勃起力 アップ。 ペニスの勃起力アップ~改善に確実に効果のある方法7選!

勃起力アップ・精力増強には【ツボ】を刺激するのが良いって本当!?

勃起力 アップ

あなたは、 勃起時のペニスに 硬さが足りなくて悩んでいませんか? この記事が目に留まったということは、少なからずそうした状況ではないでしょうか? でも 安心してください。 年齢を問わず 勃起時のペニスを200%以上硬くする事は誰でも可能です。 ただしそれを実現するには、 正しい知識を持ち、正しい手法を実行する事が、とても重要になります。 ですのでここでは、その 「ちんこを硬くするための 秘密と正しい方法」を何パターンかに分けて紹介していきます。 ペニスに骨はありません。 ペニスは海綿体と呼ばれるスポンジのような組織でできています。 海綿体はどのようなチントレをしても、海綿体それ自体は鍛えることは不可能なのです。 では、どのようにして勃起するのでしょう?まずは、勃起のメカニズムを見ていきます。 ペニスは大量の毛細血管が集まっています。 この毛細血管の中に血液が流れ込んで、海綿体が膨れ上がり硬くなって勃起します。 この血液の流れを自身でコントロールする事はできません。 勃起は単純な現象のように見えますが 、 実際には勃起の仕組みはものすごく複雑です。 硬く勃起するためには神経伝達や血管の働きが正常に行われることが大前提で、勃起に関するいろんな物質が分泌されることになります。 硬い勃起は海綿体の毛細血管に血液が集まることで起こりますが、その海綿体の周囲を白い膜が覆っています。 ペニスが硬く勃起しないときは、海綿体につながっている血管は収縮していて血液が流れ込むことができません。 これは、ペニスにある平滑筋が収縮して、海綿体に血液が流れ込むのを止めているからです。 逆に言うと、 ペニスを硬く勃起させるには、 常に血液を大量にペニスへ流し込み続ける必要があるのです。 しかし、年齢を重ねるとこの仕組みがうまく機能しなくなります。 ペニスに大量の血液が流れ込まなくなり、しかも海綿体に溜まった血液が流れ出してしまうようになります。 これが、 勃起不全とか中折れなどと言われる現象です。 しかし繰り返しになりますが、 正しい方法さえ実践すれば年齢を問わず ペニスを硬くする事は可能です。 以下で詳しく解説して参ります。 【硬いちんこにするには?】 勃起の仕組みを理解した上で、そろそろ本題に入って行きましょう。 結論から書いてしまうと、 硬いペニスにする方法のポイントは、 ペニス(陰茎)に流れ込む血流量を増やせばいいのです。 つまり、 血管の太さを太くしなやかにして、 大量の血液を常にペニスへ送ることが出来る心臓、そして、 水のようにスムーズに流れる血液、この三役がそろって硬いペニスが出来上がります。 その 血流の流れはペニスの増大効果にもつながりますので、この流れを作り上げれば、あなたのペニスは 「硬さはもちろん、サイズも今よりアップさせる事が可能」なのです。 でも 「本当にそんなことが可能なのか?」こういう疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。 それは当然かもしれません。 なぜならこれが簡単にできるなら、誰も勃起不全で悩む人はいなくなるからです。 しかし実際に、陰茎に流れる血液の量を 簡単かつ物理的に増やし、ペニスを硬く増大する方法があります。 それは、陰茎の血流を促す成分である 「L-シトルリン」の配合率が高いサプリを服用するだけでいいのです。 これはペニスを硬くする方法の中でも、 手軽で一番オススメの方法なので、当記事の で更に詳しく解説しています。 合わせて読んでいただけると、さらに理解が深まるでしょう。 もちろん、ペニスを硬くする方法は他にもありますので、以下で順に見て行きましょう! 1.体内に埋もれているペニスを外へ押し出す。 2.大量の血液をペニスの海綿体へ送ることが出来るようになる。 3.そして最後は、ペニスから戻る血液の量を少なくするという働きです。 ちょっと5秒間だけ、肛門を締めてみましょう。 そのあと5秒間ゆるめてください。 簡単ですよね? これがPC筋を鍛えるのにベストな筋トレです。 寝ていても座っていても、立っていてもできるトレーニングです。 簡単でいつでもどこでもできるのが、このチントレの一番のメリットでしょう。 「締める緩める」を10回1セットとして、朝、昼、晩、寝る前に計4セットおこなうと、早ければ3週間程度で効果が出てきます。 もちろん、この筋トレは継続して行わないと効果がありません。 最近では切らずに、ペニスにバイオアルカミドという注射剤を使用する方法もあります。 この方法だと、 半永久的に亀頭やカリを硬くすることが出来ます。 ただ、カリを中心にして亀頭が大きくなるという特徴を知っている人が見れば、すぐにばれてしまいます。 また、医療事故が100%ないとも言い切れませんし、自由診療なので高額な医療費を請求される可能性もあります。 【ED薬を使用する】 勃起不全を回復させる ED治療薬を使うことで、ペニスを簡単に硬くすることが出来ます。 例えば、 バイアグラなどがED治療薬と呼ばれます。 元々は心臓の薬として開発されたものですが、治験者達が薬の返却をしたがらず、理由を調べたところ、 主成分のシルデナフィルにペニスの勃起持続効果があり、それを治験者達が実際に体感したから返却を渋ったことがわかりました。 そんな経緯から、ED治療薬として現在の商品化に至ったのです。 こういうエピソードがあり、 実際に勃起力アップの効果も高いバイアグラには、 当然ながら副作用もあります。 効果のある薬には副作用がつきものです。 バイアグラの場合は、飲み続けると 心臓に負担がかかります。 そのため、 心臓が悪い方やお酒との併用はおすすめできません。 最悪の場合、 死亡する可能性もあるため、服用には十分注意する必要があります。 つまり、勃起不全だから硬いペニスが欲しいという 健康な方以外の使用はお勧めできないのです。 バイアグラのようなED治療薬は、 心因性の勃起不全には有効で、勃起力を高めるために活用することができます。 心因性の勃起不全は、過去のセックスの失敗、過度な緊張、不安、ストレスなどで、ペニスが正常に勃起しないために起こります。 このような症状は、バイアグラによって改善することができます。 心因性の勃起不全は、若年層の方が顕著に現れますので、勃起支援、そして硬さアップのためには効果があるでしょう。 このように、ED治療薬を使用すれば、ペニスの 勃起状態を維持することができます。 初動の勃起力はあくまでも自力が必要です) バイアグラを飲んだからといって、性的な興奮もなく勝手に勃起する訳ではなく、あくまでも性的興奮を感じる中で勃起するわけです。 バイアグラには 「勃起状態を元に戻そうとする酵素の分泌を阻害」する働きがあるので、勃起状態を維持することができるのです。 そのため、中折れしやすいなど 「勃起の硬さ・維持に不安がある人」には有効なのです。 ED治療薬を使うのは本来ならあまりオススメできないのですが、生活習慣、特に食生活と運動習慣を見直せば、薬を有効に活用することができます。 ただ前述の通り、どんなに健康な人でも、やはり乱用は心臓に負担がかかるものであり、 勃起力を高めるためだけの理由でED薬を使用するのは、大変危険なので十分注意をしてください。 ED治療薬は、個人輸入などでも入手する事が出来ますが、 服用の際は医師の指導に従う事をオススメします。 どれも服用すると、 性的な刺激があった時のみ、ペニスが硬く勃起するようになります。 普段から 正常に勃起する男性も性的刺激たあったときだけ硬く勃起するので、同じ状態になるわけです。 ED治療薬が必要な人は、 これらのED治療薬がないと、(静的刺激を受けて) 性的な興奮を覚えたとしても、勃起には至りません。 バイアグラ、レビトラ、シアリスはほとんど同じような作用の薬ですが、使われている有効成分はそれぞれ違うので、効果や副作用も違います。 また、 副作用についても同様で、バイアグラでは何ともなかったのに、レビトラを飲むと顔が火照るということもあります。 まだ若い人で、 心因性要因のために硬さや勃起力が足りない人は、このような治療薬を使ってみるのも良いでしょう。 もちろん高齢者でも、使ったらダメという訳ではありませんが、高齢者がペニスの硬さや勃起力が弱くなるのは、本来生物学的に見て自然なので、 ED治療薬を使って勃起させるのは、自然の摂理に反する行為と言ってもいいでしょう。 高齢になると体全体のエネルギーが乏しくなるので、生きるために必要なエネルギーの確保も難しくなってきます。 それなのに、 「たった数分の快楽のために、大量のエネルギーをセックスに消費するのは非効率」と体が捉えている訳です。 このため、高齢者がED治療薬を頻繁に使うと、間違いなく命を縮める結果となりますから、本記事のメインテーマである、 「副作用やリスク無くペニスを硬くする 方法」 に重きを置く場合は、これより下の 3つの解決法を推奨致します。 【食生活を和食に変える】 これは、血液、血管、心臓を整えるにはベストな選択です。 人間が不健康になる理由の一つが偏った食事です。 バランスよく食事 をしなければ、悪玉コレステロール値や血糖値が高くなって、血液がネバネバしてきます。 血液がネバネバになると、色々な問題が出てきます。 勃起不全の遠因にもなりますし、 ペニスの硬さに関しても、粘度の高い血液は 勃起時のペニスの硬さの低下を招き、さらに勃起維持そのものも難しくなります。 しかも、粘度の高い血液を 体全体に循環させるためには高い圧力が必要なので、血圧が高くなります。 また、このネバネバした血液は毛細血管に入りにくいので、毛細血管を傷つけてしまいます。 さらに、血中コレステロール値が高ければ、血管の壁にコレステロールがはりついて、血管の壁が厚くなってしまいます。 その結果、血管の柔軟性が失われます。 これが 動脈硬化と呼ばれるのですが、動脈硬化になれば血液の循環はさらに悪化して、毛細血管を詰まらせる結果になります。 ペニスを硬くするために必要な血液の量が少なくなれば、ふにゃふにゃしたペニスになるのは、火を見るより明らかです。 また、 血糖値が高いのも要注意です。 血糖値が高いのは血液内のブドウ糖の量が常に多い状態です。 本来はインスリンというホルモンのおかげで血糖値は下がるのですが、インスリンの働きが追い付かなくなると 高血糖になります。 ブドウ糖は細胞のエネルギーになり、余分なブドウ糖はインスリンの作用で脂肪として体に蓄えられます。 しかし、インスリンの分泌量が血糖値の量に追いつかなくなれば、常に血液の中に過剰な量のブドウ糖がある状態になります。 こうなると、ブドウ糖は健康な細胞へ悪さをはじめるのです。 その結果、心配されるのは 神経障害です。 神経障害が起きると、性的興奮を起こすような場面でも神経回路に異常が起きていますので、 脳からペニスへ勃起命令が届きにくくなり、結果として 勃起しなくなるのです。 さらに、 海綿体にも異常が起きます。 詳しい説明は省略しますが、 海綿体が勃起するための機能が正常に働かなくなるのです。 その結果、勃起出来なくなってしまうわけです。 また、前述した動脈硬化にもつながるため、 勃起も硬さを維持するのも難しくなります。 これらの問題を解決するには 食事療法と運動療法しかありません。 まず食事に関していえば、 和食を中心にした健康的な食事に変えるのが理想的です。 野性味あふれるペニスにするには肉を食べるのがいい、と思うかもしれませんが、 栄養学的に見ると、肉を食べても野性味あふれるペニスは作れないのです。 野性味あふれるペニスを作るには、肉よりむしろ魚を食べたほうがいいでしょう。 特に青魚にはEPAという成分が含まれていますが、これには血液をサラサラにする効果があります。 さらに、納豆にも血液に有用なナットウキナーゼという成分が含まれています。 このように、和食にはペニスに良い効果をもたらす成分が多いのです。 ちなみに、魚を中心とした食生活をしている日本人のペニスと欧米人のペニスの硬さを比較すると、 魚を中心とした食事をしている 日本人の方がペニスが硬いという報告があります。 つまり、昔ながらの和食のほうが、野性味あふれるペニスを作るのに適しているということです。 逆に肉ばかりを食べていると、ビタミン不足や血中コレステロール値が高くなるなどの問題が出てきますので、野性味のあるペニスを作るのは難しくなります。 また、 和食でも「白米」ばかり食べるのはおすすめできません。 白米には糖分が含まれていますので、食べ過ぎると今度は 糖尿病になる恐れがあります。 もちろん、常識的な範囲内の食事であれば全く問題はありません。 和食にこだわるのであれば、米から麦に変えると糖分も少なくて、 勃起力アップに効果的です。 しかも、その方がダイエットにもなり、 男性ホルモンの中の 「テストステロン」の分泌量の減少を食い止めることが出来ます。 【運動をする】 どんなに素晴らしい食生活を送っていても、 運動しなければ硬いペニスは得られません。 運動すると心肺機能が高まるうえ、体に有害な毒を排出することが出来ます。 ですから、 精力増強効果があるのは間違いありません。 これは、スポーツ選手が精力旺盛なのを見てもわかります。 運動すると男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌量が増えるので、 男性機能が活性化して勃起力もアップします。 「運動してペニスが勃起するの?」と疑問を持つ人がいるかもしれません。 スポーツを続けている人は、 ジョギング程度の軽い運動であっても脂肪の燃焼が促進されるので、続けているうちに次第に脂肪が減って締まった体になってきます。 そういう人を見ていると、いかにも健康的でエネルギッシュです。 反対に、運動しない人はメタボ体質になって太ってきます。 太っている人は見るからに不健康で精力もなさそうです。 そんな人は当然、勃起力も不足して行きます。 この様に、運動を続けている人とそうでない人の間には、明らかな違いがあることがわかります。 ちなみに、この血中コレステロールと高血糖からくる糖尿病を改善させるためには、運動と食事療法しかありません。 ペニスを硬くするためには、運動は必要不可欠です。 では どのようなトレーニングがいいのでしょうか。 一番適しているのは、 PC筋のトレーニングです。 運動には 無酸素運動と有酸素運動がありますが、特に 勃起力に関しては両方とも重要となります。 有酸素運動は、ランニングとか水泳とかの中~長時間、全身に負荷をかけていく運動です。 そして 無酸素運動は筋トレのような短時間の激しい運動です。 まず 有酸素運動についてですが、 勃起力を高めるための PC筋トレーニングは、ペニスへ流れる血流を調節して、 勃起力をアップさせるためには欠かすことができません。 PC筋トレーニングは水道の蛇口の性能を高めるようなトレーニングであり、 有酸素運動は水源や水道管の機能を高めるトレーニングに例える事が出来ます。 水道は水源から水道管を流れてきた水を最後にせき止める場所です。 しかし、根本的な問題として水源の水の量が減れば、いくら蛇口をひねっても出てくる水の量は減りますよね? また水道管がボロボロで、内部にたくさんゴミが溜まれば、水源の水が豊富であっても、蛇口をひねったときに出てくる水量は少なくなります。 有酸素運動は水源の水の量を増やし、水道管を新しく奇麗にして水をスムーズに流しやすくするために欠かすことができないのです。 つまり、 PC筋トレーニングはペニスに血液を大量に流すためには必要不可欠な運動なのですが、ペニスまで血液をスムーズに流すためには 有酸素運動が欠かせないのです。 それでは、 有酸素運動をすることで具体的に何が変わるのでしょう? まず有酸素運動をすることで、血液のポンプである心臓と第二の心臓と呼ばれる足の筋肉の機能が強化されますので、 有酸素運動をする前と比べて血管の中を流れる血液の量が多くなります。 さらに、 血管の柔軟性もアップするため、有酸素運動をしていない方と比べればよりスムーズに血液が流れるようになります。 これは同じ心機能を持っている人と比べればわかりやすいのですが、 血管の柔軟性が高い人ほど、僅かな力で血液を押し出せば全身をスムーズに流れるため、 勃起力を維持し、勃起力をアップすることができるのです。 勃起の硬さ以前に中折れが酷いという場合は、 PC筋のトレーニングと有酸素運動をすることで、中折れすることなく、 射精に至るまで20代の頃のように勃起し続けることが可能となります。 しかも、薬を使って無理やり心機能をアップさせているわけではないので、健康面から考えても非常に有用なのです。 また、有酸素運動をすることで内臓脂肪を燃焼させることが出来ます。 脂肪は、男性ホルモンのテストステロンを、女性ホルモンに変える作用があります。 このテストステロンは男性が男性らしくあるために必要不可欠なホルモンであり、 テストステロンの量が多ければ当然、 男性らしい雄々しいい勃起力を持つことができます。 しかし、テストステロンの量が減少すると、男性にとってありがたくないジヒドロテストステロンという物質ができてしまいます。 男性ホルモンとしてはジヒドロテストステロンの方が強いので、少なくなったテストステロンの穴埋めにジヒドロテストステロンが使われることになります。 しかし、 ジヒドロテストステロンはいわば悪玉のホルモンであり、 増えすぎると性欲や精力減退につながります。 精力が減れば勃起力も衰え、ペニスの硬さも当然ですが低下してしまうわけです。 大切な事なので繰り返しますが、 有酸素運動とPC筋のトレーニングは、 テストステロンの分泌量の減少を食い止めることが出来るので、いつまでも 精力的で勃起力のある肉体を維持することが可能となります。 また、 筋トレのような無酸素運動は、程よい筋肉をつけることができるため、テストステロンの生成量を増加させることに繋がります。 つまり、 有酸素運動でテストステロンの減少を食い止め、無酸素運動でテストステロンの量を増やすわけです。 この両輪が揃ってはじめて、雄々しいペニス、硬い勃起力に繋がるのです。 有酸素運動と無酸素運動の違い ここで、有酸素運動と無酸素運動の違いをしっかり把握しておきましょう。 有酸素運動とは、 ウォーキングやジョギング、エアロビクス、サイクリングなどのように、長い時間続けて行う運動のことを言います。 このような運動をしている最中は、筋肉を収縮させる作用を持つアデノシン三リン酸(ATP)を、酸素とともに生成するので有酸素運動と呼ばれます。 つまり、有酸素運動とは、読んで字のごとく「酸素が必要な運動」という意味です。 食物から摂取したグリコーゲンは体の中に貯蔵され、運動時に取り出してエネルギーとして使われます。 しかし、グリコーゲンだけでは長時間運動を続けることができないので、途中から体脂肪を分解してエネルギーとして使います。 このとき大量の酸素が必要となるので、こうして行う運動を有酸素運動と呼ぶわけです。 有酸素運動は体脂肪を燃焼させるので、痩せることが出来ます。 いわゆる、運動すると痩せるのはこのためです。 また、 有酸素運動をすると呼吸器系の機能がアップします。 運動するために大量の酸素が必要になりますが、その酸素を筋肉まで運ぶには、強い心臓と肺が欠かせません。 有酸素運動をすると体脂肪が燃焼して痩せますが、最近問題となっているのは内臓脂肪です。 内臓脂肪は高血糖、脂質異常、高血圧、動脈硬化などを招きますが、有酸素運動をすると内蔵脂肪も燃焼するため、これらの症状を改善することができます。 これに対して、 無酸素運動は短距離走や相撲、バーベルなどを使うトレーニングなど、瞬間的に強い力を使う運動のことを指します。 無酸素運動といっても酸素を吸わないという意味ではありません。 筋肉を動かすエネルギーを、酸素を使わないで作り出すという意味です。 無酸素運動を続けるのは3分程度が限度で、それ以上運動を続けるには酸素が必要になります。 つまり無酸素運動も途中から有酸素運動になるわけです。 無酸素運動は、比較的短時間で大きな力を出す運動です。 無酸素運動を続けると、生活習慣病を改善することができます。 体脂肪を燃焼させるには有酸素運動が適していますが、無酸素運動を続けても体脂肪を燃焼させることができます。 つまり、体脂肪を燃焼させるためには、有酸素運動と無酸素運動のどちらかを行えばいいことになります。 【 L-シトルリン高配合サプリでペニスの血流を促進しよう!】 食生活を整えることで、血液がサラサラになることを説明しましたが、今のご時世、和食中心の食生活を続けるのは難しいと思います。 まず和食の材料を集めるのが難しい、調理が難しい、毎日和食だと飽きてしまう。。 これらの理由からすぐに挫折してしまう可能性が非常に高いのです。 健康になることは、簡単な様で実は難しいのです。 またPC筋トレーニングや有酸素運動をしようにも、社会人になると 「中々まとまった時間が取れない・・・」という多忙な人も多いことでしょう。 サプリメントで効率良く体に有用な栄養を摂って行けば、飲むだけなのでとても楽です。 当然ながら調理をする必要もありませんし、運動のように時間も気合もいりません(笑) そして、サプリメントの中には 「陰茎の血流を促進させる効果の高い専用サプリ」 があるのです。 これは 「L-シトルリン」という成分が主に ペニスの血流を促進させるのですが、他の有効成分として 「すっぽん」や 「マカ」など天然由来の成分が配合されている商品は、 滋養強壮や精力回復にも効果を発揮します。 更に、こうしたサプリの中には、 ペニスの勃起力や硬さアップには必須だが、 高価で手に入れにくい貴重成分を激選抽出&凝縮して販売している優良商品もあります。 つまり、 ペニスの硬さをアップさせる最短の方法は、通常の栄養補助サプリで体内環境を整えつつ、 陰茎への血流促進を一気に高める「L-シトルリン」高配合の専用サプリを服用する事です。 ちなみに、L-シトルリンはウリ科の植物のスイカやメロンなどから抽出することができます。 以前はあまりにも効果が高かったので 医薬品の指定を受けていたのですが、その後見直されて 医薬品指定が解除され健康食品であるサプリメントに配合できるようになりました。 これは逆に言えば、 陰茎の血流促進~ペニスの硬さと勃起力を実現出来る、 副作用の無い天然成分の中では、 「L-シトルリン」が最も即効性があり優れている という事が出来ます。 ただし、人体に有効なのは天然由来のシトルリンだけなので、L-シトルリンと表示されたサプリメントでないと効果はありません。 日本人であれば反り返った日本刀のような、一撃のもとに女性を落とせるペニスを持ちたいものです。 ペニスを硬くするための方法は、 ・PC筋を鍛える。 ・ED治療薬を使用する。 ・手術を受ける。 ・和食を中心にする。 ・運動をする。 ・陰茎の血流促進効果の高い「L-シトルリン」高配合サプリメントを使用する。 など、さまざまな方法があります。

次の

勃起力トレーニング!

勃起力 アップ

管理人のまことです! この記事では勃起力を上げるトレーニングを多数紹介しています。 勃起力トレーニングの主な方法としては、 「 筋力トレーニング」になります。 セックス中に中折れをしたり、勃起力が低下する原因としては、血流が悪いことが挙げられます。 血流が悪くなるのは、食生活や運動不足などが考えられますが、中高年男性の勃起力が弱い原因としては、 筋肉不足が大いに起因しています。 筋肉がなければ、血液を循環させるポンプの働きが弱くなるので、結果的にペニスに血液を流し込む力が弱くなり中折れしたり、勃起力が低下してしまうのです。 これから勃起力を上げるトレーニング方法を多数紹介していきますので、 できることから気軽に始めてみましょう!^^ 目次• PC筋(恥骨尾骨筋)を鍛える! 画像引用元:著書「おしっこの本」参照 PC筋とはペニスと肛門の間にある筋肉です。 おしっこや射精を我慢する時に使う筋肉でこのPC筋をトレーニングすることで勃起力を上げることができます。 どうしてPC筋を鍛えることで勃起力が向上するのでしょうか? それは、 一度男性器に流れ込んだ血液を長時間止めておく働きをしてくれるからです。 このPC筋が弱いとペニスに流れ込んだ血液がすぐに引いてしまい、勃起が弱まることになります。 また、 このPC筋ですが、肛門と尿道を締める働きもあります。 つまり、早漏で悩んでいる男性にとっては、鍛えるべき筋肉NO1なのです。 PC筋が強化されることで射精感がこみ上げてきた時に「ぐっ」と我慢する助けとなります。 PC筋を鍛えることで「中折れ」だけではなく、「早漏」も防ぐことが出来ますので、勃起不全・早漏に悩んでいる男性は必ずPC筋を鍛えるようにしてください。 それでは、PC筋を鍛えるトレーニング方法をご紹介していきましょう。 PC筋を鍛える方法 PC筋を鍛えるには、「肛門に力を入れる」だけです。 ・手順• 肛門にぐっと力を入れ10秒間キープします• 10秒間、力を抜いてリラックス」 この1と2の繰り返しを 1日5セット行ってください。 この 勃起力トレーニングは自宅でテレビを見ている時でも、仕事中でも、電車に乗っている時でも、いつでもどこでも実践可能です。 早い方で2週間程度、遅くても2ヶ月〜3ヶ月くらいで勃起力が強まります。 勃起時のペニスの張りが変わってきますので、効果を実感しやすいでしょう。 BC筋(球海綿体筋)を鍛える! 画像引用元:著書「おしっこの本」参照 BC筋とPC筋は同じと思われている方もいらっしゃいますが、全く違う筋肉になります。 PC筋はペニスと肛門の間にある筋肉ですが、 BC筋はペニスの付け根にある筋肉になります。 BC筋の働きは尿や精子を出す力になることです。 この BC筋が強いと射精距離が伸び、快感が増すと言われています。 また、尿道の周りに張り巡らされているので、射精感がおそってきた時に、我慢するための筋肉でもあります。 つまり、 射精をコントロールすることができるのです。 PC筋と同様、このBC筋をトレーニングすることで早漏改善、射精コントロール、勃起力アップの効果を得ることができますので、是非、PC筋と一緒にBC筋も一緒にトレーニングしてください。 BC筋を鍛える方法 では、BC筋を鍛えるにはどうしたらいいのでしょうか? それは、PC筋を鍛えるのとほぼ同じです。 PC筋を鍛える時には、肛門に力を入れ、力を抜いて、の繰り返しでしたが、 BC筋を鍛える時には、 肛門に力を入れている時に、ペニスをピクピクさせます。 これで、BC筋に負荷がかかり、勃起力トレーニングにつながるのです。 BC筋のトレーニングも場所や時間を気にせずに実践できますので、PC筋トレーニングと一緒に取り組んでみてください。 勃起力を上げるための下半身筋肉部位 画像引用元:著書「病気の9割は歩くだけで治る」参照 今まで、PC筋、BC筋を鍛えてダイレクトな勃起力トレーニングを紹介してきました。 今回は下半身を鍛えるという内容でご紹介したいと思います。 勃起力を安定的に上げるなら、一緒に下半身を鍛えると効果的です。 結局、中折れしたり、勃起力が弱々しい原因として、血流が悪くなっていることが関係しています。 勃起の仕組みとしては、陰茎海綿体に血液が急激に流れこむことにより勃起しますので、 血流が悪いだけで勃起力は低下してしまうのです。 しかし、筋肉が血流を良くするって疑問に思う方もいらっしゃると思います。 血流は、心臓がポンプ代わりになっていて、心臓から血が全身に流れ込み循環していると学校で習いましたよね。 しかし、血流を促すのは心臓だけではなく、筋肉もその役割を担っているのです。 血管の周りにある筋肉が血管を膨張させたり、収縮させたりすることで血流を促しています。 また、 筋肉量が増えれば、その分、毛細血管が増えますので、血流の絶対量が増えて、結果的に陰茎海綿体に流れる血液量も増え、勃起力が向上するのです。 つまり、筋肉を増やすことが勃起力アップの要とも言えるのです。 では、具体的に下半身のどこの筋肉を鍛えれば効果的に勃起力トレーニングができるのでしょうか紹介します。 画像引用元:著書「病気の9割は歩くだけで治る」参照 下半身には、• 「大腿四頭筋」(だいたいしとうきん)• 「大臀筋」(だいでんきん)• 「大腿二頭筋」(だいたいにとうきん) と言う3つの大きな筋肉が備わっています。 「 大臀筋」とは、お尻の周りについている大きな筋肉で性交時にピストン運動をする時の助けになる筋肉になります。 「 大腿四頭筋」とは、太ももの表側にある大きな筋肉でスクワット運動で使う筋肉になります。 「 大腿二頭筋」(ハムストリング筋)は体が全面に倒れないように支えている大事な筋肉でこの部位も下半身の血流を促す大きな筋肉ですね。 この3つの筋肉を鍛えるには、「スクワット運動」が一番効果的です。 しかし、ただスクワット運動をするだけでは効果が薄いのです。 勃起力を上げるためには、筋肉の「量」を増やす必要があります。 筋肉は、瞬発力の筋肉と、持久力の筋肉があります。 瞬発力の筋肉とはあまり肥大せず突発的に動かす筋肉ですので、筋肉量的には少ないのです。 血流を促進して勃起力を強くするためには、「筋肉量」を増やす必要がありますから、 「持久力筋肉」を鍛える必要があります。 そのためには、 スクワットをゆっくりと行いましょう。 ゆっくりと10回程度で限界がくるトレーニングを行いましょう。 このスロートレーニングで、持久力の筋肉がつきますので、筋肉が肥大していきます。 3-1. 筋力トレーニングのときは意識を集中させる 筋力トレーニングをするときには、筋肉に集中して行いましょう。 決してテレビを見ながら行ってはいけません。 筋肉を使っている時は、 「筋肉を使っている意識」を持って行うことで、何気なく筋肉を使う時よりも、筋肉により負荷がかかりますので、効率的な筋力とレーニングになります。 ジムなどに行くと、 鏡の前でダンベルを持ち上げている方がいますが、 これは、 筋肉を見たり、意識することで、効果的に負荷をかけられることを知っているからです。 3-2. ご年配の方は無理をせず ご年配の方がスクワットトレーニングをする場合には無理は厳禁です。 無理に負荷をかけると腰を痛めたりする可能性があります。 腰が弱い方は、大股でのウォーキングをしたり、 椅子に座りながら足を上げ下げする運動などをして無理せず勃起力トレーニングをするようにしてください。 3-3. 豆知識:筋力トレーニングは男性ホルモン(テストステロン)を促進する!? 勃起力トレーニングには筋トレが良いことはわかったけど、 血流を促すだけで勃起力は増すの!?って思いませんか? 実は、筋トレは、精力を上げることに直結しています。 まず、筋トレをします。 筋トレをすると、筋肉細胞が壊れて、 脳は筋肉を修復させようと、テストステロン(男性ホルモン)を分泌します。 このテストステロンが勃起力を上げる元になるのです。 性的な刺激を五感から感じると男性の脳は、テストステロンを分泌します。 そして、テストステロンが神経興奮物質になるドーパミンを発することで、ペニスに血液が流れ込み、勃起するのです。 つまり、性的な興奮があった時に、 脳からテストステロンを出すことができなければ興奮せず、 勃起できない、もしくは勃起力が低下するのです。 勃起するために必要な テストステロンは筋トレをすることで、分泌させることができるので、勃起力トレーニングとして筋トレが有効なのです。 しかしながら、筋トレをしすぎると、 逆にテストステロンを消耗してしまいます。 筋肉修復にテストステロンを全て消耗してしまい、もともとあったテストステロンも消耗する可能性があるからです。 勃起力を上げる筋力トレーニングとしては、 ジムでガッチガチに行うようなものではなく、1週間に数回行う、体を痛めない程度の筋トレが最適なのです。 肺活量を上げると勃起力が向上するって本当!? 画像引用元:著書「腰痛実学」参照 勃起力トレーニングでもう1つおすすめしたいものがあります。 それは、 肺活量を上げるトレーニングです。 肺とペニスは血管で直接的に繋がっているので、肺を鍛えることで勃起力も向上します。 肺から取り入れられた酸素は血液中の赤血球と結びつき、全身の血管を流れていきます(血流)。 人間の体を代謝させるエネルギーを作り出すために酸素は必要不可欠なのです。 この酸素を取り入れる力が強くなることで、 血流がスムーズになってきますので、 結果的に男性器への血流も改善し、 勃起力が向上します。 肺活量を上げるトレーニング法としては、ウォーキングをしたり、水泳をしたり基本的に 「有酸素運動」によって可能となります。 しかし、忙しい現代において毎日運動することが難しいケースもあるかと思います。 その場合には、両手を横に広げて大きくゆっくり深呼吸することでも、肺活量は活性化します。 普段から運動ができない方は、ぜひこの両手広げ深呼吸を習慣にしてみてください。 勃起力が上がるだけではなく、持久力・体力も向上し、リラックスもできちゃいます。 勃起力トレーニングまとめ 勃起力トレーニングには、• PC筋トレ• BC筋トレ• 下半身のトレーニング• 有酸素運動で肺を鍛える この4つが有効的です。 PC筋、BC筋のトレーニングはいつでもどこでもできるので「習慣化」し、 できるときに、下半身と、肺のトレーニングをしてみてください。 必ず、勃起力が向上し、ED(勃起不全)、中折れを改善する糧となるでしょう。 「飲むだけ」の勃起力トレーニング? ここまでは、• 「筋肉を鍛えて」• 「血流をアップさせ」• 勃起力を強化しよう! という話をしてきました。 それに合わせて、 「内側」から勃起力を強化できる方法を紹介したいと思います。 「 シトルリン」というスイカなどのウリ科植物に含まれている成分は、 血管拡張作用があり、ED(勃起不全)や弱々しい勃起を改善してくれる効果があります。 スイカだけで勃起力を強化しようとすると、 1日にスイカを何玉も食べないといけません。 それは無理ですが、 サプリメントなら勃起力を強化するレベルの量を毎日摂取できます。 シトルリンが主成分になった精力サプリですと、「 バイタルアンサー」が実績もあり、 特に「30代〜40代」の男性に人気があります。

次の

勃起力アップ

勃起力 アップ

ツボの位置:土踏まずのやや上で、指を内側に曲げた時にできる凹んだ部分。 ツボの押し方:親指を湧泉に当てて、他の指で足の甲側から支えます。 老廃物を流すイメージでつま先に向かって押しもみましょう。 効果: 肉体と精神の疲労に効果。 エネルギーが湧き出してきます。 こちらも足の三里同様、疲労回復効果があります。 エネルギーが湧き出し、心身ともに疲れが癒され性欲もアップするでしょう。 ストレスや疲労は精力減退の大きな要因ですからね。 まずはその根本原因を改善していきましょう! (参考記事) 勃ちが悪くなった!中折れするようになった人のためのツボ ・ 勃起しない ・ 硬さが足りなくて挿入できない ・挿入できても 中折れしてしまう というような ED(勃起不全)の症状に悩んでいる人におすすめのツボです。 陰包(いんぽう) ツボの位置: 肛門と睾丸の間にあります。 陰の気が集まる場所として重要な位置づけの場所です。 ツボの押し方:中指を会陰に当てて、下から突き上げるようにして刺激します。 繊細な部分なので慎重に行いましょう。 効果: 血流がよくなり、免疫力や精力を強化します。 前立腺は生殖活動をする上で無くてはならないものです。 生涯元気でいるためにも、病になってからでは遅いので日頃から予防をしっかりしておきましょう! ED撃退!使い捨てカイロで3つのツボ刺激 最後に、 「仕事で疲れてるのに自分でツボ押しするパワーもないよ…」なんて人にはこの 使い捨てカイロを使う方法が楽でおすすめですよ! カイロで温める三つのツボ ・太谿(たいけい) 方法: 上記の3つのツボを 各15~20分カイロを貼って温める。 1日1回、毎日続けるのが効果的です。 効果: 精力低下、EDの改善 まとめ ツボ押しは東洋医学が発祥で、約2000年の歴史を誇るものです。 WHO(世界保健機構)も、ツボ押しに効果があると公認しているほど、きちんとした治療法なんですよ。

次の