大人っぽい髪型 ミディアム。 今日の髪型可愛いね。ミディアムの簡単ヘアアレンジで可愛いを格上げ

大人っぽい髪型|ショート・ボブ・ミディアム・ロングの、前髪があってもクールなスタイル

大人っぽい髪型 ミディアム

大人可愛いさや色っぽさを叶えるヘアスタイルを、髪の長さ別にまとめました。 童顔や丸顔におすすめのヘアスタイルもご紹介。 大人っぽさも可愛さも自由自在の2WAYスタイルも必見です! 【目次】 ・ ・ ・ ・ 子どもっぽくならないショートヘア 長め前髪のマッシュショート 女性らしく、大人っぽい雰囲気を目指すならマッシュショートがおすすめ! 長めの前髪からサイドにかけて、顔まわりをマッシュラインでカットします。 トップにはレイヤーを入れて、襟足はタイトに。 毛先をソフトな質感にするために、レザー(カミソリ)でカットします。 カラーは、ややくすみのあるベージュブラウンで、赤みを消しつつ、透明感のある9トーンのフォギーベージュで。 サイドはリップラインの長さで前下がりにカット。 前髪は、下ろすことも流すこともできる長さにして扱いやすくしています。 サイドとの繋がりはやや長さを残しつつ、黒目と黒目の間を軽くすることで今っぽいバングに。 カラーは8レベルのフォギーベージュのベース。 表面に入れた13レベルのハイライトがアクセントとなって、立体感をつくります。 スッキリと耳にかけて大人っぽく。 ストレートタッチのショートボブ 前下がりのグラデーションボブがベース。 前下がりが強調されるとクールなイメージになるので傾斜は緩やかにし、顔まわりの角を削って丸くやわらかい印象にします。 前髪は、眉が見え隠れする長さにカット。 さらっと流すと大人っぽくなります。 カラーは8レベルのウォームブラウン。 ツヤ感がある暖色系で、伸びた時も根元が気にならない明るさと色味です。 スタイリッシュショート 前下がりのショートベース。 襟足は、浮かないギリギリの長さにカットします。 トップには動きがつくようにレイヤーを。 毛先はドライ&スライドカットで毛先をシュッと先細りにし、束感が出るように軽くします。 前髪は、流した時に目の下になるようにカット。 カラーは、7レベルのブラウンベージュ。 暗めの色味でも透明感があるので、重さを感じさせず、大人っぽい印象になります。 また、日本人特有のオレンジ・赤味を抑えて、ツヤ感を生むカラーです。 大人モードなマッシュショート 前髪は、目の上ギリギリの長さにカット。 サイドバング・顔まわり・サイドを前上がりでつなげたマッシュスタイルです。 襟足は短めにカットして、レイヤーを入れ、キュッとタイトなシルエットに。 耳上はグラデーションでカットして、前髪からサイドにかけて重みを残します。 カラーは、6トーンのフォギーベージュ。 赤みを抑え、髪に柔らかい質感と透明感を与えます。 大人っぽい前髪のポイントをおさえたボブ 小顔見せが叶う輪郭矯正ボブ 肩に触れるぐらいの長さで、やや前下がりにカット。 基本はワンレングスですが、顔まわりと表面に軽くレイヤーを入れて、毛先に動きをつくります。 前髪は、すき間ができるように薄めにとって、目の上で毛先が流れるようにカット。 顔型をカバーしつつ、カジュアルでかわいい大人ボブです。 カラーは好感度の高い9トーンのアッシュベージュ。 軽やかに動いて見えるように、ところどころハイライトを入れます。 ハイライトは明るくしすぎず、ベースのカラーとなじませるのがポイント。 トップと顔まわりに、軽さと動きを出すレイヤーを入れます。 前髪は、目にかかるくらいの長さにカット。 厚みがあると幼く見えてしまうので、三角ベースで浅めにとり、スライドカット&チョップカットで毛量調整します。 透け感をつくることで、大人っぽい雰囲気に。 カラーは、9レベルのアッシュベージュ。 トレンドカラーのベージュとアッシュがミックスされて、適度に髪の赤みをおさえるので、肌がくすまず顔色をキレイに見せてくれるカラーです。 外ハネカジュアルボブ 肩上でカットし、サイドのハチ上からバックにかけてレイヤーを入れます。 顔まわりも頬ラインからしっかりとレイヤーを入れますが、裾はあえて重たさを残すのが、今っぽいレイヤースタイルの鉄則です。 前髪は眉上で薄めにカットしてから、隙間を作るセニングカットで毛量調整を。 カラーは、7トーンのピンクバイオレットでしっとりツヤ感に。 アッシュなど寒色にせず暖色にすることで、カジュアルなボブでも落ち着いた大人っぽい印象になります。 骨格カバー&小頭効果のニュアンスボブ ベースは、鎖骨にかかる長さでやや前下がりにカット。 顔まわりにのみ、後ろに流れるレイヤーを入れます。 前髪は、サイドと同じ長さにせず、鼻先くらいの長さでカット。 カラーは、6レベルのフォギーベージュ。 フォギーベージュは、無彩色のグレーに近いベージュカラーで、赤みを打ち消し、光に透けたような透明感をアップさせます。 エアリーな動きのあるボブスタイルは、ナチュラルで大人っぽい洗練されたイメージに。 丸顔に似合うくびれシルエット 全体の髪を間引くようにレイヤーを入れて、前髪は薄めにつくります。 毛先はアイロンで外ハネにして、ハチ上は縦巻きに。 くびれのあるシルエットで、大人めなこなれ感を。 ナチュラルな空気感が魅力の愛されボブ ベースはやや前下がりのワンレングスでカット。 トップと顔まわりの耳上にレイヤーを入れることで、ボリュームが出て扱いやすくなります。 前髪は黒目と黒目の間と額の中心をつなぐ三角形部分を薄くつくり、大人でもこなせるシースルーバングに。 カラーは10レベルのシフォンベージュ。 ベージュにアッシュを加え、赤みを抑えて透明感のある色に仕上がります。 ミディアムの大人かわいいスタイル うざバング&ナチュラルな外ハネで、抜け感と大人の女っぽさを ベースは、自然と落ちた時に肩にかかる長さでカットします。 顔まわりからハイレイヤーを入れて、全体的に軽やかな仕上がりに。 目にかかる長めの前髪は、流れるようにカットし、チラッとおでこが見えるように調整します。 軽やかな前髪がと大人っぽさを演出。 カラーは10トーンのカーキベージュ。 柔らかい印象の色味です。 ハイライトのオンカラーにより、軽さと動きのあるスタイルに。 毛先の大きめワンカールが大人っぽいスタイル 全体は、肩に触れて動きが出やすい鎖骨下2cmのワンレンベース。 前髪のいちばん短い所を眉上2cmに設定します。 毛先を間引くようにアシメトリーにカット。 逆サイドは耳につながるようなめらかにカットすると、耳にかけてもキレイなシルエットに。 透けバング&ラフな空気感で女性らしく やや前下がりのロブスタイルにカットします。 顔まわりからレイヤーを入れて、リバースの毛流れをつくることで小頭効果が。 前髪は浅めにつくり、両サイドを少し長めにカットしたら、おでこが多少透けるように調整して大人っぽく。 カラーは、6レベルのフォギーベージュに、黄色を打ち消すバイオレットを少量ミックス。 ダークな色でもベージュ系統なら重くならず、バイオレットを加えることで、よりツヤ感のある仕上がりに。 すっきり小顔&トレンド感のくびれミディ 鎖骨下でカットし、顔まわりはあご下からレイヤーを入れます。 裾はスカスカにせず、内側の毛束に重たさを残すのが今っぽいレイヤーの鉄則! 表面にも軽くレイヤーを入れます。 前髪を重たくすると幼く見えるので軽めに取り、流したとき目の上にくるようにカットします。 カラーは6トーンのブラウンベース。 光に当たると透けて見えるアッシュをプラスして、透明感と軽やかさを出します。 髪型がカジュアルな分、オフィスでもOKな髪色で落ち着かせると大人っぽい印象に。 幼な顔が大人っぽく!パッツンと切りそろえたミディアムヘア 毛先を直線的に切りそろえて強いインパクトをオン。 肩や鎖骨に当たってうねる長さにして、強さをオフ。 長めのシースルーバングでアンニュイな雰囲気をつくります。 ハイ&ローライトを自然にきかせて、立体感をプラス! 鎖骨でハネるラフなゆるふわヘア 鎖骨や肩にあたってハネるように、鎖骨より2〜3㎝長めにベースをカットします。 前上がりのローレイヤーベースで、毛の断面が細くならないよう厚みを残してカット。 ふわっとした動きが出るように顔まわりと毛先にレイヤーを入れます。 前髪は目の上ギリギリで、隙間ができるよう薄めにカット。 こめかみ部分は長めにしてサイドとつなげ、小顔効果を狙って。 カラーは9トーンのフォギーアッシュ。 くすみ過ぎずツヤのあるアッシュで、肌の色や瞳をキレイに見せます。 ラフで自然体なおしゃれフェミニン アウトラインは胸上くらいの長さ。 襟足〜サイド・顔まわりにレイヤーを入れ、動きがしっかり出るようにカット。 さらに、軽さ+動きが出やすいように表面にもレイヤーを入れます。 前髪は、フロントを目の上ギリギリの長さでカット。 サイドとつながるラインはやや長さを残し、自然に繋げます。 適度な重さを残すため、毛先にはセニングを入れずに、スカスカにならないよう毛量調整をします。 カラーは、8トーンのアッシュグレージュ。 赤みを抑え、透明感と柔らかい質感に仕上がります。 2WAYで楽しめるスタイルです。 2.分け目をつけたい箇所の根元からドライヤーで乾かし、手ぐしをとおしながら新しいクセをつけます。 3.直毛の人は、中間から毛先をアイロンで外巻きにします。 毛束は一気に巻いてOK! 長めの流し前髪でクールな色気を 4.分け目を戻して、短い前髪はセット力のあるメンズ用ワックスでおさえます。 毛束をくっつけるイメージで。 5.2で作った分けめにして、長めの髪を上からかぶせるようにしながら手ぐしを通し、整えて完成! 大人っぽくてナチュラルなこなれ感たっぷりのローレイヤー ベースはゆるやかな前上がりでカット。 顔まわりにはローレイヤーを入れ、自然と髪がまとまるようにカットします。 前髪は目にかかる長さを残して、おでこが透けるように調整を。 重さがありながら、10トーンの明るいカラーとのコンビネーションで、軽さを感じられるスタイルに。 また、ミルキーグレージュは、抜け感と透明感のある色味で、ツヤ感もあり女性らしさをプラスします。 ふんわりとしたニュアンスの大人かわいいスタイル ベースの長さはあまり変えず、やや前上がりにワンレングスでカット。 こめかみ部分にレイヤーを入れてつなぎ、軽さと動きを出します。 厚みのある前髪は、右に流れるようにカットして、すき間が出るように調整を。 9トーンのシフォンベージュは、赤みを打ち消し、柔らかい髪質感をもたらすカラーです。 ほんのり色っぽロングヘア 黒目と黒目の間の毛を薄くとり、目の上ギリギリでカット。 サイドは頰ラインでカットして流します。 前髪の根元を起こすようにドライしてから、軽く巻いて透け感を調整。 隙間のある透け感バングは幼くなりすぎず、大人っぽさや色気も演出します。

次の

トガってないのが大人っぽい。ツンツンさせないショートヘア実例|OCEANS オーシャンズウェブ

大人っぽい髪型 ミディアム

童顔に似合う大人っぽい髪型のロングの3つ目は内巻きロングパーマとセンターパートです。 ロングでも毛先のみ内巻きにすると大人っぽ感がとても出ます。 しかもミックス巻きやウェーブの時よりもおしとやかな色気を感じさせるので、日本美人な仕上がりになるでしょう。 また、前髪をセンターパートにすることでより大人っぽさが増します。 毛先だけロングを巻くのはちょっと大変かもしれませんが、是非試してみて下さい! 童顔を生かした大人っぽいメイクのコツはこちら 大人っぽく見えるためにシャドウの色味は暗めにすること 大人っぽく見えるためにするメイクのコツの1つ目は、シャドウの色味は暗めにすることです。 ピンクだと人によっては腫れぼったく、オレンジだとカジュアルに見えることが多いので、暗めな色味のグレーやブラウンを使うと目元がしまって大人っぽい仕上がりになるでしょう。 丁寧に鏡と向き合いながらメイクをして下さいね。 大人っぽく見えるためにボリュームよりもロングを意識したマスカラメイク 大人っぽく見えるためにするメイクのコツの2つ目は、マスカラのタイプをロングにすることです。 ボリュームタイプだと目元は大きく華やかに見えますが、ダマになったりケバくなったりしがちですので、ここでは品が見え隠れするロングマスカラをプッシュします。 重ねてまつげ一本一本を長く綺麗に見せてあげて下さい。 自分の顔の魅力を生かすメイクを心がける 大人っぽく見えるためにするメイクのコツの3つ目は、なんといっても自分の顔の魅力を知り、その魅力を生かすメイクをすることです。 個性は誰にもありますから、まず鏡の前で自分の良さを見つけましょう。 例えば骨格が骨ばっている人はシャープな印象を生かして大人っぽく見せるためにポイントメイクは控えめにするだとか、鼻筋がすっと通っていて綺麗な方は鼻を綺麗に見せるメイクをしてみるだとか、そのようなことです。 童顔に似合う髪型の紹介!童顔にも似合うメイクや黒髪ヘアスタイル達でした この記事では、童顔に似合う髪型の紹介をしました。 ショートヘアやボブ、ミディアムやロングという髪の長さに分けて大人っぽく見えるヘアスタイルを紹介しました。 また、大人っぽく見えるメイクのコツもお伝えしたので、是非参考にしてみて下さいね。 最後に、ショートカットやボブスタイルの方にはとても参考になりそうな関連記事を紹介しますので、こちらも読まれてみて下さいね。 ワックスやスタイリング剤も研究してみて下さい。 それでは!.

次の

大人っぽい髪型|ショート・ボブ・ミディアム・ロングの、前髪があってもクールなスタイル

大人っぽい髪型 ミディアム

ミディアムヘアは、レイヤーを入れると大人っぽさがグッと増す 肩にかかるくらいの絶妙な長さが大人っぽいミディアムヘアスタイル。 大人女子のあいだで密かに人気の ミディアムレイヤースタイルについて、魅力をぎゅっとご紹介していきます。 髪全体に軽さが出るので、内巻きに軽くブローをしただけで髪型がまとまりやすくなります。 首元にくびれるようにレイヤーを入れることで、ストレートヘアでもスタイリングばっちり。 前髪や顔まわりは重ために残して、ちょっぴりアンニュイ雰囲気に仕上げると今どきなおしゃれヘアに。 髪の表面に軽めにレイヤーを入れるだけで、のっぺりしがちなストレートヘアが、おしゃれな立体的シルエットに。 巻き髪やパーマなら、ミディアムレイヤーが華やかな印象に ミディアムレイヤーにパーマをかければ、くせ毛風のおしゃれなニュアンスヘアに早変わり。 鎖骨あたりの絶妙な髪の長さと、空気感のあるレイヤースタイルで、巻き髪でもキツく見えることなくこなれた雰囲気に。 ミディアムレイヤーにパーマをONすれば、黒髪でも抜け感たっぷりのヘアスタイルに。 レイヤーを入れているので髪に自然な動きをつけやすく、ほつれるような無造作ウェーブが黒髪をやわらかい髪質に見せてくれます。 コテを使ってミディアムレイヤーを軽く巻くと、雰囲気がガラリと変わる。 立体的なシルエットと、ハネるように風になびく自然体な巻き髪で、ストレートヘアとは違ったヘルシーで華やかな印象に。 明るめヘアカラーのミディアムレイヤーで、透明感を手に入れる 明るめのヘアカラーにすれば、透明感がさらに増す。 レイヤーを入れた部分に光が差し込んで、髪質はもちろん雰囲気までやわらかく見せてくれます。 ベージュカラーで透明感をプラスしたミディアムレイヤースタイル。 ミディアムレイヤーで大人っぽい雰囲気をしっかりキープしているので、前髪ありでも子どもっぽくならない。 ミディアムヘアにレイヤーを入れて、髪型のボリュームを抑えつつ動きをつけてあげれば、暗い髪色でも空気感のある軽やかな仕上がりに。 黒髪のミディアムスタイルは、レイヤーを入れることで束感が際立つので髪型におしゃれな抜け感が生まれます。 シンプルなデニムコーデによく映えて驚くほどおしゃれに着こなせますよ。 甘めな雰囲気が好みの女子にもミディアムレイヤーはおすすめ。 毛先を軽めにしたり、顔周りにレイヤーを入れるだけで、こなれ感のある大人っぽい雰囲気になるので驚き。

次の