ラグドール。 ラグドールを飼うために何を準備すれば良いの?

【猫の品種】ラグドールが1ページでまるわかり~特徴・歴史から性格・お手入れの仕方まで

ラグドール

ラグドールの歴史 ラグドールを最初期に作出したのは、アメリカ・カリフォルニアに住んでいた猫のブリーダーでした。 地域で暮らしていた外猫と、ブリーダーの飼っていた猫を交配して生まれた子猫が基礎となったと伝えられています。 ラグドールの歴史には、ちょっとした騒動がありました。 作出した人物は、この猫の魅力に自信を持ち、新しい品種として育成することとをビジネスと結びつけて計画しました。 ラグドールの品種名は、登録商標でもありました。 そして、既存の猫血統登録団体には登録せず、新しい団体IRCAを設立し、ラグドールの血統管理と個体管理をフランチャイズビジネスの本部として行おうと考えていました。 繁殖を行う目的の人には、フランチャイズ契約を行うことを条件に、猫を譲り渡していました。 このような仕組みに疑問を持ったある夫婦が、フランチャイズ契約を行わずに譲り受けた子猫で、新たに繁殖を行うことにしました。 そして1970年代以降、固定化したラグドールは、初期の作出者以外の繁殖者によって、有力な血統管理団体CFAやGCCF、FIFeに登録することができました。 また、ラグドールの初期の作出者が設立した血統登録団体IRCAは20世紀後半に分裂してしまいました。 この時期までにIRCAにかかわった人たちが、ラグドールを基礎に作った新しい猫種がです。 ラグドールの飼い方 ラグドールは、活発に活動するよりもリラックスして過ごすことが好きな猫ですが、子猫から若猫時代は普通の猫らしく非常に活発です。 体が大きいため成猫になるまで3~4年はかかりますが、この時期を過ぎると性格は落ち着いてきます。 しっかりした体と美しい被毛を作るために、バランスの良い栄養の食事を与えるようにしましょう。 成猫は高い所を好むということは少なく、体も大きいことから、キャットタワーを設ける場合は低めでかまいません。 大きな体の動きに耐える、安定した土台のものを用意しましょう。 ラグドールはセミロングとはいえ、被毛は厚く豊かです。 できれば毎日、少なくとも週に2~3回以上のブラッシングまたはコーミングで、抜け毛をきちんと処理してあげましょう。 ラグドールの毛色 ラグドールはシール、ブルー、レッド、クリーム、ライラックのポイント、これらのタビーポイント、バイカラー、トーティ(サビ)があります。 ラグドールは、毛色だけではなく斑の入り方に特徴があります。 顔や手足、尻尾などにアクセントが入る「ポイント」、四足に手袋や靴下を履かせたような「ミテッド」、2色 混合しているのがトーティ、2色が分かれているのがバイカラーになります。 また、生まれた時はほぼ全身が白く、成長に従って毛色が発現しますが、完全に発色するまで2年近くかかることもあります。 ラグドールの気を付けたい病気 重篤な遺伝性疾患については比較的少ないとされているラグドールですが、祖先猫の中にペルシャがいるため、その遺伝子を引き継いでいます。 ペルシャに多くあらわれる肥大型心筋症は、ラグドールでもしばしば起こるようです。 この病気は、心臓を取り囲む筋肉が徐々に肥大していくことで、心臓の動きが悪くなり、全身に送り出される血液が滞りがちになります。 やがて心不全、貧血、血栓などを引き起こし、突然死に至ることもあります。 この病気になると、疲れやすくなることから、じっとしていることが増えるようになります。 運動を好まなくなるだけでなく、家族へ愛想を振る舞うことが減ったり、食欲が落ちてくることもあります。 中年齢以上で起こりやすい病気ですが、最近元気がないな……と感じたら、歳のせいにするだけではなく、病院を受診するようにしましょう。 遺伝性疾患ではありませんが、一般的にかかりやすい病気として膀胱炎や尿結石、長毛種では皮膚炎や毛球症などがあります。 膀胱炎や尿結石ではトイレが近くなり、血液の混じった色の濃い尿をすることがあります。 尿結石から尿路閉鎖になると尿毒症を起こして死に至ることがありますので、おしっこの変化には常に気を配るようにしたいものです。 皮膚炎や毛球症は、こまめなブラッシングやコーミングで予防することができます。 日本の高温多湿の夏は長毛猫には厳しいものです。 空調管理と共に抜け毛の手入れはしっかりと行ってあげましょう。 ラグドールの価格相場 グループサイト、『』における、ラグドールの直近1年間の子猫ご成約時の平均価格は約 22万円、最高価格は 40万円、最低価格は 8万円です。

次の

ラグドールを飼うために何を準備すれば良いの?

ラグドール

都道府県 :• 全国のラグドール• 青森 0• 岩手 0• 秋田 0• 山形 0• 石川 0• 福井 0• 山梨 0• 長野 0• 岐阜 0• 和歌山 0• 島根 0• 山口 0• 香川 0• 高知 0• 長崎 0• 宮崎 0• 鹿児島 0• 2 カテゴリ :• 全ての里親募集• 144• 全国以外の都道府県から探す :• 全国のラグドール• 青森 0• 岩手 0• 秋田 0• 山形 0• 石川 0• 福井 0• 山梨 0• 長野 0• 岐阜 0• 和歌山 0• 島根 0• 山口 0• 香川 0• 高知 0• 長崎 0• 宮崎 0• 鹿児島 0•

次の

みんなの猫図鑑

ラグドール

猫の中でも一番重くなると言われているラグドールですが、名前の由来は英語で「ぬいぐるみ」という意味です。 抱っこされるのを嫌がる猫ちゃんが多いですが、ラグドールは抱っこされるのが好きで、抵抗などをしません。 ゆったりとしているので、高貴な印象も与えてくれます。 ラグドールはまったりしていて甘えん坊な上に爪を立てることがほとんどありません。 鳴き声も小さく従順な性格の持ち主でもあるので、一人暮らしでも家族と暮らしている人でも、初心者の方でも安心して一緒に暮らしていけるかと思います。 ラグドールは帰巣本能が強い猫と言われています。 初めて来たお家や引越しをした際にはどうしてもストレスになってしまいまうので、もしどうしても引越しをしなくはならなくなった場合はケージなど安心できる場所を作り、構いすぎることなく新しい環境に慣れるまではそっとしておくようにしましょう。 不用意にストレスを与える必要はありません。 元から体が重く、長毛種のため太っていても見逃してしまう可能性があります。 年齢などを考えながら、食事と運動に気をつけた暮らしをしていきましょう。 また、長毛種なので日頃からブラッシングをしましょう。 ブラッシングを怠ると、本来ならブラッシングで取り除けた分の毛も飲み込んでしまい、最終的に毛球症にかかってしまうおそれがあります。 おそらく1歳8ヶ月位の月齢だと思います。 病院の先生によると、幸い…骨折以外、心配はないとの事で、車にはねられたわけではないようです。 我が家には、先住の保護猫が2匹居り、 体の大きな先住猫が怖いようで部屋から出られず隔離している状態です。 ノビノビと暮らせる環境で、家族として終生、可愛がって下さる里親様と素敵な御縁があればと思います? 福岡県各地域の猫の里親募集• 北九州市 38• 福岡市 64• 大牟田市 3• 久留米市 14• 直方市 1• 飯塚市 2• 田川市 0• 柳川市 0• 八女市 0• 筑後市 0• 大川市 0• 行橋市 0• 豊前市 1• 中間市 0• 小郡市 4• 筑紫野市 1• 春日市 0• 大野城市 6• 宗像市 1• 太宰府市 2• 古賀市 0• 福津市 5• うきは市 0• 宮若市 1• 嘉麻市 0• 朝倉市 0• みやま市 0• 糸島市 7• 那珂川市 0• 糟屋郡宇美町 0• 糟屋郡篠栗町 0• 糟屋郡志免町 0• 糟屋郡須惠町 0• 糟屋郡新宮町 0• 糟屋郡久山町 0• 糟屋郡粕屋町 0• 遠賀郡芦屋町 0• 遠賀郡水巻町 0• 遠賀郡岡垣町 0• 遠賀郡遠賀町 0• 鞍手郡小竹町 0• 鞍手郡鞍手町 0• 嘉穂郡桂川町 0• 朝倉郡筑前町 2• 朝倉郡東峰村 0• 三井郡大刀洗町 0• 三潴郡大木町 0• 八女郡広川町 0• 田川郡香春町 0• 田川郡添田町 0• 田川郡糸田町 0• 田川郡川崎町 0• 田川郡大任町 0• 田川郡赤村 0• 田川郡福智町 0• 京都郡苅田町 0• 京都郡みやこ町 0• 築上郡吉富町 0• 築上郡上毛町 0• 築上郡築上町 0 福岡県のどんな場所でも近所に野良猫は住んでいるかと思います。 ですが、その野良猫は実は迷子猫である可能性もあります。 また、猫を飼っている・いないに関わらず、ある日突然縁があって野良猫や迷い猫を保護する事になるかもしれません。 そんな「もし迷い猫だったら?」「福岡県ではどこに連絡をするべき?」などのポイント、猫を保護したけどそもそも猫を迎えた事が無い、これから猫を迎えるけど猫との生活は初めてだから不安…と思っている里親さんもいらっしゃるかと思います。 猫を家族の一員として迎える為にも、お住いの環境が猫に合っているのか、子猫の募集が増える時期はいつ頃なのか、猫の性格や最低限必要なグッズなどを迎える前にご自身や家族とチェックしておくと、迎えてから慌てたりせずに済むので安心です。 近年では里親詐欺なども存在する為、保護活動をしている方々も年々厳しく里親希望者を選ぶようになっています。 悪い人ばかりでない事は十分承知しているのですが、それでも万が一の時の被害が大きすぎるため、やむなく里親募集は狭き門になりつつあります。 応募しても決まらない、長期間決まらなくて迎える気持ちが減ってきてしまっている…なんて里親希望の方がいらっしゃるかもしれません。 ですが、 実はアピール不足の可能性もあるんです! 福岡県から応募できる方にお送りしていますか?あまりにもかけ離れている場所の方にお送りしていませんか?他にも、ネコジルシならではのSNS機能を使ったプロフィールの充実や日記などを投稿して自分の性格などをアピールする方法や、応募時にチェックしておくべき部分もあるので、ぜひ確認してみてください! 里親を探している募集者さまへ 3歳以上・去勢済・ロシアンブルー風の雄猫を保護しています。 里親を探したいと思い、結膜炎が完治して見た目が良くなったら 募集をかけてみようと考えているのですが、成猫+さくら猫(TNRするつもりが事情が変わってしまいました) ということもあって貰い手が見つかるのだろうか?見つからなかったらどうしようと不安です。 そしてもし見つからなかったらうちの子として迎えるつもりではあるものの、 同居している両親が反対します。 理由は猫が好きでない(母)と、放飼いならいいが室内飼で猫に合わせた生活をしたくない(父)と言った具合です。 皆さんはどうやって家族を説得しましたか? 教えていただけるととても助かります。 美形ですしとても大人しく我慢強い子で、だっこも問題なくできます。 フードの好き嫌いもほぼありません。 2月に、ある会から2ヶ月半の保護猫を引き取りました。 トライアル2日目に少し触らせてくれた時、首にゴマ粒くらいの動く物がたくさん指に触りました。 経験上、ノミだと思い次の日フロントラインを買ってつけました。 毛を掻き分けた時に黒いノミを数匹見ました。 つけたあと数は減りましたが、まだ一匹か二匹ほど指に触ります。 フロントラインを使ってしまったことも不安になり、会に連絡しました。 しかし「黒いならノミではない」という返事。 驚きつつ、野良猫を拾った事があると伝えたら態度が変わり、獣医に連れて行ってくれる事になりました。 しかし「駆除に連れていったし、同時に保護した兄弟にはノミが居ないし、同じ部屋で保護していた他の子猫にも居ない」とのこと。 でも、とても臆病で引き取る時もなかなか捕まえられなかった子ですし、兄弟が瓜二つ。 しかも黒猫でこたつの中の隅で隠れている子でした。 私は間違って瓜二つのオスを二回駆除に連れていって、メスのこの子は漏れたんじゃないかと思っています。 そして、先日その会のブログで「トライアル中に皮膚病が見つかったと言って治療させられたケチな奥さん」と書かれているのを見つけてしまいました。 その奥さんは癌で入院することになったから猫を引き取ってほしいと言われたとありましたが、どうも不満に思った案件をいくつかつなげて対象者を特定できないように書いている様子。 内容のいくつかがウチに当てはまります。 確かに息子が友達の家の猫からノミをもらってきたかもしれないなど、引き取った後でついたのかもしれない。 でも、トライアル中だったのは事実ですし、私は正直にしか話していない。 それをケチ呼ばわりされるなんて心外です。 ブログは私の事でない可能性もありますから、問い合わせページからメールしました。 私の職業が、そのケチな奥さんと関連しているので『すごくわかります!そういう人種が多い職種ですよね!ご苦労が多いと思いますが、お体に気をつけて頑張ってください。 しかし、返事なし。 引き取った猫の写真を送りたいので返事が来たら返信しようと待ち構えているのですが、送り出した猫が心配じゃないんでしょうか? 電話番号は交換しましたが、今までお互いに掛けていません。 黒いならノミではないと嘘をつかれた事も引っかかっています。 獣医さんも「ノミは居ても見つけられないのが普通。 見つけたなら、相当数が居る」と言っていましたから、兄弟たちに見つけられなくても居ないとは限らない。 他のお宅に貰われたそうなので、もう確認できないままモヤモヤしています。 トライアル中でも、私が治療費を払うべきだったのでしょうか? ペット可の賃貸マンションに住む会社員(女性)です。 ネコの迎え方について相談させていただきます。 先日、こちらのサイトを知り、会員登録しました。 里親募集や譲渡会の情報を見ていますが、ネコの譲渡対象に『単身者不可』が多いことに驚いています。 自宅に飛び込んできてそのまま居ついた野良ネコを、完全室内飼いで大事に育ててきました。 ワクチン接種と健康診断を毎年欠かさず受け、少しでも体調に異変があると、かかりつけの動物病院にて診てもらっていました。 飼い始めの健康診断で、エイズに感染していることは判明していました。 5歳を過ぎたころからエイズを発症したと思われ、腎臓病や脱水、貧血などが酷くなり、週2~3回病院へ通っていましたが、亡くなってしまいました。 亡くなってから月日が経ち、また保護が必要なネコを迎えてもいいかと思うようになりました。 ですが、単身居住者がネコを譲っていただくのは、かなり難しいことに気づきました。 ペット可のマンションでオーナーさんの理解があり、ペットシッターの利用登録もあり、獣医さんは夜中でも往診してくださいます。 それでも、同居家族がいないと、ネコを譲り受けることは無理なのでしょうか。 「単身居住者でもこういった点をカバーできていれば譲渡は可能」など、アドバイスをいただきたく思います。 どうぞよろしくお願い申し上げます。 質問させていただきます。 以前、去勢手術がされていた猫さんが家に遊びに来て餌をやっていました。 それからニオイが残っていたのか違う猫さんが何匹か餌を求めて家の前や車の下で待つようになり、 時には喧嘩をしたり、近所の家の敷地内で休憩していたりします。 寂しそうにこちらを見て鳴いてくる人懐っこい猫さんがかわいそうで餌を与えてしまった自分がダメなのですが 最近かなり増えてきて、喧嘩ばかりで持病の鬱がひどくなってしまいました。 資金繰りも厳しく、なかなか捕獲、手術、リターンができません。 近所の目もありなかなか外出しにくいです。 餌をやらなければいい話ですが、情が入り見捨てられません。 手術をせずに餌やりが1番猫や未来の猫を苦しめているのかもしれないです... 甘えた考えですが、なにか良い方法はないでしょうか? 今回とても優しい里親様と出会う事ができ昨日新しいお家の家族になったのですが… 最初のお見合いの際、子猫4匹(兄弟)を連れてお伺いしました。 その時は兄弟も一緒という事もあってかとても楽しそうに遊んでおりましたし、先住ネコちゃんとも仲良くしており安心しこのご家族ならと決めました。 が、実際1人で知らないお家に行ったのと小学生3人いらっしゃるためかかなり騒々しいらしく、トイレに行くと子供達につかまり…などなどでゆっくりすることができないらしく全く元気がなくなってしまいました。 数日経つと慣れてくると思いますが心配でしょうがありません。 トライアル期間はどのくらいの日数でしょうか?実際契約書を交わし里親にだした後もトライアルは可能ですか? もしこれからも慣れず元気がない場合は契約解除する事は可能でしょうか?.

次の