スイッチボット。 SwitchBot(スイッチボット)の電池交換

スイッチボット でイフト(IFTTT)を経由してアレクサを動かす方法

スイッチボット

1.Switch Bot(スイッチボット)温湿度計について 加湿器はそのうち買おうかなと思っていた半面、温湿度計は別に無くてもいいかな。。。 と思っていたんですが、値段を見たら意外と安かったので買ってしまいました。 まぁこれからのIoT時代には数字拾ってくれるセンサーが大事ってことで。。。 例によってスイッチボットシリーズの無駄のないシンプルな梱包で到着。 構成は本体と単4電池と冷蔵庫とかに貼り付けるようのマグネットシール。 超シンプルですね。 使い方も電池入れてスイッチボットアプリと連携させるだけ。 ハブ経由させると、携帯から部屋の温度が見れるようになったり、一定の温度や湿度に反応してアラートを出したりできるようになるんで、ペットを飼ったり、植物育てたりしている人には結構いいのかもしれません(室内温度が低くなってたらスイッチボットハブ経由でエアコン入れたりとか)。 でも個人的にはペットとかいないから今のところ使い道は無いですね。。。 異常に高温だったら「火事かも!?」って判断できるかも(手遅れですが)。 温湿度計の本体のサイズ的にはシンプルで小さいので、部屋のインテリアとしては良い感じです。 ちなみに、温度や湿度はグラフでも表示できてエクスポートもできます。 2.Switch Bot(スイッチボット)スマート加湿器について 冬になると喉が乾燥していて辛い時があるので、加湿器買おうかなとは思っていたんですが、スイッチボットが加湿器を出しているのを知って、どうせならスマートホームの一環で買うかなってことでSwitch Bot(スイッチボット)加湿器も買ってみました。 箱のサイズはこんな感じ。 (横に置いてあるのは単4電池です。 ) 箱から出すとこんな感じですね。 スイッチボットの製品なのでこれもハブ経由でスイッチボットアプリから遠隔操作ができるのと、ハブ経由でグーグルネストハブなんかと連携させて声で操作ができます。 ちなみに加湿の方式は超音波式。 超音波式の特徴は電気代がそんなにかからないけど、タンクに雑菌が繁殖するとそのまままき散らすとかなんとか。 あんまり水を入れっぱなしで放置するのは良くないのかもしれません。

次の

【種類別の使い方】SwitchBot スイッチボットでスマートホームを実現【ハブ、温湿度計、プラグの違いとは】

スイッチボット

タップで飛ぶ目次 Switch Bot購入の決め手 そこで、 を購入しました。 これが実に良いんですよ。 簡単に設定ができて、スマホないしはスマートスピーカーでエアコンやテレビやライトをコントロールできるんですから。 この手のガジェットというかスマートリモコンは他にもあって、いくつかのブログを読み、国内メーカーゆえ少しくらい高くてもNature Remo mini が安心かと当初はこの商品の購入を考えていたのですが、Amazonのレビュー(口コミ・評判)を読むと、少し不安になりました。 SwitcBotのほうが安い上に評判が良いようで、結局こちらを購入しました。 メジャーでないメーカーの商品を購入する場合、私が重視するのはサポートの善し悪し。 何も問題がなければ良いのですが、いざ何かあった時に、サポートが迅速で誠実でないと非常に困りますから。 Amazonのコメントを読む限り、SwitcBotは、サポートが良さそうなところが最大の決めてとなりました。 SwitchBotを使ってみた感想 実に便利です。 私は、エアコン、シーリングライト(天井灯)を iPhoneと Amazon Echo Alexaからコントロールできるようにしました。 \たとえば「アレクサ、ライトを点けて」と頼めば、点けてくれます/ スイッチオンより、「はい」が遅いですけどね。 我が家はNHKが嫌いでテレビを捨てたため、4Kの42inchディスプレイで国内外の映画やドラマを観ていますが、そのコントロールもできます。 特にAlexaと連携させると、音声でコントロールできますので、超便利です。 このようなガジェットの場合、購入前に心配なのは、設定がうまくできるかどうかだと思いますが、 説明書は、ちょっと簡単すぎてわかりにくいのですが、問題なくできました。 そこで、設定方法を分かりやすくまとめてみましょう。 SwitchBotの設定 SwitchBotに登録 1.アプリをインストール AppStore( iOS)かGooglePlay( Android)からアプリをインストールします。 SwitchBotと検索すれば出てきます。 まとめ は、3,000円ちょっとという低価格でありながら、 スマートリモコンとしての機能は充分です。 赤外線リモコンに対応したTVやエアコンなどなら Switch Bot Hub Miniを通じてコントロールでき、設定も簡単です。 ごろごろ転がるリモコンから解放されます。 また、 AmazonEchoAlexや GoogleHomeなどのスマートスピーカー、Appleの Siriなどと連携させらば、音声でTVやエアコン等をコントロールできるようになります。 赤外線リモコンのないスイッチに対しては、 SwitchBotスイッチボタンを購入すれば、 Switch Bot Hub Miniを通じてスイッチのON・OFFが可能になります。 Switch Bot Hub Miniが買って良かったし、しかもAmazonはサイバーマンデーで安くなっているので、 も早速、注文しました。 SwitchBotスイッチボタンについてのレビューは後日投稿します。

次の

Switch Bot(スイッチボット)を注文した話【照明の自動化】

スイッチボット

無理して合わせずに、最新資産で設定しましょう! 事前準備 設定していく前に、パッケージの最新化をしておきましょう。 jsのインストール Homebridgeは、Node. jsサーバなので必要。 nodesource. 0 gatttoolをインストール ラズパイのBluetooth通信を使うために必要になります。 とは言っても、ラズパイは標準インストールされているため、確認だけしておきましょ。 ] Homebridgeのインストール Homebridgeをラズパイにインストールする。 SwitchBotプラグインをインストール Homebridgeのプラグインを追加します。 冒頭にも書きましたが「」を利用しています。 ご注意ください。 homebridge」が作成されているはず。 このディレクトリ配下に 設定ファイル「config. json」を作成することで、SwitchBotのHomeKit対応は完了します。 config. jsonの編集 中身はこんな感じでイケると思います。 ホームアプリ側でスイッチの現在状態までわからない。 なので、実際の状態とホームアプリでズレることがあります。 そうなると、こんな感じで「 ビックリマーク」が出て失敗します。 この場合、何度かアイコンをポチポチしてると正常に戻ります。 ホームハブで外出先からも操作可能 通常は、外出先からSwitchBotを操作するためには、が必要です。 けれど、今回のHomebridgeを使えば、ラズパイがハブの代わりになります。 最後に SwitchBotをAppleのホームアプリから操作できるようにしました。 たまに出る「ビックリマーク」が厄介なものの、 比較的反応も良く便利に使えています。

次の