ハガレン ホーエンハイム。 「鋼の錬金術師」アニメの2期もおもしろかった【レビュー】

ヴァン・ホーエンハイム

ハガレン ホーエンハイム

パラケルススとは不可能と言われた 【不老長寿の秘薬】【人口生命(ホムンクルス)】【金や銀】 などを合成出来たと言われている ルネサンス初期の錬金術士です。 ホムンクルスと言えば鋼の錬金術師のなかでは フラスコ内で誕生した事になっていますね。 あれもパラケルススの影響なのです。 ホムンクルスの合成法とは? ホムンクルスは人間の精液をうまの子宮で40週間育成する事により生まれると言われています。 実際に生まれたホムンクルスは人間よりも少し小さかったようです。 パラケルススは自分自身の精液を使い、 第1号のホムンクルスを作ったと言われています。 彼の合成したホムンクルスには魂も肉体もあるのですから、 パラケルススは正に錬金術を極めた男と言えるでしょう。 photo credit: via パラケルススの錬金術の考え方 パラケルススの考え方は一般的に言われている事とは少し違い、 【すべての現象は三元素で出来ている】と言う考えが根底にあります。 この三元素とは 【硫黄】【水銀】【塩】の3つです。 この元素の合成を調整すれば鉛や銅から金や銀を合成する事が出来ると主張していました。 ただ、それには 【賢者の石】の力が必要で、 それを所有していたパラケルススだけがこの合成をなせると言えます。 賢者の石が鋼の錬金術師で言われているように、 人の魂を材料としているかどうかは分かりません。 それにしても錬金術士パラケルススは 一体どうしてそのような身に進んで行ったのでしょうか? 錬金術師になる方法 パラケルススは元々医師として活躍していました。 鋼の錬金術士のホーエンハイムは元々奴隷でしたが、 その辺りは違いますね。 パラケルススは自尊心が高く、ルネサンス初期に医学会を牛耳っていたガレノスに対して嫌悪感を頂き反抗的な態度をとっていました。 ヴァン・ホーエンハイムの自尊心の高さ、反抗心が伺えるのではないでしょうか? Sponsored Links そんなパラケルススを嫌って医学会は彼を追放してしまいます。 パラケルススは追放され、放浪のみになると ヨーロッパを西から東まで、そして中東まで旅をしながら研究を重ね 各地の知識を取り入れる事で錬金術師としての見識を高めて行ったのです。 医学会を追放された事が、錬金術師としてのパラケルススに幸いしたと言えそうですね。 前述した三元素理論も研究の賜物なのです。 パラケルススことヴァン・ホーエンハイムが 鋼の錬金術師のモデルである事は納得していた気高と思います。 では少し今回お伝えした事をまとめてみたいと思います。 鋼の錬金術師のモデルになった男のまとめ 今回【鋼の錬金術師のモデルとなった男】についてお伝えした事は• モデルになった人物:パラケルスス(ヴォン・ホーエンハイム)ルネサンス初期• 業績:金、銀の錬成。 ホムンクルス(人工生命)の錬成。 不老長寿の薬の合成。 経歴:医師だったが追放され各地を旅して錬金術を極めた でした。 これを知った上でもう一度鋼の錬金術師が読みたくなってきました。 マスタングやアームストロング(姉)も超カッコいいですよね。 また、ホーエンハイムもどんなに恐ろしい男かと思っていましたが、 正義のヒーローではありませんか! 父として子を思う気持ちに心を打たれましたし、 グリードが死んで行く場面もすごく感動しました。 鋼の錬金術師はストーリーに矛盾がなく、 1〜10までキレイにまとまった良い作品ですよね。 実はアルフォンスのモデルも存在していたんですよ?.

次の

【鋼の錬金術師】強さランキング!錬金術師vs人造人間、最強の称号は誰の手に?【鋼の錬金術師】

ハガレン ホーエンハイム

イズミは元々相手の力を利用して攻撃するタイプなのでそれまではどちらも動けずでしょう。 スカーは厳しい修練を積んだ武僧なのに対して兄者はただの一般人。 イシュヴァールの武僧は一人でアメストリス軍人の10人分の強さだそうです。 エロい格好ということは丸腰で武器は携帯してないってことですよね。 ならホークアイに勝ち目はありません。 それが軍人です。 部下が焼き尽くすに値する裏切り行為を働けば別で。 個人的にはホーエンハイムが相応しいかと。 エドと出会う機会もないでしょうし。 あの髪と目の色はクセルクセスの生き残りのホーエンハイムの子供だからこそ。 さらにエドなんかは見た目も父親似ですしね。 錬金術関連の書物もないので錬金術師にもなっていないでしょう。 国家錬金術師がどちらであるかが変わるだけで目的は変わりませんから。 スタートはかなり遅くなりますが。 ただ、エドとアルは普通レベルの錬金術師に収まってしまうでしょうけど。 母親を生き返らせたい一心で辛い修行にも耐えたので。 真理なので色々悟っていそうだから。

次の

ヴァン・ホーエンハイムの名言・名セリフ|鋼の錬金術師名言集

ハガレン ホーエンハイム

ホーエンハイム ハガレンの主人公はエドワード・エルリック。 しかしながら、 ハガレンはエドの父であるホーエンハイムの物語でもあると思うわけです。 フラスコの中の小人「ホムンクルス」によって体内に賢者の石を内包したホーエンハイム。 彼の無限とも思える長い人生の中での苦悩や悲しみ、喜びや幸福こそがハガレンという物語の魅力なわけです。 そういう意味で、 ホーエンハイムの物語を堪能できるのは1期より2期だと思います。 個人的な感想ですが、 1期のホーエンハイムは設定の変更のため単なる浮気性の男にしか見えない。 正直あんまりかっこいいとは思えないんですよね。 それに対して2期のホーエンハイムはほんとかっこいい。 化け物だなんて、そんな言葉で自分を傷つけないで ハガレンにはたくさんの名シーンがあります。 そしてホーエンハイムの名シーンでよく挙がるのが墓石の前で亡くなるシーンではないでしょうか。 墓石の前のシーンも個人的に好きなのですが、 ハガレンで一番、ホーエンハイムで一番のシーンは個人的に家族で写真を撮るシーン。 ホーエンハイムとトリシャが家族写真を撮るまでのやりとりはすっごく感動します。 自分だけ歳を取らないホーエンハイム。 歳をとっていく家族を見て、自分を化け物だと自嘲する。 子供が成長していく姿を見るのは親ならだれでも感慨深いものです。 その感慨深さの中で、「歳をとっていくのも悪くないな」と思えるのも親の醍醐味なのではないでしょうか。 ホーエンハイムはその「愛している人と一緒に歳をとっていく幸せ」を失っていたわけですね。 そんなホーエンハイムはきっと孤独で、トリシャと結婚してもその孤独はぬぐい切れていなかったと思います。 けれど、あの家族写真を撮ってから、彼の人生の時間は動き出したのではないでしょうか。 トリシャという女性はほんとにすごい女性ですね。

次の