引越し 費用 相場 単身。 単身引越しパックは安いか料金を比較!単身プランと運べる荷物の違いも解説|引越し見積もりは引越し侍

一人暮らしの初期費用はいくら必要?引越し料金を抑えるコツを実例で紹介

引越し 費用 相場 単身

実家を出て初めて一人暮らしを始める、転勤や住み替え、就職のため新しいアパートに単身引越しする…。 このような単身引越しの場合、単身パックや赤帽のプラン、カーゴ便などを選べば、上手に引越し費用を抑えることができます。 ただ、実際に引越し見積りを依頼してみると「このくらいの金額なら、自力で引越しした方が安いかも?」と悩んでしまう人もいるかもしれません。 単身(一人暮らし)の引越しについて料金を安く、上手に引越しをするためのポイントは以下です。 引越しの料金相場は同都道府県の場合、通常期(5月~1月)で約45,000円、繁忙期(2月~4月)で約67,000円• 同都道府県外の場合、通常期(5月~1月)で約53,000円、繁忙期(2月~4月)で約69,000円• 自力で引越しをする場合、料金は安くなるが労力と時間が必要• 料金を安く抑えるには『繁忙期を避ける』『大型家財のみ依頼』『赤帽利用』『単身パック利用』• 学生や就職で遠方へいく場合、不用品は処分し、宅配便で配送できるものだけ引越す ここでは単身(一人暮らし)の引越し料金相場と、費用を安くするコツとして引越し業者に頼むか?自力で行うか?それぞれの引越し方法のメリット、デメリット、そして単身(一人暮らし)の引越を安く抑えるためのテクニックについて詳しく説明していきます。 単身(一人暮らし)の引越し料金相場 単身(一人暮らし)の引越しにかかる実際の料金相場を見てみましょう。 料金相場を知ることで、引越し業者に見積もりを取る際に、目安をあらかじめ理解した上で交渉ができます。 単身(一人暮らし)の引越し料金 通常期(5月~1月) 月 同都道府県内 同都道府県外 平均 45,149円 67,178円 5月 55,940円 72,321円 6月 42,480円 66,357円 7月 41,080円 80,896円 8月 42,718円 61,904円 9月 51,327円 61,473円 10月 47,865円 66,959円 11月 54,537円 57,385円 12月 34,315円 63,807円 1月 36,082円 73,500円 繁忙期(2月~4月) 月 同都道府県内 同都道府県外 平均 53,526円 69,449円 2月 36,736円 52,354円 3月 63,047円 80,844円 4月 60,796円 75,149円 引越しの料金相場は、同都道府県の引越しの場合は5万円前後、同都道府県外の場合は7万円弱が全体の平均費用となります。 細かく見ていくと、同都道府県内の引越しでは、通常期の料金相場の平均は45,149円。 繁忙期の場合は53,526円でした。 時期により約8,000円の差があります。 同都道府県外の場合、通常期の料金相場の平均は67,178円。 繁忙期の場合は69,449円なので約2,800円の差があります。 単身(一人暮らし)の引越し料金を安くする3つのコツ それでは実際に引越し料金を安くするコツについてご紹介します。 大きく分けると『安くなる時期を選ぶ』『自力で引越しをする』『単身向けサービスを利用する』の3つがポイントです。 安くなる時期を選ぶ 例えば通常期の同都道府県内の引っ越しでも12月の場合、費用の相場平均は34,315円、繁忙期の3月になると63,047円。 安い時期を選べば約5割も安く引越しができます。 進学や卒業、入学、転勤の時期に当たる3・4・9月は特に料金が高くなります。 また、引越が集中する月末は引越し業者に空きがないこともあるかもしれません。 どうしても繁忙期の真っただ中に引っ越さなければならない場合は自力で引越しすることも考えて、どちらが安くなるか検討してみるといいでしょう。 自力で引越しをする 家族や友人に頼んで自力で引っ越しをするケースについて考えてみましょう。 自力で引越しする場合の相場は、軽トラックを借りると1日のレンタル料金は7,000~8,000円程度。 それにプラス、距離に応じた燃料代が必要です。 荷物を一人で運びきれない場合、家族や友人、知人に手伝いを依頼しなければならないこともあるでしょう。 手伝ってくれた人へのお礼や交通費なども考えると、無料にはならず、1万円~は費用が必要となりそうです。 自力引越しのメリットは、引越し業者に依頼した場合にかかる平均相場5万円前後の料金が半額程度に節約できます。 また自分の好きな時間に作業ができ、家族や友人、知人に頼むことで、気兼ねなく作業ができます。 自力引越しのデメリットとしては、時間と労力が必要となります。 引越し業者へ依頼をする場合、荷物の新居への搬入は業者が対応してくれますが、自力では自身で対応する必要があります。 また、レンタカーを手配し返却する手間がかかりますし、レンタル時間に制限もあります。 普段運ばない荷物を積んでいるため、運転にも気を配らなくてはいけません。 単身向けサービスを利用する 荷物が少ないとはいえ、料金が抑えられれば引越し作業に慣れている業者に頼みたいのが皆さんの本音ではないでしょうか。 引越し業者では単身引越し用のパックプランが充実しているところも多く、安心して引っ越ししたいという方や荷物が多い方にはオススメです。 料金の相場はワンルーム程度の荷物が少ない場合で東京・大阪間で約25,000円程度。 同一都道府県内なら15,000円くらいから依頼することができる引越し業者もあるようです。 利用するメリットは、引越し作業になれた作業員が荷物を搬出してくれるため、安心感があります。 また家電の設置や不用品の回収など、こちらの希望に合ったサービスを提供してくれるのもメリットでしょう。 また引越し業者によっては女性の作業員に依頼できるレディースプランや学割プランを用意しているところも。 荷物の量によってさらに安いプランが適用されることもありますので、単身プランを利用する場合はまず、一括で複数の引越し会社に見積りを依頼するのが賢い選択と言えるでしょう。 単身向けサービスのご紹介 荷物が少ない単身(一人暮らし)の引越しの場合、単身向けサービスとして『赤帽を利用する』『単身パックを利用する』2つの方法があります。 赤帽を利用する 低価格で使いやすい赤帽の引越しサービスを利用します。 貨物軽自動車運送業を営む個人事業主が集まった事業協同組合のことを赤帽と呼んでいます。 軽トラックの最大積載量は350kg。 ドライバーの重量を除くと実質の荷物は280kg程度まで積むことができます。 赤帽を利用するメリットは、赤帽を利用すると貸切で荷物を運ぶことができます。 移動距離が短く、荷物が少なめという方、実家から初めての1人暮らしのために引っ越しするという方に人気があるサービスです。 距離20km以内・軽トラック1台、ドライバー1名、2時間以内の作業であれば、13,500円とコスパも抜群。 ただし、土日祝日は2割増しの料金となるので注意してくださいね。 また赤帽は個人事業主が経営しているので、大手の引越し業者より融通が利くという利点があります。 家の前の道路が狭くて大手の引越し業者に断わられた• 近所に迷惑をかけないように配慮しながら夜、引っ越し作業をしたい• 仕事の都合でどうしても引越が深夜になってしまう• 急な引っ越ししなければならなくなった というような事態にも対応してくれるところがあるので、まずは相談してみましょう。 大型の家具・家電・荷物だけを依頼することもできます。 「単身引越しなので、荷物の量は自力で引越しできる程度。 でもベッドや冷蔵庫、ソファなどは自分で運べないものだけ運んでほしい……。 赤帽はそんなニーズにもしっかり答えてくれます。 例えば、冷蔵庫やベッド、タンス、テレビなど軽トラックに載せられる荷物であれば、時間指定なしで5,400円から運んでもらえます。 時間指定ありの場合でも8,000円から対応してもらえるので安心です。 赤帽を利用するデメリットは、赤帽や軽トラックを使用したプランでは積載できる荷物量に限度があります。 そのためドライバー以外の作業員は頼めない、養生や梱包の依頼もNGということが多くなっているようです。 引越し業者と異なり、ダンボールや衣装ケースなどの梱包材の提供もないので注意しましょう。 ドライバーの方以外に助手を頼むとその分料金がかかってしまいます。 荷物の運搬は『お客様のご協力があること』を前提としているところも多いので、ある程度自分で手伝うことが条件となります。 また、積める荷物の量が意外に少ないため、当日になって荷物が積み切れずに、宅急便で荷物を送らなければならなくなった…というケースも。 軽トラックの場合、15kgの段ボール20個以下が目安ということを覚えておきましょう。 単身パックを利用する 単身パックは『カーゴ便』や『混載便』、『らくらく家財宅急便』のサービスが代表的です。 『カーゴ便』に代表される単身パックは、例えばある運送業者では高さ145cm、幅100cm、奥行75cmのカーゴを使用して引越しの荷物を運んでもらい格安の料金で引越しができます。 カーゴ便は他の荷物と一緒にトラックに積み込むため、料金を抑えることができます。 料金は繁忙期外で神奈川県から東京23区の場合で約23,000円程度が相場。 この大きさならテレビ、パソコン、ミニコンポ、掃除機、カラーボックスとローテーブル、段ボールが5箱程度まで運んでもらうことができます。 ワンルーム程度の荷物量の引越しや実家に荷物を送る場合などはこの大きさでも十分でしょう。 カーゴ便は一人暮らしをする方はもちろんのこと、単身赴任のための引越しの他、高齢者の方がグループホームなどに入居する際にもよく利用されているようです。 またwebから予約した場合のweb割引を用意しているところも多くなっています。 カーゴ便を依頼するときには、荷物の送付先までの距離によって料金や荷物が到着するまでの日数が異なるため、余裕をもって依頼する必要があります。 荷物が到着するまでの日数はおよそ3~5日が一般的。 引越しまでの期間が短い場合には適していません。 『混載便』とは、混載便とは長距離トラックの空いているスペースを利用して荷物を運ぶサービスです。 例えば東京から大阪、名古屋、広島などの地方都市に進学・転勤するなどで移動距離の長い引越しをする場合、混載便を利用すると引越し料金を安く抑えることができます。 自分の荷物だけを運んでもらうチャーター便と違い、日数はかかるものの料金をぐんと安く抑えることができるのが特徴です。 自分の都合ではなく、トラックの都合に合わせて荷物をピックアップしてもらうことで料金を安くできるのです。 引越し業者によって差はありますが、東京・大阪間の単身引っ越し(ワンルーム程度)の荷物なら約37,000円~というところも。 大手引越し業者が提供するカーゴ便よりも多く荷物を積める場合もあり、大きな荷物に対応してもらえる場合もあるので、移動距離の長い単身引越しを予定している方は是非、混載便の見積もりも依頼してみましょう。 『らくらく家財宅急便』は、ヤマトホームコンビニエンスが提供する『家具や家電など大物家財だけを1点から運送依頼』ができるサービスです。 自身で運搬できない大物家財だけを引越し依頼ができるので、必要な分だけの引越し料金に抑えられます。 料金相場は家財や距離により異なりますが、Aランク(一番軽量)料金の相場は1点1,400円~からあります。 宅配便だけを利用する方法 家財の引越しが不要な場合は、宅配便を利用して料金を安くする方法があります。 学生の方が実家に帰る、あるいは就職して職場の近くに新居を借りるといった場合、引越業者ではなく宅配便のみで引越しを済ませることも不可能ではありません。 もともと学生の単身(一人暮らし)の場合、大型の家具や家電は『学生の間だけ使えればいい』という基準で選んでいることが多いのではないでしょうか。 実家に戻る場合も、こうした家具は必要なくなることが多いですよね。 大きな荷物を初めとする不用品を処分し、ダンボールに詰められる荷物だけを新居に運ぶようにすれば宅配便の料金だけで引越しをすることも可能になります。 ベッドや冷蔵庫、ソファ、食器棚などがあると高くついてしまうので、事前に処分したり友人に譲ったりするなどしておきましょう。 ダンボールの3辺の合計が170cm、重さが30キロgまでなら『ゆうパック』を使用することが可能です。 さらにゆうパックは郵便局への持ち込み割引、同じ宛先に2個以上の荷物を送ることでの割引があります。 例えば、170cmサイズ、30キロまでの荷物を2つ同一県内での移動の場合、『持ち込み割引』と『複数口割引』が適用されて1個当たり1,890円、合計料金は2つで3,780円となります。 無料で時間帯指定も可能です。 これに対して、クロネコヤマトでは160cm、25キロまでの荷物が同一県内で1個当たり1,836円(持ち込みは100円引き)。 ゆうパックの方が5キロ多い分、お得と言えそうですね。 大きな荷物がない方はこうした方法を検討してみてもいいのではないでしょうか。

次の

単身(1人暮らし)引越しの料金・費用相場|引っ越し見積もり・比較【SUUMO】

引越し 費用 相場 単身

引越しの代金• 新居の敷金・礼金・管理費など• 物件への交通費や宿泊費• 手続き関係の手数料• 家具や家電などの購入費 この中で、「引越しの代金」「新居の敷金・礼金」「引越し先までの交通費・宿泊費」などは、通常は会社から支給されると思います。 また、転勤の準備金として「基本給1ヶ月分」、プラス毎月の「単身赴任手当」、また「自宅へ帰省するための交通費」などが支給される会社もあるようです。 ちなみに厚生労働省の資料によると、「単身赴任手当、別居手当などの平均支給額は46,065円とあります。 出典: この個人負担と会社負担の割合は、会社によって規定が違うと思うので、詳しくは会社の経理に確認してみてください。 出典: 転勤が決まった単身赴任のパパなど、単身の引越しで荷物が多い方の場合の引越し料金の相場です。 なお、アート引越センターが出した資料によると、単身赴任者の引越し費用で最も多いのは 10万円~15万円で、平均は203、000円とのことでした。 出典: 2:新居の物件探し 単身赴任が決まったら、新居を見つける必要があります。 もし会社で契約している社宅があれば、やることはありません。 しかし社宅がない場合は、自力で部屋を見つける必要があります。 単身赴任になると、コンビニやクリーニング店が近くにあると便利です。 物件を探すときには、そういった 条件をあらかじめ伝えておくと、条件に見合った物件を探してもらえます。 3:引越しの方法 引越しする物件が決まったら、引越しの方法を決めましょう。 単身赴任の引越し方法は以下の3つです。 宅急便を使う• 自力で運ぶ• 引越し会社に依頼する 宅急便 出典: ダンボールで数箱であれば、宅急便を使うのが便利です。 私も、ダンボールを数箱まで減らして引越ししたことがあります。 クロネコヤマトの場合、宅急便センター・取扱店・コンビニエンスストアへ荷物を持ち込むと荷物一個につき100円が割引になります。 でも、持っていくのは大変なので、素直に自宅まで取りに来てもらうのがおすすめです。 ダンボールについては、以下の記事を参考にしてみてください。 自力で運ぶ 近場であれば、引越しで一番安く引越す方法は、自力で引越すことです。 ただし、荷物を減らさないと予想以上に往復する回数が多くなります。 私は、近場の引越しでレンタカーを使って自力で引越したことがあります。 その時はバンを使いましたが、荷物の量をけっこう減らしたつもりだったのに、想像以上の回数を往復することになって(たしか10回くらい)、けっこうビックリしました !) 体力と時間と自信があるなら自力で行い、自信がないなら引越し会社に依頼するのがおすすめですね。 引越し会社 単身の引越しでは、「 単身パック」といって、荷物をコンテナに収まるだけの量で運送する格安サービスを提供している会社があります。 単身パックを提供している大手引越し会社は、主に以下になります。 会社 コンテナのサイズ 料金 日通S 横幅108㎝ 奥行74㎝ 高さ155㎝ 15,000円~ 日通L 横幅108㎝ 奥行104㎝ 高さ175㎝ 16,000円~ サカイ 横幅105㎝ 奥行75㎝ 高さ145㎝ 要問合せ ハトのマーク 横幅110㎝ 奥行80㎝ 高さ170㎝ 要問合せ 単身パックは、以下の方におすすめです。 the0123. html 以下は、単身赴任で必要になるものをまとめてみました。 最初から部屋に備え付けてあるものもあるので、事前に確認して二重にならないように注意してくださいね。 引越し当日に必要なもの 会社用の服 制服・スーツ・ネクタイ・Yシャツ・靴下・靴 自宅用の服 私服・下着・ねまき タオル バスタオル・ハンドタオルなど アメニティ シャンプー・ハンドソープ・髭剃り・歯ブラシ・整髪料 ハンガー 意外とないと困るもの。 100均で購入可能 カーテン 絶対に必要 照明器具 絶対に必要 生活雑貨 ティッシュとトイレットペーパーは絶対必須 寝具 ベッド・ふとん カーテン、照明器具、寝具は絶対に必要なので、忘れないようにしてくださいね。 Amazonなどで購入して、入居当日に時間指定しておくと便利です。 その他のものについては、引越し先で準備できるものが多いです。 100均で手に入るものが多いので、事前に探しておくと便利です。 家電類 テレビ ワンルームで人気は32インチくらい 電子レンジ コンビニ弁当をあたためる 冷蔵庫 お酒を入れるために 笑 炊飯器 自炊しなければ不要 洗濯機 ドンキホーテで購入できます ドライヤー 絶対に必要 掃除機 ワンルームならハンディクリーナーがおすすめ 延長コード マルチタップも忘れずに 生活雑貨その他 食器類 茶碗・お椀・お皿・はし・スプーン・フォーク 調理器具 包丁・まな板・フライパン・ナベ・お玉・ボウル・ザル・さいばし 収納家具 IKEAの商品は避けることをおすすめします。 掃除用具など ゴミ箱・ごみ袋・食器洗いスポンジ・洗剤(食器用・洗濯用) 家具を購入するときは、IKEAの商品は避けることをおすすめします。 解体が面倒で引越し会社に嫌われているので、次の引越しで運べなくなる可能性があります。 ここだけの話、訪問見積もりでIKEAの家具を見ると「うわー」となります 笑 5:単身赴任の役所の各種手続き 単身赴任するときに必要な手続きを、以下にまとめました。 引越し1ヶ月前 引越し先と日付が決まったら、すぐにあいみつして引越し会社の比較を行いましょう。 引越し先の道幅、間取り、収納スペース、ガスの種類、駐車場など確認します。 管理会社や大家さんに退去の連絡をします。 賃貸契約書に書かれている期限を確認しておきましょう。 引越し先ですぐに利用できるようにするには、プロパイダーに早めに連絡することが大切です。 駐車場の契約書を確認して、管理している大家さんまたは管理会社に解約の連絡を行ってください。 荷造りの方法の記事を参考にできるところからはじめていってください。 引越し2週間前~3日前 引越しの電話の手続きは、引越しの1ヶ月前から受け付けています。 固定電話の場合は、引越しの2週間前までに申し込むことが推奨されています。 郵便局に手続きをすると、引っ越しする前の住所に送られた郵便物を、新しい住所に自動的に届けてくれます。 役所で住民票の手続きを行います。 同時に国民健康保険・国民年金・乳児医療・老人医療・児童手当・印鑑登録などの手続きを行うと効率がよいです。 引越しの1週間~3日前までに現在利用しているガス会社に利用停止の連絡をしましょう。 引越し先のガス会社が変更する場合は、そちらのガス会社にも忘れずに連絡を行いましょう。 現在の電気会社に利用の停止を連絡します。 また、新居を管理する電気会社に利用の開始を連絡します。 現在の水道局に利用の停止を連絡します。 また、新居を管理する水道局に利用の開始を連絡します。 引越し後14日以内 役所で住民票の手続きを行います。 同時に国民健康保険・国民年金・乳児医療・老人医療・児童手当・印鑑登録・マイナンバーなどの手続きを行うと効率がよいです。 引越しする家族全員のマイナンバーカードを持っていきましょう。 国民健康保険に加入している方は、引越し後に役所に行って手続きを行う必要があります。 国民年金に加入している方は、引越し後に役所に行って手続きを行う必要があります。 住民票や運転免許と同じように、引越し後には、印鑑証明の変更手続きが必要になります。 まず役所で住民票を発行してもらいます。 それから「警察署」または「運転免許センター」で変更手続きをします。 普通自動車の住所変更は、警察著と陸運局の2か所に行く必要があります。 軽自動車の住所変更は軽自動車検査協会で行います。 バイクの排気量によって住所変更の手続き先が変わります。 原付バイクは、市区町村で管轄しています。 軽二輪と小型二輪は、陸運局で管轄しています。 銀行口座の住所変更手続きは、手順として住民票や免許証の変更をした後に行うことになります。 単身赴任で役所の変更手続きは必要? 役所関係の手続きについては、 「そもそも単身赴任で、役所への変更手続きが必要なの?」 ということが気になると思います。 まず、 単身赴任の手当支給に必要になることもあるので、会社の経理に相談してみましょう。 また、住民票を変更しないことについて、インターネットで以下のような情報があるのを見ました。 数千円から5万円以下の罰金が科せられる可能性がある• 確定申告が旧住所の管轄の税務署でないとできない• 印鑑証明や所得証明などの各種証明書が、旧住所の役所でないと発行できない• 引越した先の市区町村の福祉サービスが受けられなかったり、公共施設の利用ができない、もしくは有料になることがある• 運転免許証の更新場所が、旧住所でないとできない• 新しく住んだ地域の選挙権・被選挙権が行使できない• 健康保険証、年金保険料などの書類が実家に届く• 成人式の案内が実家に届く 必要書類などの重要書類が受け取れないのはデメリットでしかないので、引越したら素直に住民票を移動することをおすすめします。 単身赴任により世帯主が抜けた場合の必要な手続き パパが単身赴任して、自宅に残るママの手続きとしては、以下があります。 住民票の手続き• 児童手当の手続き• こどもの医療証の手続き これらの手続きは、パパの転出届と同時に行うと効率的です。 挨拶 単身赴任の引越しでも、引越し先の住人にはあいさつをしておくようにしましょう。 挨拶については、以下の記事にまとめてあるので、参考にしてみてください。 単身赴任の引越しを安くするには それでは、単身赴任の引越しを安くするコツについて解説します! はやめに見積もりを取る 冒頭でもお話ししたように、単身赴任の引越しの時期はかぶるので、引越し会社への予約が殺到します。 早めに抑えないと、高額料金を吹っ掛けられるか、引き受けてくれなくなります。 特に3月・4月の繁忙期だと、もう1月末には電話がひっきりなしにかかってきます。 転勤が決まったら、早めに会社を決めてください。 「引越し難民」という言葉もあるように、もたもたしていると、本当に引き受けてくれるところが無くなります。 あいみつする 引越し料金を安くするには、複数の引越し会社から見積もりをとる「 あいみつ(相見積もり)」を、必ず行ってください。 私たち引越しの営業というのは、言い方は悪いですが、 お客様を見て料金を決めています。 最初に見積もりでお出しする金額は「 あえて高め」を出しています。 そこで「高いね」と言ってもらって、値引くことを前提で最初の料金を出しているんです。 もし見積もりが1社だけだと相場がわからないですし、「こちらのかたは、1社しか見積もりを出してないんだな」というのがわかると、料金を下げる必要もなくなります。 ですから、複数の会社で見積もりを出して、「A社では8万円だったので、もう少し勉強してもらえないか?」といって 価格を競わせるように交渉してください。 引越しの開始時間帯を会社に任せる テレビで引越しを安くするコツとして、専門家(?)が出てきて、こんなことを言ってました 笑 「ズバリ、日時を会社にお任せするんです!」 「引越しというのは、多い日と少ない日があって、スケジュールを均等に入れたいのが引越し会社の本音なので、日時を会社に任せることで、なんとこんなにお安くなるんです!」 そんなことを言っているのをテレビで見たことがあるんですが、まぁ、 その通りです 笑 空いてる日、時間をお任せするのが、一番安くするコツですね。 まとめ 単身赴任の引越しについてみてきました。 なによりも重要なのは、 素早く引越し先を決めて引越し会社の予約を確保することです。 「 引越し難民」という言葉もあるように、急いで準備しないと引越しできない可能性もあるので、 無料の一括見積もりサービスを使って200社以上の会社から条件のよいところを比較してくださいね! 「引越し達人」のポイント!• 入力がたったの 30秒!• ヤマト・サカイなど210社以上の引越し会社を徹底比較できる!• 電話番号の入力が不要! メールのみで対応したいママはコチラ! 「」は、他の一括見積もりサービスに比べて「電話番号の入力」がないので、 メールで気楽に見積もりを比較できるのがポイント。 「」で見積もりすると 引越し料金が最大50%オフになるので、引越し料金を安く抑えることができます! 2:比較して検討する 同じ条件でも、 引越し会社によって料金のばらつきがあります。 一括見積もりサービスには、大手のサカイ引越センターやアート引越センターだけでなく、地域に密着したサービスも価格も優良な中堅会社まで、厳しい審査基準をクリアした 200社以上の信頼できる会社が登録しています。 その中からあなたの条件に対応できて、他社に負けない自信がある数社が見積もりを出してくるので、一番条件のよいところを比較して検討しましょう。 見積もり料金に納得できない会社は、 断ったり、スルーしたりして大丈夫ですよ。 安い会社を2~3社ピックアップできたら、そこから値下げ交渉をします。 出された見積もり料金で会社同士を競わせないと、価格を安くできません。 このように相見積もりをすることで、 最大で55%も安くなります! 営業成績10年連続全国1位 某引越会社の社員:ナカムラ 2006年より、某大手引越会社の営業を担当。 営業成績 10年連続全国1位を達成。 現在、営業管理職。 これまでの豊富な経験を元に、引越し内部事情を、こっそりとシェア(会社にはナイショ)。 好きな食べ物は、サラダチキンと玄米。 現在、二児のパパ。 おすすめの人気記事 あなたは、引越しの一括見積もりサービスを使うと、「鬼電話がじゃんじゃんかかってきてヤバイ!」という口コミが多いのを知っていますか? こうなってしまう原因は、一括見積もりサービスの正しい使い方を知らないから。

次の

【1K・1LDK】の単身引越し料金相場表 引っ越し会社がまとめた決定版

引越し 費用 相場 単身

東京〜鹿児島へ単身パックで引越しをする時の費用は、 60,000〜65,000円くらい 単身パックとは、専用カーゴを使った引越しプランのことです。 ここでは日通の単身パックを例に紹介したいと思います。 こんな感じです。 左側がSサイズのカーゴ、右側がLサイズのカーゴです。 Lサイズだと、• 洗濯機• 冷蔵庫• 電子レンジ• テレビ• 衣装ケース• 掃除機• ダンボール5箱くらい などの荷物を積むことが出来ます。 単身パックの料金は、 移動する距離に応じて固定されています。 日通の単身パックで東京〜鹿児島まで引越しする場合は62,000円くらいが相場となります。 また、割引サービスなどが適用されると、これよりも安くなる場合があります。 一方で、夜間配達や時間指定などによって料金が加算される場合もあるので注意しましょう。

次の