松居一代 精神。 松居一代はアンチが多すぎる?精神疾患を指摘されているって本当?

統合失調症と思われる松居一代、泰葉

松居一代 精神

松居一代より 先週、女優の 松居一代が動画サイト「YouTube」に自身が登場する動画をアップし、夫で俳優の 船越英一郎に愛人がいると主張した。 さらに、船越は日頃からバイアグラを使用している「バイアグラ男」だと語り、世間を騒がせた。 船越サイドは、すでに裁判所に離婚調停申立書を提出したことを明かしているが、松居は自身のブログで「1年5ヶ月も尾行され続けているの」「4月21日の夜から 旅立つ準備をしていました」などと綴っているため、芸能界からも松居の状態を心配する声が相次いでいる。 たとえば、演出家のテリー伊藤は6日放送の『ビビット』(TBS系)内で、「かなり松居さん自身が、精神的なバランスを崩している部分がたくさんあると思うのね」と推察。 さらに「心の部分で傷ついているんでしたら、第三者の専門家の方の相談を受けたほうが健康的な感じがします」と発言した。 そんな松居の現在の状態について、精神科医の片田珠美氏に解説してもらった。 「猜疑心が強い」だけでは片づけられない 「1年5ヶ月も尾行され続けているの」などと書いたブログやサイト「YouTube」で公開した「船越英一郎 裏の顔」という告白動画で、松居一代さんが世間の注目を浴びている。 一連の言動を見ていると、猜疑心が強いとか、嫉妬深いというだけでは片づけられず、医師としては、被害妄想と嫉妬妄想を抱いているのではないかと危惧せざるを得ない。 被害妄想 まず、松居さんはブログで次のように発言している。 「告白するよ 実はもう…1年5ヶ月も尾行され続けているの だから、夜は、まったく電気を使わない生活をしているのよ 真っ暗のなかにいるんです」 「いつでも、全力で走れる靴スニーカー生活です」 「常に、後ろを振り返り運転するときは、バックミラーを確認する生活です」 これは、自分が誰かに追跡されていると思い込んでいるからだろう。 重要なのは、一連の発言が単なる思い込みのレベルを超え、妄想の域に達している可能性が高いことだ。 妄想と判断するには、次の3つの条件が揃わなければならない。 (1)現実離れした内容であっても、 (2)本人が真実だと確信していて、 (3)周囲の人が訂正するのは不可能 松居さんのブログを読む限り、この3つの条件を満たしているようだ。 動画に登場したご本人の表情や目つきは、医師の視線から眺めると、妄想的確信に満ちているように見える。 したがって、被害妄想の一種である追跡妄想を抱いている可能性が高い。

次の

松居一代の衝撃ブログは統合失調症?船越英一郎との離婚騒動に前兆

松居一代 精神

プロフィール 名前:松居 一代(まつい かずよ) 本名:松居 一代(まつい かずよ) 生年月日:1957年6月25日(60歳) 出生地:滋賀県 身長:161cm 血液型:B型 所属:松居一代事務所 ・1979年:「11PM」に出演する。 ・1984年:映画「ルージュ」に出演する。 ・1986年:DCブランドの社長と結婚する。 ・1990年:長男を出産する。 ・2001年:船越英一郎と結婚する。 ・2017年:離婚する。 松居一代の今現在の生活や資産と病気での精神崩壊がヤバイ!? 松居一代さんは、独自の掃除術で大ブレイクしましたよね。 さらに、松居さんは投資で大儲けをして、そのノウハウなども大注目されています。 そんな松居さんなのですが、今現在の生活や資産、また、病気での精神状態の悪化も話題になっているそうです。 では、松居さんの今現在の生活や資産、また、病気での精神状態の悪化とは、一体、どのようなものなのでしょうか。 そこで調べてみると、松居さんは現在、芸能人としてイベントなどに出席して活動しているものの、精神病を患っているとも噂されているそうです。 それに、松居さんは2017年に、YOUTUBEに動画を投稿し、夫の船越英一郎さんを非難するなどして大きな話題となりましたよね。 そして、2017年12月に船越さんと離婚をしているのだそうです。 なので、松居さんと船越さんの離婚は、かなり大きな話題を集めたのですが、そうした一連の騒動が落ち着いた現在の松居さんは、芸能人として変わらずに芸能活動を行っているのだとか。 ちなみに、松井さんは、2018年1月22日に「たかの友梨エステティックシンデレラ2018」に出席しているのだそうです。 なので、現在も変わらずに芸能人として仕事をしているのだとか。 また、松井さんの生活状況は、以前と特に変わっていないらしく、船越さんと離婚したことで、特に変わったことほとんどないとも言われているのだそうです。 ちなみに、現在の松居さんの収入については、はっきりしないのですが、かつては多い時でおよそ10億円ほどの収入があったと言われているのだとか。 さらに、松居さんは芸能活動に加えて、投資、講演会、お掃除グッズなどからの収入があるとも言われているので、現在も数億円の収入があるのかもしれません。 スポンサーリンク また、そんな松居さんは、船越さんとの離婚に当たって財産分与をすることもなく、松居さんは自身の資産を、すべて守ることができたとも言われているそうです。 それに、松居さんは10~20億円ほどの資産を持っているとも言われているのですが、これまで船越さんと共同名義だった自宅などの資産についても、松居さんの名義に変更したのだとか。 なので、松居さんの財産は、以前と変わらずに数十億円となっているそうです。 そうしたこともあってか、松居さんは船越さんとの離婚で、慰謝料は一切もらわないことなども明かしたのだとか。 また、そんな松居さんなのですが、離婚前にはYOUTUBEで船越さんを非難する動画を投稿したりもしていましたよね。 そうした行動から、松居さんは異常な精神状態ということや、精神が崩壊しているということなども言われていたのだそうです。 それに、精神科の医師が、「松居さんの状態は統合失調症の可能性が高い」、「被害妄想が強い」などと言ったりもしているのだとか。 ちなみに、統合失調症とは、 「思考、知覚、感情、言語、自己の感覚、および行動における他者との歪みによって特徴付けられる症状を持つ精神障害の一つ。 」 (Wikipediaより) というものになるのだそうです。 他にも、松居さんは「躁鬱病(そううつびょう)」とも言われているそうですが、「躁鬱病(そううつびょう)」とは、 「躁 そう 状態(躁病エピソード)と鬱 うつ 状態(大うつ病エピソード)の病相(エピソード)を繰り返す精神疾患である。 」 (Wikipediaより) という病気なで、「双極性障害(そうきょうくせいしょうがい)」とも言うのだとか。 これについては、あくまでテレビ番組などに出演した医師が、松居さんの動画などから診断したものなのですが、「松居さんはこうした精神的な病気にかかっているような演技をしている可能性もある」とも言われているのだそうです。 ただ、そのように言われている一方で、松居さんはこうした精神的な病気にかかっている演技をしているとも言われているのだそうです。 つまり、松居さんは精神状態が少しおかしい感じがするものの、実際にはかなり冷静に、狙いがあって、そうした演技をしていた可能性もあるのだとか。 スポンサーリンク また、松居さんは船越さんとの夫婦生活が破綻し始めた2016年の初め頃から、精神状態はおかしくなったとも言われているそうです。 なので、松居さんの精神の病気が、いつからおかしくなったかというと、2016年1月からとも言われているのだとか。 どうやら、松居さんは以前から、とにかく嫉妬心が強く出ることがあり、船越さんが女優さんなどと仕事上必要なメールをしていただけで、携帯を鍋で煮たこともあったらしいのですが、それだけ嫉妬深くて自己愛が強いとも言われているそうです。 また、松居さんがそのように船越さんに対して、嫉妬や被害妄想などが強くなってしまったのは「退行期パラノイア」という状態とも言われているのだとか。 ちなみに、この「退行期パラノイア」とは 「不安や恐怖の影響を強く受けており、他人が常に自分を批判しているという妄想を抱くものを指す。 」 (Wikipediaより) というものなのですが、40~60歳前後の女性が陥りやすいものなのだそうです。 なので、松居さんも更年期を迎えて情緒が不安定になり、猜疑心(さいぎしん)が強くなってしまったりして、精神的に疾患があるように思われてしまったのかもしれません。 これについては、あくまで医師が動画などから松居さんの姿を見て診断したものになるので、正確な診断ではないものの、そのように言われると納得してしまいますよね。 ただ、女優として長年活躍してきた松居さんなので、そうした演技をしていた可能性も高いので、実際のところはわからないようです。 なので、今後の松居さんの状態なども見て、実際のところはどうなのか注目していきたいですね。 スポンサーリンク 松居一代の離婚会見の衝撃の裏側とは!? 松居一代さんの一連の行動は、2017年にはバラエティー番組に多く取り上げられていましたよね。 そのため、一時期はどの局も松居さん一色になったほどでしたが、そんな松居さんの離婚会見の裏側について注目が集まっているそうです。 では、松居さんの離婚会見の裏側とは、一体、どのようなものなのでしょうか。 そこで調べてみると、松居さんは船越さんと離婚するにあたって財産分与をされないために様々な行動や準備をして、離婚会見を開いたとも言われているそうです。 まず、松居さんと船越さんの離婚の経緯なのですが、二人は2001年に結婚し、その頃は「芸能界きってのおしどり夫婦」と言われるくらい仲の良い夫婦として知られていたのだそうです。 ただ、数年も経つと、松居さんは船越さんのことを完全に管理していることなどが明かされて、その独特な夫婦生活も話題を集めたのですが、2016年になると松居さんと船越さんが別居しているという報道が出たのだとか。 というのも、どうやら当時の報道によると、すでに船越さんは自宅を出てマンションを借りて住んでいるとも言われていたようで、離婚間近なのではないか、とも言われたのだそうです。 さらに、船越さんは2015年にハワイで別の女性と浮気をしていたとも報じられ、そのことから夫婦仲がギクシャクし始めたと言われているのだとか。 そして、松居さんはそんな船越さんの不倫について自ら調べ始め、2017年の7月に自ら船越さんが不倫をしているという告発動画などを投稿するに至ったのだとか。 さらに、松居さんは他にも船越さんがバイアグラを使用していることを動画内で明かし、大きな話題を集めたのだそうです。 そして、松居さんのそうした動きに対して、船越さんも離婚する事を決意し、2017年9月に裁判所に離婚調停を行い、遂に2017年12月に離婚することとなったのだとか。 その時の離婚の経緯や理由としては、報道の通りに船越さんの浮気などがあったと言われているのですが、船越さん側から見ると、松居さんが船越さんの浮気を許せずに、動画の投稿など過剰な行動に出たから、そうした一連の騒動に耐えかねて離婚に至ったと言えそうですね。 スポンサーリンク また、そのように船越さんと離婚をした松居さんは、記者会見をして離婚を報告したのだとか。 その時、会見の中で松居さんは母親に電話をして泣いたり、万歳をしたりと離婚の会見についても、大きな話題を集めていたのだそうです。 ちなみに、松居さんの会見は「勝利宣言」とも言われたのですが、その反面、そうした松居さんの姿や挙動を不快に感じる人も多くいて、その頃のテレビのワイドショー番組などのコメンテーターからも松居さんを批判する意見が多かったのだとか。 また、こうした離婚会見などで、あまりに明るい松居さんについて、精神的に極めて不安定な状態だと感じた人も多くいたのだそうです。 ただ、そのような事が言われているものの、船越さんと離婚が成立したことで、松居さんはわざとあのような会見を開いたとも言われているそうです。 また、2017年に船越さんを批判する動画を投稿したり、さらに船越さんのプライベートをさらし注目を集め、最後に離婚会見で勝利宣言をしたのは、離婚調停をすぐに終わらせて財産分与を早急に終わらせたかったためなのでは、とも言われているのだとか。 ちなみに、離婚の際に一番のもめるポイントとなるのは、財産分与であると言われているのですが、松居さんが騒げば騒ぐほど、船越さんの芸能人としてのイメージを損ない、ワイドショーなどでも多く取り上げられてしまうため、船越さん側としては、なるべく早くに離婚調停を終わらせるために、松居さんの希望する条件通りの財産分与に合意したと言われているそうです。 結果的に、船越さんは松居さんが出した条件で離婚を受諾することになり、財産分与でも松居さんが自宅や財産をそのまま保持するなど、松居さんにかなり有利な条件で離婚したのだとか。 なので、松居さんのパフォーマンスは、すべてこの財産分与を有利にするためだったのでは、とも言われていたそうです。 もし、これが本当だとするとかなり計画的に離婚をすることができたと言えそうなのですが、松居さんの離婚会見の衝撃の裏側ですよね。 ただ、これについてはあくまで噂であるので、実際にあり得ることかもしれませんが、はっきりとした事実はわからないとされています。 また、そんな松居さんなのですが、動画などで船越さんのプライベートなどを詳しく明かしたことから、船越さんからは名誉棄損と業務妨害があったとして、それが裁判所に受理されていたのだとか。 さらに、松居さんは船越さんのマンションにあったパスポートを勝手に持ち出したことから、不法に住居への侵入をしたとして逮捕される可能性もあると噂されているのだそうです。 そうした意味も含めて、離婚後の松居さんの行動は、引き続き話題になっていきそうです。 現在も芸能活動を行い、精神の病気を患っているかもしれないと噂されるほど話題になった松居一代さんですが、数々の騒動や、自身の財産分与を有利にするために、離婚会見を開いたとも言われ、その裏側も含めて話題を集め続けているそんな松居さんに、今後も注目していきたいですね。 スポンサーリンク 続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

次の

松居一代の現在!逮捕はある?ホームレスの寺田さんや精神崩壊などの噂まとめ

松居一代 精神

宗教問題にも詳しい専門家です。 彼女は、トラブルに巻き込まれたために日常生活に支障が出てしまい、精神状態が悪くなっているというのが、本当のところのようです。 松居一代だけでなく、ASKAや清水由貴子も、同じような事をいっておられます。 芸能界は、新興宗教団体・創価学会の力も強く、芸能界を取り仕切る某事務所は暴力団との繋がりも指摘されており、創価の勧誘を断ると干されたり、中には芸能界引退に追い込まれた人もいます。 機密情報を知ってしまったり、某事務所や同系列の事務所でトラブルが起きると、通常ではあり得ない被害に見舞われることとなります。 組織的なつきまとい、監視、嫌がらせ、デマ、ネットへ悪意の書き込み、サイバー犯罪などが代表的でしょうか。 松居一代さんをはじめ、同じような被害を言っておられる方は、カルト教団、暴力団、在日、左翼あたりから目を付けられ、集中攻撃に遭い、精神状態が悪くなっている可能性が高いと思われます。 このような一面を知っておくだけでも、見方は変わります。 創価学会は、全国に支部があり信者も多く、一部の病的な洗脳にかかった信者を嫌がらせの実行犯として利用し、下請けとして在日や暴力的団体が使われることもあると言われています。 10年以上前ですが、日本全国に数十万枚の中傷ビラを配布したり、でっち上げの事件で裁判を起こして社会問題になったことはご存じでしょうか。 最近では、教団の幹部が通話記録を盗んだり、数百万件という個人情報を盗み漏洩させるという、個人情報漏洩事件が増加傾向にあります。 教団幹部からの指示や外部(企業等)から工作の依頼を受けて、標的とされた人に関する嘘の情報をあらゆる場所で無作為に発信して不審者や異常者に仕立て上げる特殊工作も多用されます。 結果、対象者は汚名を着せられて引っ越しや退職を余儀なくされます。 芸能人に限らず言えることですが、決して公にできない嘘(表に出したら嘘だと発覚してしまう為)の情報がネットや人づてで伝わっていきます。 これはカルト教団の工作の最大の特徴です。 政治家や芸能人が対象であれば、インターネット上で煽り役が、事実無根の書き込みをしたり過去のスキャンダルを取り上げて騒ぎ立てます。 学会員のみで構成される公明党議員も犯行に協力的であるため、被害の対策や法的手段に訴え出るにも敷居は高くなります。 マスコミが、この話題を取り上げることは、あまりありません。 カルト教団や暴力団が絡むうえ、カルト教団が間接的なスポンサーであったり、報道の仕方によってはカルト信者による常軌を逸した抗議を受ける可能性もあることから、この案件はタブーとされ、特例を除いて扱われることはないでしょう。 集団ストーカーは、創価の専売特許ではありませんが、各紙の報道内容や教団幹部・政治家の本を読むと、カルト教団に洗脳されて利用されている下層信者が多いでことがわかります。 幸いなことに、年々各メディアが集団ストーカー問題を取り上げることが増えてきました。 この問題が明らかになるのも時間の問題かと思います。 集団ストーカーとは広義に、組織犯罪から身近に存在する嫌がらせや工作まで含まれます。 各紙で報道された有名な事件では、以下のようなものがあります。 最終的には殺害を依頼し実行された。 加害者は自殺し、依頼を受けて実行に及んだ共犯は無期懲役~懲役10数年の判決となった。 ・NTTドコモ通話記録窃盗事件:創価学会幹部ら数名が、脱会者や教団に批判的なジャーナリストらの通話記録や個人情報を窃盗し、集団でストーカーしていた事件。 幹部ら数名が有罪判決を受け確定した。 日大の名誉教授は、この教団は大犯罪を起こし得る組織力があるといい、本事件は氷山の一角に過ぎないと警鐘を鳴らした。 ・YahooBB個人情報漏洩事件:創価学会幹部ら数名がヤフーBBの個人情報数百万件を漏洩。 犯人は過去に教団と対立する団体へスパイ活動をしていた前科者であった。 幹部ら数名の有罪確定。 ・黒い手帳裁判:公明党委員長であった矢野氏の教団に不都合な政治評論をやめさせるため、創価学会の会長主導のもと、矢野氏の家族の生命の危害を仄めかし、集団ストーカー、殺害予告、怪文書配布、私物強奪された事件。 裁判の結果、創価学会は敗訴した。 ・創価学会違法ビラ事件:創価学会と対立する仏教団体への中傷攻撃の一環として、数十万枚の中傷ビラを日本全国に配布し、個人宅や公共の場へもビラが貼り付けされた。 裁判の結果、創価は敗訴した。 ・コーヒーカップ裁判:創価学会と対立する仏教団体への中傷攻撃の一環として、架空の事件をでっちあげて、複数のお寺を訴えた事件。 悪意のある風評操作を目的とした自作自演の裁判は、創価学会の敗訴で決着した。 ・共産党盗聴事件:創価学会と対立する政治団体へのスパイ活動の一環として、犯行当時は非常に高価な盗聴器を使用して、共産党委員長宅の盗聴を行っていた事件。 裁判の結果、創価の敗訴が確定した。 ・統一教会、脱会者ストーカー事件:統一教会信者が、脱会者をストーカーしていた事件。 容疑者の有罪確定。 ・オリンパス事件:社の不正を訴えた社員が、社内で不当な取り扱いを受けただけでなく、社外でも様々な嫌がらせを受けた事件。 某紙にて、某宗教団体が会社から依頼を受けて信者に嫌がらせを指示していたと報道した。 身近な事例をみてみましょう。 某探偵会社の著書、某紙からの引用です。 全国規模の教団なので、被害者の自宅、職場、その他あらゆる場所で悪評を流し、信用を落とし、孤立させ、非難の対象となるように仕向けます。 ・外部から暴力的工作活動の依頼を受けることの多い某新興宗教団体は、大量に抱える信者を利用して、対象者に関する嘘の情報をあらゆる場所で発信します。 結果として不審者や異常者のレッテルを貼られ、転職や引っ越しを余儀なくされます。 教団の下請けとして、在日や暴力的団体が使われることもあります。 ・ 社内で行われる場合は、デマやプライベートな情報を流布させ不良社員に仕立て上げたうえ、産業医に精神疾患の診断を下して退職させたり、全社的ハラスメントによって鬱病にさせ、自主退職に持ち込みます。 ・ 調査業界ですと、探偵が「浮気調査」などと目的を偽り、学生さんからお年寄りまで、見張りや嫌がらせ要因に荷担させることがあります。 その際に口止め料を渡すことがほとんどだそうです。 このようなことが、日本のどこかで毎日、数千件も行われているということを知るだけでも、世の中の見方が変わると思います。

次の