バード ボックス 映画。 Netflix映画『バード・ボックス』配信後7日間で4,500万人以上が鑑賞 ─ サービス史上最高記録を更新

ネタバレ感想【バードボックス】意外に感動の結末で普通に泣いたNetflix

バード ボックス 映画

バード・ボックス 祝・インターネッツ開通でございやす。 7月に日本に帰国してから12月までインターネッツの回線なしにインターネッツを使用していたミラクルGでございやす。 このほどやっとインターネッツの回線が開通しましたので、2週間ほどサボっていたブログを軌道に戻そうと張り切っております。 今日はNetflixオリジナルのディストピア映画【バード・ボックス】の感想でございます。 なんと劇場映画ではないのに サンドラ・ブロック主演。 サンドラ・ブロックのほうですよ。 ここ最近ではこんなレパートリーがあるんだけど、まだまだ作れそうね。 ドント・ブリーズ(息をしたら終わり)• ア・クワイエット・プレイス(音を出したら終わり)• ドント・ヘルプ(助けたら終わり)• ライト・オフ(電気を消したら終わり) ドント・スニーズ(クシャミをしたら終わり)とかドント・スピーク(喋ったら終わり)とか、ドント・ファート(屁をこいたら終わり)とか、ドント・ラブ(愛したら終わり)とか、ドント・ルック(見たら終わり、あ、本作とかぶってるか)とか、どんどん作りますよ。 私以外の誰かが。 【バード・ボックス】作品情報 原題:Bird Box 公開年:2018年 監督:スサンネ・ビア 出演:サンドラ・ブロック、ジョン・マルコビッチ、サラ・ポールソン、トレヴァンテ・ローズ、トム・ホランダー、ダニエル・マクドナルド 上映時間:124分 ジョシュ・マラーマンの原作Bird Boxをもとに製作されています。 2018年に公開された「ア・クワイエット・プレイス」のパクリだと批評する人もいるようですが、 原作はBird Boxのほうが先なのでまったくパクリではありません。 観た感じではクワイエット・プレイスというよりは M・ナイト・シャマラン監督の「ザ・ハプニング」に酷似しているので、「ザ・ハプニング2」みたいな感じ。 目を開けない設定は「ブラインドネス」、家という密室の中に色々なタイプの人間が共同生活を強いられる設定は「ミスト」を連想させました。 まぁ別に誰が何をパクッたかというわけではなく、スリラー映画の題材としてよくあるパターンなんですよね。 【バード・ボックス】あらすじ ロシアやヨーロッパで集団自殺の現象が相次ぐ。 妊娠中のアーティストであるマロリー(サンドラ・ブロック)は、妹のジェシカとともに病院の診察を受け、家路につくところだった。 集団自殺の現象はアメリカでも発生し始め、街はカオスに。 人々は自ら車の前に足を踏み出したり、燃え盛る車に入って行ったり、頭をガラスにぶつけ始めたりして自殺し始める。 マロリーは他の数名の生存者とともに、なんとか近くの家に避難するが… 【バード・ボックス】感想 「ザ・ハプニング」では見えない力が風で運ばれて人々を自殺に追い込んでいたが、本作も同様に見えない何かによって自殺に駆られてしまうという設定である。 屋外で目を開いていると何かが見えるらしく、その後自分の命を絶つことになる。 要は目を開けたら終わりなので、登場人物たちは屋外に出る時は必ず目隠しをしなければならない。 「ザ・ハプニング」が超常現象っぽいのに対して、本作の「それ」は目に見えそうな、形がありそうな「何か」で、明らかに意思を持った何かであるように感じた。 「それ」の特徴をまとめてみると• 屋内には入らない• ただし、ガラス越しには作用する• ので、窓ガラスのブラインドを全部下げるか、新聞紙などで窓を全部覆う• 風圧があるらしく、木の葉や木を動かすことができる• 車の接触センサーに反応する• 過去の友人知人の声を使って頭に話しかけることができる• オリンピア(ダニエル・マクドナルド)の目にはとても美しく見える(劇中の台詞より)• 自殺しない人間も少数いるが、彼らは生存者たちを殺そうとするか、親玉エンティティを無理やり見せようとする こんな感じの何かである。 主役のマロリーは屋外ではずっと目隠しをしているので、マロリーの視点は私たちの視点とまったく同じ。 つまり私たちはマロリーの視点を通して疑似体験をしている。 最後まで目隠しをしているので「それ」が何なのか回答は得られない。 それが何なのかハッキリさせているのが「ア・クワイエット・プレイス」というところだが、本作は見えない何かを最後まで見せないことで恐怖を持続させようとしているのだろう。 ジョーズで証明されているように、見えない恐怖は見える恐怖に勝るのだ。 「ア・クワイエット・プレイス」でもクリーチャーが登場した瞬間から恐怖心は減少していく。 とはいえ本作では恐怖というより、この「何か」が何なのかという好奇心の方が勝ってしまった。 思うにこの「何か」は人間の想像をはるかに超えた何かであり、おそらく異次元からのエンティティという結論に帰着する。 このエンティティは人間の脳が対処できない、プロセスできない姿形をしており、見てしまうと脳がショートしてしまうのだろう。 そのため、キャパオーバーとなった脳は自らシャットダウンすることになる(=命を絶つ)というわけだ。 (ただし、実際の姿形は、ゲイリーの絵によって説明されている) 一部の人間はこの「何か」の影響を全く受けず、屋外で普通に過ごせるのだが、自分を殺す代わりに他者を殺そうとする。 サンドラ・ブロックたち正気の生存者は、エンティティだけではなく、危険な生存者たちの手からもサバイバルを強いられるわけだ。 エンティティを見ても自殺しない一部の連中は、精神病患者という説明もあったが、もともと精神に疾患がある者のようだ。 つまり、ゲイリーが言っていたように、心に闇を持った者は自殺をしない。 あとはおそらく他者への共感に欠如した闇人つまり「狂気の」連中が、自殺をせずん親玉エンティティの下僕となる。 狂気の連中は脳の回路がすでにショートしているので、エンティティを見ても自分をシャットダウンすることはない。 チャー リーがご丁寧に「悪魔か悪霊かが人間の恐怖や悲しみを利用して人類を淘汰しようとしている」というようなことを説明していたし、狂気の連中の一人ゲイリーも「心に闇を抱えている人は目隠しをしなくても大丈夫」と説明していたように、エンティティの正体は異次元に存在する悪魔、悪霊というのが人間が考えうるもっとも近い正体といっていいだろう。 タイトルのバード・ボックスは生存者たちが共同生活をしていた家そのものを指している。 そこには様々なバックグラウンド、人種、政治思考、性的指向の人たちが存在している、つまり現代社会の縮図だ。 ある状況に瀕した時、人間がどのような対応をするのか。 私たちは、あたかもバード・ボックスの鳥たちを観察しているかのように登場人物を観察することができる。 マロリーとオリンピアという二人の妊婦の対比もおもしろい。 マロリーは気難しく、頑固で、嫌な父親に育てられ、幼少期から強くならざるを得なかった。 オリンピアは優しい両親に大事に育てられ、心優しい女性になり、夫の庇護の下で暮らし、自分を守る必要がない生活をしてきた。 オリンピアの優しい心は、オリンピアの命を奪い、さらに仲間のほとんどを死に至らしめてしまう。 ジョン・マルコビッチ演じるダグラスの「世界の終わりに存在する人間は2種類ークソったれと死者だけだ」という言葉は辛辣ながらも的を得ている。 我が家で言えば、クソッたれが旦那で、死者は私だ。 娘は頼みますよ、クソッたれ。 マロリーが子どもたち二人のサバイバルを第一に考え、二人に厳しく当たる一方で、トム(トレヴァンテ・ローズ)は子どもたちに希望を持たせる話をする。 おそらく決して味わえない甘美な話を無責任に子どもたちにするトムに怒りを露にするマロリーだが、マロリーにとっては愛情を露にすることは子どもたちを危険にさらすことなのだ。 いくらなんでも名前ぐらいは付けてもいいような気がするけど。 名前を付けないことで子どもへの愛を箱の中に閉じこめようとするのは理解できる。 マロリーは子どもにソフトに当たることを弱さと捉えており、それが子どもにとって命とりになると信じている。 そのため、子どもにもママとは呼ばせず、マロリーと呼ばせているわけです。 ママと言えば、そこに甘えと依存心が生まれ、隙が生まれてしまう。 また、ママを助けようとしてしまう。 ママを助けようとして子どもが死にことはマロリーが例え鬼になっても避けなければならないことなのだ。 他人を思いやることができる愛情深くて心優しいオリンピアは、たとえあの場面を生き延びたとしても、やがては自分の子を危険に晒し、彼女の子どもも命を落としていたに違いない。 対照的に、他人と距離を保ち、他人を信じず、頑固で我が道を行くタイプのマロリーは、子どもを厳しく育てている。 辛く当たり過ぎることもあるが、子どもの命を何よりも優先し、おかげで子どもたちは助かったわけだ。 激流を下る折り、マロリーは2人の子のうち、どちらかに外を見るように伝える。 なぜなら誰かが見なければ、激流に飲まれるか、岩にぶつかるかして、3人が助かる可能性は低いからだ。 自分はオールを漕がねばならないので、外を観る役目は男の子か女の子かのどちらかということになる。 マロリーは、事前にこれを考えて二人のこどもに伝える。 しかし、そのときには誰が見る役目を担うかは言わない。 そのときになったら伝えると言うだけだ。 現実主義のマロリーは、このとき自分の子ではない女の子(オリンピアの娘)に見させるつもりでいた。 しかし実際に激流を下る時になって、 マロリーはどちらも選べない自分に気づかされる。 マロリーの愛は自分が予想していたより深く、女の子を選ぶことは3人が死ぬかもしれない可能性よりも酷なことだったのである。 もともと母になるつもりはなく、母性もなかったマロリーのこの変化はカタルシスを感じる。 人の愛情は測れないものである。 マロリーは、小鳥を小さな箱に入れて大事に運んでいたように、自分の愛情を箱に詰めていたのかもしれない。 最後、小鳥を解放したように、安住の地で自分の子どもへの愛情をやっと解放することができたというわけだ。 エンディングで、唯一の救済が盲学校というのは、当然といえば当然なのだが、民族紛争が活発になり、世界のあちこちで人種の対立が激化している現代を鑑みると、なかなか皮肉の利いたエンディングではないだろうか。 oclife.

次の

映画【バード・ボックス】あらすじネタバレを感想・解説付きで紹介!

バード ボックス 映画

あらすじ [ ] 未曾有の謎の異変に襲われ、世界の終焉と人類の滅亡が迫る近未来世界。 思いがけず子供を身ごもったマロリーは、幼い命を守るため、目隠しをして命懸けの逃避行に出る。 マロリー - ()• トム - ()• ダグラス - ()• ジェシカ - ()• シェリル -• ルーシー -• オリンピア - ()• チャーリー - ()• ゲイリー -• フェリックス -• グレッグ -• リック -• 少女 - ヴィヴィアン・ライラ・ブレア(鈴木花穏)• 少年 - ジュリアン・エドワーズ()• ラファム医師 -• リディア -• サマンサ - ()• ジェイソン - ()• リバーマン - ()• マローダー -• その他の日本語吹き替え:/菊池通武//有川知江/保澄しのぶ/中村達也/米田えん/高野憲太朗 日本語版スタッフ:演出:杉本理子、翻訳:子安則子、録音・調整:武田将仁、録音スタジオ:ACスタジオ、制作:ACクリエイト 製作 [ ] 2月、ユニバーサル・ピクチャーズが小説『 Bird Box』の映画化権を獲得し、を監督に起用する意向だと報じられた。 7月、エリック・ハイセラーに脚色のオファーが出ているとの報道があった。 7月、本作のプロデューサーを務めるスコット・ステューバーがユニバーサルからNetflixに移籍したため、本作もNetflixオリジナル映画として製作されることになった。 その際、スザンネ・ビアの監督起用とサンドラ・ブロックの出演が決まった。 10月、ジョン・マルコヴィッチ、ジャッキー・ウィーヴァー、トレヴァンテ・ローズ、ダニエル・マクドナルド、リル・レル・ハウリー、ローサ・サラザール、サラ・ポールソン、エイミー・ガメニックがキャスト入りした。 11月、デヴィッド・ダストマルチャンとマシン・ガン・ケリーの出演が決まった。 撮影 [ ] 2017年10月、本作のがで始まった。 公開・マーケティング [ ] 2018年10月24日、本作の予告編が公開された。 11月12日、本作はでプレミア上映された。 しかし、のために、Netflixは予定されていたレッドカーペットを取りやめた。 騒動 [ ] 本作は配信後1週間でのべ4500万人以上に視聴されるほどの人気作となったが、それ故の騒ぎが発生してしまった。 本作に触発された人々が目隠しをしながら何かをする様子を撮影し、その動画がやに次々と投稿された。 その結果、バード・ボックス・チャレンジなるものが流行することになった。 2019年1月3日、Netflixは「バード・ボックス・チャレンジは危険なのでやめて欲しい」という主旨の声明を発表した。 評価 [ ] 本作は批評家から好意的に評価されている。 8点となっている。 サイト側による批評家の見解の要約は「『バード・ボックス』は練られた設定の持つポテンシャルを活かせなかった。 しかし、俳優たちの見事な演技と緊張感の張り詰めた雰囲気のお陰で、間欠的ではあるものの、恐怖を感じさせてくれる。 」となっている。 脚注 [ ]• 2018年10月26日閲覧。 Report. 2018年10月4日閲覧。. com. 2017年7月24日. 2018年12月15日閲覧。 映画ナタリー. 2018年10月26日. 2018年12月15日閲覧。 2018年12月24日閲覧。 2018年12月24日閲覧。 2018年12月24日閲覧。 2018年12月24日閲覧。 2018年12月24日閲覧。 2018年12月24日閲覧。 2018年12月24日閲覧。 2018年12月24日閲覧。 2018年12月24日閲覧。 2018年12月24日閲覧。 2018年12月24日閲覧。 2018年12月24日閲覧。 2018年12月24日閲覧。 2019年1月3日閲覧。 2019年1月3日閲覧。 2018年12月24日閲覧。 2018年12月24日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語) この項目は、に関連した です。

次の

映画『バード・ボックス』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

バード ボックス 映画

タグ C級以下 リベンジ バイオレンス映画 パニック パニック映画 パロディ ブラックジョーク ホラー ホラー映画 マンガ原作 マーベル モンスター リメイク ハーシェル ゴードン ルイス ループもの 下品 呪い 実在の事件 拷問 理不尽 考えさせられる 胸糞 良作 解説・考察 バイオレンス ネットフリックス SF コラム おすすめ映画 どんでん返し ほっこり アイドル映画 アクション映画 アルバトロス アレクサンドル・アジャ イーライ・ロス グロ コメディ映画 サイコパス デスゲーム サスペンス映画 サム・ライミ シッチェス映画祭 シャマラン シリーズ スティーブンキング スプラッタ スプラッター映画 スラッシャー映画 スリラー映画 ゾンビ 食人族 目次• テレビで予告を見た人もいると思いますが、とても興味深い作品でした。 目隠しをして歩き回ると言うホラーとしては恐怖度がどうなの?と思う部分も、その恐怖感を最高高めているのはサンドラ演じるマロリーのパニック度でしょう。 彼女のパニックが見ているこちらまでどんどん不安と恐怖に引き込んでいくのです。 ホラーとしては異質な恐怖体験ですので、ホラー好きにはぜひ見てほしい作品です。 バード・ボックスのあらすじ マロリーは子供たちとともに目隠しをして危険な川をボートに乗り込みます。 数年前のある日、マロリーは姉と一緒に産婦人科に寄った帰りに突然世界が一変します。 世界中で人間が集団自殺しはじめ、街はパニック状態になります。 マロリーの姉も車に轢かれてしまい、一人でさまよう彼女は偶然街の一軒家に逃げ込みます。 そこには家主のダグラスや黒人のトムの他多くの人がいました。 外の光を見ると異常な行動をとってしまうためみんなまずは家の窓という窓を覆い外を見ないようにします。 そこから奇妙な共同生活が始まります。 時に食べ物が足りなくなればスーパーまで周りを見ないように行くこともありました。 しかし、一人、また一人と死や裏切りによって仲間は減っていきます。 そんなある日、マロリーとオリンピアは破水してしまい無事出産します。 なんとか生き残ったマロリーとトムは子供をボーイとガールと呼び、ひっそりと生活をしていました。 ある日寝ているとトムは無線に飛び込んできたリックという男から安全な場所の話を聞きます。 これは私がバード・ボックスを見てきた中で気づいたことからこの物語の内容を深堀して解説していこうと思います。 作品の発するメッセージ 映画序盤にマロリーとお姉さんがはじめに見ていたこの絵を思い出してほしいです。 多くの人間が一つのテーブルについてうつむいている作品です。 これをお姉さんは「孤独」と表現していましたが、マロリーの解説では「繋がりのない人間関係」と表現していました。 現代社会の人間のつながりは昔と違い、電話やメール、SNSだけのオンラインだけの仮想の繋がりだったりします。 通常は全員が同じ場所にいて相手の顔を見ながら相手の表情や性格などを感じ取りながら人間関係をとりますが、今のネット社会では相手の顔も名前も知らない相手との関係のほうが圧倒的に数も時間も多くなりがちです。 絵でも多くの人間が一同に介しているように見えますが、光の当たり具合が全員おかしく、全員実は違う場所にいたりするのではないか?という気がしています。 (女性を見るとテーブルの真ん中に光源がありそうですが、その割にはほかの人への影の出方が一様ではありませんし、後ろの人たちはまるで切り張りしたような描き方です) つまり「繋がりのない人間関係」=壊れやすい人間関係がこの映画のテーマです。 マロリーの成長 さて、そんな助け合えない人間の一人がマロリーです。 何しろ自分の子供に名前をつけることもなくボーイとガールと呼んでいるのです。 これは(他人の)人間性の否定ともいえます。 彼女にとって見えているものが全てで、見えていないことには価値がありません。 生きることに意味があり、その質には興味がありません。 だから名前なんてほかの人との違いがわかればなんでもよく、極論すると番号でもいいのです。 トムともその点はケンカしていましたが、生きることが目的であり、どう生きるか?までは興味がありません。 それは薄い人間関係に慣れすぎてしまった人間が濃密な人間関係を作ることを下手になってしまった弊害ともいえます。 子供は親からの影響をもっとも受けますが、マロリーが与える子供へのマイナスの影響は計り知れないものがあるでしょう。 ラスト考察から見える裏のメッセージ ラストで盲学校へたどり着いたマロリー。 そこで彼女は自分の子供に名前を授け、親子の絆を再発見しますが、これはハッピーエンド!と一見見えます。 しかし、本当にそうでしょうか? 映画の題名を思い出してください。 バードボックスという題名は「鳥の箱」です。 この作品でも重要な存在の鳥は、人間に飼われる場合、常にカゴや箱に入れられています。 まるでバード・ボックスの中で出てくる人間たちみたいではないですか? マロリーたちはおそらく一生あの盲学校の中から出ることはできないでしょう。 ほかの家に閉じこもっている人間たちもそうです。 人間も「カゴの中の人間」に ここまで見るともう一つの恐ろしいメッセージが見えてきます。 実はこの映画を見ると、人間が今まで鳥に対してしてきたことをそのまま人間がやられているのです。 バード・ボックスの世界では目の見える人間は絶滅し、目の見えない人間だけが生き残り、家の中でその余生を過ごすことになります。 ペットの鳥も同じです。 野生の鳥はみな絶滅し、飛ぶことができない鳥だけが人間の家の鳥かごで余生を送ることになります。 そんな環境保護のメッセージをバード・ボックスで感じ取りました。 映画ハプニングとの類似点 少し余談ですが、私がバード・ボックスを見た時にシャラマン監督の映画「ハプニング」に似ているな、と思いました。 もうこれだけ言えばバード・ボックスの内容とドンピシャですよね。 実はこちらの映画ハプニングのほうでもその死亡の原因となるものを私なりに考察しています。 つまり、超自然的な力や超上的な神さまの力が関与しているかもしれませんが、基本的に物語の主眼がそこにはないというのが正しいでしょう。 むしろこの作品の伝えたいメッセージである「人間関係の希薄化」「動物のペット化による環境破壊」のほうが重要だと考えられます。 しかし、一方でマロリーのようにうわべだけではない人間関係を築くことができるようになりました。 私たち人間にとってどちらが幸せなのでしょうか? 最後に はじめにも書きましたが、ネタバレ解説の部分は完全な私見ですので合っている、間違っている、という意見はあるかもしれません。 Netflix ネットフリックス オリジナルの本映画は単に、殺されるから怖い、というものではなく、人間が新たな力によって無力化されるディザスタームービーとしての一面があると思うと、ラストで描かれたハッピーエンドっぽい結末が少し物悲しいものに感じてしまいます。 ですが、それは私たちが鳥に対してやってきた行為(ケージに閉じ込め飛べないようにする)と同じと考えると感慨深いものがあります。

次の