属高校以外では、私立高、(平成26年度2名)などの公立校(都立へは男女合計16名)に進んでいる。 著名な卒業生 [ ]• (、・医、へ進学)• (、へ進学)• (・、附属高校へ進学)• (シリアル、私立へ進学)• (アナウンサー)• (・メンバー)• (作家)• (芸人、オリエンタルラジオ) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、のに関連した です。

次の

東京学芸大学附属小金井中学校の偏差値

東京 学芸 大学 附属 小金井 中学校

概要 [ ] の附属研究機関であるためが多く、毎年研究大会が開かれており、実験的な授業が行われることも少なくない。 同校教諭は「大学職員」という位置付けなので「教官」と呼称され、職員室に当たる場所は教官室であるが、生徒は他校同様「先生」と呼ぶ。 学校長は東京学芸大学の担当教授が任ぜられるが、実務は副校長が担っている。 通学指定区域はないが、通学時間が1時間以内(乗り換え時間は含まないが、中央線特別快速の利用は不可。 中央線武蔵小金井駅または国分寺駅からは徒歩15分と計算)でなくてはならない。 からした生徒と外部からをして入学した生徒で構成される。 東京学芸大学には附属高校もあるが、制度ではないためは全生徒が必ず行うこととなる(詳細は後述)。 前後期制のためは1学期2回、すなわち年4回である。 ただし3年次には校内テストと称したテストが2回行われる。 教科書中心の授業はあまりなく、個性的な授業が多い。 行事 [ ]• - 1年間に1度、中学生活全体で3回ある。 1年次は北総・常南(千葉・茨城)、2年次は・、3年次は・となっている。 単なる思い出作りや観光旅行ではなく、その都度本格的な事前学習・事後レポートが課される、野外実習という性格をもつ。 スポーツフェスティバル - 10月に、運動会の代わりに行われる球技大会。 生徒は、3on3・アルティメット・フットサル・ソフトバレーボールの4種から好きな種目を選択して参加する。 保護者も参観可。 学芸発表会 - 文化部の発表の場で、あくまで授業の一環として行われる。 合唱祭 - 3月初旬に行われる。 同時に3年生の歓送会も行われ、保護者も参観できる。 部活動 [ ] 季節によって、部活動の時間が変わる。 下校時間が早いこと、高校入試を常に意識しなければならない状況などのため、必ずしも部活動は活発とは言いがたい。 運動部• 卓球部• 男女サッカー部• 男女バスケ部• 男女ソフトテニス部• 男女バスケットボール部• 陸上競技部• ハンドボール部• 水泳部 文化部• 創作部• 演劇部• アート部• 技術・家庭科部• 軽音楽部• 音楽部• 天文科学部 委員会 [ ]• 生徒会執行部• 監査委員会• 学級委員会• 学年委員会• 学芸委員会• 体育委員会• 美化委員会• 保健委員会• 広報委員会• 図書委員会• 放送委員会• ボランティア推進委員会• 選挙管理委員会 主な施設 [ ]• 各教科準備室• 理科教室• 社会科教室• 音楽教室• 美術教室• 技術家庭科教室• 教官室• 教育工学室• 武道場• 図書館• 校庭(人工芝・専用アップシューズが必要・FC東京と共用で、土日はFC東京が使用) 服装・校章 [ ] は、前身の豊島師範附属の校章であったの花である。 ナデシコは、姿が清楚可憐で、その強靭な生命力のため厳しい気候や荒れた土地にも耐えて花を開くことにあやかったとされる。 下に述べる通学服の襟には全員この校章をあしらった持ち上がり学年色のバッジ(赤、緑、青)を装着する。 男子と女子でバッジの形が異なり、女子の方が大きい。 男子が着用を希望する場合にはこの校章が帽章としても用意されている。 着用の場合、の花に「中」の文字が刻まれた公立の標準ボタンでもよいが、ナデシコの校章ボタンがついた学生服が指定店で販売されている。 通学服は、定められた制服はないが、私服校というわけではない。 中学生らしい品位ある服装をするという規定に基づき、保護者と生徒が他の公立中などで制服として着用されている型を自主的に選んで着用し通学することが義務付けられている。 やのような純粋の私服はこの範疇から外れるので、通学服として認められていない。 中学生としての品位から外れた型の服装や着崩しについては、生活指導が加えられる。 この規定に基づき、かつては大半の男子が学生服を着用したが、多くの公立中で制服がにモデルチェンジされる流れに影響されブレザー着用者が増加している。 沿革 [ ]• (昭和22年) - に伴い、「東京第二師範学校男子部附属中学校」(新制中学校)として開校。 校舎は東京第二師範学校(東京都北多摩郡小金井町貫井780番地)を使用。 3学級のうち1学級を池袋の附属小学校内(以下、池袋校舎)に開設。 (昭和24年) - 東京学芸大学の発足により、「東京学芸大学東京第二師範学校小金井附属中学校」と改称。 (昭和26年)4月1日 - 東京第二師範学校の廃止に伴い、「東京学芸大学附属小金井中学校」と改称。 (昭和30年) - 校旗を制定。 (昭和32年)4月1日 - 校舎を小金井校舎に統合(1学年3学級)。 (昭和41年)4月1日 - 1学年4学級となる。 (昭和47年)4月1日 - 「東京学芸大学附属小金井中学校」と改称。 (昭和59年)• - 第1期校舎改修。 - 第2期校舎改修。 (16年)4月1日 - 東京学芸大学附属小金井中学校となる。 内部進学の合格率は9割程度。 ととを合わせた3校の生徒が、外部受験生と別枠で競争試験を受け、内部進学者が決定される。 内部進学者も外部受験と同じ日に、同一の試験を受験するが、二次試験の面接は免除される。 附属高校以外では、私立高、(平成26年度2名)などの公立校(都立へは男女合計16名)に進んでいる。 著名な卒業生 [ ]• (、・医、へ進学)• (、へ進学)• (・、附属高校へ進学)• (シリアル、私立へ進学)• (アナウンサー)• (・メンバー)• (作家)• (芸人、オリエンタルラジオ) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、のに関連した です。

次の

国公立中学および一部私立は通学区域が指定されているのでご注意!【筑駒、お茶大附属、学芸大附属ほか国立情報】

東京 学芸 大学 附属 小金井 中学校

生徒募集要項の請求は、出願手続きに支障がないよう、配付期間にかかわらず日程に余裕をもって行ってください。 ・書類の書き損じなどがあった場合は、二本線で訂正(訂正印不要)してください。 ・ 書類の訂正の有無は選抜には一切影響しません。 「お届け先」に請求者の住所・氏名を記入し、「御依頼主様保管用シール」をはがして保管しておいてください。 2.封筒の表面に朱書きにて「一般中学生募集要項郵送願い」と記載し、1の返信用レターパックライトの専用封筒を下記の住所までお送りください。 〒154-0002 東京都世田谷区下馬4-1-5 東京学芸大学附属高等学校 宛 *朱書きにて「一般中学生徒募集要項郵送願い」と記載されていない場合は返送できません。 「お届け先」に請求者の住所・氏名を記入し、「御依頼主様保管用シール」をはがして保管しておいてください。 2.封筒の表面に朱書きにて「帰国生募集要項郵送願い」と記載し、1の返信用レターパックライトの専用封筒を下記の住所までお送りください。 〒154-0002 東京都世田谷区下馬4-1-5 東京学芸大学附属高等学校 宛 *朱書きにて「帰国生募集要項郵送願い」と記載されていない場合は返送できません。 【注】生徒募集要項の郵送について 生徒募集要項の郵送をご希望の方は、一般中学生用・帰国生用を問わず、日本国内の住所のみにお送りしています。 (海外にはお送りできません。 )海外在住の方が生徒募集要項の郵送をご希望になる場合は、国内の連絡先住所をレターパックライトに記してください。 本校の帰国生教育について 本校の帰国生教育の特色• 本校では海外の学校で学んで帰国した生徒が、日本での学校生活や社会環境に早くなじめるように「混合受入方式」をとっています。 すなわち、帰国生として入学した生徒は、2~3名ずつ8クラスに分かれて一般生徒と同じクラスに所属し、同じ授業を受けます。 もちろんクラブ活動や委員会活動、学校行事も一般生徒と全く同じに参加します。 入学当初は生活習慣などに違和感を覚えたり学習活動に不安を感じたりする帰国生も少なくありません。 その対策として、入学前後に帰国生対象のオリエンテーションや先輩帰国生との懇談会を開いたり、帰国生保護者の保護者会を行うなどしています。 学習支援については個別の相談に応じるほか、特に理科・社会科については、定期考査前1週間の放課後に、帰国生が優先的に教科担当の教員に質問できる「質問タイム」の時間を設定しています。 また入学後1年間は、定期考査ごとに成績を集約し、学習補充の必要があると認められる場合には個々に対応しています。 校内に校務分掌のひとつとして「帰国生・留学生委員会」があり、帰国生、留学生一般および国際交流に関わる仕事を担当しています。 帰国生に関しては、上記2のように、帰国生の学校生活を学級担任、教科担当等と連絡を密にしながら様々にサポートしています。 本校生徒は3つの附属中学出身者、全国の一般中学出身者、帰国生から成り、バックグラウンドが実に様々です。 帰国生入試枠で入学してくる生徒の他にも長期の海外生活経験者がかなりいます。 このような環境から生徒間に多様性への寛容さが生まれやすく、それが帰国生の適応にも有利に働いていると思われます。 本校は、国際交流活動が盛んです。 長期・短期の留学生を受け入れたり、海外の高校生や教育関係者の訪問を受け入れる機会が多くあります。 このような機会には広く生徒に呼びかけて案内役や通訳、交流会参加者を募集しますが、帰国生の積極的な参加が交流の活性化に寄与しています。 帰国生に対する英語教育 本校の英語の授業は、一般的に言って、量・質ともにレベルは高いと言えるでしょう。 しかし、一部の私立高校のように英語を使って他教科の授業を行なったり、英語圏からの帰国生徒の能力を伸長するための特別な授業を行ったりはしていません。 持っているものを伸ばすよりも、現在、持っていないものを付け加えていく総合力を伸ばす教育に力を入れています。 このように本校の英語教育は一般教育の中の一つという位置づけですので、海外で身につけた英語力をさらに伸ばすという希望はかなえられないかもしれません。 独自に語学を学び伸ばそうという生徒は、検定試験の受験、スピーチやディベートコンテストへの参加等自ら積極的に挑戦し、学校もできるだけそれらを支援しています。

次の