ソムニウム ファイル 攻略。 『AI: ソムニウム ファイル』レビュー。愛あり、涙あり、笑いあり、下ネタあり!? 濃厚なストーリーと遊びやすさを兼ね備えた名作の予感。

AI: ソムニウム ファイル レビュー・評価・感想 (Switch)

ソムニウム ファイル 攻略

AI: ソムニウム ファイルとは? ジャンル:アドベンチャー 発売日:2019年9月19日 ハード:PS4, Switch, Steam メーカー:スパイク・チュンソフト 捜査パート 応太編 みずき編 イリス編 全滅編 解決編 ソムニウムパート 1日目:伊達 チュートリアル 2日目:みずき 遊園地 3日目:イリス 廃工場 4日目:応太 冷凍倉庫 5日目:まゆみ 真津下食堂 6日目:伊達 伊達の家 3日目:世島 倉庫街 4日目:イリス イクラマンふとし 5日目:イリス 伊久米神社 4日目:89号 左岸家 5日目:ボス 廃工場 5日目:瞳 森の中 6日目:犀人 Psyncルーム 打越鋼太郎氏がシナリオを手掛けている、もうこの時点でアドベンチャーゲームが好きな方ですと気になるゲームであることは間違いないと思うのですが、万が一にもご存じないという方もおられるでしょうから簡単にご説明しておきます。 恋愛アドベンチャーの金字塔「メモリーズオフ」、または「Ever17」、「ZERO ESCAPE 刻のジレンマ」なども手掛けておられるのでこのどれかの作品名をどこかで見聞きしたことがあるという方も多いでしょう。 これらの作品に共通して言えることは、打越鋼太郎氏のシナリオは「 プレイ後に心の中になにか【跡】のようなものが刻まれ」忘れられない作品となるということが特徴です。 AI:ソムニウムファイルこうた。 Steamのストアページ重いのにダウンロード爆速やった。 AI: ソムニウムファイルの評価 AIソムニウムファイルでは、昔ながらのアドベンチャーゲームでよくある登場人物やゲーム内世界のオブジェクトなどをクリックして 情報を集めて推理していくパートと、 人物の精神世界に入って攻略するソムニウムパートの2つをメインとして物語が進んでいきます。 メタルギアソリッドやメタルギアシリーズが好きな人なら思わずニヤリとなる場面もあるでしょうし、仰々しいBGMからの秀逸なギャグなども盛り込まれているので「謎の既視感」やなんとも言えない楽しさが随所に散りばめられていますよ。 以下はネットでの評判です。 さざなみ?? nagisazamin AI: ソムニウムファイル AI: THE SOMNIUM FILES プラチナ 全てのトロフィーを取得 AIソムニウムファイル トロコン完了。 ゲーム的にはかまいたちの夜のような感じのゲームですが、とにかくストーリーがめちゃくちゃ面白いと!! たっぷりと遊んでクリアしてもまたやりたくなる。 そういった感じの良ゲーで全てのトロフィーを取得したり、登場人物ごとのルートをそれぞれ楽しんだりと近年、少しアドベンチャーゲームから遠ざかっていたようなユーザーにもオススメです。 多少はグロい要素もありますが、 同居してる親族じゃない女の子とか、AIの相棒とか、いろいろと新鮮ですしグラフィックやポリゴンも綺麗で終盤に一気に伏線の回収に来るのが良いですね。 ゲームのプレイ時間も20時間から40時間程度ですから、アドベンチャーゲームをちょっと楽しみたい方にもお勧めです。 プラットフォームはプレステ4やニンテンドースイッチ、steamですが、steamでは50%OFFだそうです。 気になる方はセール中に買われてみても良いかも知れませんね。 AI: ソムニウム ファイルのネタバレって? 「AIソムニウムファイル」はAIを駆使して夢と現実のミステリーの謎を解いていく、というのが大まかなストーリーです。 以下は配信元のストーリー紹介文です。 11月のとある金曜日の夜。 降りしきる雨の中、 ひとりの女性の遺体が発見された。 場所は廃墟と化した遊園地のメリーゴーランド…。 その遺体の顔には左目がなかった。 どうやら犯人にくり抜かれ、奪われたらしい。 一報を聞きつけ事件現場に訪れた刑事、伊達。 彼は遺体の顔に見覚えがあった。 現実の世界で調査、聞き込みや取り調べを行う『捜査パート』と 夢の世界で意識の奥底に隠された真実を見つけ出す『ソムニウムパート』を 行き来しながら犯人を見つけ出す本格アドベンチャー。 ネタバレなし。 AI:ソムニウムファイル全クリし、興奮状態で本作をべた褒めするハマグリ。 同シナリオの、Ever17,極限脱出シリーズが好きな方にはものすっごく刺さる作品かなと思います。 特にミステリーとしては抜きん出てるかなと。 制作スタッフの方々に感謝! — こあげーまー 深谷ハマグリ Tsudahi ソムニウムファイルは大変おもしろい作品ですが、どこがどう面白かったかと語ってしまうとだいたいはそれがネタバレになってしまうので難しいところですよね。 ただ、極限脱出シリーズが好きな方なら間違いなく買いですし、キャラクターデザインも落ち着いていてグラフィックも綺麗ですし面白くて楽しめるのは間違いないですよ! ルートの分岐もけっこう多く用意されていますしキャラクターも物語自体も非常にクセが強いですので、近年まれに見る良いアドベンチャーゲームだと思います。 AI: ソムニウム ファイルはAmazonでしたら現在も安く買えるでしょうし、Switch版とかで手軽に楽しむのも良いでしょう。 AI: ソムニウム ファイルの特典とは 現在は終了していますが、発売当時に予約特典として、AI: ソムニウム ファイルをパッケージ版で購入するとスペシャルサウンドトラックがもらえるというものがあったようです。 ゲオ行ったらソムニウムファイルが3480円 税別 だったので買ってしまった 積みゲータワーから目をそらしつつ 特典付いてたのラッキーだなー???? — さつき? — 山刀 Wings YamagatanaWings AIソムニウム ファイル の声優は? 人気記事ランキング• こんにちは。 オンラインカジノ【minny casino】ブログミニー(管理人)です。 こんにちは。 オンラインカジノ【minny casino】ブログミニー(管理人)です。 オンラインカジノ【minny casino】ブログミニー(管理人)です。 今回の記事ではray9とか... こんにちは。 オンラインカジノ【minny casino】ブログミニー(管理人)です。 こんにちは。 オンラインカジノ【minny casino】ブログミニー(管理人)です。 こんにちは。 オンラインカジノ【minny casino】ブログミニー(管理人)です。 今回の記事... こんにちは。 オンラインカジノ【minny casino】ブログミニー(管理人)です。 こんにちは。 オンラインカジノ【minny casino】ブログミニー(管理人)です。 世界一... こんにちは。 オンラインカジノ【minny casino】ブログミニー(管理人)です。 今回は... こんにちは。 オンラインカジノ【minny casino】ブログミニー(管理人)です。

次の

【AI:ソムニウム ファイル】解決編

ソムニウム ファイル 攻略

このゲームについて プロローグ> 東京。 11月のとある金曜日の夜。 降りしきる雨の中、ひとりの女性の遺体が発見された。 場所は廃墟と化した遊園地のメリーゴーランド…。 その遺体の顔には左目がなかった。 どうやら犯人にくり抜かれ、奪われたらしい。 一報を聞きつけ事件現場に訪れた刑事、伊達。 彼は遺体の顔に見覚えがあった。 ゲーム概要 『AI: ソムニウム ファイル』は、「infinityシリーズ」「極限脱出シリーズ」など、多数の人気アドベンチャーゲームを手掛けた打越鋼太郎氏が、満を持して放つ新作アドベンチャーゲームです。 本作では、ゲームディレクション、シナリオライティングを打越鋼太郎氏が、リードキャラクターデザイナーをコザキユースケ氏が担当し、本格アドベンチャーゲームをお届けいたします。 プレイヤーは、警視庁の特殊班に所属する刑事となり、現代の東京を舞台に連続猟奇殺人事件の捜査に当たります。 ゲーム進行は、現実世界で行う捜査パートと、重要参考人の夢の世界に侵入するソムニウムパートに分かれ、プレイヤーはそれぞれを行き来しながら、事件の真相に迫っていきます。

次の

AI: ソムニウム ファイル レビュー・評価・感想 (Switch)

ソムニウム ファイル 攻略

9月19日にスパイク・チュンソフトさんから発売された『AI:ソムニウムファイル』のクリア後レビューです。 ストーリー等に関してはネタバレしませんが、公式で出ているような情報や、ちょっとしたゲーム全体の雰囲気、打越さん作品関係で少し今作にも触れたりするので軽微なネタバレありとしています。 AI:ソムニウムファイルの個人的点数【95】点! いやー、面白かった!最近アドベンチャーゲームをプレイする機会が減っていたのでプレイ前はちょっと最後まで遊べるかな・・・と若干不安な気持ちもあったのですがプレイしてみたら クリアまで寝る間も惜しんで遊んでしまいました。 それくらい熱中できた。 アドベンチャーらしいアドベンチャーが遊べたなという感じ。 個人的な好みを加味していえば100点をつけてもいいくらいではあるんですが、ちょっと部分部分でゲームの処理的な意味で重くてテンポが悪い箇所があったり(ゲームのテキスト自体のテンポはものすごい良いです)、いいキャラなのは間違いないのですが 応太にイラっとしたり、今後の作品への期待も込めての5点です。 アドベンチャーゲームが好きな人はもちろん、前述の通りちょっとアドベンチャー系のゲームから少し離れてた人もぜひ遊んでほしい、そんな一本でした。 今作の良かったところ まず、ストーリー。 打越さんの作品では結構オカルト系とかSF、超常現象というようなこともお話に入ってきますが、 そういうのが好きな人はぜひやるべきですね。 今作も事件の捜査のために、対象の人物とシンクして夢の中に入り、事件のてがかりを探すことになるのですが、これも うまくお話とゲームシステムが絡んでるなーと。 何回か泣いちゃったよ。 そして所謂テキストを読み進めるパートとソムニウムパートの切り替え、 テンポがものすごく良いんですよね。 このテキストのテンポの良さが一気にクリアまで行けた要因かも。 やめどきに困るタイプのゲームですこれは。 こう、1章とか同じお話が長ーく続くタイプのものってだんだんだれたり疲れたりすることもありますが、場面切り替えがスムーズでいいところで切り上げて次に行くので自分の興味が薄れる前に次に行けるんですよね。 このテンポ感はさすが! この手のゲームはネタバレできないので話の中身には触れられませんが、ルートを進めていくごとに「こいつ怪しくね?」ってのが色々出てきつつ、 それらを納得させる回収の手法は良かった。 そして特に次回作を匂わせたりせず、ちゃんと 綺麗に本作1本でまとまっているので、そこも安心ですね。 そして同じく大事なキャラクターですが、これも 最 の 高でした。 コザキユースケさんのイラストが可愛いのはもちろんですが、キャラの個性とか声とか諸々良い。 アイボゥ可愛すぎかよ。 というか月並みですけど、 皆良いキャラです。 本当に。 あせとんちゃんことイリスも可愛いし、みずきも生意気だなと思ってたら最後泣かされたし、ボスも良い人だし、瞳は幸せにしてあげたいし、ホワイトな組織の組長、猛馬もまさかこんないいキャラだとは思わなかった。 あと 応太は母ちゃん大事にしないとぶっとばすかんなマジで。 メインサブ含めて魅力的なキャラばかりで、やっぱりキャラって大事だなって思いましたよね。 そして何より 主人公である伊達がスゲー良いキャラしてるんだ。 ミステリアスでクールなやつかと思ってたらそんなことはなかったぜ!いや、カッコいい場面もかなりあるんですけどね。 基本熱い男だし。 ただ、それ以上にネタというか下ネタというかお笑いな要素がめちゃくちゃ多い。 熱海行こう。 でも、それがあるからこそ物語全体の空気感がじめじめしなかったというか起きてる事件的には凄惨な場面もかなりあるのに、伊達にかなり救われてるところはあります。 この辺はもっとシリアスで重い雰囲気が好きな人には評価が分かれるところかも。 ちょ~っと能天気~。 とにかくキャラクターは好きな子ばっかりでした。 アイボゥがマジで欲しくなるので早く技術の完成を急いでください。 切実です。 それからゲームシステムも基本的に親切にまとまってます。 クリアまで特に迷うことなく行けるんじゃないかな。 オートやスキップ、フローチャートなどアドベンチャーらしい基本要素はバッチリ。 トロフィーのためにちょっと色々探すときに少し手間取ったくらいかな。 流れ的にはエンディング>ほかのエンディングって感じで進んでいけるので何周もしないといけないっていうか1周の途中途中に個別エンドがある感じです。 ソムニウムパートも色々ワードを取る順番とか考える部分もあったりして、それが少しゲーム性を高めている感じ。 最初ちょっと面倒なのかな?と思いましたが、そうでもなかったです。 あんまり話の内容に触れるとネタバレになってしまうので、ちょっと話していい部分とダメな部分の選定に困るところなので、とりあえず良いところはこんな感じ。 ちなみに自分の トロコン時点ではプレイ時間は約25時間程。 すげー早く読んだり、もっとじっくり読むと変わりそうですが、基本はクリアまで2,30時間って感じですかね。 今作の気になったところ では、お次は気になったところ。 といっても95点つけてますのでほぼ不満はないんですけど、強いて言えば冒頭で書いた動作が重いのについて。 収集のためや、ちょっと気になる部分を読もうとして戻ってスキップしたりするときにスキップしてるのにちょっと待つ時間とかちょこちょこ出てくるんですよね。 後は気になったとかではないんですけど、最近の打越さんの作品だといわゆる謎解きがコンテンツのメインの一つである作品が多かったのでその部分に魅力を感じてた人は今作はちょっと肩透かしを食らうかなと。 自分も謎解きは好きですけど、こういうアドベンチャーメインのゲームも良いなと思うのでこれはこれでベストな形の一つかなと思います。 お話の良し悪しは好みの問題も多分にありますし、Z指定のゲームなので しっかりグロな部分はしっかりグロしてるのでそういうのが本当に苦手な人はやめたほうがいいと思います。 本当に個人的にはそれくらいかなぁ。 まとめ 結構内容に関して褒めてばっかりでしたが。 この手のゲームは好みと、あとは ゲームをゲームとして楽しめるかどうかってかなり重要だと思うんですよね。 例えば、内容は省きますが敵との戦闘シーンが何度かありまして。 雰囲気はともかく実際はかなりギャグというか突っ込みどころも色々あるんですけど、そこで「いやいや、どういう状況だよこれ」って突っ込んじゃう人なのか、「どうしてwww」って楽しめるのかどうか。 前者の人はちょっと楽しめない部分もあるかもしれませんね。 言うまでもなくこれはゲームです。 色々とオカルト関連のリアルネタも入っていてそういうのが好きな人なら楽しめる点も多数ありますが、大前提としてゲームを楽しむ心があるかどうかという。 もし、プレイ前のあなたがこれを読んで、ゲームを楽しむ心を持っているのであればぜひプレイしてみてください。 アドベンチャーゲームとしてオススメできる1本です。 makaido.

次の