イベント 自粛 期間。 新型コロナの自粛期間はいつまで?イベント中止などの予想を徹底解説

【5月28日発表】施設の使用停止等の協力要請及びイベント開催の緩和等について

イベント 自粛 期間

新型コロナの感染状況について 武漢市の現状 12月31日から新型肺炎(新型コロナ)の存在が武漢市で発見され、観戦者多数であることから1月下旬には中国の武漢市が丸々閉鎖されている状態でした。 しかし、日本メディアでは中国の武漢市を取り扱うコロナ情報ニュースの数は減っていて、むしろ日本や世界中のコロナ感染者数に注目が集まっています。 武漢市は元からコロナ感染地域として知られていたので、ニュースで説明・解説されなかったとしても未だに感染者数は多く、メディアもわざわざ取り上げる必要はないと判断しているのかもしれません。 仮に武漢市でコロナが収まっていた場合はニュースになるはずなので、 武漢市でもまだまだ新型コロナが現役で、多くの人が苦しんでいることが予想できます。 日本の現状 日本の新型コロナ感染者数は、3月8日の時点で公表した厚生労働省のデータによると、 症状が出ている人と病原体だけ持っていて症状が出ていない人を合わせて「1189人(空港・クルーズ船勤務者含む)」とされています。 新型コロナ感染者が特に多い地域は「北海道」で、感染者数は北海道全域だけで100人を超えている状況です。 次いで大阪や新潟・愛知で感染が広まっています。 新型コロナによる死者は14人で、北海道以外では愛知・大阪・新潟で死者及び重体患者が存在していました。 世界中で新型コロナが注目されるようになった1月と比べると感染者も死亡者も徐々に増え続けていて、3月8日から3月10日にかけても新たに10人が感染確認されています。 この情報だけでも、いかに新型コロナの感染力が高いかがなんとなくわかってきます。 病原体を持っている人の近くに寄っただけで簡単に感染してしまうので、 1つの地域で感染者が発見された場合、その地域でさらなる感染者が発見される可能性が高いです。 日本政府もコロナに対抗する対策を練っていますが、これからも新型コロナが猛威を振るう可能性は充分考えられます。 新型コロナの自粛期間はいつまで? 日本や世界中の新型コロナの影響から、自粛期間(イベントや学校・職場が休みになる期間)はいつまで延びるのかを予想してみました。 新型コロナにかかっていない人は休みを満喫できるかもしれませんが、自粛期間が長ければ長くなるほど、新型コロナの脅威に怯えて過ごすことにもなります。 政府による政策では「3月19日」を目途に対策会議を行う 日本政府が3月9日に発表した新型コロナの状況によると、「感染はある程度は食い止められている」とのことでした。 日本でも国内感染者が徐々に増えてはいますが、イタリアや韓国と比べると観戦人数からの感染拡大率は少ない方で、確かに感染の時間稼ぎはできつつあるように思えます。 このことから、 「自粛期間を続けるか続けないか」を迷っている状態で、3月19日に再度新型コロナの対策会議を開き、自粛期間を延長するかを決定する方針となっています。 現在でも日本で開催される一部のイベントは自粛期間のせいで開催を見送られていて、自粛期間が延びた場合はイベントそのものがなくなってしまう恐れもあるかもしれません。 専門家は「数か月もしくは年単位の戦いになる」と予想 これも政府が発表した情報のひとつですが、 「新型コロナ対策は数か月もしくは年単位」になるかもしれないとの発表がありました。 新型コロナはインフルエンザよりもさらに厄介なウイルスで、感染拡大率もウイルスそのものの潜伏率も高いことから、完全に死滅させるには長期間の対策が必要です。 この間に新型コロナに対抗するワクチンを開発するのが最も有効だとも述べていて、ワクチン開発が遅れれば遅れるほど感染率は高くなるのではないかともいわれていました。 対策が数か月から数年に渡るのであれば、 2020年夏に開催される予定の「東京オリンピック」等も開催が延びる可能性が高いです。 もしくは、開催はされるにしても従来の観客を集めての開催ではなく「無観客開催」になるかもしれません。 日本で開催される国際イベントにも少なからず影響を与えることが予想されています。 国内でも4月に入るまでは自粛期間が続くと予想される 新型コロナの自粛期間は、4月に一旦は解除されるか、各イベントや地方自治体に対処を任せる形になるのではないかと予想しています。 予想の理由ですが、日本でも感染者が増加しているとはいえ、 他の増加国と比べると感染率そのものは抑えられているからで、世界中でピークになると言われている5月にも日本はそこまで新型コロナが感染拡大しないのではないかと推測できるからです。 日本政府が一旦4月から5月あたりで自粛期間を解いて、東京オリンピック等に備える動きを見せる可能性が高いと考えています。 もちろん、これはあくまでも予想です。 新型コロナの感染率が高いのは間違いないので、 ちょっとした対策ミスやまだ症状が出ていない病原菌保持者が多数現れることによって、日本も感染者が一気に増加する可能性も考えられます。 こうなった場合、自粛期間はさらに延長され、各種イベントに関しても開催が見送られるかもしれません。 学校や職場は休みになる? 学校に関しては各地方自治体に自粛期間設定が任されていて、企業は各企業ごとに休みもしくは在宅勤務が決められるようになっています。 多くの地方では3月上旬から3月下旬までが自粛期間(休校)となっていて、春休みをまたいで4月から開校される予定です。 ただし、 これも新型コロナがこれからどのくらいまで拡大していくか・縮小していくかによってくるので、新型コロナ休みが増える可能性も充分考えられます。 逆に、新型コロナ休みが減る(例えば、3月中旬から学校スタートになる)可能性はほぼなく、これは現在でも新型コロナが充分猛威を奮っていることが理由です。

次の

新型コロナ:イベント自粛10日程度延長 首相が要請 :日本経済新聞

イベント 自粛 期間

新型コロナウイルス肺炎が、徐々に日本国内に広がってきた。 感染経路が不明な感染者も出てきているので、検査によって把握しきれていない感染者が市中に相当数存在する「市中感染」をもはや認めざるを得ない状況だ。 (略) 感染症に対する社会の向き合い方には大きく2つしかない。 1つ目は、その感染症を完全に撲滅させる方向性。 2つ目は、その感染症と共に生きる覚悟を決めて、社会的な耐性を強化する方向性。 人類が世界的に完全な撲滅に成功した感染症は天然痘だけだ。 世界的な完全撲滅には諸条件が整わなければならず、撲滅に近づいている感染症はいくつかあるが、完全撲滅は今のところ天然痘のみとなっている。 そんな中で、新型コロナウイルス肺炎は完全撲滅が難しい種類の感染症だ。 それは、「不顕性感染」といって、明確な症状がないままにどんどん感染が広がるので、感染者を完全に追跡しながら撲滅することができないからだ。 また、ヒトからヒトのみの感染だけでなく、動物にも感染するので、ヒトの間での感染を撲滅したところで、また動物から感染が広がる可能性が高い。

次の

【自粛明け】旅行やイベントはいつから参加できる?段階的緩和を図解解説!

イベント 自粛 期間

県では、(以下「法」という。 )第24条第9項に基づき、イベントの開催停止の協力を要請しているところですが、政府の基本的対処方針及び国が示した「今後の都道府県の対応について留意すべき事項」を踏まえ、以下の とおり一部緩和します。 基本的な考え方 「新しい生活様式」の定着等を前提として一定の移行期間(7月31日まで)を設け、 段階的に緩和します。 第一段階 ステップ1 6月18日(木曜日)まで 第二段階 ステップ2 6月19日(金曜日)から7月9日(木曜日)まで 第三段階 ステップ3 7月10日(金曜日)から7月31日(金曜日)まで 緩和の内容• ステップ1 屋内のコンサート等、展示会等:参加人数を100人以下、かつ収容定員の50%以下 屋外のコンサート等、展示会等:参加人数を200人以下 プロスポーツイベント等(全国的移動を伴うもの):無観客で実施するとともに、選手等の行動管理に万全を期す 全国的又は広域的な人の移動が見込まれるお祭り・野外フェスティバル等:自粛の協力を要請する 地域の行事であって参加者がおおよそ把握できるお祭り・野外フェスティバル等:屋内及び屋外のコンサート等、展示会等の内容に準じて実施するが、6月1日以降は人数の制限を解除する。 徹底した感染防止策(入退場時の制限や誘導、待合場所等における密集の回避、手指の消毒、マスクの着用、室内の換気等)が実施されていること。 イベントそのものがリスクの低い場で行われたとしても、イベントの前後や休憩時間などの交流の場で感染拡大のリスクを高める可能性があることを踏まえ、イベントの主催者等はこうした交流等を極力控えることを呼びかけるよう周知すること。 参加人数に関わらずイベントの形態や場所によってリスクが異なることに十分留意すること。 例えば密閉された空間において大声での発声、歌唱や声援又は近接した距離での会話等が想定されるようなイベント等に関しては、参加人数や収容率の目安に関わらず開催にあたってより慎重に検討するよう促すこと。 イベントの主催者等に対して、参加者の名簿を作成して連絡先等を把握しておくことや、導入が検討されているスマートフォンを活用した接触確認アプリは接触率の低減や感染の拡大防止に寄与すること等を周知すること。 県主催イベント等の取扱い 県主催イベントについては、及びに基づき、実施について判断します。 その際、についても十分に配慮します。 また、学校教育で行われるイベント類似の行事の実施に当たっても原則として同様の取扱いとします。 【5月28日発表】施設の使用停止等の協力要請の一部緩和について (以下「法」という。 )に基づき、令和2年5月7日から令和2年5月31日までの期間で施設の使用停止等の協力を要請しているところですが、県内の感染状況等や専門家の意見を踏まえ、以下の とおり一部緩和します。 緩和事項 施設の使用停止等の協力要請(法第24条9項) 緩和対象施設 徹底した感染防止策を講じることを前提に、 使用停止等の協力要請の対象から下記施設を除外します。 施設の種類 内訳 運動施設等 体育館、水泳場、ボーリング場、スケート場、柔剣道場 等 遊興施設等 バー等(接待を伴う場合を除く)、個室ビデオ店、ネットカフェ、漫画喫茶 等 宿泊施設等 ホテル、旅館(集会の用に供する部分に限る。 集会の用に供する部分を使用するにあたり留意すべき事項• 6月18日までは参加人数100人以下、かつ収容人数の50%以下とすること。 (6月19日以降は、屋内イベントの取扱いに準ずる。 徹底した感染防止策(入退場時の制限や誘導、待合場所等における密集の回避、手指の消毒、マスクの着用、室内の換気等)を実施すること。 イベント等そのものがリスクの低い場で行われたとしても、イベント等の前後や休憩時間などの交流の場で感染拡大のリスクを高める可能性があることを踏まえ、主催者等にこうした交流等を極力控えるよう呼びかけること。 参加人数に関わらずイベント等の形態によってリスクが異なることに十分留意すること。 例えば密閉された空間において大声での発声、歌唱や声援又は近接した距離での会話等が想定されるようなイベント等に関しては、参加人数や収容率の目安に関わらず使用内容についてより慎重に検討すること。 イベント等の主催者等に対して、参加者の名簿を作成して連絡先等を把握しておくことや、導入が検討されているスマートフォンを活用した接触確認アプリは接触率の低減や感染の拡大防止に寄与すること等を周知すること。 【5月28日発表】施設の使用停止等の協力要請の継続について (以下「法」という。 )に基づき、令和2年5月7日から令和2年5月31日までの期間で施設の使用停止等の協力を要請しているところですが、県内の感染状況等や専門家の意見を踏まえ、以下の とおり 協力の要請を継続します。 県外への不要不急な移動を控えてください。 夜の繁華街への外出は自粛してください。 密閉・密集・密接といった 「3つの密」を避けてください。 「新しい生活様式」をみんなで実践していきましょう。 【5月25日発表】緊急事態措置等の解除について 本日(5月25日)、政府対策本部により、(以下「法」という。 )に基づく緊急事態宣言が解除されました。 本県では、県内の感染状況等や専門家の意見を踏まえ、以下のとおり緊急事態措置等を解除します。 外出自粛要請の解除(法第45条1項) 外出自粛を解除します。 施設の使用停止等の協力要請の一部緩和(法第24条9項) 徹底した感染防止策を講じることを前提に、 使用停止等の協力要請の対象から下記施設を除外します。 引き続き、御理解と御協力をくださいますようお願い申し上げます。 【5月4日発表】5月7日以降の緊急事態措置等について 現在、本県においては、新規の陽性患者が減少し、また感染経路不明の孤発例も少しずつ下がっていますが、この傾向が継続するか判断するには、まだ時期尚早です。 引き続き行動抑制によって感染のピークを後ろにずらし、積極的な疫学調査を行いながらクラスター対策を進めるとともに、医療的措置が必要な県民の皆様への対応が極めて重要になります。 国は、5月4日に、(以下「法」という。 )に基づく緊急事態宣言を延長しました。 そこで、本県としては、法第18条に規定する基本的対処方針及び埼玉県新型感染症専門家会議の意見を踏まえ、以下のとおり緊急事態措置を実施してまいります。 を広げるとともに、引き続き「三つの密」を徹底的に避け、接触機会の8割低減を目指してまいります。 対象区域 県全域 実施期間 令和2年5月7日から令和2年5月31日まで 内容 現行の措置・対応の継続 1. 外出自粛【法第45条第1項適用】 県民の皆様に対して、医療機関への通院、食料・医療品・生活必需品の買い出し、職場への出勤、屋外への運動や散歩など生活の維持のために必要な場合を除き、 不要不急の外出の自粛を要請いたします。 特に、遊興施設など、いわゆる「3つの密」がそろう場への外出や集まりへの参加について自粛を要請いたします。 施設の使用停止等の要請【法第24条第9項適用】• の施設を管理する事業者又は当該施設を使用するイベント主催者の皆様に対し、 施設の使用停止もしくはイベントの開催停止の協力を要請します。 の施設を管理する事業者の皆様に対し、 適切な感染症防止対策を講じた上で事業の継続を要請します。 なお、緊急事態措置の延長に伴う保護者の事情の変化等も考えられることから、 市町村において保育等の必要性を適切に把握されるよう要請します。 の事業者等については、 適切な感染防止対策を講じた上で事業の継続をお願いします。 なお、 飲食店での酒類の提供については、引き続き午後7時までとしていただくよう御協力をお願いします。 県立学校の休業の要請【法第24条第7項適用】• 県教育委員会に対して、 県立学校の休業等を要請しました。 新たな措置 県警察本部に対処、啓発の強化を要請(法第24条第7項) 生活関連物資等の買い占めや売り惜しみ、価格の上昇等を防止するため、小売店舗等に対する監視・指導体制を強化し、必要に応じて勧告・公表等の措置を行います。 緊急事態措置とあわせて実施する取組 1. 県庁の体制を一時的に変更し、保健所や医療行政への応援体制を強化 もう一段体制を強化して新型コロナウイルス感染症対策に当たるため、事務の中止や延期など、具体的な事務の仕分けをした上で、体制を強化します。 なお、ホテルでの患者の生活支援などの業務に従事する職員については、感染予防対策を徹底します。 市町村への協力要請 令和2年4月24日付けで、各市町村長に対し、宿泊施設の運営や保健所の相談業務などに従事する職員の派遣協力を依頼しました。 現在、さいたま市、所沢市、狭山市(5月7日から)から職員の応援を受けています。 今後も必要に応じて協力を要請し、連携して対策を進めます。 わかりやすい情報の発信 ホームページ上で、現在の療養者の内訳を表形式で表示する等、分かりやすい情報発信を行います。 また、今後は、陽性者数に加え、療養終了者の状況もグラフで掲載します。 さまざまな電話相談窓口で、県民や事業者からの相談や問合せ等に対応します。 相談内容 相談窓口 詳細ページ 受診などに関する一般的な相談 県民サポートセンター を確認する 外出自粛、施設の使用停止等に関する相談 緊急事態措置相談センター を確認する 中小企業支援に関する相談 中小企業支援相談窓口 を確認する ドメスティック・バイオレンスに関する相談 婦人相談センター を確認する 心の健康に関する相談 精神保健福祉センター を確認する 外国人向け総合相談 外国人総合相談センター を確認する 離職者等への県営住宅入居相談 住宅課 を確認する 学校教育に関する相談 総合教育センター を確認する 児童虐待通報 児童相談所 を確認する 子供に関する相談(いじめ・子育て等) 子どもスマイルネット を確認する 5. 国に対する要望 緊急事態措置の延長に伴い、既に大きな影響を受けている経済・教育等の分野について、対応するための交付金の拡充などを国に要望します。 【方針】• 新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金について、国から示された補助要綱等では、対象経費や上限単価など、補助対象を限定する記載が多いことから、実際の運用に当たっては配分額の範囲で地方の裁量を広く認め、真に柔軟かつ包括的な交付金となるよう要望します。 一刻も早く、ワクチンや治療法、治療薬の開発を進めるよう要望します。

次の