農家嫁えだまめ。 枝豆のゆで方・ためしてガッテン

農家の長男(後継ぎ)の嫁になる前に知っておくべきこと

農家嫁えだまめ

農家に嫁ぎ、最近離婚しました。 結構無理な生活を強いられて身体を壊し、心療内科の医者からしばらく実家に帰るなりして休まないと本当に何もできなくなってからでは遅いと言われ、断りをいれ て実家に帰ることにしました。 次男だったので同居ではなく、結婚する時に、手伝いはしなくて良いから仕事は続けてくれ。 家事も協力するから残業もあるならしてほしいと旦那に言われ、毎日10から12時間働き、片道2時間かけて通いましたが、家事の手伝いは愚か、労いの言葉などなく、もう少し協力してくれないかと話したら、手伝うことはできるけど、そしたらお前はいらねーな。 などと言われる始末でした。 また、言い返したり意見を言ったりすると、嫁の分際で!と言われ、それをかなり悪い方向に誇張して義母や、女友達に愚痴っていたようで(口ばかりで何もやらないダメ嫁だとか)、周りから責められました。 もっとあの子を大事にしてあげてよ!と。 精一杯尽くしてきたつもりでしたが、そういった周りからの囲い見込みもあり、限界でした。 田舎ですし、体裁を気にする部分はあったと思いますが、人前で良い嫁を演じてさえくれれば良いといったニュアンスのことを言われ、自分の夫ながら最低だと思ってしまいました。 1年暮らし、半年別居したのちに離婚が成立しましたが、のちに農家の知人数人に話をしたら、ザ、昔の農家って感じだね。 と皆に言われ、子供がいないうちに抜け出せて良かったねと言われました。 よく、農家は嫁不足だという話を聞くのですが、この男尊女卑的な時代錯誤か考えが強い為なのでしょうか? もちろんそうでない農家さんも沢山いらっしゃると思いますが お疲れ様でした。 もう、十分に嫁として務められましたので後はご自分の意志のとおりになさいな。 いまでも、田舎とはそんなもんです。 私はその田舎に住んでますのでよく分かります。 本当に全く昔と変わらないと思います。 これが日本の田舎の実態です。 どうか、これから田舎に住もうとか嫁ごうとかする人はよくよく調べてからにしてください。 本当は調べるってことはいけないことですが、自分の将来が掛かってるのです。 自分は頑張ろうとすればするほど、ドツボにはまることは往々のしてあるのでです。 どうか、若い皆さんは大人の甘言に惑わされず、しっかりとした目で田舎を見てください。 テレビの田舎暮らしが放送されますがこれは脚本されてるか本当に希の中の稀であると認識してください。 この平成も27年になるのですが昭和の世界が日本ではいまだにあるのですよ。 私は田舎の山奥に嫁ぎました。 農業も林業もありますが、私は出来ません。 夫は「農業も林業も辞める」と言いました。 それもそうですよ。 夫はサラリーマンをやりながら休日に農業なんですから身体がもちませんよね。 全て放棄です。 (笑) 田んぼも畑も人に貸してますよ。 それも無料で、、。 (笑) あなたが嫁いだ農家はそれが収入になる大きい農家さんなんでしょうね。 私の夫は農家で生計を立てる気持ちがサラサラない人ですから放棄できたのかもしれません。 「私たちの老後でお金が足りなかったら土地を売りとばしてほしいわ~~」と夫に話したら「全部売れば良い!」と言うんですよ。 夫の実家には姑がいますが、「俺たちの老後にババアはこの世にいないから、いらない土地なんか売り飛ばせば良いんだ~~!!」と言うんです。 もはや笑うしかありません。 あなたはお見合い結婚だったんですか? 田舎なので私も体裁は気にします。 近所付き合いを大事にしています。 でも私たち夫婦は田んぼの維持が本当に無理だったんです。 出来る訳ないんですよ。 JAから稲の苗を購入して1日何度も水撒きしないといけない。 稲を植えるにも機械なら早いですがJAに頼めばまたお金が掛かる仕組みになっているんです。 お米はスーパーで買う方が安いくらいなんです。 農業は「薄利」ですよ。 生活が出来ません。 売れればギャンブルみたいな職業だと思います。 漁業も同じかもしれませんね。

次の

農家に嫁ぎ、最近離婚しました。

農家嫁えだまめ

Contents• 農家が減少してきた原因 若者は、働き口を農業から会社勤めに方向転換し、農家に留まろうとしなかった。 それは、農業が嫌いじゃなくて「好きになれなかった!」からです。 それで農家から離れて行きました。 その原因としては、• 稲作農家の収入は年に1度だけ、会社勤めは安定した収入が得られる。 農業では予期せぬこと(台風・洪水・異常天候)があり収入が安定しない。 会社に勤めれば毎月に決まった給与が得られる。 農業は働く時の格好が悪い(服装がダサい)し、仕事は重労働で働く時間も一定でない。 会社勤めは小綺麗な服装で通勤し、労働時間・休日まで決まっている。 農業は政府に庇護されている部分が目立ち、独自性の経営が成り立って無い感じがする。 これが現代の若者が持っている農業へのイメージではないでしょうか? 農業は「3Kエメージ」に洗脳され、働き場所を都会に求めて農家生まれの方たちが、村に留まることなく都会へと流出したことが、農家減少の最大の原因と言えます。 これが現代農家だ! 前述の原因に対抗するようになりますが、これから現代農家の真実を申し上げます。 農家を営む現代人は、「昔の農家」のイメージを完全に払拭して、次のような生活に変わっています。 農家の収入• 稲作にソバ・野菜を加え、多品目を栽培する農家が育っています。 それぞれの農産物栽培時期や収穫時期に労働力が集中しない様にし災害リスクも分散可能な多品目を栽培した。 収穫時期が異なれば、収入も出荷した品目ごとに分けて得られます。 栽培している野菜・果実などの収入は、収穫季節や出荷回数・出荷量ごとにありますので、会社勤めのように月一回の収入に限定されていません。 異常天候対策も充分に考えています。 ビニールハウスは頑丈な素材を使用し、稲作でも用排水路施設の改修や管理が行き届き、大雨・洪水対策も充分に施されています。 最近は高品質の加工食品にも幅を広げ、正に多角的な経営を実施しています。 作業スタイル• 服装に関しては、マスメディアが農村ストーリーを面白おかしくするために「農家の服装」に固定イメージを作った。 現代の農業機械には「操縦キャビン・エアコン完備」でネクタイ・スーツでも農作業が平気ですよ。 このように、農家の変貌は留まることなく前進していますが、より大きな進歩には政府の資金援助が必要です。 農業機械化、耕地整備と水路の再整備、加工施設の建設等に多額の資金援助は必要不可欠です。 政府の資金貸付制度もありますが、ハードルが高く・シバリも多くて容易に利用することが出来ないのが現状です。 「絵に描いた餅」の状態を痛切に感じてますので、もう少しハードルを低く設定して頂ければ幸いです。 農家で深刻な嫁不足の理由とは? 次に、深刻な嫁不足が農家減少の原因と言われてますが本当にそうでしょうか?当集落の実態を参考に、嫁不足の真実に迫りたいと思います。 農家を引継ぐ 当集落の農業後継者と呼ばれる長男は、学校(大学・高校)を卒業してからサラリーマンを経験してきたのが全員がですよ!。 親たちが農業の現役生だった頃のように、直に農業を引き継いだ者は誰も居ない!。 必ずタイムラグがあって勤めの途中で年老いた親たちに気付いて、ようやく農家に戻り農業と関わった者が殆どです。 こうした事情であっても「嫁さん居ない!」は誰も経験しておりません。 従って、深刻な嫁不足などは見当たりません。 今、なぜ嫁不足? 1)今なぜ農家の嫁不足が叫ばれているのでしょうか?。 他国にある一夫多妻制と違い、日本の農家に於いての嫁不足はありません。 「お嫁さん不足」と言うより、結婚しないことが現代の風潮ではないでしょうか?「嫁来ない・結婚しない」は農家のことではありません!。 今叫ばれている人口減少は、日本全体の深刻な問題となっております。 2)「お嫁さん不足」より結婚しないことで、次世代を担う「子供が見当たらない」方が心配です。 昔の農村集落内には、子供達の騒ぎ声が賑やかに聞こえたものです。 いま、毎日が静に過ぎていくこの異常状態が心配です。 町内に於いても新入学生は毎年減少し、複式学級が増加して学校の存続そのものさえ危うくなっています。 「農家に嫁不足の事実は無い!」が結論です。 農家への期待 今は従来の農家から決別して、未知の新しい本当の農家にチャレンジすることが望まれます。 農家への期待は大きく、次のようなものがあります。 1)農家は、日本国民の生命と健康の源を供給している責任を自覚する。 ことで、農産物の栽培・成育、収穫・販売、加工・貯蔵などの一連に自己責任をもてる農家を育てる。 2)自然保護に努め、安易な乱開発や汚染は断じて拒否する。 最近、工場・宅地の誘致が耕作地と隣接して行われ、汚染水路や景観の破壊が危惧される、これ祖阻止するのは農家。 3)農作物の栽培から食までの、「生命を頂く」についての教育を展開する。 食前に手を合わせ「頂きます!」と云うのは、野菜や肉など「生きてたモノの命を頂く!」である。 食事は生命の出発点で、その原点は農業にある。 生産者・消費者が理解することに農家の未来がある。 4)季節ごとに開花する花木を植え集落地全体の美化運動に努める。 これは昔の田舎風景にある山紫水明風光明媚を目標とし国の多面的機能交付金による農村地帯の美化に一翼を担う。 5)子供達の情操教育には自然を多く有する農業が一番適している自覚。 余りにも世の中が開発・発展し便利にはなったが、人間の肝心なものが失われたように感じる。 視覚で空や山、聴覚で鳥の鳴き声、嗅覚で花の香り、触覚、味覚を野菜・果物教えるのに農家に教鞭は不要。 まとめ 今、確かに農家は減少していますが、機械化が進み家族一丸で労働に励んだ時代は終わっているので、昔ほどの労働力(人手)を集中的に確保する必要は無くなりました。 必要なものは、経営や機械操作・器具扱いに慣れた優秀な人材です。 農業には若い者が活躍できる場が開けていますし、求められてもいます。 若者には確実な前途があります。 農家が減少して農業人口が多少減少していっても、機械化装備の現代農業に大きな影響はありません。 農家のお嫁さん不足は事実としては肯定出来ません。 農家の家族全員が揃って農業のみに従事して働く時代が歴史の中にはありました。 農家の嫁さん不足も過去の遺産として知っておくことは大切でしょうが、農家減少の理由に嫁さん不足は当たりません。 むしろ、都会に於いて結婚しない時代が蔓延・持続し、総日本人口の減少傾向が継続して行くことが問題です。 現代農家は、少数精鋭主義で将来を開くことが大事!夢があり大きな楽しみでがあります。 今月の人気記事• 気軽に始めようとした謡曲ですが、稽古初日は落ち着かないまま、緊張と不安が入り混じった状態から始まりました。 お正月のテレビ番組で、能面を付けて金襴の装束を纏っての演技、重厚な声が一つになって響き渡る謡曲、加えて音響効果... 趣味の範囲内で、チョット渋いですが「謡曲」を学ぶことにしました。 少し稽古を重ねて、ようやくそれなりに謡える... 現在の農業を全体的に見渡した時、農業に関わる者の高齢化が進んでいると直感する。 農業高齢化の問題点は、日本国... 「能楽」と聞いただけで、拒否反応を起こす方がいらっしゃるかも知れませんね。 いや、ちょっと待ってください。 最近の投稿• カテゴリー•

次の

嫁不足

農家嫁えだまめ

栽培時期 枝豆の発芽温度は25〜30度、生育適温は20〜25度で、暖かい気候を好み寒さは苦手です。 まだ冷える時期に種まきをする場合は、ビニールでトンネルをかけておきましょう。 早生(わせ)品種は4〜5月に播種(はしゅ)し、収穫までの期間は80〜90日ほどです。 中生(なかて)は5〜6月に播種し、収穫まで90〜110日程度、晩生(おくて)は6〜7月まきで、120日ほどかかります。 晩生品種を早く播種しても葉が茂るだけなので、品種による播種時期をきちんと守って栽培するようにしましょう。 土づくり 土壌pH6. 0を目標に石灰を散布して耕うんしておきます。 それから1週間あけて、元肥を施し畝を立てます。 枝豆には「根粒菌」という微生物が根に寄生して窒素を供給してくれるので、窒素肥料は控えめにしておきましょう。 ただし供給してくれるとは言っても窒素ゼロでは育ちませんので、あくまでやりすぎに注意ということです。 畝の高さは10〜15センチ程度とします。 播種 播種は畑に直まきしてもいいのですが、「ハトマメ」と言われるように、とにかく鳥は豆が大好き。 まさか食べられまいと思っていても、どこからか種まきの様子を見張っていて、人がいなくなるとすかさず食べにやってきます。 そのため苗を作ってから畑に定植した方が鳥害のリスクは少ないでしょう。 また、大豆は栄養豊富な分、土の中で腐りやすいという特徴があります。 大雨にあうと豆が腐って発芽できなくなる恐れがあるのも、移植栽培をおすすめする理由です。 苗作りはセルトレイ、ポット、地床などが利用できます。 直まきの場合 まず土の表面を平らにならし、瓶の底などで深さ2〜3センチのくぼみをつくります。 そこに3〜4粒ずつ種をまき、土をかぶせて、元の面と同じ高さになるようにします。 穴を深くしすぎたり土をかぶせすぎたりすると、発芽に時間がかかりすぎて、豆が腐る確率が高くなってしまいます。 水をかけるときはじょうろの蓮口をつけ、種が水圧で流れてしまわないように優しくかけてあげましょう。 種まき後は必ず防虫ネットを張るか、不織布をべたがけして、鳥よけの対策をしておきます。 苗を作る場合 セルトレイの場合は土をたっぷりとトレイにいれてから、指で2センチくらいのくぼみをつけ1粒ずつ種をまきます。 ポットの場合は3〜4粒まきましょう。 上から土を1~2センチかけて豆が完全に隠れるようにします。 畑で育苗するときは4〜5センチ間隔で均一にばらまきし、平グワで鎮圧してから覆土します。 こちらも忘れずに鳥よけのネットをかけておきましょう。 間引き 直まきの場合もポットまきの場合も、初生葉が展開したら間引きを行い、1カ所に1〜2本とします。 手で引き抜くと隣の株まで抜けてしまうことがあるので、はさみで切るといいでしょう。 初生葉が展開すれば鳥にも食べられなくなるので、不織布をベタがけしている場合は取り除きます。 定植 セル苗は初生葉が出たら、ポット苗と地床苗は本葉が展開したら定植します。 根がちょっとくらい切れてもまた生えてくるので問題ありません。 むしろ、根をすべて切ってしまう「断根」という苗づくりの方法もあるくらいです。 断根にさらに「摘心」も加えて、がっちりとした苗を作る方法はこちらの記事から詳しく見ることができます。 追肥・土寄せ 本葉が4枚の頃と、6〜8枚の頃に追肥と土寄せをします。 土寄せは除草の効果があるほか、土をかぶせると茎からも根が出て倒伏防止になります。 枝豆の実がつくと重みでふらふらして倒れやすいので、とくに栽培が台風の時期にかかる場合はしっかりと土寄せをしておきましょう。 また、花が咲く時期に肥料が足りないとさやができないので、追肥も忘れずに行いましょう。 摘心 枝豆栽培でよく聞くワード「摘心」ですが、やたらなんでもすればいいというものでもありません。 摘心とは、てっぺんの葉っぱを取り除くことでわき芽の成長を促す方法で、枝をたくさん作って実を多く取ることができます。 しかし、早生品種は摘心してもたいして収量は増えないと言われています。 摘心をするなら晩生品種がおすすめです。 また、肥料が多くて葉が茂りすぎているような場合も摘心することで実のつきがよくなるので摘心しましょう。 やり方は簡単、本葉5〜6枚の頃に、頂上の芽を手で摘みとるだけです。 開花から収穫までの管理~乾燥とカメムシ対策~ 乾燥対策 枝豆にさやを多くつけるために大切なのが水です。 枝豆は非常にたくさんの花をつけますが、その半分以上は落花していまいます。 水が不足すると、さらに落花数は増え、結実率が低下します。 開花時に畑が乾燥している場合はぜひ水やりをしましょう。 また、開花から10〜15日で、さやは急速に大きくなります。 この時期も水が必要です。 水がなければいつまでもさやはぺったんこのままです。 さやの中身の豆が大きくなるのにも水が必須なのです。 ぷりぷりの枝豆が食べたければ水やりしましょう。 カメムシ対策 開花から収穫までの管理でもう一つ重要なのがカメムシ対策です。 カメムシはさやに口針を刺し、豆から栄養を吸い取ります。 カメムシに刺された実は大きくなることができず、また、大きくなってからさされた豆はまずくなります。 カメムシを予防するには防虫ネットをかけるか、農薬を散布するしかありません。 地道に手で捕るという方法も不可能ではありませんが、カメムシの繁殖スピードは非常に早く、人間とカメムシの激しい戦いとなります。 防虫ネットをかける場合は、発生し始める前からかけておいた方がいいでしょう。 発生後にかけると、カメムシを巨大な虫かごで飼育しているような状態になってしまいます。 農薬を使う場合は開花時期に散布し、小さなさやができた頃にまた散布します。 農薬の使用回数を抑えるためにも早期防除につとめましょう。 収穫 枝豆の収穫適期は3〜5日と非常に短いので、取り遅れに注意が必要です。 枝豆の花は一斉に咲かずにだらだらと咲いて実がつくので、すべてのさやがパンパンになるのを待たずに、全体の8割程度のさやがぷっくりと膨らんできたら収穫しましょう。 収穫が遅れると鮮やかな緑色だったさやは黄色くなり、味も落ちてしまいます。 ひどく黄色になってしまった場合はそのまま待って大豆にするという手もあります。 収穫方法は、家庭菜園ならば膨れたさやからはさみで切ってもいいですし、株ごと刈り取って収穫してもいいでしょう。 主な病害虫 害虫はアブラムシ、カメムシ、マメシンクイガ、ハスモンヨトウなどが発生します。 病気はモザイク病、立ち枯れ病、紫斑病などがあります。 アブラムシはウイルス性の病気を媒介するので、種まきや定植の時に浸透移行性の農薬を土壌に混和しておくと効果的です。 また、畑周りの雑草は刈り取り、害虫の温床を作らないようにしましょう。 とれたての枝豆は常温に置きっぱなしにせず、すぐに塩ゆでして食べましょう。 鮮度が味を大きく左右する枝豆は、家庭菜園で育てるにはうってつけの野菜といえます。 収穫時期が短いため、ずっと枝豆を収穫したければ、品種を変えながら10日くらいの間隔で種をまいておくといいでしょう。 よく見る緑色の普通種の他にも独特の風味のある「茶豆」や、甘みの強い「黒豆」など、枝豆にはさまざまな品種があります。 栽培に慣れたらぜひいろいろな品種を育てて食べ比べてみてくださいね。

次の