エッジガード。 エッジガードは必要か。当店的見解を少し。|tatsumisports

【通販モノタロウ】

エッジガード

硬式テニスラケットの多くには、 バンパーが装着されており、地面との擦れ、摩耗に強くできています。 対して、ソフトテニスラケットにはバンパーが装着されていないため、擦り傷が蓄積することで直接ラケットの折れの原因となります。 エッジガードは、バンパーの代わり(もちろん強度はありませんが)として、後付けできるシールタイプのラケットを保護するためのツールです。 と、こんな感じで説明を書いてみました。 直接的な理由はわかりませんが、おそらく重量的な問題で、(繰り返しの説明になってはしまいますが)ソフトテニスラケットにはバンパーが装着されておらず、塗装層の直下にカーボンがあるため、擦り傷が直接的に折れの原因や中折れの原因になってしまいます。 プレーしていると、ラケットの2時や10時方向の擦り傷はなかなか避けることが難しいもの。 擦り傷を保護する意味合いでエッジガードをつけることで、ラケット寿命は少し延びるのでは、と考えています。 ぶつけたら折れますので、そこは考えず。 エッジガードをつけるメリットとしては ・ラケットの擦り傷を保護できる という点が一番。 他には ・友達とデザイン被りをしない ・カラーコーディネートを楽しめる という点ですね。 では、デメリットは何か。 書いておきます。 ・バランスがトップヘビーになってしまう。 …これにつきます。 ラケットのバランスって結構繊細で、エッジガード自体にももちろん重さがあり、それをフレームトップにがっつり貼り付けるということは、自然とトップに加重されることとなります。 当店ではスイングウェイトという値を一つの参考にしますが、その値はエッジガードを貼り付けることで大きくなってしまいます。 ラケットのバランスを大切にされる方はエッジガードなし、擦り傷が気になる方はエッジガードあり、好みに応じて使い分けてください。 ちなみに、当店付近においては、エッジガードを貼り付けされている方が多いです。 理由は、というと・・・どちらかというとプレー中ではなく、ボール拾いの際などに地面とラケットが擦れることが多く、その傷の蓄積でラケットが折れてしまう、ということがあるため。 ちなみに、エッジガードを、 ラケット間誤差をなくす意味で貼り付ける方や、トップを回しやすくするためにあえてしっかりと貼り付ける方もいらっしゃいます。 エッジガード自体は300円ですので、比較的安価ですよね。 ヨネックスはしっかりと分厚め、ミズノはかなり薄め。 できる限りバランスを変えたくない方はミズノをチョイス。 しっかりと保護したい方はヨネックスをチョイス。 細かい部分ですが、気になる方はご相談を。 ではでは。

次の

車のドアエッジガードは100均で買うと損をする!

エッジガード

エッジガードとは? エッジガードは簡単に言うと地面などにぶつけることがあるフレームを守るためのアイテムです。 貼ると貼らないとでは 劣化具合が大きく違います。 地面に転がるボールなどを、テニスラケットを用いてボールを拾うこともありますが、あれでかなりフレームに傷が付いています。 それが蓄積していくとフレームは劣化が進み、寿命を縮めてしまうことになるのです。 エッジガードを使えばこの傷を防ぐことができるので、結果として劣化を抑え、 寿命を延ばすことも可能となってきます。 エッジガードを選ぶポイント エッジガードは商品によって、それほど性能に差はありません。 そのためエッジガードを使用するソフトテニスラケットと 同じメーカーやラケットのカラーに馴染むものを選ぶようにすることが大切です。 あえて違うデザインのものにしてもいいでしょうが、元々のテニスラケットの デザインを大きく損なう可能性もあるので、同じメーカーで馴染むものを選ぶのが無難でしょう。 また価格の問題で国産よりも中国産などの方が安いですが、エッジガードを貼り替えるときに元のラケットの塗装を剥がしてしまうこともあるので、あまり 品質は良くありません。 少しお金を出してでも国産のものにするようにしましょう。 エッジガードの替え時 グリップに貼るオーバーグリップテープほどすぐに劣化はしないので1度貼れば数カ月で貼り替える必要はないですが、エッジガード自体がボロボロになってしまうと、 傷からフレームを守るという本来の役割を果たせなくなってしまいます。 つまり、ボロボロになって来たら貼り替える必要があるということです。 ただ剥がした後はエッジガードの粘着テープが残っておりベトベトになってしまう場合があります。 これに対して ネイルリムーバーなどを使えばきれいに剥がすことが出来るとの口コミもありましたので、きれいに剥がせない方はお試しください。 エッジガードの貼り方 エッジガードは基本的に 表面と裏面の2側面から貼ります。 グロメットがある隙間を避けて表面に貼り、その後同じ幅で裏面も貼り付けます。 表裏とも手順は以下の通りです。 真ん中のカバーを取る まずはフレームの汚れを軽く拭いて落とし、テープの 中腹の保護シートだけ剥がしてください。 ここがテープを貼る基準となります。 ソフトテニスラケットの上部中央に貼り付ける 先ほどの テープの中心部とフレームの中心を合わせて貼ります。 これが決まってしまえば左右対称に貼りやすくなります。 両側も貼っていく 後は少し引っぱりながらグロメットを避けフレームに沿って 気泡が入らないように左右に貼り付けてください。 ただし引っぱりすぎると切れてしまう可能性があります。 また後述しますが長さを合わせるため、左右とも端はしっかりと貼りつけず、軽くつける程度にしておきましょう。 もう片面も同様に貼っていく 表面が貼れたら同じ手順で裏側も貼りつけましょう。 この時、引っぱって貼り付けるので、表面と裏面で わずかな違いが出てしまいます。 そのため最初はしっかりと貼らず、短い方を少し引っぱる形で 長さを合わせてからしっかり貼り付けるようにしましょう。 片面だけでいいのでは?と思うかもしれませんが、それだと 貼ってない方はどんどん傷ついてしまうので必ず両面貼る様にしてください。 エッジガードおすすめランキング:TOP5 それではエッジガードについていろいろ知れたところで、使いたい!という方もいらっしゃると思いますので、こちらでは おすすめのエッジガードを5選厳選してご紹介させていただきます。 1本のみの販売のものと3本分がセットになった商品があるため、使用する本数に合わせて選びやすくなっています。 また価格も安いことからお求めやすいとして第1位になりました。 こちらも1本入りと3本セットの2種類が販売されています。 中心にXystのロゴが入っており、カラーリングは6色から選べるので、男女とも使いやすい商品として第2位に入っています。 Mizunoのロゴがデカデカと入っていますが、全6色のカラーバリエーションでどの製品にも合わせやすいです。 また1本入りのものと 3本入りのセパレートタイプがあるので、好みに合わせて選べます。 こちらは3本セットのみであり、カラーリングはメタリックブラックとレッド、クリアの3色のみとなっています。 しかしどれもヨネックス製のものは合わせやすく、特にクリアは デザインに因らず使えるので、他社製のソフトラケットでも使えるとして第4位になりました。 ラケットのデザインをそのまま活かす、をコンセプトとしているのでメーカーロゴさえ入っていない本当に透明なエッジガードです。 どのメーカーのソフトテニスラケットも デザインを損なわず使える便利なアイテムです。

次の

【楽天市場】汎用商品 > ドアエッジガードフィルム:カーアクセサリー松印

エッジガード

エッジガード、コーナーガードの設置 エッジガード、コーナーガードは赤ちゃんの安全対策アイテムの一つで、スポンジタイプなどのクッション性がある素材で作られています。 種類も沢山ありますが、基本的な形として• テーブルなどの四つ角につけるタイプ• 壁の角部分などにつける直線タイプ• 長さを調節できるクッションテープタイプ これらがあります。 テーブルなどの四つ角につけるタイプ こちらはいわゆるコーナーガードで、テーブルやテレビ台、木製ソファーの角部分などに付けて怪我を防ぎます。 素材はスポンジタイプやゴム製のものがありますが、スポンジタイプの方が、クッション性があるので赤ちゃん向けにはスポンジタイプを基本に貼付けることが多いのではないでしょうか? 我が家も試しに購入したコーナーガードはスポンジタイプです。 取り付けは両面テープで貼付けるだけなので、簡単なのですが、木製家具の場合、お気に入りのものだと、正直躊躇してしまいますが、赤ちゃんの安全のためですので、仕方ないものの、もし粘着式でないコーナーガードがあったら使ってみたいですね。 壁の角部分などにつける直線タイプ 直線タイプは長さが決まっているタイプで、こちらもスポンジタイプが主流です。 壁の角部分などはこれで対応しやすいですが、長さが決まっているので、長さ次第ではテープタイプの方が、コスト的にもおすすめかなと思いました。 最初から形や長さが決まっているタイプはL字型の他にテーブルなどをスポっとカバーできるU字型もあります。 個人的にはテーブルに付けるものはU字の方を試してみたいので、良いものを探しています。 長さを調節できるクッションテープタイプ クッション性のあるテープタイプは長さを自分の好みで調節できるので、利便性が高いですね。 長さが決まっているタイプは家具によってはうまくカバーしきれないので、しっかりとガードしたい箇所はテープタイプを使う方が思った形で設置することができるのかな?と思います。 エッジガード、コーナーガードは形だけでなく、ココにも注目 赤ちゃんが触れることが多くなるエッジガード、コーナーガードは形だけでなく、素材にも注目したいですね。 クッション性はもちろんですが、例えばエッジガード、コーナーガードを噛んでしまった場合にちぎれにくい素材、舐めても体に影響が無い素材は赤ちゃんの誤飲などを防ぐのにもチェックしたいポイントです。 また、その他にもインテリアと合わせて使いやすいこと、汚れた時に水拭きなど掃除がしやすいこともポイントですね。 まとめ エッジガード、コーナーガードは赤ちゃんが生まれた家庭ではほとんどがお世話になる安全対策アイテムだと思います。 お気に入りの家具にエッジガード、コーナーガードをつけるのはちょっと気が引けるのは否定しませんが、赤ちゃんの安全には変えられません。 価格的にはそこまで高価なわけではないので、我が家も随時追加してこうと思います。

次の