一撃必殺日記。 「光のお父さん」シリーズ完結。一撃確殺SS日記を読んで泣きました

【一撃】パチンコ・パチスロ解析攻略

一撃必殺日記

Contents• 盛り過ぎなくらい、全3種の能力を持ちますが、ステータスは貧弱なため、なんとかして守りましょう。 基本的にダメージ・マイナス修整などから守るためにはインスタントのステータス強化・プラス修整を行うカードを使います(数が多いので記事の終わりにある、インポート用データを参照してください)。 基本的に 速太刀の擁護者の二段攻撃とトランプルで圧倒するデッキ構成になります。 2枚のみ入れてある、 反復する反響はなかなかの ボム(勝敗を決定するようなカードのことです。 エンドカードともいいます)。 実質、修整インスタントを3回分唱えられます。 ブロックされたらブロック側のタフネス分与えられるダメージは減るけど、まあ、それまでにもダメージは与えられているだろうな! 反復する反響は4マナかかり、次に唱える修整カード(インスタント)のマナ・コストも支払わなくてはいけないので、2枚に押さえました。 条件が整ったら一撃必殺を狙っていく感じになります。 それ以外にも柔軟に対応できるデッキです。 他のカードはこちら。 速太刀や後述のゴブリントークンを強化できます。 インスタントによるステータス強化はブロッククリーチャーなど、戦闘の解決時に行いましょう。 このトークンは、攻撃できるなら必ず攻撃する必要があります。 やや使い捨て感はありますね。 おまけですが、 寓話の小道です。 これは生け贄に捧げることで(小道を出したターンからできます)基本土地・カードをライブラリーから1枚、タップ状態で戦場に出せる土地カードになります。 その土地を含めて4つ以上の土地をコントロールしていた場合は、その土地のみアンタップされます。 インポート用データ 平均マナ・コストは2. 1になります。 軽いですねー。

次の

一撃必殺?の誤字日記

一撃必殺日記

馬鹿と某は高いところに登るやっくでかるちゃー! のっけからテンション高くお送りしております。 というわけで、初の海外旅行。 旅行という程気楽でもゆっくりできる旅でもないわけですが、それでも私にとっては初の海外。 まだ見ぬシンガポールの町並みに思いはふくらみ、僕は緊張のあまり全然眠れませんでした。 レジュメの提出が間に合うかどうかという緊張感だったんですけどね。 そんな修羅場を一発目から繰り広げながら、書き上げてECLに書類を残した後、関空への電車に乗り込む。 研究室の鍵を持ったままシンガポールに旅立とうとしてたとか、いろいろやらかしましたけど、日常茶飯事なので省略。 そんなこんなで関空へ。 で、先生と合流。 海外渡航のいろはを教えてもらう。 この辺り、かなりためになったので、あとで別にまとめます。 先生ありがとうございました。 手荷物検査や金属探知機をかいくぐり、飛行機に搭乗。 JALだったんですが、意外と飛行機小さいことに驚き。 あと室内も狭いことに驚き。 もう少し余裕あるもんだと思ってました。 実際、私は初めて 幼少のときの一度を除けば 飛行機に乗ったわけなのですが、先生曰くJALはそれなりの値段である代わりに、サービスが充実しているようです。 確かに、ほっといたら、おしぼりは出るわコーヒーは出るわ機内食が出るわアイスが出るわの至れり尽くせり。 コーヒーはインスタントじゃないし、機内食はあったかい石で保温されてるし、手が込んでるなぁと感心。 さらに前の座席にあるモニタではゲームや音楽、映画が楽しめる。 というわけでシューティングゲームを頑張る先生が非常にレアでした。 …何だろうこのとてつもない違和感。 どうやら俺の中の先生は、24時間働き詰めているイメージなようです オイ。 そして、離陸。 すげー。 陸が離れてくよオイ。 すげー。 大地がもうあんな遠く行っちゃったよ。 うっわ。 雲って本当に浮いてんだな。 うおお雲海きれー!! 等々、とても当年25歳とは思えないまぬけっぷりを晒しながら一路、シンガポールへ。 いや、ぶっちゃけ本当に楽しかった。 これなら海外出張も苦じゃないね。 で、先生にレジュメを添削してもらったあと、ガイドを任されたので「地球の歩き方」をお借りして熟読。 地下鉄の乗り方が違ったり等々の文化の違いに「あー、日本じゃないんだなー」と実感。 そしてはしゃぎすぎと寝不足、字の読みすぎ等々の理由から酔い始める自分。 そんなこんなで酔いながらもシンガポールに到着。 外人多いな 当たり前 とか思いながら、地下鉄に乗り込んでホテルの最寄り駅を目指す。 「いや、これ逆方面走ってますよ」と自信満々に間違えるのは以下略。 で、最寄り駅から今度は歩いてホテルまで移動。 気温が高い割に風は吹くので大阪よりずっと快適。 夜も更け始めていたので、治安等々が不安ではあったのですが、特に何事もなく到着。 そして初の異文化コミュニケーションは見事な惨敗でした。 相手はフロントのお姉さん。 いや、言っていることは何となくわからないでもないのだけど、プロトコルが分からないせいか、意味を履き違えてしまう(クレジットカードの確認とか)。 ただまぁ、ボディランゲージも通じたのでアダプタのレンタルとかは割とすんなり行きました。 格好良くしようとさえしなければ何とかなるようです。 ホテルの23Fに部屋を貰って荷物を置く。 かなり広くて洒落た感じ。 夜景も綺麗だしなかなか最高。 ただしネットは一日28ドルorz。 その後先生と食事。 近場でココナッツジュースと海鮮と炒飯を注文。 ココナッツジュースは竹の風味がする牛乳みたいな感じ。 先生は少し苦手のようでしたが、わしは普通にいけました。 海鮮は海の幸を辛目のスープで煮込んでパクチをいれた感じ。 うまい。 炒飯は米がタイ米になっている以外は日本のとほとんど変わらない。 最後、レジュメの打ち合わせに協力してもらって大まかなスケジュール終了。 明日はいよいよ学会1日目だー!(…出られるのか俺?) 絶望というわけで二日目。 本気でどうしようかと思った日をレポート。 前日夜から深夜3時くらいまで睡眠を取ったあと、先生に指摘いただいたレジュメ部分を添削。 京装コンピューター様との打ち合わせ当日だったので、昨日のblogを書いておく。 終わる頃にはほとんど朝食の時間だったので、30分ほど仮眠を取ってから起床。 レジュメの提出だけ御願いしていよいよ出陣。 ロビー集合で先生と共に朝食。 朝はビュッフェ形式で取り放題でした。 いろいろと食べ比べてみましたが、どれも美味。 外国の食事だと思って甘くみてましたが、シンガポールに関してはそれほど変な料理は出ないようです。 まあ、同じ人間が食べてんですから当たり前といえば当たり前ですが。 で、食事後再度休眠を取ろうと思っていたのですが、登録作業に思いの外時間がかかったことと、開始時刻の見誤りにより、そのまま第1セッションへ。 どんなものが聞けるのか、この時点では結構楽しみでした。 その10分後、国際会議のレベルを目の当たりにして一気に 血の気が引きましたが。 皆当然英語ペラペラ、発表スライドも充実。 加えて居合わせた参加者は皆理解してる風で質問もバンバン出てるのに、片鱗すらも理解できずに1人だけ取り残されるあの孤独感というか絶壁感というか。 わかりますでしょうか。 ええ、本当に言葉を失いましたとも。 で、精神的動揺、疲れ、寝不足等相まって結構な勢いで気分が悪くなり始めるチキン1名。 とりあえず一旦休もうと思い立ち、部屋に戻って半ば焦りからプレゼンを少し修正。 目覚ましをかけ、横になりました。 そして開催セレモニー 昼食会 を寝過ごしたことに気付き、今度は目の前が真っ暗になりました。 大至急ホール前に向かい、散々私を探して下さっていた先生に平謝り。 始まってしまっていたセレモニーに途中参加。 先生が色々と気を使って下さる中、自己嫌悪から半分上の空になりながら食事。 で、このままグダグダになって終わるかと思いきや、ここからが面白い話でして。 最初はもう本当にネガティブ全開で、ダメだヤバいこれ世界に日本の恥を晒しに行くようなものですよ畜生とか、内心頭を抱えておったのです。 ええ、いっそ日本に帰れればどんなに楽かとも思いましたとも。 が、ネガティブ行き過ぎで回りまわってポジティブに戻ってきたのか、どん底過ぎて逆に妙な悟りが開けたのか。 途中から「ここまで失敗したんだから、2,3失敗が増えても大して変わらん。 下手でも何でも、とりあえずあがいてやろうじゃねぇかコンチキショー!」的開き直りが発動し始めました。 ノリがもう居直り強盗です。 「大丈夫、死にゃしない」とダメ押しでいつもの自己暗示をかけたところ、逆に肩の荷も下りた感じになりました。 変わらずやつれてはいましたし。 状況は何も好転してはいないのではありますが。 で、後半の第3セッションに参加するか、プレゼンの修正をかけるかで迷ったのですが、失礼だし参考にもなるしということで発表見学を選択。 すると技術系の発表内容だったということもあってか、内容が理解できる程度のレベルに落ち着き、さらに肩の力が抜ける。 よくよく聞いてみると、第1セッションの発表はe-CASEの受賞作品が集まった回だったようです。 第4セッションも、相変わらず絶壁感ではありましたが、全く何もわからないということはありませんでした。 そんな感じで終わる頃には、そこそこ希望を取り戻し、ご飯へ。 メニューは焼飯と酔っ払い海老、そしてマンゴープリン。 マンゴープリンが絶品。 で、ホテルに戻ってプレゼン最終修正。 なんとか暗記できないかと探ってみたり、印刷するためにフロントに押しかけたりしてみる。 身振り手振りで通じてしまうあたりで「異文化コミュニケーションはぶっちゃけ勢いだ」と実感しながら就寝。 さて、いよいよ発表結果については次回。

次の

一撃必殺日記(2009

一撃必殺日記

『』の第4回プレイ日記です。 (文:えだまめ) いちげきひっさつ! ってご存知でしょうか? 原作ゲームをプレイしたことのあるトレーナーさんなら「 いちげきひっさつ!」というフレーズを一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。 一撃必殺技は、 命中率が低い、自分より相手のレベルが高いと効かないなど、それなりに制約があるものの、その絶大なパワー(ロマンともいう)によってかなり人気の技で、これに戦況をひっくり返されたという経験を持つトレーナーさんも多いですよね。 全部で4種類存在 一撃必殺技は、• ハサミギロチン(キングラー、グライオンなど)• つのドリル(ドサイドン、ニドキングなど)• じわれ(ダグトリオ、グラードンなど)• ぜったいれいど(ラプラス、スイクンなど) の4種類が存在しています。 グラードンやスイクンなどの伝説ポケモンもラインナップされていますが、 キングラーやダグトリオなど、比較的序盤から入手可能なポケモンでも覚えるというのがミソというかロマンですよね。 もしもポケモンGOに実装されたら 極低確率でピンチをひっくり返せるってかなりロマンありますよね。 さすがにレイドバトルでの仕様はうまく調整しないとバランスが崩れてしまいそうですが(1ゲージで発動率0. 個人的には「ハサミギロチンキングラー軍団」ですべてのレイドボスを討伐してみたいところです。

次の