仁王 ビルド 一覧。 【仁王2】キャラと妖怪の一覧

[仁王2][楯無ビルド]最高にカチカチになって真の初心者向け装備です。 │ images.djdownload.comblog

仁王 ビルド 一覧

恩寵 特徴 イザナギ 5つ揃え反映(霊)A イザナミ 6つ揃え攻撃力への反映(呪) スクナヒコナ 6つ揃え常世の品所持数に応じて幸運増加AA アメノウズメ 7つ揃え装備の軽さに応じてダメージ増加AAA マガツヒ 7つ揃え状態異常蓄積(五属性)23. 6% タケミナカタ 4つ揃え敵の状態異常(風)で防御力低下連動 追加恩寵それぞれの詳細 イザナギの恩寵 イザナギの揃え効果一覧 イザナギ 揃え効果 2つ揃え 攻撃の被ダメージ軽減 3. 装備枠を4つしか占有しないので様々にビルドに使用出来る汎用性を秘めています。 遠距離武器や防具のイザナギ装備は持っておきたいですね。 イザナミの恩寵 イザナミの揃え効果一覧 イザナミ 揃え効果 2つ揃え 攻撃の被ダメージ軽減 3. Ver1. 18からパラメータの上限値が99から200へ引き上げられたので、200まで上げているとかなりの攻撃力上昇効果が期待できます。 斧使いとの相性も〇 黄泉水とは黄泉水を投げた場所に常世を発生させることが出来ます。 イザナミは5つ揃え「黄泉水が消費されない76%」があり、3つ揃え「常世の中で体力回復」と噛み合っています。 斧の奥義スキルには常世内で攻撃力が50%上昇する「虎穴」があるので、イザナミの恩寵との相性は非常に良いように思います。 自ら常世を作り、回復しながら、大ダメージを狙えるとなると優良ビルドが出来そうな気も。 アメノウズメの恩寵 アメノウズメの揃え効果一覧 アメノウズメ 揃え効果 2つ揃え 攻撃の被ダメージ軽減 3. 7つ揃えが「装備の軽さに応じてダメージ増加AAA」なので軽装装備で大幅な攻撃力の増加が見込めます。 只、攻撃力への反映や愛用度に応じてダメージ増加と比較して、装備の軽さ、重さに応じてダメージ増加は増加量が少ない印象なので使ってみないと何とも言えません。 7つ揃え発動となると装備6枠が占有されてしまうので使い勝手は悪いと思います。 無間獄を一定階層以上進めていくと軽装装備では全ての攻撃を避けるくらいでないと一撃で落命となるので現状軽装装備でのビルドは活躍の場は限られてしまいそうです。 スクナヒコナの恩寵 スクナヒコナの揃え効果一覧 スクナヒコナ 揃え効果 2つ揃え 攻撃の被ダメージ軽減 3. (歳殺神の酒は使用すると、獲得するアムリタの量が倍程度に増加するアイテムです。 ) 7つ揃えの石で与えるダメージ50倍は、一見凄そうですが元々の攻撃力が低いので高難易度では役に立ちそうにありません。 幸運増加系は体感で分かりづらい 幸運増加の効果は体感で非常に分かりづらいので無理に6つ揃えにする必要はないと思われます。 マガツヒの恩寵 マガツヒの揃え効果一覧 マガツヒ 揃え効果 2つ揃え 攻撃の被ダメージ軽減 3. 武器では二刀が一番状態異常を狙うには使いやすい武器と云えます。 悪臭状態異常となると仙薬での回復量が半減し、使用時に嗚咽を漏らし身動きが取れなくなります。 その為、仕合では汚泥壺ビルドとしてマガツヒが活躍するかもしれません。 状態異常となればマガツヒの6つ揃え効果でダメージアップも狙えます。 サクヤヒメの恩寵 サクヤヒメの揃え効果一覧 サクヤヒメ 揃え効果 2つ揃え 攻撃の被ダメージ軽減 3. 5つ揃えでは火の継続ダメージが2倍となり、7つ揃えでは火属性状態異常中の敵に対してダメージが41. 6%も上昇します。 カグツチと併用でさらに火属性特化 サクヤヒメの7つ揃えまで発動させたとして、残る装備枠は3つ。 カグツチを使用すれば4つ揃え効果まで発動できます。 ちなみにカグツチの揃え効果は下記表のようになっています。 カグツチ 揃え効果 2つ揃え 攻撃の被ダメージ軽減 2. 0%となっています。 九尾は敵の状態異常(火)で防御力低下連動と、属性ダメージ無効33. 0%が優良。 朱雀は体力0時自動九十九発動と九十九維持のしやすさが魅力。 個人的には九尾or朱雀がおすすめ。 オモイカネの恩寵 オモイカネの揃え効果一覧 クシナダヒメ 揃え効果 2つ揃え 攻撃の被ダメージ軽減 3. 無間獄では30層あたりから一撃での落命が増えてくるので体力を増強できれば生き残れる可能性が上がります。 しかし、現状の仁王はやられる前に高火力でやるというレベルデザインの為、体力や防御を上げるより火力を上げる方が優先度は高いと思われます。 オオクニヌシ 揃え効果 2つ揃え 攻撃の被ダメージ軽減 3. 9% 5つ揃えで状態異常解除 100%でないのが残念ですが5つ揃え強い攻撃で状態異常を解除があります。 しかし状態異常を解除が目的なら武家吉川を選択すれば仙薬使用で100%状態異常が解除できます。 状態異常の解除を目的にオオクニヌシを使用するより武家を吉川に変えた方が簡単です。 タヂカラオの恩寵 タヂカラオの揃え効果一覧 タヂカラオ 揃え効果 2つ揃え 攻撃の被ダメージ軽減 2. 6% 素手特化ビルド 素手のダメージは装備オプションで存在していて、継承枠になることもあります。 そのため継承により全防具に素手のダメージを付けることも可能です。 全防具と合わせれば500%程度まで狙えるでしょう。 動きの遅い敵相手に1対1であれば使えるかも知れませんね。 タケミナカタの恩寵 タケミナカタの揃え効果一覧 タケミナカタ 揃え効果 2つ揃え 攻撃の被ダメージ軽減 3. 6% 風属性特化 サクヤヒメの風Verといった印象のタケミナカタ。 風属性の陰陽術や二刀などの手数の多い武器で風属性状態異常を狙った使い方となりそうです。 風状態異常は気力消費が増加するので気力切れが狙えます。 最後に 以上がVer1. 18から追加された全13の新恩寵となります。 有用度で云いうとイザナギが一番使えそうですね。 イザナミやサクヤヒメも面白そうです。 組み合わせを色々楽しむのも仁王の楽しみ方のひとつですので最強ビルドだけでなく色々遊んでみたいですね。

次の

[仁王2][槍ビルド][体力4000]最強の耐久力、防御力これでワンパンはなくなる! │ images.djdownload.comblog

仁王 ビルド 一覧

1位:霊• 霊ステータスを上げることにより、守護霊の能力を解放していくことができる。 霊ステータスを 11まで上ることができれば、序盤の守護霊スキルのほとんどを使用することができる。 序盤の攻略がだいぶ楽になる。 守護霊の解放されていないスキルは社の「憑けかえ」で確認できます。 2位:体• なんといってもHPは多い分有利になる• ただ耐久力だけを見ると「剛」を上げた方が耐久力は上昇するので「体」は10まで上げておくことを優先しよう。 3位:心• 気力(スタミナ)がかなり重要なゲームなので、心は上げておいて損はない。 攻撃から回避などの様々なアクションで必要になり、刀や弓の威力が上昇することも魅力です。 4位:剛• 装備重量が上がるということは「重くて防御力の高い防具」を装備できるということ。 HPと守備力を同時に上げることになるので重要なステータスといえる。 5位:呪• 陰陽スキルの「遅鈍符」がかなり強いスキルで、敵の動きを遅くすることができる。 必要スキル値の 4までは上げておいてもいいかもしれない。 それ以下はビルドによって• 「技」「武」「忍」の3つはプレイヤーのビルドしだいです。 共通しておすすめできるステータスではないのでお好みでステ振りしていきましょう。 関連ページ スタートアップ.

次の

[仁王2][楯無ビルド]最高にカチカチになって真の初心者向け装備です。 │ images.djdownload.comblog

仁王 ビルド 一覧

複数の武器を使うよりも1つの武器に特化させた方が結果として早く強くなるのでおすすめです。 守護霊の加護は気にしない 守護霊を憑けるとステータスに応じてボーナスが発生しますが、ボーナスを発動させるために無理やりステータスを上げる必要はありません。 六道輪廻の書でステータスの振り直しができる ステータスの振り直しには「六道輪廻の書」が必要です。 「六道輪廻の書」はステージのクリア報酬やなどで入手できます。 武器スキルポイントや陰陽術ポイントの増やし方 武器ごとの武技を覚えたり陰陽術や忍術を覚えるのに必要な スキルポイントは、その武器や術を使用し続けることで入手できます。 スキルポイントの振り直しは、修練場でいつでも行うことができます。 基本性能が高かったり特殊能力がついている防具ほど必要ステータスが高いので、防具に合わせて少しずつ成長させておきましょう。 武器種に関わらず「体」と「心」を10まで上げる 「体」はHPに大きく影響し、「心」は気力に大きく影響します。 どちらのステータスも レベル5から10までの上昇値がとんでもなく大きいので、どんな武器を装備するにしても優先的に10まで上げましょう。 準備ができたら武器に合わせて上げる 「防具に必要なステータスの確保」「体と心を10まで上げる」の2つが完了したら、今度は武器種に合わせてステータスを上げていきましょう。 使用する武器の「攻撃力への反映」がもっとも大きいステータスに特化させれば効率よく火力を上げることができます。 反映はAが最も大きくB,C,Dとなるにつれて小さくなっていく。 ステータス効率で考えたら、忍術を使いたいなら「鎖鎌」一択、陰陽術を使いたいなら「大鎌」一択です。 防具のステータスのチェックも忘れずに 防具の必要ステータスは、防具の種類によって変わるので、防具のステータスも常にチェックしておきましょう。 防具の必要ステータスの確保が最優先なのは序盤の育成方法と変わりません。 武器種に関わらず勇や剛も上げていく 気力回復速度にかかわる「勇」や、装備重量にかかわる「剛」もある程度上げておくのがおすすめです。 「勇」は上昇効率が良い10まで、「剛」は敏捷B以上を確保できるように上げましょう。 終盤おすすめのステ振り論.

次の