うちわ イラスト 印刷。 オリジナルうちわ・扇子の印刷なら【うちわ工房の東京宣広社】

うちわ・オリジナルうちわ●堂島広告

うちわ イラスト 印刷

是非、うちわに使ってください。 「指差し」のパーツ ファイルはA4サイズの用紙に印刷出来るようになっていますが、一つ一つのデータの大きさは適当ですので、印刷設定の際に使いたいサイズに拡大や縮小をしてから印刷をしてください。 お使いのプリンタのプロパティを開いて頂くと、拡大縮小出来るとタブがあると思いますので、用紙設定だけでなく、何パーセントで拡大縮小するか変更して印刷出来ます。 お使いのプリンタによって設定方法が異なりますので、取扱説明書を読んで設定してみて下さい。 この設定の方法が出来るようになると、サイズを色々調整して印刷出来ますので、欲しいサイズに合わせてデータを印刷出来るようになりデザインの幅が広がります。 レイアウトも簡単に出来るようになりますので、是非一度設定をしてみて下さい。 また、印刷される際は、シール状になったシートなどに印刷すると、カットして貼るだけですので便利です。 家庭のプリンタで印刷が出来ないという方はネットでプリント設定をして、コンビニで印刷と言う方法も有ります。 サンプル画像 チョキ。 何も装飾のない指差しデータと、リボンのついたタイプが有ります。 手の形は 「チョキ」になっています。 コロンとした丸いデザインなので、レイアウトの邪魔になりません。 文字の上に少し重ねるように貼っても可愛いですよ。 「チョキ」の指差しデータのリボンのついたタイプは3色あります。 リボンのみ(水玉模様)のデータも用意してますので、リボンのついてない指差しデータと組み合わせて使ってみて下さい。 もう一つの指差しデータは 左右 に向いているデータ2種です。 シンプルなので、文字データと合わせてレイアウトすると、オリジナルのデザインが作れます。 指差し リボン付含む)• リボン 水玉• 指差し 左右 リボンデータは、指差しだけじゃなく、他のデザインにも使えます。 文字のアクセントにしたり、アイデア次第でオリジナルのうちわが作成出来ますので、是非活用してみて下さい。 データを開いて、印刷設定をしてから印刷するか、任意の場所にダウンロードして保存してから印刷して下さい。 デスクトップなどに保存されるとわかりやすいです。 他のカラーはありません。 組み合わせる.

次の

オリジナルうちわ・扇子の印刷なら【うちわ工房の東京宣広社】

うちわ イラスト 印刷

うちわの選び方・ヒント うちわのサイズ・用途 うちわ(団扇)で使用される形状の種類は主に レギュラー・ジュニア・ミニ・丸小型・紙小型の5種類があります。 お祭りやイベント、あらゆる場面で使用されています。 デザイン可能面積が広く、自由度が高いことも特徴の1つです。 A4サイズに相当する大きさで、お子様用として知られているほか、女性からも人気があります。 B5に相当する大きさで、小さめのカバンにも入るため、街頭配布用やノベルティグッズとして活用できます。 扇部分の円形を生かしたデザインがおすすめです。 丸い穴の部分が持ち手になっており、丸い穴の部分を生かしたデザインがおすすめです。 うちわとは うちわ(団扇)とは、手であおぐことで風を起こし、涼をとる道具の一種です。 扇の部分と柄の部分がそれぞれ分かれているのが一般的ですが、柄がなく扇の部分の端をくり抜いて持ち手にした穴開き型のものもあります。 うちわ(団扇)の起源は古墳時代までさかのぼり、伝統工芸品に指定されているものも存在する日本の伝統文化で、金比羅参拝のお土産として名高い丸亀うちわや宮廷でも用いられたといわれる京うちわが有名です。 うちわの用途 うちわ(団扇)は、祭り・花火大会などのイベントの小道具や、販促用のノベルティとしての用途のほか、ライブ・コンサートでの応援用グッズとしての人気も根強く、幅広いシーンで利用されています。 なかでも販促用ノベルティとしての有用性は高く、両面に文字やイラストなどのオリジナルデザインを入れて、キャンペーンや店の名前をアピールすることが可能です。 常に手に持って扇いでくれるという特性上、うちわ(団扇)を受け取った本人に対してだけではなく、周りにいる人にも、宣伝効果が見込めます。 うちわ印刷商品一覧.

次の

竹製骨うちわ印刷 オリジナルデザイン 日本製 小ロット対応|みんなの印刷屋さん/株式会社オークス

うちわ イラスト 印刷

まず、うちわを準備しましょう。 サイトでダウンロードできるのは文字データだけなので、とりあえずうちわ本体は準備する必要が有ります。 準備する うちわについてです。 100円均一ショップにも公式サイズのうちわが売っています。 ただ、売切れになっている場合も有ります(先日は軒並み売り切れていることがありました) ネットでも簡単に購入できますので、こちらもご参考になさって下さい。 色々な種類が有ります。 たくさん数量が入っているものもありますので、複数のコンサートへ行く予定がある場合は、まとめて購入されるのもお勧めです。 印刷したい文字を選びます。 印刷したい文字が決定したら、ページ内のダウンロードリンクをクリックしてpdfデータを表示させましょう。 (この時に気を付けていただきたいのは、環境によって、文字が正常に表示されない場合が有ります。 一旦デスクトップなどに保存してから、ダブルクリックで開いてください。 大抵の場合、この方法で解決すると思います。 解決しない場合は、お手数ですがお問い合わせください) pdfが表示されたら「印刷」(プリンタ)のアイコンをクリックして印刷を開始します。 一文字の名前などですと、データが小さめの場合があります。 その際は、拡大印刷を利用して、うちわいっぱいにデータを出力されることをお勧めします。 拡大する大きさをご自身で設定できますので、欲しい大きさに印刷することが出来ます。 拡大印刷の方法については、プリンタによって異なりますので、お手数ですがご確認下さい。 印刷する際に、型紙として使用せず直接うちわに貼りつける場合は、シールになっている用紙が便利です。 シールの余白に小さなパーツなどを印刷して、無駄のないようにご利用下さい。 後はそれをハサミやカッターでカットしてうちわに貼るだけなので簡単です。 逆に大きなシールは扱いにくい、と言う方は両面テープが使いやすいです。 シールタイプでない光沢紙や、インクジェット用の加工がされている用紙で印刷をしてから、両面テープで接着するという方法もお手軽です。 はがれやすくならないように、強力粘着乃タイプをお使い下さい。 中には、粘着力は強いですが、剥がしやすいというタイプもありますので、用途、お好みによって使い分けて下さい。 印刷が出来たらカットしていきます。 この際のカットの方法ですが、出来上がりのイメージによって何通りがカット方法が有ります。 例えば、以下の文字を印刷したとします。 A4用紙2枚にわたって、苗字と名前が配置されています。 こんな感じです。 A41枚がちょうどうちわのサイズ内に貼れるサイズになっています。 この場合、うちわの色が黒い場合は、切り口は多少ガタガタでも大丈夫です。 白い点線の部分です。 うちわが黒いので仕上がりのイメージは下記のような感じです。 こちらはすごく簡単です。 多少歪んでカットしてしまっても、うちわの黒とふちの黒が同化してしまうので、 綺麗に仕上がります。 今度は黒ふちのさらに外側を線に沿って丁寧にカットして下さい。 用紙が白いので、黒ふちの周りに白ふちを作って行くようなイメージです。 こちらも目立つ文字に仕上がります! 用紙の白い部分を利用しますので、普通に印刷してから、どっちのカット方法にするか決めればいいと思います。 その他、この下にさらに色紙を重ねてみるとか、他に装飾パーツを貼るなどして、自分だけのオリジナルのうちわを作って下さい。

次の