スラムダンク 彦一 声優。 【スラムダンク】物語の続きや続編の可能性など読者が気になることをまとめてみた

スラムダンクのトレンド・再放送・テレビ神奈川が話題

スラムダンク 彦一 声優

Pandra や Dailymotionで見れない• 動画配信サービスで無料視聴 当記事では「スラムダンク」を無料視聴する方法をお伝えしていきます pandora・dailymotionでは「スラムダンク」は見れない 無料で動画を楽しむといえばDailymotion・PANDORAです。 動画さえアップロードされていればドラマでも映画でも普通に見れてしまいます。 しかしDailymotionやPANDORAでは「スラムダンク」はアップロードされておらず見ることができません。 「スラムダンク」は 動画配信サービス最大規模のU-NEXTで無料配信されています。 U-NEXTの無料トライアルは2,3分の登録で完了するのですが、それを使うことで無料視聴できます 過去にU-NEXTをお使いになったことがある方は Amazonプライムをお使いください。 Amazonプライムでも無料視聴できます(詳細は記事後半で) ドラマ「スラムダンク」の無料動画を見るならU-NEXTが最もオススメ 国内最大動画サービスの U-NEXTでドラマ「 スラムダンク」が無料配信されているので、2,3分のカンタン登録をして無料視聴してしまうことをオススメいたします。 U-NEXT利用料は通常月額1980円ですが、今なら 31日間無料トライアルをやっておりお金がかかりません。 目的の動画を見るためだけにU-NEXTを無料利用するのは、きちんと公式に認められているので問題ありません。 【手順】• U-NEXT31日間無料トライアルに登録• 動画を視聴する• ですが U-NEXTであれば見放題作品なので無料期間中に何度でも視聴可能です。 「スラムダンク」を見るならU-NEXTを使うのが一番オススメです。 見れるジャンルも様々で、新しい作品への対応も早いです。 VODに興味がある人なら誰もが知っている大手動画サイトですね。 無料登録時に600ポイントもらえて即無料動画を楽しめる ポイント不要の無料 見放題動画が多い! 有料会員になると毎月1200ポイントもらえる 音・画質が他の動画配信サービスよりも良い スマホにダウンロードできるので、いつでも動画を見れる 最初にもらえるポイントでいきなり動画見れちゃうのは嬉しい 無料登録時に600ポイントを貰えて即無料視聴できちゃうのが一番良いところですね。 ほとんどのレンタル作品が視聴できる分のポイント数ですから、見れないということはほぼ無いです。 他の動画配信サービスではスグにポイントがもらえなかったりして、せっかく登録してもスグにレンタル作品が見れないところも多いですから、最初のポイントが多くもらえるだけでもU-NEXTの強みはありますね。 見放題動画の数が多い & クソ作品ばかりかと思ったら人気作や最新作も普通に見れる あとは 見放題動画もたくさんあるのですが、意外と 有名作品や面白い作品が多いのは嬉しいです。 見放題動画が多いって言ってもどうせショボいのしか配信されてないんだろう…と思いましたが、コレがなかなか楽しめます。 旧作だけでなく新作まで結構幅広くありますよ。 自分はアニメを見るのに結構U-NEXTを使うことが多いのですが、無料作品で面白いのが多いので結構重宝しています(笑) 映画やアニメの他に、洋画・海外ドラマ・日本ドラマ・バラエティなどなど幅広くジャンルがあるので、見放題動画でも結構楽しめますよ。 さすが自分で 見放題動画No1を謳っているだけあるかなと思います(笑) Amazonプライムでも無料配信中 U-NEXTの無料おためしは新規の方しか適用されません。 過去にご利用歴がある方は Amazonプライムをお使いください。 Amazonプライムでも無料配信しており、 30日間無料体験を使うことで無料視聴できます。 既にAmazonプライム会員の方はそのままAmazonプライムで見ることができます。 過去ご利用歴があっても無料体験が 再適用されることも 新規の方だけでなく、過去にご利用歴がある方でも再び 30日間無料体験が適用されます。 ただし再適用されるためには、過去に退会してから一定の期間経過が必要とされており、具体的な日数は分かっておりません。 ドラマ 『スラムダンク』のあらすじ・キャスト・主題歌 『スラムダンク』のあらすじ 神奈川県の湘北高校に入学した不良少年の桜木花道。 しかし廊下で「バスケットはお好きですか?」という言葉と共に、花道に声をかけてきた赤木晴子に一目ぼれし、彼女に誘われるままにバスケ部に入部。 花道はお調子者の性格もあり晴子に「バスケットマン桜木」を自称するが、バスケットに関してはまったくのど素人。 基礎知識さえなかった花道はもちろんコートには入れず、毎日毎日体育館の隅で地味な基礎練習の日々。 湘北バスケ部にはキャプテン赤木、花道のライバル・スーパールーキー流川や、けんかっ早いガードの宮城、そしてバスケから離れていた三井も復帰し、なんだかんだと問題を起こしながらもチームとしてまとまってく。 その中で花道自身も持ち前の身体能力の高さを生かし、次第にバスケットの才能を開花させていく。 「スラムダンク」のキャスト 草尾毅(桜木花道役) 赤い髪がトレードマークの主人公。 高校1年生。 中学時代50人の女の子に振られまくり、最後に振られた相手の一言からバスケットが大嫌いだった。 しかし高校入学直後に晴子に一目ぼれし、彼女に誘われるままにバスケット部に入部する。 入部当初は基本のルールも知らないど素人だったが、持ち前の身体能力の高さと努力を重ね、次第にバスケの才能を開花させていく。 平松晶子(赤木晴子役) 花道の想い人。 湘北バスケ部キャプテン・赤木の妹。 誰に対しても分け隔てなく接する、明るく天然な女の子。 バスケットが大好きだが、本人は決して上手くない。 花道のルックス 身長の高さなど と身体能力に目をつけ、バスケットに誘った張本人。 当初から花道に想われているが、本人はまったく気づいていないうえに、自身は流川のことが好き。 梁田 清之(赤木剛憲役) 湘北バスケ部キャプテン。 花道命名の通称は「ゴリ」。 厳格で礼儀正しく、常に冷静な湘北高校バスケ部の唯一無二の大黒柱。 根は真面目で優しい性格だが、ほとんどの者が手を付けられない花道をげんこつ一撃で鎮めたり、他校の不良や番長さえも怖気ずくほどの風貌と力を持つ。 異名は「ゴール下のキングコング」 緑川光(流川楓役) 湘北高校1年。 中学時代から注目を集めたスタープレイヤー。 花道からライバルかつ敵視されており、後の『終生のライバル』。 常に無口でバスケ以外のことには関心がなく、唯一の趣味は「寝ること」。 しかし腕っぷしは強く非常に負けず嫌いであるため、バスケはもちろん、売られた喧嘩は誰よりも早く買うタイプ。 晴子をはじめとする多くの女性ファンを有するが、流川本人はまったく興味がない。 置鮎龍太郎(三井寿役) 赤木と同じ湘北の3年生。 花道命名の通称は「ミッチー」。 中学時代はチームの得点源として最優秀選手も獲得した天才シューターだったが、怪我の為挫折。 2年間を不良として自暴自棄ぎみに過ごしていたが、3年になりバスケ部に復活を果たす。 天性の素質を持つスリーポイントシューターだが、2年間のブランクの為スタミナが不安要素。 塩屋翼(宮城リョータ役) 湘北高校バスケ部レギュラー唯一の2年生。 小柄でバスケットには不利な体格ながら、湘北の次期キャプテンと噂されるほどの実力者。 ポジションはポイントガードで通称「湘北の切り込み隊長」。 バスケ部マネージャーの彩子に片想いしているが相手にされていない。 女性関係で境遇の似ている花道とは意気投合し、花道からは「リョーちん」と呼ばれている。 田中秀幸(小暮公延役) 西村知道(安西光義役) 小野坂昌也(安田靖春役) 原えりこ(彩子役) 森川智之(水戸洋平役) 塩屋浩三(高宮望役) 林延年(大楠雄二役) 幹本雅之(野間忠一郎役) 「スラムダンク」のオープニングテーマ BAADの『君が好きだと叫びたい』 アニメ「スラムダンク」の第一期オープニングテーマはBAADの『君が好きだと叫びたい』です。 BAAD最大のヒット曲であり、2019年のソニー・ミュージックエンタテイメントのアニメソング人気投票キャンペーン「平成アニソン大賞」においてもユーザー投票賞に選出されました。 なおアニメ「スラムダンク」にはこの「君が好きだと叫びたい」の他に、エンディングテーマとして大黒摩季の「あなただけ見つめてる」やWANDSの「世界が終わるまでは…」など、ミリオンセラーを達成した多くの名曲が使われています。 アニメ 『スラムダンク』の感想 日本の漫画の代表作の一つである「スラムダンク」。 しかしふと思い立って何の気なしに第1話を視聴。 …やられました。 もう本当に素晴らしい作品でした。 なぜ今まで知らずにいたのかと激しく後悔。 名作には名作と言われるだけの所以がしっかりとありました。 やはり昔の作品なだけあって、短ランにリーゼントとか今では見ないような不良がいたり、バスケのルールも今とは違ってたりしますが、作品としては秀逸です。 そして花道役の草尾毅さん…真面目なイケメン役が多い王子様声のイメージだったのに…花道似合い過ぎて、これから草尾さんの声聞いても花道にしか聞こえないかもしれないです 笑 名言の宝庫。 友情・努力・勝利。 少年漫画の魅力が詰まった傑作作品。 観るたびに懐かしの青春時代を思い出します。 自分の中で、このスラムダンクを超える作品はたぶんもう一生出てこないと思います。 何度観ても感動し、涙し、胸が熱くなります。 努力したものが全て報われるとは限らない。 けど報われるものは全て努力をしている。 人生そのものにも置き換えられるすべてのことをまっすぐに伝えてくれる作品です。 そしてなにより名言が多い!スラムダンクを観たことない人でも、安西先生の「あきらめたらそこで試合終了ですよ」は誰もが知るところだろうし、その他にも数え上げたらきりがないくらい!その心に響き渡る名言の数々を、ぜひその目で体感して欲しい。 原作の良さは言うまでもない。 アニメになるとイラストの印象が変わってしまうことが多々あるが、スラムダンクに限ってはこれもなかなか忠実に描かれているように思う。 原作の井上さんが本当に絵の上手い人だからね。 でもアニメ化になって一番いいところは、声優のキャスト!見事にハマり役ばかり!違和感が一つもない。 当時はそんな思わなかったけど、今観るとすごい豪華な声優陣になっていて、声優ファンも楽しめる作品だと思う。 メインキャストの草尾毅さんや緑川光さんをはじめ、ちょい役に大塚芳忠さんがいたり敵役に神奈延年 当時は林延年 がいたり森川智之がいたり…。 いちいち叫びたくなるような声優さんがでてきてテンション上がります。 そうゆうところもアニメならではの楽しみ方として観てもらいたいです。 自分の青春時代を変えた衝撃のアニメ。 そのくらいリアルタイムで観ていた自分には印象の深いアニメだったし、このスラムダンクに出会わなければ、高校時代にバスケ部に入部しようとは思わなかったと思う。 なので今観ても感慨深く、胸に響くものがあります。 このスラムダンクが放送されていた時代はいわゆるジャンプ黄金期ですから、いまでも名の残る多くのジャンプ作品がアニメ化されてましたけど、その中でもスラムダンクはキャラクター一人一人の物語を丁寧に描き、スポコン漫画なのに人間ドラマでもあって、大人でも楽しめる深みのある作品だと思う。 若い頃は純粋に試合に熱くなったり、天才的なプレーヤーに憧れてたりしましたけど、今観ると全然違った視点で観れて感じるものも違います。 なので、今観ても、大人も子供も一緒になって楽しめる作品なんじゃないかなと思います。 まとめ アニメ「スラムダンク」の動画を無料視聴する方法をまとめました。 PandoraやDailymotionでは視聴できないですからU-NEXTでの視聴をオススメ致します。 視聴後は 無料期間中の解約で完全無料になるのですが、U-NEXTでは 多数の作品が見放題になっていますのでそちらを楽しんでから解約するのもオススメです。

次の

スラムダンクについて4「池上という男」

スラムダンク 彦一 声優

【スラムダンク】あらすじ! 桜木花道は、中学校三年間で50人もの女子生徒にふられ続けた悲しい男。 そんなある日のこと、廊下で一人の美少女から声をかけられる。 「バスケットはお好きですか?」その女生徒・晴子がモロに自分の好みであったため、花道は何のためらいもなく「大好きです!!」と答えてしまう。 いつか憧れの晴子と一緒に登下校する日を夢見て、花道はバスケットのトレーニングを始める。 しかし、晴子にはバスケ部のルーキー流川楓に憧れていたのだった。 その事実を知った直後、バスケット部の練習中のボールが偶然花道の顔面に…怒る花道は猛然とバスケット部員たちに襲いかかるのだった。 そこにバスケット部キャプテンの赤木が登場、花道はこよなくバスケットを愛する赤木の面前でバスケ部のことを「玉入れ遊び部」と侮辱し、赤木を怒らせてしまい、バスケットで赤木と勝負することになる。 果たして初心者・花道はこの無謀な勝負に勝てるのか!?同じ部に所属するスーパールーキー流川の存在、絶大な存在感を誇るキャプテン赤木に触発されながら成長を続ける桜木花道は必見。 また晴子や洋平を中心とする桜木軍団など登場人物も個性豊かにストーリーを盛り上げる!天才・仙道をはじめとする陵南、神奈川NO. 1プレイヤー牧率いるインターハイ常連の海南、藤真を擁し、抜群の高さを武器にする翔陽など強豪校のライバルたちに初心者・桜木花道が立ち向かう。 toei-anim.

次の

スラムダンクについて5「武里高校の不遇と強運」

スラムダンク 彦一 声優

『スラムダンク』最大の謎 『スラムダンク』最大の謎は何か。 宮城リョータの家の高すぎるシャワーの位置?(9巻 73「5月19日」) 現れたり消えたりする水戸洋平のTシャツ?(23巻 198「新幹線」) 違う。 土屋淳の存在意義だ。 土屋淳。 インターハイ大阪大会を制した大栄学園高校の4番である。 この男はいったい何のために登場したのだろうか。 何度も読み返したスラムダンクだが、これだけはよく分からない。 何のために生まれて、何をして生きるのか。 答えられないなんて、そんなのはいやだ! ということで、土屋について本気出して考えてみた。 インターハイ出場校のキャラクター達 神奈川予選のラストゲームとなった湘北vs陵南戦のあと新たに登場した、インターハイ出場校のキャラクター達。 湘北との試合が描かれた山王と豊玉のメンバーはもちろん、土屋以外のメンツは一応出てきた意味がある…と思う。 愛和学院・諸星大 海南の牧、清田と花道がわざわざ愛知県予選までプレイを見に行った愛知の星・諸星大(21巻 186「愛知の星」)。 いきなり担架に運ばれて登場し花道たちを驚かせるとともに、後述の名朋工業・森重の怪物っぷりを印象づけた。 また、ナレーションベースではあるが最後に湘北を介錯した男でもある。 モデルは明らかにシャックことシャキール・オニール。 結局、湘北と闘うことはなかったものの、花道の夢に登場(22巻149ページ)したり、愛知予選決勝の愛和学院戦(21巻 187「一年坊主」)やインターハイ2回戦の常誠戦(25巻 220「戦う前」)でパワフルなプレイがしっかり描かれていたりと、ラスボス的な存在感を放っていた。 常誠・御子柴 静岡No. 1にして全国ベスト8の強豪(22巻160ページ)である常誠高校のキャプテン、御子柴。 豊玉の監督・金平、海南の武藤と同じ髪型をした男である。 関連記事: インターハイ出場を決めた湘北の練習試合の相手として初登場(22巻 196「合宿3」)。 練習試合の対戦成績は1勝1敗1分。 試合の様子は描かれていないが、湘北が全国レベルの実力にあることを読者に示した。 インターハイでは森重を擁する名朋工業に大差で敗北し、放心状態となった御子柴が描かれた(25巻 220「戦う前」)。 大栄学園・土屋淳 そして土屋淳。 陵南の相田彦一が見に行った大阪予選の決勝で登場(21巻 188「彦一、大阪へ帰る」)。 彦一が「 本当の要チェックはこの大栄学園やで……!!」と唸るほどの実力を見せた。 しかし、その後はインターハイ1回戦を突破した様子と湘北vs山王戦を観戦する姿がわずかに描かれたのみ。 セリフは一言だけ。 「尊敬するで……山王……」 163ページ 思わせぶりに登場したが、湘北はもちろん他の高校の選手とも特に絡むことなく物語は終了。 「 コイツ別にいなくてもよかったんじゃないの?」と思ってしまう。 「そもそも山王戦で終わるんだったら森重や他のヤツらもいらないだろ」という意見もあるだろうが、それにしても土屋淳だけあまりにも出番が少なく、与えられた役割が小さすぎる。 そこそこフィーチャーされているにも関わらず、湘北メンバーと一切絡みが無いのは土屋だけだ。 すれ違うことすらなかった。 この男はいったい何のために登場したのだろうか。 インターハイ優勝校はどこか? さて、土屋の存在意義を考える前に、同じくスラムダンクの大きな謎とされてきた「 インターハイ優勝校」について書いておきたい。 私はずっと森重の名朋が優勝だと思っていた。 普通に読んだらそれしかないと思っていた。 一方で、土屋率いる大栄学園がインターハイを制したという大栄優勝説もある。 もし大栄が優勝したのなら、活躍する姿はあまり描かれなかったものの、土屋は インターハイ優勝校のエースとして登場したということになる。 が、一つの動画で名朋説も大栄説も覆された。 他でもない井上雄彦先生その人がスラムダンクのインターハイ優勝校について語る動画である。 この動画の中で、井上先生は「 優勝校は名朋ではない」「 優勝したのは作中に出てこないチーム」とはっきり語っている。 詳細は以下の記事で。 関連記事: 土屋のいない世界 大栄はインターハイ優勝校ではなく、土屋に与えられた存在意義は「インターハイ優勝校のエース」ではなかった。 土屋の存在意義を考えるために、 土屋のいない世界を想像してみたい。 土屋がいない世界に生じる隙間。 その隙間を埋めるために土屋は生まれてきたに違いないのだ。 もしも土屋がいなかったら、湘北vs山王戦で「尊敬するで……」という人がいなくなる。 …が、それはまあどうでもいい。 土屋がいない世界でインターハイ大阪予選を見に行った彦一の目に映るのは、優勝する豊玉高校と調子に乗ってはしゃぐテルオの姿であろう。 土屋がいる世界といない世界との大きな違い。 それは、土屋がいない世界では大阪予選で豊玉が優勝してしまうということだ。 つまり、 土屋は豊玉が優勝するのを防ぐために生まれてきたと考えられるのではないだろうか。 井上雄彦の思考 土屋の存在意義が豊玉の優勝を防ぐことだったとして、なぜ豊玉が優勝するとマズいのか。 ここで『スラムダンク』の創造主である井上雄彦先生の思考をトレースしてみよう。 トップランナーでの発言 Wikipediaによると、NHK『トップランナー』2000年6月15日放送回において井上先生はこう語っている。 (トップランナーの映像は確認できなかったが、ここではWikipediaの記述を信じることにする) 「インターハイの組み合わせを作った時点で山王戦が最後と決めていた」 「インターハイの組み合わせを作った時点」というのがいつのことなのかはっきりしないので、ここからは私の妄想が大いに含まれる。 先の展開を何も考えず諸星や森重、土屋を出したとは考えにくい。 インターハイに出場する全国の猛者たちを描いた時点で既に山王戦を物語のクライマックスにすると決めていたはずだ。 むしろ、ラストゲームの山王戦に向けてストーリーとその構成要素を組み立てていったと考えるべきだろう。 湘北の1回戦の相手 常勝山王は当然シードなので、湘北vs山王戦の前にもう一試合描かないといけない。 湘北とどの高校を戦わせるか。 何の前情報もないチームといきなり戦わせるわけにもいかない。 全国区の有名人である海南の牧を使って花道を愛知予選に向かわせ、名朋と愛和学院を登場させたが、名朋には得体の知れない怪物・森重を擁するジョーカー的な役割、愛和学院には山王戦のあと湘北を倒す役割を与えている。 そこで白羽の矢を立てられたのが陵南の相田彦一である。 関西弁を話す彦一を使って大阪のチームを描き、湘北の1回戦の相手にしようと井上先生は考えた。 が、大阪の優勝校が相手だとちょっと強すぎる感がある。 『スラムダンク』は試合を重ねるに連れて際限なく敵が強くなるというジャンプ漫画にありがちなインフレを慎重に避けていた。 山王戦ではメンバーが(安西先生も)どんどん覚醒していくような展開を想定していただけに、1回戦の相手は等身大の湘北が勝っても違和感のないような、どこか隙のあるチームにしたい。 ということで、豊玉を決勝で敗北させた。 土屋淳を使って。 逆噛ませ犬、土屋淳 豊玉の格をちょっと落とすためだけに登場した 逆噛ませ犬、それが土屋淳だ。 長々と書いた結果、ありきたりな結論に落ち着いたが、これが私の結論である。 … もし私が土屋だったら、井上雄彦に文句の一つも言っていただろう。 「 井上さん、俺の出番これだけっすか?思わせぶりに出てきてセリフ一言だけやないですか…」 が、本物の土屋はそんなことは言わなかった。 文句一つ言わず、静かに、そして見事に自分の仕事をやり遂げたのである。 誰が笑えるというんだ…?彼を…! 尊敬するで……土屋…….

次の