ドイツ 人口。 人口激減、そのとき都市は――旧東ドイツの事例に学ぶ「新しい街づくり」

ドイツの人口 統計データ

ドイツ 人口

ドイツでも、日本と同じように少子高齢化が問題となって久しい。 また、シリア内戦の影響を受け、ドイツへ来る難民が急増してから約1年が経つ。 この社会を揺るがす二つの問題を一挙に解決するため、労働力として難民を社会に迎え入れることに期待を寄せる声もある。 今回は、ドイツの人口構成という切り口から、少子高齢化の実態とその解決方法について考えてみたい。 欧州の中心に位置するドイツは流入・流出ともに「移民」の存在が人口問題に直結するようだ。 現在のドイツ人口の実態 世界には現在、70億人を超える人々がいるといわれる(国連人口基金2011年調べ)。 うち、ドイツには全人口の1%強に当たる8120万人が住んでおり、その数、日本の人口の約64%である。 2013年の人口の年齢別資料を見てみよう。 人口の側面からドイツにとって重大な事件がいくつか起こったことがうかがえる。 2013年の人口 まず、資料作成当時18~22歳の人が生まれた1991~1995年は、ほかの世代と比べて若干人口が少ない。 その原因として考えられるのは、1990年に東西ドイツ再統一がなされ、特に旧東ドイツにおいてはそれまでのイデオロギーが180度転換するという事態になったこと。 市民に不安感が広がったと想像できる。 次に1959年~1976年までの17年間にも及ぶベビーブーム(第二子以降も含む)で、40〜60歳代の人口は非常に多くなっている。 一方、1945年から1949年までの第二次世界大戦後には出生数が減少し、70歳前後に谷がある。 日本では終戦後1947年からベビーブームが起こり、1971年にはその子供たち世代の第二次ベビーブームがあったが、ドイツでは第二次世界大戦後、出生率が長期間落ち込み、ベビーブームが始まるのが遅く、その後、長い期間ブームが続いている。 このように人口推移が社会情勢と密接に関係していることは興味深い。 ドイツと日本の共通点 ドイツと日本の人口構成を比較すると、男女構成比、低い出生率、比較的長い寿命と大変に似ている特徴がある。 つまり、ドイツは日本と同じように社会全体の高齢化が懸念されており、現在のままでは、2040年にはドイツの人口の40%以上が65歳以上となる。 高齢化によって問題となるのは、経済の先細りと社会保障制度である。 この解決策として重要なことは、いかに若い年齢層を増加させるかということ。 この若者の増加には当然、出生率の向上が必要不可欠である。 しかし、子どもを持たないこと(Kinderlosigkeit)を選択する若年層の増加により早急な解決は望めず、長期的な改革が必要である。 そんな中、注目されているのが社会への移民の取り込みなのだ。 ドイツと日本の人口構成 ドイツの移民の取り込みの将来 近代のドイツの移民の歴史は「alteingesessen」という古くからの定住者、特別な保護と支援を受ける4つの少数派と呼ばれる少数デンマーク人(5万人)、北ドイツのフリース人(6万人)、ドイツ・ポーランド国境地帯のラウジッツのソルブ人(6万人)、ドイツのシンティとロマ(70万人)から始まっている。 その後、ドイツは第二次世界大戦を経て南欧やトルコからの移民を労働者として積極的に受け入れてきた。 その結果、現在ドイツ国内には1640万人以上の移民をルーツとする人々が暮らしている。 2014年には、134万人がドイツに移住しており、その数は2015年には中東からの難民も加わって200万人にまで増大。 一方、2014年には76万6000人、2015年では推計で110万人がドイツから他国へ移住した。 ドイツへの移住の数とドイツからの移住の数の差から純粋な増加をみると2014年は57万4000人、続く2015年は90万人と約1. 5倍の定住率となっている。 ドイツでは今、難民を将来の人口問題や社会保障制度を共に解決していく一員とするためにどうやって社会に取り込むのか、ということが議論されている。 この大問題をどのように解決していくのか、ドイツ政府の腕の見せ所であり、かつ世界にとっても大きな意義のある試みになるのではないだろうか。 地域別の移民の数 ドイツ国内の移民の人口の分布はどうなっているのか。 移住者数を州別に比較した数字をみてみよう。 人口数では、ノルトライン=ヴェストファーレン州が多いが、ドイツへの移住先として移民の人口比のパーセンテージが高いのは、バーデン=ヴュルテンベルク州やヘッセン州など旧西ドイツの州であることが見て取れる。 反対に少ないのは旧東ドイツであったブランデンブルク州、ザクセン州などである。 人口比の転出入数 一方でドイツから他の国へ移住した人々が人口のパーセンテージとして高いのは、ハンブルク、ベルリンをはじめとする旧西ドイツの州、少ないのはザクセン州やメクレンブルク=フォアポンメルン州をなどである。 この二つの比較から、移住する人々は安定を求めてより安定していると思われる州に向かうということが分かる。 それは旧西ドイツであることが多いがその後去る人が比較的多く、旧東ドイツに到着した人々は、とどまる傾向がある。 とどまる理由は、旧西ドイツと比べ、物価の安さや社会福祉サービスの空きなどがあると推測される。 人口統計学 Demografie その国や地域に住む人々の総数のことを人口という。 また、その統計を取って分析したり、人口を学問として扱ったりする場合は人口統計学(Demografie)という言葉を使う。 性別、年齢、居住地、職業、学歴などの切り口がある。 最近では、国家による将来の人口推定やそれを踏まえた社会の予想に使われるだけではなく、マーケティングに利用されることも多い。

次の

ドイツの都市の一覧

ドイツ 人口

Contents• ドイツの国土と住民 ドイツの面積は東西統合により36万㎢となりましたが日本よりやや狭い国土で、人口は約8200万人とロシアを除いては ヨーロッパ最大になっています。 ゲルマン系ドイツ人の国で、宗教的には キリスト教が中心ですが カトリック(旧教)とプロテスタント(新教)の割合はほぼ半々です。 一方でドイツは移民に寛容な政策を続けており、移民が多い国でもあります。 1960年代の工業発展時代に多くの出稼ぎ労働者を受け入れたことに始まりますが、その労働者たちが家族を呼び寄せて定住したことで移民が増加したのです。 中でもトルコ人は現在のドイツの人口の3%以上を占めています。 EUの加盟国からの流入も多く、近年では内戦の続くシリアなど中東からも増加して、ドイツでは移民問題が大きな課題となっています。 スポンサーリンク ドイツの地形と気候 ドイツの地形は変化に富んでいます。 北海とバルト海に面する北部には北ドイツ平原が広がります。 中部から南部にかけては丘陵地帯が広がりフランスやチェコとの国境付近には古い山地が残っていますが、フランスとの国境に近いシュバルツバルト(黒森)は見事な人工林で知られる山地です。 そしてドイツ最南東部はスイスから続くアルプス山脈の一角をなし、オーストリアとの国境になっています。 アルプス山脈から流れ出るヨーロッパの二大河川のライン川が西部を、ドナウ川が南東部を流れています。 ライン川の中流域には伝説の岩山ローレライやラインシュタイン城をはじめとする数多くの古城があり、その美しい風景を見ることのできるライン川下りは観光客で賑わいます。 歴史と文化が複合したこのライン川中流渓谷は世界文化遺産に登録されています。 【ローレライ】 【ラインシュタイン】 ちなみに、ドイツは歴史的な建造物の宝庫でもあり、世界文化遺産に多く登録されています。 ドイツの世界遺産の数は46(2019年)と世界第4位で、そのうち文化遺産が43を数えます。 一方、気候を見てみるとドイツのほぼ国土全体が 西岸海洋性気候になっていますが、偏西風の影響はイギリスより弱く、首都のベルリンも大陸性の気候の特徴をもち、1月の平均気温が0. 典型的な混合農業の国 ドイツでは農耕と家畜飼育を結びつけた 混合農業が広く行われています。 北ドイツ平原は冷涼で氷河の影響を受けたやせ地が広がるため、小麦より悪条件に強いライ麦の生産が多く、ジャガイモなどの飼料作物と組み合わせて輪作で栽培されています。 ちなみにライ麦の生産は世界第1位(2016年)です。 中部の丘陵地帯では小麦の生産が多くなり、しぼりかすが飼料になるテンサイなどと輪作が行われます。 土地を区切って、それぞれの区画に毎年異なる作物を順に栽培する輪作は連作障害を防いで地力を保つ農法です。 飼料作物によって飼育される家畜は豚や肉牛が中心で豚肉の生産は世界上位に入っています。 このように、主食や飼料作物の栽培と肉をとる家畜飼育を組み合わせた混合農業が主体ですが、冷涼な北部では酪農もさかんで、バターやチーズの生産も世界の上位に入っています。 ジャガイモとビールの食文化 ジャガイモは飼料用以外に主食としての用途もあり、ジャガイモ料理はドイツを代表する食文化でもあります。 パンが2食でジャガイモが1食という感じで、 1日1回はジャガイモ料理が必ず出るのがドイツの一般的な家庭料理です。 また、ドイツと言えばビールと答えが帰ってくるように、 ビール文化の国でもあります。 飼料用とは別のビール用の大麦と苦味のもとになるホップを原料に作られるビールですが、やはりドイツならではのソーセージを食べながらビールを飲むのもドイツを代表する食文化です。 大麦とホップの生産ももちろん世界の上位で、南部の大都市ミュンヘンはビールの本場として知られますが、毎年9月下旬から10月上旬にかけては、世界最大のビール祭りである オクトーバーフェストが開催されます。 ヨーロッパ最大の工業国 ドイツ工業の中心は北西部のライン川支流沿いの ルール工業地帯です。 ヨーロッパ最大のルール炭田の石炭に恵まれ、鉄鉱石をライン川の水運を利用して輸入し、鉄鋼業が発達しました。 ドルトムントやエッセンが代表的な都市で、かつては隣国のフランスから鉄鉱石を輸入していましたが、閉山したため現在ではブラジルやカナダなどから輸入しています。 自動車の生産はヨーロッパで最も多く、ベンツで知られるダイムラー社やBMW、フォルクスワーゲンなど日本でもおなじみのメーカーの本拠があります。 多くのメーカーの本社や工場がある南西部の都市シュトゥットガルトは自動車工業の中心都市で自動車博物館もあります。 このような重工業や自動車工業を含め、電子産業などの先端技術産業も加えてドイツはヨーロッパ一の工業国になっています。 ドイツの地理要点まとめ• 日本より少し狭い国土で、人口はロシアを除くとヨーロッパ最大でゲルマン系ドイツ人が主体。 他のヨーロッパ諸国や中東諸国からの移民も多く、トルコ人は人口の3%以上を占める。 地形は北ドイツ平原、中部の丘陵地帯と古い山地、最南部のアルプス山脈に区分される。 西部をライン川、南東部をドナウ川が流れ、ライン川中流の渓谷は古城が多く世界文化遺産に登録。 国土のほぼ全体が西岸海洋性気候だが、イギリスにくらべると大陸性気候の特徴が顕著である。 農耕と家畜飼育を組み合わせる典型的な混合農業の国で、ライ麦の生産は世界第1位で豚肉の生産も多い。 ジャガイモ料理とビールはドイツの代表的食文化で、ミュンヘンはビールの町として知られる。 ヨーロッパ最大の工業国で、ルール工業地帯の鉄鋼業とシュトゥットガルトなどの自動車工業が中心。 社会の勉強が苦手だ! とにかく覚えられない。 参考書を読んでいても頭に入ってこないんだよ! こんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。 それは理解しているんだけど… 山の名前、国の名前、偉人の名前… 参考書を眺めていても、想像力が働かなくて ただの文字としてしか頭に入ってきません。 これでは、ただの暗記であって 知識にはなっていないのです。 にもかかわらず、ほとんどの社会の参考書は 大事なポイントが文字でまとめてあるばかり。 社会が苦手な人にとっては、マジ苦痛ですよねw と、まぁ 参考書を眺めてばかりで 一向に理解が深まらなかった私は 社会の学習を半ば諦めていました。 しかし ちょっと学習する方向性を変えてみました。 すると! 楽しいくらいに理解が深まるようになってきました。 参考書では学ぶことができなかった 深い部分までの理解、そして知識のつながりが 頭の中にすっと入ってくるようになったのです。 理解が深まってくると、学ぶ意欲も高まり どんどんと積極的に社会を学ぶようになりました。 こうなってくると、参考書に書いてあった 今まではただの文字としてしか認識できなかった情報も サクサクと理解できるようになってきました。 こちらのスタディサプリという学習コンテンツを利用して 社会の授業を聴くことにしました。 > プロの社会講師が授業をしているので 話が面白い!! 雑学的な感じで、いろんな知識を話してくれるので どんどんと興味がわいてきて 知識欲が深まってきます。

次の

ベルリンの人口推移/新空港

ドイツ 人口

ドイツでも、日本と同じように少子高齢化が問題となって久しい。 また、シリア内戦の影響を受け、ドイツへ来る難民が急増してから約1年が経つ。 この社会を揺るがす二つの問題を一挙に解決するため、労働力として難民を社会に迎え入れることに期待を寄せる声もある。 今回は、ドイツの人口構成という切り口から、少子高齢化の実態とその解決方法について考えてみたい。 欧州の中心に位置するドイツは流入・流出ともに「移民」の存在が人口問題に直結するようだ。 現在のドイツ人口の実態 世界には現在、70億人を超える人々がいるといわれる(国連人口基金2011年調べ)。 うち、ドイツには全人口の1%強に当たる8120万人が住んでおり、その数、日本の人口の約64%である。 2013年の人口の年齢別資料を見てみよう。 人口の側面からドイツにとって重大な事件がいくつか起こったことがうかがえる。 2013年の人口 まず、資料作成当時18~22歳の人が生まれた1991~1995年は、ほかの世代と比べて若干人口が少ない。 その原因として考えられるのは、1990年に東西ドイツ再統一がなされ、特に旧東ドイツにおいてはそれまでのイデオロギーが180度転換するという事態になったこと。 市民に不安感が広がったと想像できる。 次に1959年~1976年までの17年間にも及ぶベビーブーム(第二子以降も含む)で、40〜60歳代の人口は非常に多くなっている。 一方、1945年から1949年までの第二次世界大戦後には出生数が減少し、70歳前後に谷がある。 日本では終戦後1947年からベビーブームが起こり、1971年にはその子供たち世代の第二次ベビーブームがあったが、ドイツでは第二次世界大戦後、出生率が長期間落ち込み、ベビーブームが始まるのが遅く、その後、長い期間ブームが続いている。 このように人口推移が社会情勢と密接に関係していることは興味深い。 ドイツと日本の共通点 ドイツと日本の人口構成を比較すると、男女構成比、低い出生率、比較的長い寿命と大変に似ている特徴がある。 つまり、ドイツは日本と同じように社会全体の高齢化が懸念されており、現在のままでは、2040年にはドイツの人口の40%以上が65歳以上となる。 高齢化によって問題となるのは、経済の先細りと社会保障制度である。 この解決策として重要なことは、いかに若い年齢層を増加させるかということ。 この若者の増加には当然、出生率の向上が必要不可欠である。 しかし、子どもを持たないこと(Kinderlosigkeit)を選択する若年層の増加により早急な解決は望めず、長期的な改革が必要である。 そんな中、注目されているのが社会への移民の取り込みなのだ。 ドイツと日本の人口構成 ドイツの移民の取り込みの将来 近代のドイツの移民の歴史は「alteingesessen」という古くからの定住者、特別な保護と支援を受ける4つの少数派と呼ばれる少数デンマーク人(5万人)、北ドイツのフリース人(6万人)、ドイツ・ポーランド国境地帯のラウジッツのソルブ人(6万人)、ドイツのシンティとロマ(70万人)から始まっている。 その後、ドイツは第二次世界大戦を経て南欧やトルコからの移民を労働者として積極的に受け入れてきた。 その結果、現在ドイツ国内には1640万人以上の移民をルーツとする人々が暮らしている。 2014年には、134万人がドイツに移住しており、その数は2015年には中東からの難民も加わって200万人にまで増大。 一方、2014年には76万6000人、2015年では推計で110万人がドイツから他国へ移住した。 ドイツへの移住の数とドイツからの移住の数の差から純粋な増加をみると2014年は57万4000人、続く2015年は90万人と約1. 5倍の定住率となっている。 ドイツでは今、難民を将来の人口問題や社会保障制度を共に解決していく一員とするためにどうやって社会に取り込むのか、ということが議論されている。 この大問題をどのように解決していくのか、ドイツ政府の腕の見せ所であり、かつ世界にとっても大きな意義のある試みになるのではないだろうか。 地域別の移民の数 ドイツ国内の移民の人口の分布はどうなっているのか。 移住者数を州別に比較した数字をみてみよう。 人口数では、ノルトライン=ヴェストファーレン州が多いが、ドイツへの移住先として移民の人口比のパーセンテージが高いのは、バーデン=ヴュルテンベルク州やヘッセン州など旧西ドイツの州であることが見て取れる。 反対に少ないのは旧東ドイツであったブランデンブルク州、ザクセン州などである。 人口比の転出入数 一方でドイツから他の国へ移住した人々が人口のパーセンテージとして高いのは、ハンブルク、ベルリンをはじめとする旧西ドイツの州、少ないのはザクセン州やメクレンブルク=フォアポンメルン州をなどである。 この二つの比較から、移住する人々は安定を求めてより安定していると思われる州に向かうということが分かる。 それは旧西ドイツであることが多いがその後去る人が比較的多く、旧東ドイツに到着した人々は、とどまる傾向がある。 とどまる理由は、旧西ドイツと比べ、物価の安さや社会福祉サービスの空きなどがあると推測される。 人口統計学 Demografie その国や地域に住む人々の総数のことを人口という。 また、その統計を取って分析したり、人口を学問として扱ったりする場合は人口統計学(Demografie)という言葉を使う。 性別、年齢、居住地、職業、学歴などの切り口がある。 最近では、国家による将来の人口推定やそれを踏まえた社会の予想に使われるだけではなく、マーケティングに利用されることも多い。

次の