ジン 美味しい 飲み 方。 必見!本当に美味しい人気のジンおすすめランキング

美味しいジンの飲み方11選!ストレート/ショット/ホット/ロック

ジン 美味しい 飲み 方

ジンはカクテル等によく使われるお酒で、スピリッツ(蒸留酒)という分類のお酒になります。 大麦やライ麦、ジャガイモ等を原料として作られているお酒で、アルコール度数は40~50度になりますので、ウイスキーやウォッカ、テキーラ等と並び、アルコール度数が強めのお酒に分類されます。 ジンの魅力は何と言ってもアルコール度数からはイメージできない飲みやすさになります。 薬用で活躍した時代の功績はもちろんのこと、飲用になってからも、ショットやホット等といったジンそのものを味わう飲み方でも流通していきました。 寒い地域では一時的に体温を上げて身体を温めるための、暖房代わりにもなったのです。 現在はフレッシュや他のスピリッツ等と合わせて、カクテルで飲まれることが多くなっています。 ジントニックが最も有名ですが、実はジンはジンそのもので飲んでも美味しいお酒だということは、あまり知られていません。 ジンにはジントニック以外にも知られざる楽しみ方がたくさんあるんですよ。 原液を一度気化させてから液化させることでよりアルコール純度の高いお酒が生まれるわけです。 火がつくような強いアルコールで、精神を高ぶらせるためスピリッツと呼ばれるようになった説が有力です。 界4大スピリッツとしてはジンの他にはウォッカ、ラム、テキーラが上げられます。 ウォッカは世界で一番強いお酒として有名、またラムは製菓等にも使われますし、テキーラはショットで飲む習慣が若者たちの中でも最も定着しているお酒になりますので、名前くらいは知っている、という方も多いのではないかと思います。 4大スピリッツについて書きましたが、ジンはその中でもストレートで飲まれる機会が少ないお酒になります。 カクテルという舞台では大活躍しているものの、ストレートで飲むお酒としては、テキーラやウォッカに隠れがち、というのがジンの現状かもしれません。 種類によってアルコール度数が違うので、ウォッカより強いジンもあり、その逆もありますが、世界で一番強いと言われているお酒はウォッカになります。 ちなみに平均的にはジンよりもウォッカの方が3度くらい強いと言われています。 とはいえジンはウォッカと大差ない強さです。 世界で一番強いと言われているお酒はポーランドのウォッカ「スピリタス」になり、これは96度のアルコール度数になります。 いわゆる、ほんとうに液体にライターを近づけたら火が付くお酒です。 強いアルコールで酔っぱらう飲み方ではなく、雰囲気に酔っぱらってしまうような飲み方。 大人の女の飲み方で酔いたいものですよね。 美味しい飲み方が分かった!これで貴女も今日からジンのとりこ ジンはどんな飲み方をしても、そのキャラクターをしっかり味わえる、キングオブ・スピリッツと言えるお酒だと確信しています。 カクテルで飲んでもロックで飲んでも、その違うキャラクターを心底楽しむことができます。 でも、私は是非貴女に「ジンの味わい」だけではなく「ジンの歴史」も噛みしめながら、味わっていただきたいと思っています。 友達とワイワイ飲むジントニック、大好きな彼と乾杯するブルームーン、古き良きイギリスを回顧しながら眺めるピンクレディ。 ジンが貴女をより洗練された女にしてくれるはずです。

次の

美味しいジンの飲み方11選!ストレート/ショット/ホット/ロック

ジン 美味しい 飲み 方

ジンは蒸留酒の中で一番美味しいお酒だと思います。 柑橘の香りがするので女性にもオススメ。 でも紹介しているよう、銘柄によって味も全然違うので飲み比べるのも楽しいです。 ジンといえば、まずは炭酸水系で割る飲み方。 トニックウォーターで割る ジントニックが有名ですが、ソーダ割りした ジン・ソーダもシンプルで美味しいです。 そして炭酸水とレモンで割る飲み方 ジンフィズも外せません。 ライムを絞って ジンライムもいいですね。 炭酸よりも甘さが欲しければ柑橘系フルーツジュースで割れば、まず外しません。 ちょっとオシャレに、ほのかな甘さと鮮やかな赤の色合いが綺麗なグレナデンシロップを入れる飲み方も美味しい。 割らずに飲みたい!という方は何種類かのジンを買い揃えてストレートで味比べをするというのも、ジンごとの違いが分かってこれまた楽しい飲み方です。 このようにスーパーで簡単に手に入れられる割り材で楽しめるのがジンの魅力。 自分だけのお気に入りの割り材を探しながら飲むなんてのも、楽しいものです。 色々な飲み方と割り方を試して比べて、自分好みのレシピが見つかればいうことなしです。 スポンサードリンク ジンは何より楽しんで飲むこと、それが重要です。 とはいえ、自由に楽しめと言われても、飲み方の入口が分からなければ、とまどうものですよね。 弱くて甘いジンの飲み方 女性らしいカテゴライズです。 弱くて甘いジンの飲み方の王道中の王道は「 ジントニック」 ジンと柑橘系サイダーの相性が完璧です。 トニックが苦手なら、好みの量でオレンジジュースで割った「 オレンジブロッサム」やグレープフルーツジュースで割った「 ジン・グレープフルーツ」がおすすめ。 ジンにはやはり柑橘系で割るのが最高に合います。 弱くてドライなジンの飲み方 ジントニックでは甘すぎる!ドライに飲みたい! というダンディーなあなたには 炭酸水やソーダで割った「ジンソーダ」がシンプルかつジンの味が良く分かるのでおすすめ。 ソーダしか使わないのでカロリーも低めです。 炭酸水の割合はお好みでいいので簡単に作れます。 ここに、レモンジュース、砂糖を入れた「 ジンフィズ」も柑橘系の味が立って美味しいです。 砂糖を少なめ、生レモン果汁を搾れば、学生さんには分からない、大人のレモンサワーの出来上がりです。 (ジンフィズ:ジン45ml、レモンジュース20ml、砂糖1スプーン、炭酸水で満たす) 「ジンと言えばやっぱりライムに合わせたい!」というあなたには、ジンに生ライムを絞ってそこを炭酸水で満たすジンリッキーもおすすめです。 ジントニックじゃ強さが足りない!と言う方には少量のオレンジジュースで割ったこの飲み方がおすすめ。 またジンにグレナデンシロップを足しただけの「 なんちゃってピンクレディ」も甘みが加わって強いながらも美味しく飲めます。 (ピンクレディ:ジン45ml、グレナデンシロップ20ml、レモンジュース1tsp、卵白1個分をシェイク) どちらも度数が高いながらも意外と飲みやすいので、女性にもおすすめのカクテルですね。 レディーキラー・カクテルとも呼ばれます。 強くてドライなジンの飲み方 もう、強くてドライなのが飲みたければ、冷凍庫でトロトロにして ストレートがいいですね。 ロックが好きなら、 ジンのロックも旨いです。 私が好きなのはジンのロックに、ドライベルモットをお好みの量で割った、「 マティーニもどき」です。 ドライベルモットは一言で言えば「香草ワイン」で、その辺の酒屋さんに売ってます。 簡単にマティーニが楽しめるので、よくやります。 おすすめですよ~。 また、ちょっと気取ってアンゴスチュラ・ビターズで香り付けした「 ピンク・ジン」なんてのも面白い飲み方ですね。 甘い ドライ 弱い ジントニック オレンジブロッサム(薄め) ジン・グレープフルーツ ジンソーダ ジンフィズ ジンリッキー 強い オレンジブロッサム ピンクレディ 冷凍ストレート、ロック マティーニ ピンク・ジン ジンの種類によっても美味しい飲み方は違う ざっくりとジンの美味しいおすすめな飲み方をご紹介してきました。 基本はこのように飲んでもらえれば、間違いありませんが、厳密に言うとジンによっておすすめの飲み方は変わります。 人気ジン別のおすすめの飲み方もいくつかご紹介しています。 こちらも参考にどうぞ。 宅飲みを楽しくするおすすめグッズ.

次の

ジンの美味しい飲み方!ストレートなどのおすすめの割り方も紹介

ジン 美味しい 飲み 方

ジンはカクテル等によく使われるお酒で、スピリッツ(蒸留酒)という分類のお酒になります。 大麦やライ麦、ジャガイモ等を原料として作られているお酒で、アルコール度数は40~50度になりますので、ウイスキーやウォッカ、テキーラ等と並び、アルコール度数が強めのお酒に分類されます。 ジンの魅力は何と言ってもアルコール度数からはイメージできない飲みやすさになります。 薬用で活躍した時代の功績はもちろんのこと、飲用になってからも、ショットやホット等といったジンそのものを味わう飲み方でも流通していきました。 寒い地域では一時的に体温を上げて身体を温めるための、暖房代わりにもなったのです。 現在はフレッシュや他のスピリッツ等と合わせて、カクテルで飲まれることが多くなっています。 ジントニックが最も有名ですが、実はジンはジンそのもので飲んでも美味しいお酒だということは、あまり知られていません。 ジンにはジントニック以外にも知られざる楽しみ方がたくさんあるんですよ。 原液を一度気化させてから液化させることでよりアルコール純度の高いお酒が生まれるわけです。 火がつくような強いアルコールで、精神を高ぶらせるためスピリッツと呼ばれるようになった説が有力です。 界4大スピリッツとしてはジンの他にはウォッカ、ラム、テキーラが上げられます。 ウォッカは世界で一番強いお酒として有名、またラムは製菓等にも使われますし、テキーラはショットで飲む習慣が若者たちの中でも最も定着しているお酒になりますので、名前くらいは知っている、という方も多いのではないかと思います。 4大スピリッツについて書きましたが、ジンはその中でもストレートで飲まれる機会が少ないお酒になります。 カクテルという舞台では大活躍しているものの、ストレートで飲むお酒としては、テキーラやウォッカに隠れがち、というのがジンの現状かもしれません。 種類によってアルコール度数が違うので、ウォッカより強いジンもあり、その逆もありますが、世界で一番強いと言われているお酒はウォッカになります。 ちなみに平均的にはジンよりもウォッカの方が3度くらい強いと言われています。 とはいえジンはウォッカと大差ない強さです。 世界で一番強いと言われているお酒はポーランドのウォッカ「スピリタス」になり、これは96度のアルコール度数になります。 いわゆる、ほんとうに液体にライターを近づけたら火が付くお酒です。 強いアルコールで酔っぱらう飲み方ではなく、雰囲気に酔っぱらってしまうような飲み方。 大人の女の飲み方で酔いたいものですよね。 美味しい飲み方が分かった!これで貴女も今日からジンのとりこ ジンはどんな飲み方をしても、そのキャラクターをしっかり味わえる、キングオブ・スピリッツと言えるお酒だと確信しています。 カクテルで飲んでもロックで飲んでも、その違うキャラクターを心底楽しむことができます。 でも、私は是非貴女に「ジンの味わい」だけではなく「ジンの歴史」も噛みしめながら、味わっていただきたいと思っています。 友達とワイワイ飲むジントニック、大好きな彼と乾杯するブルームーン、古き良きイギリスを回顧しながら眺めるピンクレディ。 ジンが貴女をより洗練された女にしてくれるはずです。

次の