命に嫌われている 歌い手。 命に嫌われている。

歌詞の意味を知ると、本当に伝えたい言葉に気付かされる「命に嫌われている」

命に嫌われている 歌い手

本家も良いですが、 こちらも力強くて 特に後半部分 魅力的ですね。 どちらも、それぞれの良さがあります。 では、本題の歌詞を細かく解釈していきます。 歌詞 「死にたいなんて言うなよ。 諦めないで生きろよ。 」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。 実際自分は死んでもよくて 周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」 っていうエゴなんです。 他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう。 画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った。 僕らは命に嫌われている。 価値観もエゴも押し付けて いつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した。 僕らは命に嫌われている。 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる 僕らは命に嫌われている。 お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する 生きる意味なんて見出せず、 無駄を自覚して息をする。 寂しいなんて言葉で この傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱え 今日も一人ベッドに眠る 少年だった僕たちは いつか青年に変わってく。 年老いていつか 枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく。 不死身の身体を手に入れて、 一生死なずに生きていく。 そんなSFを妄想してる 自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて 怒られてしまう。 「正しいものは正しくいなさい。 」 「死にたくないなら生きていなさい。 」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ。 僕らは命に嫌われている。 幸福の意味すらわからず、 産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う。 僕らは命に嫌われている。 さよならばかりが好きすぎて 本当の別れなど知らない 僕らは命に嫌われている。 幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 明日死んでしまうかもしれない。 すべて無駄になるかもしれない。 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 夢も明日も何もいらない。 君が生きていたならそれでいい。 そうだ。 本当はそういうことが歌いたい。 命に嫌われている。 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だって いつかは枯れ葉にように朽ちてく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、 生きて、生きて、生きろ。 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 「死にたいなんて言うなよ。 諦めないで生きろよ。 」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。 心から苦しくて 「死にたい」 と思っていている人に、 そんな言葉が響くわけがありません。 もしも、そんな言葉で心が救われるのなら その人は、心から 「死にたい」 なんて思っていないのでしょう。 実際自分は死んでもよくて 周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」 っていうエゴなんです。 他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう。 どこかの誰かの「命」なんて所詮、他人事。 みんな、当たり前のように人の悪口を言って、誰かを陥れ、今日をのうのうと生きています。 そんな醜い世界なのに 「平和に生きよう」 と、綺麗ごとが転がる 矛盾めいた世の中を なんて素敵なことでしょう。 と 皮肉を込めて嘲笑っています。 画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った。 誰かの死が取り上げられるニュースや それに、ついて歌われた歌。 その影響を受けた少年が誰かの命を奪いにく といった情景が描かれています。 「命の軽さ」 「命を軽視していること」 が、この部分では訴えられているのでしょう。 サビ1 僕らは命に嫌われている。 価値観もエゴも押し付けて いつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した。 僕らは命に嫌われている。 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる 僕らは命に嫌われている。 本来 「死」という言葉は 最も重い言葉であり、 軽視してはいけない言葉のはずです。 それなのに簡単に 「死にたい」だとか「死ね」 といった言葉が行きかう世の中。 そんな世の中 自分 を蔑んでいます。 命を軽視しているから、命に見離される。 それを 「命に嫌われている。 」 と言っているのでしょうか。 スポンサーリンク 2番 お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する 生きる意味なんて見出せず、 無駄を自覚して息をする。 寂しいなんて言葉で この傷が表せていいものか つまり 「自分の感情 想い を 既存の言葉で表現されてたまるか」 と言っています。 しかし、それは つまらない意地ともわかっています。 わかっていながらも、どうすることもできず、同じような日々を繰り返してしまうのです。 少年だった僕たちは いつか青年に変わってく。 年老いていつか 枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく。 不死身の身体を手に入れて、 一生死なずに生きていく。 そんなSFを妄想してる どんな人間でも、いずれ枯葉のように朽ちていく。 絶対に避けては通れない「死」 を 憂いているのでしょう。 一生死なずに生きていく。 というのは、 死んだような生活ではなく 光に満ちた活気あふれる生活 を夢見ている主人公の 情景でしょう。 自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて 怒られてしまう。 1番と類似しています。 矛盾している 「独りよがりな、ワガママ」 と分かっているからこそ 怒られてしまう。 と言っているのです。 「正しいものは正しくいなさい。 」 「死にたくないなら生きていなさい。 」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ。 「正しいものは正しくいなさい。 」 「死にたくないなら生きていなさい。 」 という、正当化された言葉に対して、 悲観的になってしまう主人公。 そんな自分 または同じような人 に 喝をいれるように ずっと一人で笑えよ。 と吐き捨てているのでしょう。 サビ2 僕らは命に嫌われている。 幸福の意味すらわからず、 産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う。 僕らは命に嫌われている。 さよならばかりが好きすぎて 本当の別れなど知らない 僕らは命に嫌われている。 命を軽視している、 私たちは命の重みを分かっていない。 命を軽視しているから、 日々の小さな幸せに気付くこともできず 「周りのせい」「環境のせい」 と言い訳をしてしまうのです。 そして、命を軽視しているから 本当に「死」という意味をわかっていない。 一時的に会えなくなるサヨナラや 感動のお別れなんかとは違うのです。 でも、それを僕らは知らない。 スポンサーリンク 3番 幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 明日死んでしまうかもしれない。 すべて無駄になるかもしれない。 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 夢も明日も何もいらない。 君が生きていたならそれでいい。 そうだ。 本当はそういうことが歌いたい。 たくさんのものがお金で手に入れることができる。 滑稽な世界だけど、金さえあれば大半のことは上手くいくし、やり直すことができる。 そんな世界でも 「死」だけはやり直すことができない。 そして、死というのは誰にでも訪れることで もしかすると、明日かも知れない。 すべてを失くしてしまうかもしれない。 夢を叶えることや、キラキラした明日を迎えることよりも、大切なのは 「生命」 それこそが人間の根底。 命を軽視するような軽々しい歌 考え ではなく、もっと人間の本質部分に触れるような歌 考え を歌いたいのです。 ラストサビ 命に嫌われている。 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だって いつかは枯れ葉にように朽ちてく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、 生きて、生きて、生きろ。 いずれ朽ちる命。 だからこそ、かけがえのないものであり 軽々しく考えてはいけないもの。 自分が考えている以上に、大切で価値のある命。 その 命の灯が消えないように 生きて、生きて、生きろ! と背中を押しているのでしょう。 感想 心に刺さる歌詞の連続でした。 聴くたびに、心が浄化されたような気分 になるのは私だけじゃないはずです。 表面上ではなく、深部に刺さる。 そんな楽曲であったと思います。 【カンザキイオリ/命に嫌われている。

次の

『命に嫌われている』の歌詞の意味を知ったら、世界観が変わった。

命に嫌われている 歌い手

カンザキイオリは初音ミクだけでなく、鏡音リン・レン、IA、琥珀メリーなど様々な楽曲政策ソフトを使用して作曲、編曲を手掛けています。 初投稿の「プロテクト」という楽曲投稿時は「黒柿」という名義で投稿していました。 作風が人に思いを伝えることを重視するのではなく「自分」に重きを置き、苦悩と葛藤が書かれていることが多く、問いかけてくるようなメロディーで多くの若者の共感を得ています。 楽曲、コーラスなどカンザキイオリ自身も歌っている楽曲があります。 しかしそんなシリアスな楽曲を発表するカンザキイオリは生き物大好きで明るい性格の持ち主。 エゴサーチに没頭したりSNSで楽しませてくれる人柄を持っています。 現在はイメージソングの書き下ろしや、Vtuberへの楽曲提供等の活動も積極的に行っていて、幅広く活躍しています。 歌詞には負けていない音の共鳴 この曲の印象的なのはなんといってもスタートから走り出すかのような疾走感溢れる四つ打ちのタイトなリズム、そのリズムは一見心臓の音にも聞こえますよね。 このリズムを引っ張っているのが人の性格を表しているような淡々とした電子ピアノ、そこにベースが加わり、曲の中盤へ差し掛かると悲壮感を表すかのようなストロングス、控えめにギターが加わると徐々にいろんな感情がぶつかり合っているようです。 後半へ差し掛かると全体で音質を変化させ、音で人を表すかのような表現で、シンプルなように聞こえますが複雑に入り組んでいて、音だけでも歌詞を表しているような音楽性を感じることができるのではないでしょうか。 「命に嫌われている」の歌詞を読み解く 『命に嫌われている』は、なんといってもインパクトが強すぎるほどの歌詞が特徴です。 周囲に対しての若くトゲトゲしい否定、その否定を周囲に投げかけ共感を求めるところから始まります。 ---------------- 「死にたいなんて言うなよ。 」 「諦めないで生きろよ。 」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。 実際自分は死んでもよくて周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」っていうエゴなんです。 そんな中、綺麗事を歌う歌はエゴイズムだと言い切りますが、これは感情の二面性を表現しているように感じます。 特に「自分は死んでもよくて 周りが死んだら悲しくて」という部分が孤独になりたくない、一人にしないでという心を隠していてかまってほしいという気持ちを表わしていることが隠されているようです。 ---------------- 他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう。 画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った。 少年時代好きだった子に対して嫌がらせをする行動に似ていますよね。 ---------------- 価値観もエゴも押し付けていつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した。 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている。 ネット上で言いたい放題言うこと。 それによってどこかで誰かを傷つけているかもしれない、迷惑をかけているかもしれないという後ろめたい劣等感の塊を表しているのでしょうか。 ---------------- 生きる意味なんて見出せず、無駄を自覚して息をする。 そしてこのあとの歌詞と合わせるとベッドに逃げ妄想にふける姿が目に浮かびます。 ---------------- 幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 夢も明日も何もいらない。 君が生きていたならそれでいい。 そうだ。 本当はそういうことが歌いたい。 ここからは少年が青年に生まれ変わると同時に、いろいろなことに気付きはじめるような歌詞に変わっていきます。 誰でもいいのではなく、ここで自分が伝えたい人を見つけることができ、自分が望んでいるものは大切な人が生きていればそれでいいのだということに気づきます。 ---------------- 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だっていつかは枯れ葉のように朽ちてく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、生きて、生きて、生きろ。 ここは大切だと気付いた人と向き合い進んでいくという覚悟が感じられます。 そしてそれは自分だけでなく、一緒に頑張ろうという強いメッセージを伝えています。 強いメッセージを伝えていた「命に嫌われている」 一人の青年の成長が伺える「命に嫌われている」という曲はたくさんの視点から世界観を見ることができます。 現在の生活に疑問を抱いている人、生きることに疲れた人、落ち込んでいる人にとって、前半で共感を得て後半は励まされ、ポンと背中を押される一曲ではないでしょうか。 この曲は暗いと思われがちな曲ですが、「本当は頑張るんだ。 諦めないぞ」という生命力の溢れた楽曲です。 今一度、生について向き合い、聞いてみると違う一面を発見できるかもしれません。 の歌詞をもう一度読んでみる 自分が思うこの歌の解釈 みんなが正しいことは本当は違う。 失うのが怖いから押し付けてしまう。 無関心と興味は平和な証拠。 画面だけで流されてしまう。 だけど誰かを傷け、押し付けてる。 軽く命を見てから命に嫌われている。 退屈だから寝るに逃げる。 今生きてることは無意味だかど怖いから死ねない。 ただ一言だけで片付けられるが嫌だから意地を張ってしまう。 時に流されるくらいなら不死になって新たにスタートしたい 失うのが怖いけど自分だけ押し付けてるのは間違っている。 正しいくありたい。 無感動だったら1人で、孤独でいたい。 幸せがわからない。 だから周りを恨んでしまう。 本当の別れを知らないから、周りを傷ける。 平和とは怠惰でありまた買えるもの。 でも平和は無く、いつ落ちるかわからない。 ただ自分の信じる道を進むことが正義であり正しいこと。 生きてることはいつかは死ぬことであるけど、だけど死がある生がが意味あることなのであろう。

次の

歌詞の意味を知ると、本当に伝えたい言葉に気付かされる「命に嫌われている」

命に嫌われている 歌い手

本家も良いですが、 こちらも力強くて 特に後半部分 魅力的ですね。 どちらも、それぞれの良さがあります。 では、本題の歌詞を細かく解釈していきます。 歌詞 「死にたいなんて言うなよ。 諦めないで生きろよ。 」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。 実際自分は死んでもよくて 周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」 っていうエゴなんです。 他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう。 画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った。 僕らは命に嫌われている。 価値観もエゴも押し付けて いつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した。 僕らは命に嫌われている。 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる 僕らは命に嫌われている。 お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する 生きる意味なんて見出せず、 無駄を自覚して息をする。 寂しいなんて言葉で この傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱え 今日も一人ベッドに眠る 少年だった僕たちは いつか青年に変わってく。 年老いていつか 枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく。 不死身の身体を手に入れて、 一生死なずに生きていく。 そんなSFを妄想してる 自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて 怒られてしまう。 「正しいものは正しくいなさい。 」 「死にたくないなら生きていなさい。 」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ。 僕らは命に嫌われている。 幸福の意味すらわからず、 産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う。 僕らは命に嫌われている。 さよならばかりが好きすぎて 本当の別れなど知らない 僕らは命に嫌われている。 幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 明日死んでしまうかもしれない。 すべて無駄になるかもしれない。 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 夢も明日も何もいらない。 君が生きていたならそれでいい。 そうだ。 本当はそういうことが歌いたい。 命に嫌われている。 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だって いつかは枯れ葉にように朽ちてく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、 生きて、生きて、生きろ。 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 「死にたいなんて言うなよ。 諦めないで生きろよ。 」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。 心から苦しくて 「死にたい」 と思っていている人に、 そんな言葉が響くわけがありません。 もしも、そんな言葉で心が救われるのなら その人は、心から 「死にたい」 なんて思っていないのでしょう。 実際自分は死んでもよくて 周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」 っていうエゴなんです。 他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう。 どこかの誰かの「命」なんて所詮、他人事。 みんな、当たり前のように人の悪口を言って、誰かを陥れ、今日をのうのうと生きています。 そんな醜い世界なのに 「平和に生きよう」 と、綺麗ごとが転がる 矛盾めいた世の中を なんて素敵なことでしょう。 と 皮肉を込めて嘲笑っています。 画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った。 誰かの死が取り上げられるニュースや それに、ついて歌われた歌。 その影響を受けた少年が誰かの命を奪いにく といった情景が描かれています。 「命の軽さ」 「命を軽視していること」 が、この部分では訴えられているのでしょう。 サビ1 僕らは命に嫌われている。 価値観もエゴも押し付けて いつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した。 僕らは命に嫌われている。 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる 僕らは命に嫌われている。 本来 「死」という言葉は 最も重い言葉であり、 軽視してはいけない言葉のはずです。 それなのに簡単に 「死にたい」だとか「死ね」 といった言葉が行きかう世の中。 そんな世の中 自分 を蔑んでいます。 命を軽視しているから、命に見離される。 それを 「命に嫌われている。 」 と言っているのでしょうか。 スポンサーリンク 2番 お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する 生きる意味なんて見出せず、 無駄を自覚して息をする。 寂しいなんて言葉で この傷が表せていいものか つまり 「自分の感情 想い を 既存の言葉で表現されてたまるか」 と言っています。 しかし、それは つまらない意地ともわかっています。 わかっていながらも、どうすることもできず、同じような日々を繰り返してしまうのです。 少年だった僕たちは いつか青年に変わってく。 年老いていつか 枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく。 不死身の身体を手に入れて、 一生死なずに生きていく。 そんなSFを妄想してる どんな人間でも、いずれ枯葉のように朽ちていく。 絶対に避けては通れない「死」 を 憂いているのでしょう。 一生死なずに生きていく。 というのは、 死んだような生活ではなく 光に満ちた活気あふれる生活 を夢見ている主人公の 情景でしょう。 自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて 怒られてしまう。 1番と類似しています。 矛盾している 「独りよがりな、ワガママ」 と分かっているからこそ 怒られてしまう。 と言っているのです。 「正しいものは正しくいなさい。 」 「死にたくないなら生きていなさい。 」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ。 「正しいものは正しくいなさい。 」 「死にたくないなら生きていなさい。 」 という、正当化された言葉に対して、 悲観的になってしまう主人公。 そんな自分 または同じような人 に 喝をいれるように ずっと一人で笑えよ。 と吐き捨てているのでしょう。 サビ2 僕らは命に嫌われている。 幸福の意味すらわからず、 産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う。 僕らは命に嫌われている。 さよならばかりが好きすぎて 本当の別れなど知らない 僕らは命に嫌われている。 命を軽視している、 私たちは命の重みを分かっていない。 命を軽視しているから、 日々の小さな幸せに気付くこともできず 「周りのせい」「環境のせい」 と言い訳をしてしまうのです。 そして、命を軽視しているから 本当に「死」という意味をわかっていない。 一時的に会えなくなるサヨナラや 感動のお別れなんかとは違うのです。 でも、それを僕らは知らない。 スポンサーリンク 3番 幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 明日死んでしまうかもしれない。 すべて無駄になるかもしれない。 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 夢も明日も何もいらない。 君が生きていたならそれでいい。 そうだ。 本当はそういうことが歌いたい。 たくさんのものがお金で手に入れることができる。 滑稽な世界だけど、金さえあれば大半のことは上手くいくし、やり直すことができる。 そんな世界でも 「死」だけはやり直すことができない。 そして、死というのは誰にでも訪れることで もしかすると、明日かも知れない。 すべてを失くしてしまうかもしれない。 夢を叶えることや、キラキラした明日を迎えることよりも、大切なのは 「生命」 それこそが人間の根底。 命を軽視するような軽々しい歌 考え ではなく、もっと人間の本質部分に触れるような歌 考え を歌いたいのです。 ラストサビ 命に嫌われている。 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だって いつかは枯れ葉にように朽ちてく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、 生きて、生きて、生きろ。 いずれ朽ちる命。 だからこそ、かけがえのないものであり 軽々しく考えてはいけないもの。 自分が考えている以上に、大切で価値のある命。 その 命の灯が消えないように 生きて、生きて、生きろ! と背中を押しているのでしょう。 感想 心に刺さる歌詞の連続でした。 聴くたびに、心が浄化されたような気分 になるのは私だけじゃないはずです。 表面上ではなく、深部に刺さる。 そんな楽曲であったと思います。 【カンザキイオリ/命に嫌われている。

次の