スシロー テイクアウト コロナ。 お持ち帰り(テイクアウト)

コロナウイルスで生もの(寿司)は危ない?大手回転寿司の売り上げが激減のワケ

スシロー テイクアウト コロナ

下記が3月1日時点での日本での感染者数です。 北海道72人 死亡者数3人 東京都48人 死亡者数1人 愛知県32人 神奈川県25人 死亡者数1人 千葉県14人 和歌山県13人 死亡者数1人 石川県6人 熊本県5人 大阪府5人 福岡県3人 沖縄県3人 岐阜県2人 高知県2人 京都府2人 長野県2人 愛媛県1人 兵庫県1人 三重県1人 宮城県1人 奈良県1人 新潟県1人 埼玉県1人 静岡県1人 栃木県1人 徳島県1人 もはや1人2人のレベルではありません。 すでに6人もの死者を出したこの新型ウイルスコロナ。 ご存じの通り、世間では昭和のオイルショックの時の如く、 コンビニ・スーパー・薬局からマスクやウイルスガードが消えました。 スポンサードリンク 例えば日曜日などの掻き入れ時であれば本来100万売る店舗が 今週は50万しか売らなかったという事ですね。 この露骨な売り上げ低下の背景にいるのは例のコロナウイルスである事は言うまでもありません。 そして、この結果は株価にも表れています。 スポンサードリンク あきんどスシロー 2月26日の時点で 8700円で取引されていたスシロー株価は3月2日午前の時点で 7800円。 わずか1週間で900円近くも下がっています。 さらに言えば、2月1日の時点では 9500円ありました。 これはこれで凄いですね。 くら寿司株式会社 2月26日の時点で 5100円で取引されていたくら寿司株価は3月2日の時点で 4500円。 コチラも600円近く下がっています。 そして1カ月前の2月1日の時点では 5700円。 不適切動画の混乱で8000円近くあった株価が4500円まで暴落したくら寿司。 よくここまで持ち直したのに、また元に戻ってしまいました。 ゼンショーホールディング はま寿司を経営するゼンショーの株価は2月26日の時点で 2300円。 そして3月2日で 1900円。 2月1日の時点では 2500円程でした。 カッパ・クリエイト 近年、youtuberとのコラボ企画や食べ放題などの新企画で話題に乗っているかっぱ寿司。 2月26日の時点で 1400円で取引されていた株価が、3月2日の時点では 1200円。 2月1日の時点では 1500円でした。 以上、大手回転すしチェーン四天王の株価を比較してみましたが どこも軒並み下がり傾向にあります。 本日週初めに若干ではありますが回復傾向にあるようですが 今後も緩やかに上がってはドカンと下がるを繰り返していくのではないかと思われます。

次の

テイクアウトの食品から新型コロナウイルスに感染するリスクは?

スシロー テイクアウト コロナ

コロナが世界で大きく広がり、経済活動も自粛モードとなっています。 これにより各社の決算は非常に悪く、来期の業績予想も未定のなっているところが多く、不透明な状況が続いています。 特にこのコロナショックの影響を大きく受けたのは外食産業です。 3月の感染拡大からの外出自粛により、外食する人が減り大打撃を受けています。 (減益減収が増えています) 今回は渦中の外食産業有名10社をピックアップして、コロナショックでの株価影響、各社のコロナ対策(休業)、キャッシュから倒産確率、危険度を考察していきたいと思います。 Sponsored Link ゼンショーホールディングス 会社名 ゼンショーホールディングス 運営レストラン すき家、なか卯、ココス、ジョリーパスタ、牛庵など 株価 2020年4月末時点 2,135 円 株価 2020年年初時点) 2,433円 2020年初からの下落率 -13. 特にスーパーマーケットの事業があるので、コロナ対策としてはこの小売り事業の収益性が上がってくるのでは?と思います。 なお一時はワンオペ問題、ブラックバイト問題が世間の露見したことにとり企業イメージはよくないですね。 コロナ時の会社方針としても、基本的には営業続けると言い張っているのがあまり良い印象を持てませんね。 営利を第一に追求している印象を受けます。 そのためか業績、キャッシュ上場も良い状態です。 コロナ影響があったとして業績は下がれど乗り切れると思われます。 コロナ影響が数字として見えてくるのが本決算後なので、本決算後に情報を追記したいと思います。 コロナ以前より業績が悪化している中からの、コロナ問題でのダブルパンチを喰らっています。 業績やキャッシュも悪い状況なので不安は残りますが、以前よりデリバリーを強化する方針をとっていたため、コロナ対策としては効果を発揮すると思われます。 また展開している店舗の主力がファミレスということも強みです。 居酒屋やディナーメインのお店は休業することを余儀なくされているので、その点では安心出来ます。 これはコロナ対策がしっかりとしている現れです。 店内での食事を全店舗で中止するという痛みを伴う判断をし、かつ非接触デリバリーというサービスを開始をする適用力。 コロナ感染が出た店舗もすぐに閉店し、消毒対応するなど企業としてのアクション、適応力に好感が持てます。 またファーストフードはデリバリー、テイクアウトとの親和性が非常に高いので外出自粛のこの状況下に嚙み合っていると思います。 コロナ以前において業績、キャッシュ状況ともによい状態であるため、コロナで多少なり売り上げが落ちたとしても乗り切れると思います。 自粛モードにより居酒屋が非常事態宣言が出されている都府県で休業となっています。 コロナ以前においても近年は業績、キャッシュ状況はともに低迷しています。 コロナにより更に低迷、そして赤字が見えてきていまね。 2019年度には赤字となっており、直近もすれすれの黒字です。 コロナ対策でデリバリーを強化しているようですが2021年度は赤字となる可能性が高いと思います。 そのため寿司事業がこけると経営が傾きます。 寿司は手で食べるスタイルです。 (手からの感染リスク) また回転寿司は握った寿司が店内をある程度の時間を有し巡回します。 (他客からの飛沫感染リスク) これらの食のスタイルがコロナ問題の歯車に悪くかみ合っており、感染懸念、衛生面で客離れが引き起っているものと思われます。 直近の業績はよいのですが、前述の通り客離れが加速している中で大きく減収減益となると思います。 個人的には客離れが加速するもと思っていましたがそんなことはなく、増収となっています。 ミラノ風ドリアが安く美味しいですよね。 サイゼリヤは以外にも海外の割合も高く、中でも中国の割合高いです。 (アジア市場の大部分が中国) そしてこの中国市場の利益率は日本よりも高く、稼ぎ頭となっていました。 業績はあまり振るっていませんが、キャッシュは潤沢にあります。 そのため倒産リスクは低く、コロナの影響によりすぐさま倒産するような状況ではありません。 しかしながら、前述した通り稼ぎ化したの中国にて営業が出来ない状態なので、非常に苦しい状況であることは間違いありません。 うどんは時間が経つ伸びてしまうの性質上、デリバリー、テイクアウトとは親和性が低い点が、この状況下では痛手です。 また居酒屋業務も展開していますが、該当店舗は全店舗にて休業となっています。 直近の業績はガチャガチャしており良い状況とは言えません。 また特に問題なのが、現金が非常に少ないということです。 全然というほど、持っていません…。 コロナの影響により長期的に赤字が続くのであれば、倒産の文字も少しずつ見えてくるものと思われます。 正直多角化しすぎてなのでは?という印象です。 コロナの影響により国内の半分が休業、海外は8割が休業となっています。 直近の業績も落ち込んでおり、キャッシュもよろしい状況ではありませんね。 (売上、利益に対する現金比率も低い) コロナの影響により更に業績が悪化し、赤字になることも推測されます。 それらの立て直しとして不採算店舗の整理を進めている最中でのコロナのより大打撃を喰らっています。 このダブルパンチによりキャッシュも枯渇気味で非常にまずい状態です。 立て直し中であるため、直近の業績、キャッシュもボロボロです。 今回紹介した10社中では抜群にやばい状態であるのは確かです。 首の皮一枚で生きており倒産一歩手前な状況と思われます。 コロナの影響により決算対応が難しいとのことですが、本社にてテレワーク環境が整備されていないことが露見する結果となりました。

次の

テイクアウト限定「スシロー特上手巻セット」発売、中とろ・かに本身・上穴子など豪華ネタを詰め合わせ、「スシロー手巻セット」も販売継続(食品産業新聞社ニュースWEB)

スシロー テイクアウト コロナ

困ったな・・・ 一応電話だけするか。 お店に電話してその旨を伝えると今から持ってきてくれるとのこと。 すごいなスシロー。 と思ったけれど夜遅く2品の為にわざわざ持ってきてもらうのもなんだか忍びない。 少額だからと粗末にするわけではないが350円。 クレジットで支払いしてしまってるし、すでに食べる気満々の子ども達を置いて家を出るのも心配。 「ここはスシローさんのいうように持ってきてもらおう。 」ということにしました。 揚げ物を届けてもらう間にいただきましょう。 わいわいと食べている間に届けにきてくださいました。 しかも気を使ってくださったようで、ポテトがサイズアップしている。 スシローの揚げ物系って衣がカリッカリで大好き。 テイクアウトでもまだほんのり温かくて、衣もフニャっとしておらず美味しかったです。 【まとめ】スシローのテイクアウトを使用してみて 思わぬハプニングもありましたが、人間のやることですからミスはある。 もちろん、お金が絡む以上いいことではないけれど誠意のこもった対応にとても満足しています。 (ポテトサイズアップがなくとも。 笑) テイクアウトでは結構あることですよね。 やはりそこは、買う側も一応確認すべきかもしれませんね。 その方が、互いに嫌な思いも面倒なこともせずに済みますから。

次の