大学生 国民年金 どうしてる。 成人した子どもの国民年金保険料、どうしてる?

学生時代に払っていない国民年金。いつ払うのが一番効率的なのか計算してみた

大学生 国民年金 どうしてる

大学生の国民年金の支払いは、未納する前に学生特例納付制度を利用する 未納の場合は国民年金に加入していないとみなされ、将来受け取る年金額が減ることはもちろん、受給資格期間(10年間の国民年金加入が必要)を満たせない場合は年金自体が受け取れません。 また現時点での問題として、本来加入していれば受け取れるはずの障害年金や遺族年金がもらえない場合があり未納は避けておくべきなのです。 未納する前に学生特例納付制度の利用を 国民年金保険料の月額は16,540円(令和2年度)であり、学生には大きな負担かと思います。 そのため所得が一定以下の学生は「学生特例納付制度」という、社会人になるまで支払いを猶予してくれる制度があります。 ポイントは学生本人の所得のみで判断され、家族の所得に左右されないない点です。 国民年金保険料を未納にする前にまずは制度の利用を考えてください。 制度の利用にはを提出する必要があり、住民登録をしている市区町村役場窓口や年金事務所で受け付けています。 また一部在学中の学校で受け付けているところもあります。 学生特例納付の利用には申請書の提出が必要 なおこの制度を利用している間は国民年金への加入扱いとなりますので、障害年金や遺族年金の対象となりますし将来の年金をもらうための受給資格期間(10年)へもカウントされます。 ただし将来受け取る年金額には反映されません。 社会人になってから追納すれば年金額を増やすことができる 学生特例納付制度を受けている期間が将来の年金額に反映されないことは前述の通りですが、社会人となり収入を得られるようになってから、その期間の分を支払えば(追納)将来受け取る年金額を増やすことができます。 なお追納できるのは猶予を受けていた月から10年以内ですのでご注意ください。 現在学生ならば過去の未納を解消できることも 実は「学生特例納付制度」は2年1ヵ月前の分までなら、さかのぼっての申請が可能です。 そのため現在学生で既に未納期間がある場合、これからの分の申請だけでなく現在から2年1ヵ月前までの分についても申請を行うことで過去の未納を解消できることがあります。 つまり現在学生であれば、「学生特例納付」をさかのぼって申請し2年1か月前までの未納を解消しておき、社会人になって10年以内の金銭的に余裕がある時に追納すれば、将来受け取る年金額を増やせるわけです。 すでに社会人で学生時代に未納している場合はどうすればいい? 国民年金保険料の払い込みが可能なのは2年1ヵ月前の未納分までであり、それを超えてしまうと払い込むことはできません。 現在社会人で学生時代の未納月が支払い可能期間内にある場合、今からでもその分を支払い未納を解消することができます。 なお学生時代ははるか昔という方については、国民年金の加入は本来60歳までなのですが、希望すれば60歳以降も加入できる「任意加入制度」を考えてみましょう。 国民年金は40年間(480ヵ月)支払うことで満額が受けとれるしくみです。 任意加入し支払い期間を40年に近づければ将来受け取る年金額も満額に近づけることができます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 学生時代は収入が少ないからといって国民年金保険料を未納にすることは避けたいところです。 学生時代の未納を解消するポイントを以下にまとめてみますと ・現在学生ならば学生本人の所得のみで判断される「学生特例納付制度」を申請する ・現在学生で2年1ヵ月前までの未納ならばさかのぼって「学生特例納付制度」を申請する ・現在社会人で学生時代の未納が現在から2年1ヵ月前までであれば今からでも支払いが可能 ・学生時代の未納が遠い昔の場合は未納は解消できないが「任意加入制度」を利用することで 年金を満額に近づけることは可能 このようになるのではないでしょうか。 【関連記事をチェック】.

次の

成人した子どもの国民年金保険料、どうしてる?

大学生 国民年金 どうしてる

大学生の国民年金の支払いは、未納する前に学生特例納付制度を利用する 未納の場合は国民年金に加入していないとみなされ、将来受け取る年金額が減ることはもちろん、受給資格期間(10年間の国民年金加入が必要)を満たせない場合は年金自体が受け取れません。 また現時点での問題として、本来加入していれば受け取れるはずの障害年金や遺族年金がもらえない場合があり未納は避けておくべきなのです。 未納する前に学生特例納付制度の利用を 国民年金保険料の月額は16,540円(令和2年度)であり、学生には大きな負担かと思います。 そのため所得が一定以下の学生は「学生特例納付制度」という、社会人になるまで支払いを猶予してくれる制度があります。 ポイントは学生本人の所得のみで判断され、家族の所得に左右されないない点です。 国民年金保険料を未納にする前にまずは制度の利用を考えてください。 制度の利用にはを提出する必要があり、住民登録をしている市区町村役場窓口や年金事務所で受け付けています。 また一部在学中の学校で受け付けているところもあります。 学生特例納付の利用には申請書の提出が必要 なおこの制度を利用している間は国民年金への加入扱いとなりますので、障害年金や遺族年金の対象となりますし将来の年金をもらうための受給資格期間(10年)へもカウントされます。 ただし将来受け取る年金額には反映されません。 社会人になってから追納すれば年金額を増やすことができる 学生特例納付制度を受けている期間が将来の年金額に反映されないことは前述の通りですが、社会人となり収入を得られるようになってから、その期間の分を支払えば(追納)将来受け取る年金額を増やすことができます。 なお追納できるのは猶予を受けていた月から10年以内ですのでご注意ください。 現在学生ならば過去の未納を解消できることも 実は「学生特例納付制度」は2年1ヵ月前の分までなら、さかのぼっての申請が可能です。 そのため現在学生で既に未納期間がある場合、これからの分の申請だけでなく現在から2年1ヵ月前までの分についても申請を行うことで過去の未納を解消できることがあります。 つまり現在学生であれば、「学生特例納付」をさかのぼって申請し2年1か月前までの未納を解消しておき、社会人になって10年以内の金銭的に余裕がある時に追納すれば、将来受け取る年金額を増やせるわけです。 すでに社会人で学生時代に未納している場合はどうすればいい? 国民年金保険料の払い込みが可能なのは2年1ヵ月前の未納分までであり、それを超えてしまうと払い込むことはできません。 現在社会人で学生時代の未納月が支払い可能期間内にある場合、今からでもその分を支払い未納を解消することができます。 なお学生時代ははるか昔という方については、国民年金の加入は本来60歳までなのですが、希望すれば60歳以降も加入できる「任意加入制度」を考えてみましょう。 国民年金は40年間(480ヵ月)支払うことで満額が受けとれるしくみです。 任意加入し支払い期間を40年に近づければ将来受け取る年金額も満額に近づけることができます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 学生時代は収入が少ないからといって国民年金保険料を未納にすることは避けたいところです。 学生時代の未納を解消するポイントを以下にまとめてみますと ・現在学生ならば学生本人の所得のみで判断される「学生特例納付制度」を申請する ・現在学生で2年1ヵ月前までの未納ならばさかのぼって「学生特例納付制度」を申請する ・現在社会人で学生時代の未納が現在から2年1ヵ月前までであれば今からでも支払いが可能 ・学生時代の未納が遠い昔の場合は未納は解消できないが「任意加入制度」を利用することで 年金を満額に近づけることは可能 このようになるのではないでしょうか。 【関連記事をチェック】.

次の

学生の国民年金、どうすればお得なの?

大学生 国民年金 どうしてる

大学院に行っている息子はこちらで払っています。 先に延ばしても結局支払うのであればさっさと払ったほうが気が楽です。 でも、子供のは払ってあげたいです。 就職してから 免除期間の年金を払うかは、本人に任せました。 年金貰う歳になった時、全額払った人と年間の金額にあまり変わりはないと聞いたので、無理に払わなくてもいいとは言ってあります。 子供は三人とも奨学金をかりていたので、親は年金まで手が回らなかったのも事実です。 でも、猶予期間ですから、各家庭の状況に応じて判断されてみていいのではないでしょうか。 猶予は2年ちょっとでしたけどね。 20歳になってからでしたから。 免除申請したにしても卒業後、本人が払い込めるかわからないし就職もなんともわからない時です。 定年前なので払っておきました。 バイトのお金から払っているそうです。 卒業してから払わないといけないので今から払っているそうです。 今、働き出して2年目ですが、毎月の給料から自分で返してます。 親が一括で払えば良いのでしょうが、 余裕も無く。 何とか自分で働いて返してます。 卒業後、働き出してから自分で支払っています。 学生のうちは払えないですが、就職すれば払えると思うので、自分で払ってもらえば良いと思います。 自分の子供が大学に行ったら、払ってあげる余裕も無いと思いますし、年金のことをしっかり教えて自分で払わせるのが良いと思います。 みなさん、そうしているかと思っていました。 手続きを忘れると未納となり国民年金未加入ということになるので 気をつけないといけないです。 娘の場合は卒業後に就職したら2年目か3年目に 追納と言う形でさかのぼって納めます。 追納は遅くなればなるほど利子がわずかながらつくので 4月入社の1年目よりがっつり働いた2年目以降の方が かなり節税になります。 納めた年金は社会保険料控除の対象に。 娘にはちゃんと確定申告するよう言っています。 将来、どうなるかわかりませんが 一応、満額もらうためには追納した方がいいかと思います。 子供が自分で年金のことを分かっていない限り 払わずに済むなら払わないといいかねないので どうして追納するのか確定申告するのか親が教えなければ いけないことだと思います。 娘は納得して頑張って追納する気満々です。 アジアンタム。 あと大学時代に奨学金もらってました。 わたしの場合、自宅で国立大学だったので、120万円くらい借りました 20年位前のころ 卒業してから返しました。 卒業してから支払っています。 私の時代は払っても払わなくてもよかったので、 学生の時は払っていませんでした。 子が大学に入学した時に私が大学の時に払っていなかったのが わかったので払おうと思いましたが、 時効で払えませんでした。 大学に行かせて生活費を仕送りして留学させて、それを奨学金なしでさせるだけで精一杯でしたから。 学生の間は猶予の手続きをとり、就職後自分で払いました。 働いてから奨学金の返済をしている子が周りに多いようなので、奨学金の返済をしなくても良いだけ有難い、と子供は言ってます。 良い親でした。 本人が働いてから自分で払うと言ったので、学生時代は学生の特例申請をして、働いてから払いました。 各家庭の事情ですから、学生時代は払うのが困難であれば、猶予の申請をして働いてから本人が払えばいいと思います。 〜するべきということではないですので。 免除処置をする人もいましたが、国民年金は毎年掛け金が少しずつ高くなっていくので、出来るだけ早めに払い始めたほうが良いかな?と思って息子と相談して決めました。 学生の間は猶予の申請を出し、働いてから追納しました。 学費は、国立大学だった事もあり安かったので、奨学金は借りずに行かせました。 各家庭の事情があるので、どうするべきという事はないと思います。 親が払う、本人が払う色々でしょう。 親が払うのが困難であるなら、猶予申請を出したらいいと思います。 本人がもらう年金ですから、基本的には本人が払うべきだと私は思います。 娘と話をして、娘も納得の上でそうしました。 奨学金は借りていません。 各家庭の事情で、お子さんとも話をして決めたらいいと思います。 娘の友人も、殆どが猶予申請を出しているようです。

次の