秋葉原 コ ワーキング スペース。 取材レポあり!東京都内おすすめコワーキングスペース65選【2020年版】

images.djdownload.com AKIBA

秋葉原 コ ワーキング スペース

場所を選ばない。 時間を選ばない。 だから働き方は自分で決める! これからのフリーランスは、ただ自由であるということだけでなく、自分で働き方を選択すること、そして自分の未来を自分で決めるための働き方として広がっていきます。 『はじめようフリーランス!』では、これからフリーランスを始めようと考えている人、既にフリーランスを始めているけれど分からないことがたくさんあるという人に向けて、フリーランサーが知っておくべき知識、知っておくと得をする情報から、困ったとき・悩んだときの解決法まで、充実したフリーランス生活が送れるようサポートしていきます! 「(設定を複雑にしやがって・・・)」 「秋葉原」と聞いてついつい電気街やサブカルチャーの発信地としての風景を思い浮かべる人も多いでしょうが、新たな文化が生まれる場所として常に注目を浴び続けている場所でもあります。 また、立地環境として多種の電車が乗り入れる場所でもあり、 近隣都市と市街地を結ぶハブステーションとして注目されています。 今回は様々な情報の発信地である「秋葉原周辺」で利用したいコワーキングスペース・オープンスペースを取り上げてみました。 コワーキングスペース秋葉原Weeyble 秋葉原駅から徒歩3分、勉強会や読書会といったイベントでも利用されるスペースです。 勉強会やイベントを通して利用者同士を結び付けることで、仕事以外のコミュニケーションが自然と生まれやすいスペースです。 また、場の提供だけでなく起業の手続きやチーム作りのお手伝いもしているそうです。 利用は昼の部と夜の部に分かれていますが、それぞれ1,000円で、受付の際に料金を支払います。 イベントや勉強会の盛んなスペースなので、利用者同士の繋がりを求めている方にはオススメです。 そんな人にオススメなのが「GARAGE AKIHABARA」。 基本的にフリーアドレスのオープンデスクを利用して各自作業などをしています。 パーテーションのあるスペースや個室などはないので、周りで作業をしている人がいても、気にならない人にとっては利用料も抑えめ(シェアオフィス利用で15000円)なので、仲間とサポートしながら作業をしたい人や、自宅など一人だと逆に集中できない人にとってはおすすめの環境といえます。 24時間利用が可能ですが、貸し切り利用時にはオープンスペースすべてを会場として開放することになりますので、利用できない日が発生します。 割と平日夜間や土日にセミナーが開催される可能性が高いので、平日の日中利用が主な人には便利な施設でしょう。 もちろん仕事利用の契約も可能であり、図書館の自習スペースのように、となりの席と分けられたデスクのスペースや、広いソファーなど自分の作業レベルに合わせて環境を変えることができます。 また、オプションでノマド会員になると都内に広がる別店舗でのスポット利用も可能になるので、今日はこちら、明日はこの街、と営業などで移動を伴う人は有効活用ができそうです。 ワークショップも定期的に行われており、工作するためのオープンスペースとして展開されているものの、館内でWi-Fiを利用し仕事をすることも可能です。 電子部品や電子機器などの工業系アイテムをフリーランスで開発したい人はもちろんのこと「電気工具を見ると仕事がはかどる」といったちょっぴりマニアックな趣向の人にもおススメの施設です。 趣味でイラストを描いている人だけでなく、すでにプロとして活躍している人も、刺激を受けに覗くことがあるようです。 料金は時間利用のみなので、最後の仕上げや作業に煮詰まった時などに利用するとさらに効率がよさそうです。 個性的な設備を兼ね備えたものも多いのがこのエリアの特徴なので、ぜひ一度体験し、素敵な創作のヒントを得てくださいね。

次の

images.djdownload.com AKIBA

秋葉原 コ ワーキング スペース

東京都内でコワーキングスペースを探しているなら フリーランスでノマドワークをしている方はもちろん、会社に属しているけれどたまには外で仕事したい方、副業を集中できる環境でおこないたい方など、コワーキングスペースを探している人は多いのではないでしょうか。 今回は、東京都内で使える、おすすめのコワーキングスペースを紹介します。 とくに需要が大きい、上野・新宿・渋谷・秋葉原・銀座を中心に、安い施設やドロップイン 一時利用 可能の場所を厳選しました。 コワーキングスペースとは、便利な働き場所 オススメのコワーキングスペースを紹介する前に、コワーキングスペースとは何かを今一度確認しておきましょう。 コワーキングスペースとは、シェアオフィスやレンタルオフィスと混同されがちですが、その場所がオープンスタイルであることが特徴です。 月極で契約しなくてもその日だけ利用する「ドロップイン」 一時利用 もできる施設がほとんどで、今日はこちらのスペースを使い、明日は別の場所……という自由な使い方が可能です。 また、コワーキングスペースを登記場所にすることもでき、固定の住所が欲しい小規模の法人や個人事業主が利用することも増えています。 選ばれるコワーキングスペースの特徴 自由な働き方が支持され増えてきたため、コワーキングスペースも最近では急増しています。 そのため、「どこのコワーキングスペースにしようか」迷ってしまうことも。 ここでは、ユーザーに選ばれるコワーキングスペースの特徴をまとめて紹介します。 価格がリーズナブル 仕事部屋としてビルの1室を契約して借りるよりも、リーズナブルに利用できるのがコワーキングスペースの特徴のひとつ。 月極の契約でも、およそ1万~3万円ほどのコストで利用することが可能です。 インターネット接続料金や光熱費が料金に含まれているのも魅力です。 東京都内にはたくさんのコワーキングスペースがあるので、価格も千差万別ですが、月額2万円以下の施設もたくさんあります。 ドロップイン 一時利用 が可能 月単位で利用するのではなく1日単位で利用する「ドロップイン」 一時利用 できるコワーキングスペースもあります。 事前に予約しなくても、ふらっと利用できる気軽さが人気です。 1日利用だと、1000円~2000円程度が多い価格設定。 居心地の良さや設備の充実さを比較してみて、価格が見合っているかで選びましょう。 カフェや自宅で仕事をしながら、たまにコワーキングスペースで集中して仕事する…といった、ドロップイン利用ニーズがこのところ増えています。 1日利用してみてスペースを気に入ったら月契約するということもできるので便利です。 個室かオープンスペースか オープンスペースで大きなデスクに椅子が置かれていることが多いコワーキングスペースですが、個室利用が可能な施設もあります。 もちろん個室は別途料金が発生したり、ブース席よりも価格が高めに設定されていたりしますが、より集中したいときに重宝するでしょう。 個室があるかないかで、コワーキングスペースを探している人も多いようです。 夜遅くまでスペースを利用できる便利さ 多くのコワーキングスペースとの差別化を図るため、営業時間を伸ばして便利さをウリにしている施設があります。 朝10時頃から22時頃まで営業しているコワーキングスペースがほとんどですが、中には、24時間365日スペースを開けている施設も増えてきました。 それで月額2万円以下でレンタルできるスペースも多く人気が集中しています。 駅から近い場所にスペースがある 最寄駅からの所要時間が近いコワーキングスペースも、便利で使いやすいため人気です。 とは言え、東京都内にあるコワーキングスペースは、もともと利便性の良い場所に作られることが多いので、それほど心配しなくても良いかもしれません。 とくに渋谷エリアは徒歩圏内にたくさんのコワーキングスペースがあり、便利なエリアです。 たとえば「Lightningspot」は渋谷駅から徒歩1分、「PoRTaL」は渋谷駅から徒歩3分と、かなり駅から近い場所に位置しています。 東京都内の主要な駅ごとにオススメスペースを紹介! ここからは、人気のエリアごとにオススメのコワーキングスペースを紹介していきます。 新宿のコワーキングスペース2選 出典元: 新宿エリアは、乗り入れている電車が多くてとても便利なエリアなので、コワーキングスペースを探している人も多い人気エリアです。 腰を据えて作業したいなら「CASE Shinjuku」がオススメ。 日祝はお休みですが、個室もあり、一日だけ利用するドロップイン契約 9時~18時まで1時間500円 もあります。 シェアデスクのほか、場所が固定されている固定ブースも人気です。 1日利用なら西新宿駅から徒歩5分の「BASE POINT」がオススメです。 フリードリンク付きで1時間480円でカフェを利用できます。 お昼にはランチプレートも注文でき、さながらカフェでノマドワークしているようなカジュアルな環境で作業できます。 2階には会議室もあり、多彩な使い方ができるでしょう。 渋谷のコワーキングスペース2選 出典元: 渋谷はコワーキングスペースがひしめく便利なエリアです。 スペースまで徒歩で近い店舗が多いのも特徴で、かなり便利に利用することができます。 クリエイターやプログラマが集まる「co-ba SHIBUYA」は、セミナーなども多く開催されているため、とくにフリーランスで仕事している人にオススメ。 フリー席プランは月1. 5万円で利用でき、24時間いつでも利用できます。 1日だけ利用したいドロップインは1日2,000円 10時~19時 です。 法人でシェアオフィスのように使いたい方には「Lightningspot」がオススメ。 渋谷駅新南口から徒歩30秒の場所にあり、登記、ロッカー、個室会議室、コピーが使えて月額1. 5万円は渋谷最安です。 上野のコワーキングスペース1選 出典元: 上野のコワーキングスペースでオススメなのが「いいオフィス」。 コンテンツマーケティングで有名なLIGが運営しているコワーキングスペースです。 1Day ドロップイン 利用のサービスが充実しています。 10時~18時まで2,000円の利用料金で、フリードリンク付きのオープンスペース利用のほか、集中スペース利用、キッチン利用も可能です。 各種文房具貸し出しもあり、痒いところに手が届く、居心地の良さがあります。 月額でオープンスペースを借りる場合は月額20,000円で24時間利用可能です。 2名ブース、3名ブース、4名ブースの個室もあります。 東京駅のコワーキングスペース1選 東京駅にコワーキングスペースでオススメの場所を1カ所ピックアップしました。 特筆すべきはその安さ。 ドロップイン利用 9時~20時 の場合、1時間フリードリンク制で300円で利用可能です。 さらに、5時半~9時と20時~24時半は1時間600円で利用できます。 さらに、朝得3時間パックがあったり、1日利用 6時~20時 は1,980円、1ヶ月利用は5,000円と、細かく時間設定が決められているので、自分のライフスタイルに合うプランが見つかりやすいのも嬉しいですね。 秋葉原にあるコワーキングスペースなら、「コワーキングスペース秋葉原Weeyble」がオススメです。 秋葉原駅から徒歩3分の場所にある「コワーキングスペース秋葉原Weeyble」は、ドロップイン利用に特化した施設です。 昼の部 13時~18時 または夜の部 18時~23時 が1,000円、2時間利用の場合は500円で利用可能です。 ドロップインでも23時まで営業しているのが嬉しいポイントです。 ただし土曜日はボードゲーム利用の客が利用するので、集中したい場合は土曜日以外に利用することをおすすめします。 銀座のコワーキングスペース1選 銀座でコワーキングスペースを利用するなら、「the SNACK」がオススメです。 銀座駅から徒歩4分、東京メトロ新橋駅からも5分という好立地にある「the SNACK」。 フルタイム会員は月額27,000円、平日夜と土日だけ利用する会員は月額10,800円で利用可能です。 ドロップイン利用もできます。 3時間以内の利用ならば1日1,000円、3時間を超えると終日2,000円で利用可能です。 土日は10時~18時と少し営業時間が短いのですが、平日は9時~23時までの間で、ドロップイン利用も同じ時間帯で利用可能です。 今後もコワーキングスペースは増加していく見込み 働き方が多様化し、インターネットとパソコンがあればどこでも仕事できる時代になったので、会社や自宅以外の場所で仕事するニーズはますます増えています。 これからもコワーキングスペースは東京都内を中心に増えていくのではないかと考えられます。 今回いくつかオススメのスペースを紹介しましたが、人それぞれ居心地がよいと感じる場所の基準は違います。 サイトの情報だけでなく実際にお店に足を運び、1日体験してみて、自身に合うスペースを見つけけてみてください。

次の

東京都内のコワーキングスペースおすすめ8選!安い・24時間・駅近など

秋葉原 コ ワーキング スペース

【秋葉原エリアにあるコワーキングスペースを探している方に最適の記事です】東京都千代田区のバーチャルオフィス、シェアオフィスのナレッジソサエティがまとめた秋葉原にあるコワーキングスペースの一覧です。 エリア・価格などをまとめてみました。 コワーキングスペースといえども秋葉原には様々なタイプのものが存在しますので、ニーズに合ったサービスを提供しているかをしっかりと確認しましょう。 なお当記事はナレッジソサエティが、秋葉原にあるコワーキングスペースを独自にまとめたものです。 掲載されているレンタルオフィスにご興味がある方は、ご自身でお問い合わせいただければ幸いです。 今回は秋葉原エリアのコワーキングスペースをまとめていきます!! 目次• コワーキングスペースとは? コワーキング= CO-WORKING COは共同創業者をCO-FOUNDERと呼ぶように「共同」を意味します。 賃貸オフィスより 低コストでオフィスを構えることが出来る、といった経済的なメリットも。 コワーキングスペースの利用は貴方のビジネスを進めていく上で非常に大きな武器になります。 【概要】 おいおい、いきなり千代田区じゃん!間違えてない??とお気づきの方多いと思います。 大変恐縮ですが、見て損はしない内容となってますので、まずは弊社のご説明をぜひ、させて下さい。 数々の超有名アーティストがライブなどを行う日本武道館の最寄り駅 「九段下」から 徒歩30秒のところにある、東京都千代田区のコワーキングスペースです。 が運営。 【特徴】 まず何と言ってもアクセスが抜群です。 駅近で通うのに便利。 駅から徒歩30秒なので、雨や雪の日も心配なし。 銀行名の入ったビルですので住所として見栄えがよくなります。 非常にわかりやすい立地なので来館する際に迷うこともないでしょう。 全体的に明るく広々とした開放感のあるつくりも大きな特徴。 自然とクライアントを招きたくなるおしゃれなオフィスです。 まとめると弊社の特徴は以下の通りです!!! ・利用料金は29,800円 サブ会員は除く ~ (法人登記やWEB表記等の住所だけ利用するバーチャルオフィスは4,500円~) ・千代田区九段の住所、銀行名が入ったビルに登記ができる ・郵便物は月1回の転送が標準サービス ・来館による受け取りも可能 ・受付にスタッフがいるので急な来客へも対応可能 ・打ち合わせスペースと作業スペースが分かれている (私語、通話禁止の作業に集中するスペース完備) ・様々なビジネスシーンに対応できる会議室を多数設置 ・1時間100円で利用できるセミナールーム 【詳細】 シェアオフィスメンバー コワーキングスペースを利用できる会員 はセミナールーム・動画スタジオが格安で利用できる特別な料金体系があります。 セミナーや動画配信で見込客を集め、会議室でクロージングをするというビジネススタイルの起業家の方には最適なコワーキングスペースとなっています。 が運営するコワーキングスペース。 仕事も遊びも楽しく共有する空間をコンセプトにコワーキングスペースを提供しています。 13時~18時までの昼利用と、18時~23時までの夜利用、17時までの間2時間利用できる3種類のプランがあります。 昼と夜利用は1人1,000円で利用でき、2時間利用は1人500円で利用することが可能です。 秋葉原駅から徒歩3分です。 東京では神田に構え、大阪にも1拠点構えています。 交流・集中・発信の3つをコンセプトに様々な場面を設けています。 料金プランは3タイプ用意しておりBusinessは月額35,000円で受け付け対応、法人登記、住所利用などが利用可能。 起業したい人向けに最適なコースです。 Brainは月額10,000円で受け付け対応、インターネット、複合機、サロン、ビジネス支援が利用可能。 MTGなどで利用したい人に向いています。 Ad-Brainは月額15,000円で受け付け対応、法人登記、住所利用、社名掲載、インターネット、複合機、宅配・郵便受取、03電話番号、FAXが利用可能で住所を公表したくないホームワーカーに最適なコースです。 またいずれも月額料金程度の入会金が別途発生します。 中心街から徒歩3分圏内に、ワークスぺース、フィットネス、カフェ、ホテルなど、心身を整えることを軸にした施設をすべて備えています。 WeWorkを筆頭に、2000年代初頭から世界中で広まったワークスタイルはウェルネス(健康増進)がトレンドとなった今、新たなステージに。 ワンサードグループはフィットネスジムとホテルの運営経験を活かして、新しいライフスタイルとワークスタイルを提案します。 働きながら健康に。 もっと自由な人生を楽しみましょう! HPより 副業している人、自主学習を進めたい人にライト、リモートやフリーランスの方向けにスタンダード、腰を据えて起業やサテライトオフィスを構えたい方にヘビーの3つのプランを用意しています。 カフェやフィットネスを利用できるプランもあります。 このコワーキング・スペース「grinspace」では、 都会の喧騒を少し離れて、grin(=にっこり笑う)な、空間と時間ををみなさまにご提供できればと思います。 (HPより) 個室ブースが利用できる月額固定席利用、空いている席を自由に利用できる月額フリー席利用、会議室を10時間利用できる月額会議室利用の3つの月額プランがあります。 月額固定席利用が40,000円、月額フリー席利用が10,000円、月額会議室利用が16,000円から使用することが可能です。 1時間500円から利用できる時間利用のプランも提供しています。 料金 月額固定席利用 登録料 20,000円 月額 40,000円 月額フリー席利用 登録料 10,000円 月額 10,000円 月額会議室利用 登録料 10,000円 月額 16,000円 住所 〒101-0021 東京都千代田区外神田2丁目2-18東信お茶の水ビル 1F アクセス 秋葉原駅から徒歩7分 カテゴリー別のコワーキングスペースまとめ おすすめの記事• 最近の投稿• CATEGORY• ARCHIVES•

次の