自衛隊 aw。 #沸騰ワード10 X 自衛隊

自衛隊装備の誘導弾性能諸元

自衛隊 aw

tags: , , , , , , , 退役が迫る陸自AH-1S「コブラ」対戦車ヘリの後継機選定に関し、候補のひとつと目されるAH-1Z「ヴァイパー」について、メーカーであるベル社が自信をのぞかせています。 アメリカ海兵隊員の頼れる相棒 2018年11月28日より東京ビッグサイトにて3日間の日程で開催された「国際航空宇宙展2018東京」へ、アメリカのベル・ヘリコプター(以下「ベル社」)は、攻撃ヘリコプターAH-1Z「ヴァイパー」のモデルを展示しました。 これはアメリカ海兵隊にて、AH-1W「スーパーコブラ」攻撃ヘリを置き換える形で、2010年代から本格的な運用が始まったばかりの新しい攻撃ヘリで、日本にとっても今後、縁深い機体になるかもしれません。 米海兵隊 駐沖縄部隊のAH-1Z「ヴァイパー」攻撃ヘリ(写真左)と、UH-1Y「ヴェノム」汎用ヘリ(画像:アメリカ海兵隊)。 AH-1Z「ヴァイパー」は、機首に装備する20ミリ機関砲や、機体両側面の翼に装備するロケット弾や爆弾、さらに誘導式対戦車ミサイル「ヘルファイア」によって、敵歩兵や装甲車両を攻撃可能で、また翼両端に装備する空対空ミサイルによって敵航空機をも攻撃できます。 機体の重要部分には防弾性が付与されているほか、携行式地対空ミサイル(MANPADS)や、より本格的な地対空ミサイルによる攻撃への備えとして、敵が発するレーダー波やレーザーなどを検知し、万が一ミサイルが発射された場合にはこれを妨害する自己防御システムを搭載するなど、敵の脅威がある地域でも機体と乗員を防護するための最大限の工夫がなされています。 ベル・ヘリコプターのAH-1Z「ヴァイパー」攻撃ヘリは艦載も可能な仕様で、アメリカ海兵隊などに採用されている(画像:ベル・ヘリコプター)。 このように、さまざまな種類の強力な兵器を搭載でき、それによって敵の脅威がある地域においても、地上部隊に迫るあらゆる脅威を排除できるAH-1Zは、対テロ戦争から、時には国家間紛争にも関わるアメリカ海兵隊にとって、まさになくてはならない存在です。 そのため、アメリカ海兵隊ではこのAH-1Zを将来、数十年間にわたり運用することになっています。 また、沖縄県の普天間基地にも、既存のAH-1Wを置き換える形で2016年末から配備されています。

次の

自衛隊装備の誘導弾性能諸元

自衛隊 aw

tags: , , , , , , , 退役が迫る陸自AH-1S「コブラ」対戦車ヘリの後継機選定に関し、候補のひとつと目されるAH-1Z「ヴァイパー」について、メーカーであるベル社が自信をのぞかせています。 アメリカ海兵隊員の頼れる相棒 2018年11月28日より東京ビッグサイトにて3日間の日程で開催された「国際航空宇宙展2018東京」へ、アメリカのベル・ヘリコプター(以下「ベル社」)は、攻撃ヘリコプターAH-1Z「ヴァイパー」のモデルを展示しました。 これはアメリカ海兵隊にて、AH-1W「スーパーコブラ」攻撃ヘリを置き換える形で、2010年代から本格的な運用が始まったばかりの新しい攻撃ヘリで、日本にとっても今後、縁深い機体になるかもしれません。 米海兵隊 駐沖縄部隊のAH-1Z「ヴァイパー」攻撃ヘリ(写真左)と、UH-1Y「ヴェノム」汎用ヘリ(画像:アメリカ海兵隊)。 AH-1Z「ヴァイパー」は、機首に装備する20ミリ機関砲や、機体両側面の翼に装備するロケット弾や爆弾、さらに誘導式対戦車ミサイル「ヘルファイア」によって、敵歩兵や装甲車両を攻撃可能で、また翼両端に装備する空対空ミサイルによって敵航空機をも攻撃できます。 機体の重要部分には防弾性が付与されているほか、携行式地対空ミサイル(MANPADS)や、より本格的な地対空ミサイルによる攻撃への備えとして、敵が発するレーダー波やレーザーなどを検知し、万が一ミサイルが発射された場合にはこれを妨害する自己防御システムを搭載するなど、敵の脅威がある地域でも機体と乗員を防護するための最大限の工夫がなされています。 ベル・ヘリコプターのAH-1Z「ヴァイパー」攻撃ヘリは艦載も可能な仕様で、アメリカ海兵隊などに採用されている(画像:ベル・ヘリコプター)。 このように、さまざまな種類の強力な兵器を搭載でき、それによって敵の脅威がある地域においても、地上部隊に迫るあらゆる脅威を排除できるAH-1Zは、対テロ戦争から、時には国家間紛争にも関わるアメリカ海兵隊にとって、まさになくてはならない存在です。 そのため、アメリカ海兵隊ではこのAH-1Zを将来、数十年間にわたり運用することになっています。 また、沖縄県の普天間基地にも、既存のAH-1Wを置き換える形で2016年末から配備されています。

次の

アグスタウェストランド AW101

自衛隊 aw

対地水平射撃中の87式自走高射機関砲 架台車は、砲塔はが製造した。 の左右にの社製を1門ずつ、2門装備し、砲塔上部の後方にのと、が配置されている。 後上方の水平棒状のものが索敵レーダーの、前を向いた皿状のものが追尾レーダーのアンテナである。 アンテナは畳むことで車高を抑えることが可能。 光学照準システムはバックアップ用であるが、映像システム、TVカメラ、低光度TVカメラ、赤外線映像装置、が搭載され、夜間の電波妨害下においても行動が可能となっている。 防御装置としてを砲塔基部左右に装備しているが、前期型は三連装、後期型は四連装と異なっている。 消費電力の大きいレーダーを同時使用するため、車体前部右側には搭載機器の電力を補う(APU)が搭載されている。 車体の左右側面には多くの点検用パネルが設けられ、様々な機器が収納されている。 の車体を利用し重量も同等であるため随伴行動が可能である。 また車体サイズが74式と同等であるため分解せずにで運搬が可能である(接触防止のためアンテナは畳む)。 なお後に開発されたとは機動力に差があり一体運用に支障がある。 対空用の徹甲・榴弾(無し)を用意しており、また、対地攻撃用にAPDS-T(装弾筒付曳光徹甲弾)をも準備している。 搭載するは地上目標に対するも可能であり、74式と同様の姿勢制御により走行中や斜面からの射撃も可能にしている。 同じ機関砲を使用するエリコン社製と比べると有効射程や命中公算(命中精度)が向上している。 のと同様の索敵レーダー、追尾レーダー配置を理想としていたが、ゲパルトの配置は特許であるため 、特許に抵触しない位置に設置されている。 35mm機関砲の命中率は優れているものの、射程はやに搭載されるやより短いため、により破壊される可能性が大きく、現代の戦場では実用性が低いとも指摘されている。 対策として特性の異なる(SAM)と相互に補い合うこと(ガン・ミサイルコンプレックス)や、背の高い草地などに潜み待ち伏せする ことで防空能力を発揮する装備品と位置づけられている。 や各種レーダーも搭載した高性能な自走高射砲だが、15億円超という高額な調達費から年に数両しか導入ができず(平成6年調達数2両、平成16年調達数1両)、度契約で調達を終了、計52両で生産を終了した。 教育部隊以外の配備先は、の及びの第3のみの少数に留まっている。 海外では自走高射砲にの車載型など小型SAMを追加装備し単独でガン・ミサイルコンプレックスをなし得るハイブリッド方式とする改修が行われている(ゲパルトはを追加した)が、87式は改修が行われる前に生産が終了し予算も付かないため、別途、地対空ミサイルを搭載した車両が必要となるなど、調達費に加え実質的な運用コストも上昇している。 後に配備されたはであるが、対空射撃が可能なに加え2基の発射装置を装備したハイブリッド方式で設計されている。 第3高射中隊(2個小隊:8両)• 第1高射中隊(2個小隊:8両)• 第2高射中隊(2個小隊:8両)• 第3高射中隊(2個小隊:8両)• 第4高射中隊(2個小隊:8両) 防衛大臣直轄部隊• 第3高射中隊(2個小隊:8両)• () 登場作品 [ ] 映画 [ ] 『』 実車が初登場。 飛翔する編隊の5分の4をする。 がやなどのを放つ目標を優先的に狙うことから、レーダーではなく光学照準によるを実施した。 アニメ・漫画 [ ] 『』 自衛隊のダミー・時に登場。 『』 主人公を迎撃すべく出動するの中に混じっているが、攻撃シーンはない。 小説 [ ] 『』 小説版、アニメ版にへ派遣されたの装備として登場。 の竜騎兵を迎撃する。 ゲーム [ ] 『』 デッキに「GUNTANK」の名称で登場。 『』 日本ツリーのとして「Type 87」の名称で登場。 『』 を占拠した自衛隊の車両として登場。 プレイヤーも購入して使用できる。 『』 日本もしくはN国の装備として登場。 脚注 [ ]• - 乗りものニュース• 「日本の軍事システム 自衛隊装備の問題点」講談社 2001年• 劇中の「五体に一体は雷雨を突破」というセリフから 関連項目 [ ]• 同種の自走式対空砲• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の