飯島直子昔。 【メレンゲの気持ち】飯島直子さんの若さの秘訣と美容法(12月21日)!食事や睡眠などの習慣を公開!

飯島直子の現在の旦那は?昔の写真!前田亘輝の子供は?年齢サバ読み?

飯島直子昔

タレント、女優である。 横浜市港北区日吉本町出身。 身長166cm。 横浜市立日吉台中学校卒業。 大東学園高等学校卒業。 アルバイト先でスカウトされる。 1988年、深夜番組『11PM』のカバーガールで芸能界デビュー。 Schickのレースクイーン、カネボウ水着キャンペーンガールに選ばれる。 キリンビール、宇部興産のキャンペーンガールも務め、1991年にはキグナスF3000のキャンギャルとなる。 深夜番組『DAISUKI! 』のレギュラーで出演し、天然の言動で注目を集め始める。 1994年、コカコーラ『ジョージア』のCMに出演。 このCMから、いわゆる「癒し系女優」として人気が上昇し、数多くのドラマに出演。 この頃、飯島のファッションやメイク(特に眉のラインなど)を真似る女性が「ナオラー」と呼ばれた。 1997年、TUBEの前田亘輝と結婚するも2001年に離婚。 2012年12月25日、3年間の交際実らせ会社経営者とクリスマスの日に婚姻届を提出したことを発表。 」のコーナーで、スタッフが飯島の出身地、横浜市港北区日吉を訪れ、当時の同級生らを取材した。 MCの中山秀征と飯島らが、その模様をVTRで確認する。 聞き込みを続ける中、スタッフは飯島と幼なじみという男性に辿り着いた。 するとその男性は、 飯島がヤンキーだった中学時代の写真を披露したのだ。 そこには、聖子ちゃんカットに長いスカート、ヤンキー座りと、一目見ただけで不良と分かるたたずまいの飯島の姿があった。 さらに男性は、飯島の当時の交際相手についても告白する。 飯島は中学校の男子から1番人気があったそうで、 「お付き合いしていたのが、ウチの中学でNo1のヤツ」といい、彼女が番長と付き合っていたことを明かしたのだ。 その番長ともめるたび、飯島は幼なじみの男性の家に行きご飯を食べていたことも明かされた。 VTRを見守っていた飯島は、口を押さえて苦笑いしていた。 以下、2chの反応.

次の

飯島直子 サバ読み告白がヤバい!3サイズは適当だった?昔の画像、動画は?

飯島直子昔

スポンサーリンク 出典: 出典: 個人的に私の中では飯島直子さんは胸が大きいからか、癒し系のイメージがあったのですが、若い頃は時代もありちょっとメイクが濃い目なような気がします。 飯島直子さんクラスになればスッピンでも十分お綺麗なことと思います。 飯島直子の若い頃はヤンキーだった 出典: 飯島直子さんが若い頃はヤンキーだったことは結構有名な話しですよね。 明石家さんまさんもおっしゃっていましたが、「若い頃の写真持ってきてって言ったら、見事にヤンキー姿の写真しかなかった」と。 そんな飯島直子さんのヤンキー時代の武勇伝をご紹介していきます。 飯島直子のヤンキー時代の彼氏は学校の番長 出典: 飯島直子さんは学生時代、学校で一番人気があったそうです。 そりゃあそうですよね、あれだけの美人さん、学校に一人いるかいないかです。 そして飯島さんとお付き合いしていたのが、学校の番長だったそう。 スポンサーリンク 番長クラスになると、連れて歩く彼女も綺麗でなければ周りも一目置かないでしょう。 学校で一番同士がお付き合いするという自然な形だったのかもしれません。 特に時代はヤンキーがモテる時代でした。 そしてこの時の番長なのかは分かりませんが、飯島直子さんがデートの約束していた彼氏が、その前日に少年院に入っていたという伝説もありました。 飯島直子は若い頃、ホストにはまっていた? 出典: 実は飯島直子さんは一時期ホストとお付き合いしていたことがあったそうです。 そのお相手のホストは13歳年下の「オンリー優」という名前で活動しています。 オンリー優さんはとても人気のあるホストだったようですが、芸能人である飯島直子さんまでも虜にした天性の女たらし。 ですが頑張ればあんな綺麗な女優さんとお付き合い出来るという、他のホストに夢を与えたのではないかと思います。 何でも飯島さんがホストにハマったのは、一回目の離婚をした際のこと。 寂しさを紛らわせるためだったのかもしれません。 そして飯島さんはオンリー優さんに貢いだとされています。 例えば 「2億5000万円する港区の高級タワーマンション」だったり、 「新車のメルセデスベンツ」だったりします。 その上 「バーやブディックの開店資金」も飯島さんが貢いだと言われています。 飯島直子の若い頃と現在を比較 出典: 若い頃はやんちゃもして色々な経験をしてきた飯島直子さんも今では一流の女優さんです。 それも主役クラスの女優さん。 年を重ね、色々なことを寛大に受け止めることが出来るようになったようです。 そんな飯島直子さんがいい女となった過程を若い頃の画像と現在の画像で比較してみました。 出典: 出典: やはりデビュー当時はヤンキーの雰囲気が残っていますが、現在は落ち着いたしっとりとした大人な女性になっていますね。 だから小泉今日子さんに可愛がられたり、工藤静香さんからは「姉御」と親しまれたりしているのでしょう。

次の

井川遥の昔の写真(画像)がヤバい!際どすぎるグラビア水着姿に驚愕!【必見】

飯島直子昔

女優として活躍の 飯島直子さん。 1968年生まれで、 出身地は神奈川県横浜市港北区。 実家は、「あい美容室」という名前で美容院を経営しており(現在はお姉さんが継いでいるそうです)、飯島直子さんも高校時代に通信教育で美容師免許を取得。 すでに10歳の頃から実家の美容室で、シャンプーやロット巻きの手伝いなどで、働いていたんだそう。 昔、飯島直子さんに髪をセットしてもらった方、どのくらいいらっしゃるのでしょうか? 夢のような出来事ですよね。 高校卒業後、喫茶店で1年ほどアルバイトをされていますが、アルバイトをしているお店でスカウトされ、19歳の頃にモデルデビューし、芸能界入りしました。 もくじ• 飯島直子の現在の旦那は? 飯島直子さんは2012年に、 現在の 旦那様と結婚しています。 旦那様は一般人で、不動産会社を経営されている方で、ご実家は山梨県で創業200年という老舗の旅館を営んでいます。 旅館が多忙な時期には、旦那様と飯島直子さんが旅館のお手伝いに行くこともあるそうです。 旅館で飯島直子さんに接客してもらえるなんて、箔が付きますね~(笑)。 二人の出会いは2009年に飯島直子さんの行きつけのBARに旦那様も通っていたようで、BARのママからの紹介だったそうです。 旦那様の方は結婚前提ですぐに交際を申し込んだそうですが、飯島さんの方は一度バツイチということもあり、慎重になったのでしょうか、始めは交際を断り、友人のひとりとして交際をしていたそうです。 大人の恋愛にしては、しっかりと交際期間3年を経ての結婚となりました。 旦那様は、お笑いタレントの山口智充(やまぐちともみつ)さんに似ているそうで、「ぐっさん」と呼んでいるそうです。 2019年頃に、旦那様の不倫報道がありました。 飯島の夫O氏が不倫相手に猛烈アプローチの末、交際がスタートしたのだという。 O氏の兄嫁は「何かの間違い」と信じられない様子 — エキサイトニュース ExciteJapan 不倫相手とされるのは、舞台女優として活躍の 平塚真由さん。 「平塚真由」女優には花が似合う。 — うめ umekit 報道時、すでに1年ほど不倫しているという話が見られました。 この報道について旦那様の実姉に記者がインタビューしたところ、「旅館にくると嫁(飯島直子さん)自慢をしており、パジャマもお揃いでラブラブ」という趣旨のコメントをされていました。 舞台女優との出会いについては、名前が売れる前は食べるものに困るほど収入がないので、夫婦で舞台俳優に差し入れをしたこともある。 との答え。 飯島直子さんの旦那様は料理が得意で、飯島直子さんが後から帰宅すると、食事を作って待っていてくれる事もあるという愛妻家。 一時の迷いはあったの分かりませんが、今後は夫婦円満に影を差すような疑われる行動は慎んで欲しいですね。 昔の写真! 今も変わらぬ愛らしさ、美しさを保たれている飯島直子さんに「 昔」という言葉を使うのは失礼かなとおもいましたが、気づけば年齢は50歳を過ぎていたのですね!? 驚きです…。 20歳の頃は着物モデルをしており、1990年に行われた「カネボウ水着キャンペーンガール」でグランプリを獲得後、水着を着てのお仕事が激増したそうです(笑)。 飯島直子さんと言えば、大手飲料メーカーコカ・コーラの「ジョージア」のCMに起用され、「元祖癒し系タレント」という異名をお持ちです。 ジョージアのキャンペーンの一つであった、「がんばってコート」の応募数が ギネス記録になっているほどの人気を博しました。 現在CMを拝見しても、とっても心が癒されますね~。 <ads by Rakuten> 前田亘輝の子供は? 飯島直子さんは、1997年に歌手の(まえだのぶてる)さんと結婚。 他にも、前田さんの女性関係や金銭感覚といわれていますが、後に飯島直子さんは「私が幼かったから。 」と離婚理由についてコメントされています。 結婚期間はおよそ4年ほどですが、前田亘輝さんとの間に 子供は授かっていません。 再婚された旦那様との間にも子供はいませんが、姉の子供(姪っ子)を溺愛しているという話です。 年齢サバ読み? 芸能界の一部であるあるな話題ですが、飯島直子さんの名前を検索すると「年齢サバ読み」という関連ワードが見られます。 ま、まさか、飯島直子さんに限って、と思い調べてみましたら、何かしら公式プロフィールを偽ったわけではありませんでした。 飯島直子さんのファンならご存知かと思いますが、お誕生日がなんと、2月29日の「うるう年」なんですね~。 うるう年で年齢を換算してしまうと、年齢はまだ10歳代の半ば。 かなりの年齢サバ読みですね…(笑)。 暦上では、誕生日が4年に1回しか来ないことになってしまいますが、2月29日生まれの人も、もちろん1年ごとに年齢が増えます。 「年齢計算ニ関スル法律」で は、生まれた翌年以降は、誕生日の前日が終わった時点で1歳加算することとなっています。 ということで、2月29日生まれの人は、2月28日午後12時をもって1歳年をとることになるそうです。 うるう年は特別に2月28日か3月1日として役所へ届けることもできるようです。 飯島直子さんや高嶋ちさ子さんが「うるう年生まれ」だったなんて、なんだか本当に特別な星の元に生まれた感がありますね~。 今回はここまでです。 これからも、飯島直子さんの活躍を期待しています。

次の