エルリック サーガ。 ストームブリンガー

【images.djdownload.com】 − 剣と魔法の博物館 − 週刊連載

エルリック サーガ

エルリック・サーガ 名著と呼ばれるファンタジー小説は数多くあるが,その中でもマイケル・ムアコック著の「エルリック・サーガ」を第一に挙げる人は少なくはない。 日本では1984年11月30日に第一巻が刊行され,法と混沌の勢力の争いをバックボーンに,主人公メルニボネの皇帝エルリックの活躍を描いた作品だ。 いわゆるヒロイックファンタジーっぽい印象を受けるが,本作は非常に退廃的で独特の世界観を備えており,そこが魅力でもある。 主人公のエルリックは極度の虚弱体質で,麻薬の力を借りなければ満足に生活できないほど。 メルニボネの歴代の王は戦争を好んだが,エルリックは読書を好むなど異色の王であった。 しかし,守護神であるアリオッチの手引きで入手した魔剣ストームブリンガーによって,数奇な運命を辿ることになる。 ストームブリンガーは血を欲する魔剣で,刺し貫いた相手の魂を吸い上げて所有者に与えてくれる。 この魔剣の力のおかげでエルリックは,虚弱体質であるにもかかわらず数々の戦いを生き抜くことができた。 だが,その代償として,ストームブリンガーは戦いの最中にエルリックの親友や最愛の人を貫いてしまうのだ。 剣なくしては戦えず,剣を使えば近しい仲間を殺してしまう……そんな魔剣の仕業に絶望したエルリックは,安住の地を求めて放浪し,ストームブリンガーを封印する。 しかし運命は,エルリックに安住の地など与えてくれはしなかった。 ようやく見つけた安住の地で暮らすことになったエルリックだったが,その土地を襲撃する者達が現れ,エルリックはストームブリンガーの封印を解いて戦うことになってしまう。 そしてまた生き永らえる代償として,ストームブリンガーは近しい者の命を奪っていくのだった。 物語の最後では,混沌と法の勢力の壮大な戦いが勃発するが,エルリックの持つストームブリンガーはエルリック近しい者ばかりか,エルリック自身の命さえも奪ってしまう。 この結末にはショックを受けた読者も多いことだろう。 もちろん筆者もその一人である。

次の

「エルリック・サーガ<新訳>」

エルリック サーガ

説明 [ ] この剣はほとんどあらゆるものを斬ることができるが、最大の特徴は独自の自我を持っていて、殺した相手の魂を喰らうことである。 剣の持ち主であるの皇帝 は虚弱であり、や薬の力を借りなければ生命を維持できない。 魔剣であるストームブリンガーは吸収した魂を生命力と言うかたちでエルリックに還元し彼を助ける。 ところが、ストームブリンガーの魂への渇望は非常に強く、しばしばエルリックの手から離れて彼の友人や恋人を殺すという形でエルリックを能動的に裏切る。 こうして、吸い取った生命力が自身の中に流れ込んでくるのを感じながら、エルリックの罪悪感と自己嫌悪感はいや増していく。 ストームブリンガーの特徴の一つに「魂を持たない存在からは魂を吸い取れない」というものがある。 野生動物やグールに対峙した場合、魔剣としての能力はほぼ期待できない。 また、エルリックへの生命力の供給量も必ずしも一定ではなく、エルリックは劇中でしばしば苦境に陥る。 ストームブリンガーには モーンブレイド( Mournblade)という姉妹の剣があり、エルリックの従兄にして宿敵のイイルクーンが使用した。 モーンブレイドはほとんどの点でストームブリンガーと同一の剣であるが、小説中で2本の剣が相対したときにはストームブリンガーが勝利している。 二度目にストームブリンガーに敗れたときに姿を消しているが、後にエルリックの従弟ディヴィム・スロームの手に渡り、エルリックの強力な味方となる。 ストームブリンガーはエルリックシリーズの最終巻「ストームブリンガー」のラストで姿を消した後、「」の最終巻「タネローンを求めて」でその姿を現し、ホークムーン、ルーンの杖と対決する。 新三部作(「夢盗人の娘」「スクレイリングの樹」「白き狼の息子」)では永遠の戦士の一人(かつ、エルリックに良く似た)であるウルリックが、ストームブリンガーの分身「レイヴンブランド」を所有している。 関連作品 [ ] 音楽 [ ]• の歌曲 " Black Blade"• が1974年に発表したアルバム『』(原題: Stormbringer)及び、その同名の楽曲。 歌詞には直接的にエルリック・サーガを表現した部分はない。 のアルバム未収録曲 "Stormbringer" 映画 [ ] 『』の主人公()が持っている剣としてストームブリンガーが登場する。 ゲーム [ ] エルリック・サーガの世界を舞台にしたが、『 ストームブリンガー』というタイトルで発売されている。 出版元は社。 日本語版は(第2版)および(第5版)。 また、『エルリック! 』という別シリーズのテーブルトークRPGも発売されたことがある。 詳細は の項目を参考。 テーブルトークRPG『』では、独自の意志と目的を持った剣が「インテリジェント・ソード」としてルール化されている。 ストームブリンガー自体も1980年の Deities and Demigods にエルリックらのデータとともに掲載されたが、著作権上の問題から第3刷からは削除された。 その他にもストームブリンガーをモデルにした剣は何本か登場する。 代表的な剣は『ホワイトプルームマウンテン』に登場するブラックレイザー(Blackrazor)という剣で、『』にも登場する。 やにおけるストームブリンガーは一種の文化的象徴であり、今日に至るまで多種多様に表現され続けている。 関連項目 [ ]•

次の

エルリック・サーガとは (エルリックサーガとは) [単語記事]

エルリック サーガ

今回紹介したいのは、が投稿した『』という動画。 投稿者メッセージ(動画説明文より) マイケル・ムアコックの古典ファンタジー小説「エルリックサーガ」に 出てくる混沌の魔剣ストームブリンガーを思いつくままに オリジナルのデザインで作ってみました。 刀身を削り、板を貼り合わせていきます。 ほぼ木製とは驚きです。 製作しながらデザインを調整していきます。 だんだんと魔剣のようになってきました。 半田ゴテでルーン文字を彫り込んでいきます。 塗装です。 色を重ねていき徐々に色味を変えていきます。 完成! 刀身にびっしりと描かれたルーン文字が圧巻です……! 角度によって変わるミラーグラスが神秘的な雰囲気を醸し出しています。

次の