オタク 街 コン レポ。 オタクじゃない男のKOIKOI・アニメコンレポ|感想・レポ⑪│街コンCEOのレポ・ブログ

池袋のオタク街コンに女オタが行ってみた感想レポ

オタク 街 コン レポ

好きな肉を注文する食べ放題形式でした。 案内された席に座る男性を見て私達は固まりました。 そう、1件目で相席した男性2人組だったのです。 更に深い事を話したい相手でもなかったので、席を変えて頂きました。 ただし、相手になにか言われる可能性もあり賭けに近い。 基本的にはマナー違反なのでやってはいけない。 今日は、彼氏候補を見つけに来たのではない。 男友達を見つけに来たのでもない。 色んな男性を見て、ネタにするために来たんだ! そう思わざるをえなくなってきました。 外見に関しては私も人のこと言える容姿でも無いし、会話をしたら普通かもしれない! という淡い期待を胸に 「よろしくお願いします~」とワントーン高い声であいさつしてみました。 男性1「やっと来たか。 さっきの女はすぐいなくなったからな」 私「えっ…?」 男性2「いや~さっき女の子達が座ったんですが、挨拶しただけですぐ席を立ってしまったんですよ。 気にせずお話しましょう」 ワーオ! かなりの大物をひっかけてしまったようです。 挨拶で逃げた女子すげぇ…と思いましたが、あからさまに「逃げるなよ」と牽制された今、同じことをする勇気はありません。 自分のチキンっぷりが憎いです。 というかこんな男性は街コンやお見合いパーティどころか 普通に生活してても滅多に出会うことのないタイプです。 隠しレアを見つけた気分になってきました。 どおりで 偉そう威厳があるなーと思いました。 ガリガリくんが No. 4を強調してきますが、会社の規模を知らないのでイマイチすごいのか分かりません。 先輩男性「ところで俺いくつに見える?」 なんでしょう、このデジャヴは… そうです、 1軒目のお店でやられた年齢当てクイズです。 街コンでは年齢当てクイズが流行っているんでしょうか? 私「35くらい…ですか?」 先輩男性「残念はずれー!キミ(友人を指さし)はいくつだと思う?」 友人「じゃあ38くらいですか?」 先輩男性「なんでそんなに上がっちゃうかなー」 先輩男性「もう答えないのー?正解言っちゃうよー?」 私「 えっ…と…37歳ですか?」 先輩男性「やっとでたよ~」 なんという茶番でしょうか。 そろそろ疲れてきた友人と私ですが、時計の針は無情にもまだ5分しか経っていません。 そして先輩男性が急にソワソワしだします。 突然話をぶった切ってある言葉を私たちに投げかけてきました。 先輩男性「女子ならさー絆創膏とか持ってるよねー」 会話の流れを無視した突拍子もない投げかけに困惑する私と友人。 そこで後輩がフォローを入れてきます。 後輩男性「どっちか絆創膏持ってない?」 どうやら指の逆剥けをむいてしまい、血が出たので絆創膏が欲しかったようです。 遠回り過ぎて伝わらないうえに、まさかの絆創膏要求。 とりあえず持っていた絆創膏を1枚渡しました。 この時点で会話を始めて15分ほどしか経っていないのですが、そろそろ私と友人は瀕死状態です。 HPもSAN値も限りなく0で耐えきれそうにありません。 まだ時間は余っていましたが、店を変え違う男性と話す元気はもう私にも友人にもありませんでした。 今回の街コンは帰宅は報告なしの自由制です。 参加者証のリストバンドを腕からむしり、行きつけの居酒屋へと離脱しました。 行きつけの居酒屋で街コン反省会という名の慰労会がスタートです。 慰労会の途中で1軒目の2人からLINEがきました。 「お疲れ様です~!今日は盛り上がりましたね」 という内容が2人からほぼ同時に届きました。 ああ、今2人で一緒にいるんだな。 時間も文章もほぼ同じということは、 無言で打っているのか、相談して打ってるのか…。 どちらでも良いのですが、盛りあがった思い出が無いので2人ともブロックしました。 ちなみに2軒目の男性たちからは向こうから連絡が有りませんでした。 私よりも友人と話が弾んでいましたし、私から誘って食事に行くほど気になった相手では無かったのでその後も特に連絡を取りませんでした。 彼の言うことが嘘か本当かは分かりませんが、 付き合いたい!もっと彼の方を知りたい!と思った場合は 迷わずこちらから連絡した方が効果的なようです。 地元民どころか開催県に住んでいる人すら少なかったです。 私が聞いた人が、たまたまそうなのかも知れませんが… 東京からきた人や、他県から来た人が多かったのが印象的です。 やはり、皆さん知り合いに会うのが嫌なんだと思います。 20代がほとんどです。 募集人数が20~35歳だったこともあるのでしょうが、 彼氏彼女を作る!というより異性の友達を作るくらいの感覚の方が多いです。 逆にお見合いパーティは年齢層高めが多い気がします。 普段着の中で少しカワイイ、オシャレなものを着ていけばいいと思います。 休日の昼間開催ということもあり、男性もスーツはおらず、私服でした。 これが銀座の夜開催なら雰囲気も違うのでしょうが、 都内近郊の昼間開催の場合はパーティドレスは避けた方がいいでしょう。 おわりに 今回は悪い例を書いてしまいましたが、他の街コンは普通の男性が多かったのでこのレポ記事だけで判断せず、良い恋活ライフを送って下さいね。

次の

アイドルマスター好きの24歳・喪女によるオタク街コンの感想|新潟│街コンCEOのレポ・ブログ

オタク 街 コン レポ

サクッと流し読み• オタク街コン=やばい4つの理由• コスパ最悪:男は搾取されている• まともな女性がほぼ0人• 同性とばかり仲良くなってしまう• マルチ商法に入会… 僕の次一体験を交えて紹介します。 オタク限定:男性9,800円• ふつうの街コン:男性6,900円 約3,000円も参加費が高いですよね。 なぜ、オタク限定街コンは男性が高額で女性が格安なのか? 男性料金が高い=女性が集まらない いわゆる需要と供給です。 悲しい現実ですが、、、オタク街コンは女性人気がないことが露呈されています。 主催者からしたらオタク男子はカモなので、オタク限定街コンはオススメできません。 実際、ぼくが参加した街コンでも可愛いオタク女子は20人中1人しかいませんでした… オタク街コンだけ何であんなに高いのか笑える、可愛い女の子?来るわけないじゃん。 バカみたい。 引用: オタク絶対隠せないと思ってオタク街コンに行ってたけど普通の街コン、婚パに変えた途端にビジュアル、雰囲気、喋り方、内容全てにおいてマトモな人率が急上昇したんだけど逆にマトモな人率が急上昇した所為で釣り師じゃないか心配になって来た。 引用: まさに上記のとおりで「ふつうの恋人」を見つけるのはムリゲーです。 もちろん、性格が良いオタクはたくさんいるので、恋人の見た目を一切気にしない人ならに参加してもいいかもしれません。 同性の友達ができる理由• 好きなタイプがいない• 人見知りして異性と話せない ぼくは目当ての女性がいなかったら、かわいいスタッフさんと話してました。。 オタク街コンで仲良くなった保育士 21 とゴハンに行ったら、マルチ商法を勧誘されました。 そして、入会…。 オタク街コンには勧誘目的がいます。 「普通の街コン」のメリット• 料金面でお得• かわいい女性が多い• やばい奴がいない• 非モテでも恋人GET可(条件あり) ぼくの体験談を交えつつ、魅力を語ります。 魅力1. 料金面でお得 で書いたとおり、ふつうの街コンの方が3000円ほど格安です。 街コンの相場は、下記の通り。 オタク限定街コン: 男性1万円、女性1000円• ふつうの街コン:男性6000円、女性2000円 ザックリ計算で、 オタク限定街コン2回分=普通の街コン3回分ってやばいですよね… 魅力2. かわいい女性が多い 通常の街コンは、本当にレベルが高いです。 人気No. やばい奴がいない Twitterでオタク街コンのレポを調べたら、やばい奴に遭遇した…という話ばかり。 その分、ヤリモクっぽい人はいますが、出会いの場だったらどこでも遊び目的は出没するので仕方ないですよね。 で仲良くなった男友達もいい人だったので、男女ともに良い出会いがあると思います。 魅力4. 非モテでも恋人GET可 ここまで読んで、 「でも、普通の街コンだと女性から相手にしてもらえないし…」と思った人もいるかなと。 大丈夫です。 体重100kg&コミュ障の僕ですら、人生初の彼女ができました。 オタクが普通の街コンで恋人をGETするコツは1つあります。 「数で勝負」 正直、街コンに参加しまくるとお金が吹っ飛びます。 実際、僕が人生初の彼女を作るのに20回参加して10万円以上使いました。 とはいえ、コミュ障なオタクがかわいい彼女を作るには、多少の出費は必須かなと痛感しました。

次の

【男女比やばい】オタク街コン(アニメコン)で惨敗した感想レポ|アニメオタクには良い出会い場

オタク 街 コン レポ

プロフィールシートの画像を頂きました! 個人情報の部分はぼかしを加えて頂いてます。 会場には開始15分前に着いたのですが、もう半分以上の人が受付を済ませている様子でした。 開始前までにプロフィールシートを書かなければいけないので、早めに来た方が時間に余裕を持って書けると思います。 今回参加したアニメコンの形式は、男女それぞれ2人でペアを組んで2対2でお話、時間が来ると男性が回転寿司の様にテーブルを移動する完全着席制でした。 男性陣の参加者が多く、3人グループもちらほらいました。 アニメコンと聞いて気になること… さて、アニメコンと聞いて一番気になる所と言ったら参加者の見た目、そして性格ではないでしょうか? オタクというと、不潔で太っていて臭かったり、人と全く話せなかったり、 もしくは逆に自分のことばかりノンストップで話続けたり…とマイナスなイメージを持つ人も多いと思います。 そんなオタク向けのアニコンに参加してみた結果… 結論から言いますと、全くそんなことはありませんでした。 今回参加したアニメコンは、皆さん良い意味で普通の人ばかりでした。 きちんと清潔感があって体臭も感じない人ばかりで、むしろオシャレだなと思う人も見かけました。 いわゆるコミュ症、人とコミュニケーションをとるのが極端に苦手な人もいませんでした。 女性陣も見た目から明らかにオタクっぽい人はおらず、良い意味で普通の人達! 服装はワンピースやスカートの人が多く、カジュアルな服装が多かったです。 あまりにも見た目が普通~オシャレな人ばかりで 「この人達は本当にオタクなのか!?」 と別の不安に襲われつつ開始時刻を迎えアニメコンがスタートしました。 さっそくプロフィールシートを男性陣と交換してお話した所、正真正銘のオタクでした。 何のオタクなのかも人それぞれで、流行りの漫画を見るゆるいオタクから神社仏閣オタクで日本各地に写真を撮りに行っている行動派のオタクもいました。 他のテーブルも見回すと、4人皆でワイワイ盛り上がる所もあれば、目の前の人と1対1で話している所もあり、テーブルによって盛り上がり方は様々でした。 私もアニメコンの運営スタッフをやりますがオタクに見えない人が多いことにビックリです!話すとちゃんとオタクの方なんですけどね アニメコンでの会話について 最初の話題は、交換したプロフィールシートから共通の趣味を見つけて話すことが多かったです。 その時に流行っているアニメやソーシャルゲーム、異性に人気のジャンルを知っていると共通の話題が見つけやすく話が盛り上がりました。 20分ごとにテーブルを移動するシステムで、テーブル移動の5分前にスタッフさんからアナウンスがかかりました。 5分の間でお互いのプロフィールシートに名前と一言コメントを書いたり、連絡先を交換したりします。 一言コメントで一番多かったのは、 自分のプロフィールシートや交換した際に目に入ったコメントを見た限り、 男女ともに 「よろしくお願いします」 が圧倒的でした。 中にはイラストを描いていたり、 「斜め前の席にいた眼鏡です!」 と自分が誰だか分かるようにコメントしている人もいます。 連絡先の交換は、スタッフさんから「5分前なので交換する人はお早めに!」とアナウンスもされるので、シャイな人でも安心なシステムでした。 見たところ、皆さんお話した人とは全員交換していました。 4回目のテーブル移動をすると最後のペアになります。 この時にマッチングシートに気になる相手の番号を書いてスタッフさんに提出します。 書くための時間を取っている訳ではなく、最後のペアの人達と話している最中に書く形になっていました。 その時に二次会参加の希望も取っていたので、最後の人たちと話す時間は少なかったです。 こちらがマッチングシートで、表面には自分の番号が書いてあります。 裏面に自分の番号と気になる男性陣の番号を書いて、他の人に見えないよう2つ折りにして提出します。 結果が返却されるのはイベントの終了時の帰り際でした。 返却されたマッチングシートはマッチングが成立していると印が付いて返ってきます。 二次会に行く人はお店の前で待つように言われ、不参加の人はそのまま解散でした。 参加男性が好きなアニメ ラブライブ!が特に多かったです。 また、ジャンプ展が行われていたこともあってかジャンプ系の話題に話が流れることが何度かありました。 ちょっと懐かしいですが、私はジャンプ系では「ぬ~べ~」は好きだったので、そのあたりに話が来た時はテンションが上がりました! 印象的だったひとについて 今回話をしていて良い印象だった人は以下のような人でした。 ・趣味が合う人 やっぱり共通の好きな物があると印象に残りました。 一番好きなジャンルが一緒になるのがやっぱり一番嬉しくなります。 また、共通で知っているアニメやゲームがあったりすると話が盛り上がりました。 共通の趣味があると一言コメントが書きやすいですし、こちらも覚えやすいです。 ・何か語れることがある人 自分の好きなことについて語ってくれると有難かったです。 その人の好きなことについて詳しいことを教えてくれたり、どこが良いのか語ってくれたり、好きなことについて話している様子は楽しそうで魅力的に見えました。 聞いている方も新しいことを知れますし、楽しそうに語る姿を見てるとつられて楽しくなってきます。 逆に悪い意味で印象に残った方 ・こちらの反応を見ずに、プロフィールシートだけで話を進める人 こちらを全く見ずにプロフィールシートを確認して、ひたすらプロフィールシートに書いたことについて質問をし続ける方がいました。 質問に答えてもそこから話題を広げる訳でもなく、矢継ぎ早に次の質問をされて何だか面接されているような気分でした 笑 おそらく緊張しているんだろうな~と思います。 相手を知ろうとする気持ちを持っているのはとても素敵だと思いますが、こちらだってその人について知りたいですし、緊張しているとその人の普段の様子や魅力が分からなくなってしまうので勿体ないなと思いました。 街コンのその後 マッチングシートの結果は二人の方と見事マッチングできました。 現在は一番気になっていた方と何度か食事に行っています! アニコンの魅力は、皆がオタクなのでオタクな話ができること、 オタクな話で盛り上がれることだと思います。 共通の趣味を持つ恋人が欲しい方は参加してみてはいかがでしょうか?.

次の