らく よう えん。 安楽亭グループ初の食べ放題専門店「えんらく 環七梅島店」オープン|株式会社安楽亭のプレスリリース

新企画始めます。

らく よう えん

主人公=「僕」は、どこにでもいるフツーな奴。 どのくらいフツーかって? ルックスC、成績オール3(5段階で)、草野球ならレフトで6番。 青春真っさかりなのに恋人はいないし、もちろん童貞。 年に2回開催される有明ビッグイベントに欠かさず行くってくらいフツーだ。 ……まあ、一般的には、 少しだけダメな人かもしれないけれど。 でも、いつまでもそんな「僕」じゃいられない。 今回の冬コミを最後に同人誌製作からは引退。 そして春からは晴れて大学生。 今まで妹しか買ってくれなかった僕の同人誌を買ってくれる人が今回は2人も居たけれど。 そんなことで後ろ髪引かれているわけには行かないんだ。 さようなら、今日までの痛い僕。 そしてこんにちわ、明日からのサワヤカな僕。 ……そして春。 おめでとう!!予備校合格(誰でも合格できる) 結局受験した大学全てに落ちてしまった僕は東京でしがない予備校生として生活を始めることになる。 いや、はずだった。 バカでダメでヲタでどうしようもない僕らにとってそこはある意味楽園。 発売延期?予算不足?ライター逃亡?バグ発生? それでも結構日々は楽し。 の場合〜」公式サイトより一部引用) ……あいたたた。 上のストーリー紹介の通りこのゲームは「エロゲー会社を舞台にしたエロゲー」です。 よって必然的に登場キャラクターはヲタクばかり。 まず主人公が浪人エロゲ原画家ですし、ヒロインはグラフィッカー、バイト制作進行、新人シナリオライター、エロゲ声優の卵、ライバルブランドの売れっ子原画家というのだから素敵です。 普通の人がいやしねぇ。 また、テキストにおいてもそういった面が色濃く出ています。 地の文から台詞までありとあらゆるところにパロディ、2chネタが頻出。 出てくるのは人間は全員ヲタなのでこういうノリなのはある意味自然ではありますが。 シナリオ内容もまた凄い。 いきなりシナリオライターがスランプに陥って逃亡、そんな事は日常茶飯事と言い切るディレクター。 「何故本社の連中はその程度のことも理解できんのだ!!」って普通は理解出来ません。 他にも雑誌に載せるためシナリオが全く出来ていないにも関わらずとりあえずHシーンの原画だけ描かされる主人公とか、イベント(冬コミ)に間に合わせるために余裕は全くないにもかかわらず本編と平行で体験版を製作とか。 ある程度濃いエロゲヲタならいろいろ心当たりがあって笑えるのではないかと。 発売延期ネタとかはっきり言って生々しすぎです。 Hシーンにおいてもこのノリは続きます。 何せ登場人物は全員ヲタ、コトの最中に 「エロゲーではこうじゃないのにねぇ」とか言っちゃう主人公とヒロインとか 「声優の作った声じゃない本物の声」なんて感想を漏らす主人公 (何の声かは皆さんの想像にお任せします)などといった痛々しいネタ連発。 そして、やもすると単なる暴露話をだらだらと続けるだけのストーリーになってしまうように思えるこの設定でエンターテイメントとしてきちんと成り立たせているのは素直にほめられることかと思います。 ヲタクネタ、業界ネタで笑いを取るだけでなく 「周囲に流されるばかりだった主人公の成長物語」「皆で一つの作品を作り上げる青春群像劇」としてもそれなりにしっかりしているのはゲーム開始当初の予想をいい意味で裏切ってくれましたね。 といってもやっぱりメインは笑いのほうなんですが。 さすがにこれは笑えません。 <キャラクター> 僕 主人公。 浪人エロゲンガー。 「にーにーちゃん」「アンタ」「オッチャン」「先輩」などと呼ばれるため本名不明。 良く考えるとこれって凄いことですよね。 感情移入をしやすいようにこうしたのでしょうか。 中身といえば 典型的エロゲヲタなので感情移入しやすいといえばしやすいというか、あまりに自分と行動原理が似通っているので嫌気が差してくるというか。 「ダメです。 もう僕のフラグが立ちました。 エロゲに脳を犯されすぎです。 他にも自分の妹に真顔で「萌える妹の条件」を説いたりと素敵な行動を連発してくれました。 以下ヒロインズ。 紹介の力の入れ方が違うのは仕様です。 美芝 可憐 ソフトハウス"ムーナス"唯一の社員にして凄腕グラフィッカー。 冬コミで主人公の同人誌を見つけ、その絵に惚れ込んで"ムーナス"の原画家としてスカウトすることに。 口を開けば下ネタギャグ連発、企画会議では「あたし、レイプものがいいなー」(目を輝かせながら)、気に入らないことがあるとすぐに噛み付く(比喩じゃなくてマジで) でも自分が強く迫られるのには実は弱いのには 萌え。 そして時折放たれる辛らつな「エロゲー業界人本音トーク」はかなり格好いいです。 とくに主人公をスカウトするときの超長台詞は震えました。 大好きですあのシーン。 あまりに好きなので痛々しくも 家庭の事情のトンデモさにはちょっとびっくり。 御上 みか "ムーナス"と同じ経営母体に属し、事務所のビルまで一緒なライバルブランド"ミニミソフト"の売れっ子原画家。 彼女原画のエロゲーには主人公が 特に下半身の面で大いにお世話になっているそうです。 嫌過ぎ。 手の届かない憧れの女性(エロゲー原画家だけどな)だった彼女と唐突に同じ立場に立ってしまい(エロゲー原画家だけどな)戸惑う主人公、というみかルートはなかなか良かったの思います。 やってることといえば2人でエロ漫画描いたりとか どうしようもないんですが。 千倉 紗絵 主人公の中学時代の漫研の後輩。 予備校で再開し、同じ大学に合格することを目指して2人で勉強をすることを主人公と誓い合うのだが…… 一見普通の人ですが、 もちろんこのゲームに限ってそんなことはないわけで。 詳細はネタバレになるので避けますが、とりあえず漫研の後輩って事で察してください。 しかし、主人公にエロゲー製作に加わることを要請されて「先輩とまた一緒に作品作れて嬉しい」って 絶対おかしいよアンタ。 杏 主人公の双子の義妹1号。 おとなしく引きこもりがちだけど芯は強い。 一見普通な人のように見えて中身も普通な人というこのゲームにおいてかなり貴重な存在です。 ヲタばかりの登場人物の中でヲタ趣味の持ち主じゃないのは彼女のみ。 ま、真性エロゲヲタな兄を全く避けていない(というかむしろ好き)な時点で既に普通の人じゃない気もしますが。 「おにーちゃんはヲタクだからしょうがないよ。 実写系よりは、いいかな。 アイドル好きとかAVマニアさんよりは・・・」 との事ですがそういう問題なんだろうか・・・ 亜季 主人公の双子の義妹2号。 活発で口うるさくてガサツ。 杏と違ってこいつもヲタです。 兄貴の影響でエロゲーとかエロ同人誌とかが普通のものだと思っていて学校で恥かいたそうです。 ありえねえ。 亜季ルートではアクターとしてのプロ魂が語られるのですが やってることはエロゲ声優なのがまたどうしようもない。 <グラフィック・音楽> グラフィックは陰影のはっきりしたアニメっぽい塗り+比較的等身の小さいキャラでかなり独特です。 が、立ち絵、イベントCG、デフォルメ立ち絵ともにかなり安定していて普通に上手だと思います。 いわゆる「萌え絵」の範疇からは外れている気がしますが、ハイテンションコメディな物語の内容には非常によく合っているかと。 CG枚数は112枚(差分含まず) しかし主人公達が劇中で製作しているゲーム「あいかわらずなぼく」のCGが約2割を占めているのは特筆すべきことですね。 中には本当に一瞬しか表示されず、CG閲覧モードで見て初めてどういう絵だったか確認できるものなどもあり。 地味に作り込みが凄いです。 音楽といえばただひたすらにギター。 それはもうギター。 あふれんばかりのギターサウンド。 ED曲に至っては男性Vo+英詞。 とてもエロゲーの曲とは思えません。 また、声優さんの熱演も光ります。 声がなかったらあのハチャメチャな掛け合いの魅力が半減してしまうと思います。 (以下略)とテキストウィンドウではなっているのにひたすらしゃべり続けるとか、スピーカー左右で別台詞とか上手く演出と絡めているのは良かったです。 <システム> スキップ(既読、未読)常時セーブ、バックログといった必要最低限の機能は備えています。 フルインストールすればディスクレス起動可。 特に不満は感じませんでした。 欠点を挙げるとすればHシーン回想モードの不備、CG閲覧モードで一部サムネイルと実際のCGが食い違っているものがあるところと、フラグ管理が少々アレなのか攻略失敗するとたまに別ヒロインの個別ルートに入ってしまうことがあるくらいですかね。 あと、どの項で取り上げればいいか微妙だったのでここで取り上げますが、演出に異常なほど気合が入っています。 効果音、画面フラッシュなどは当然として、テキストウィンドウの位置・形状変更、アイキャッチ、ムービー挿入、立ち絵のデフォルメ化、背景に直接文字表示、超長台詞などなど。 過剰ともいえるくらいの演出で笑いをとるのはもちろんのことですが、これら演出はシリアスなシーンでもかなり威力を発揮していました。 特に「背景に文字表示」は上手いと思います。 <総括>.

次の

「らく」の索引 1ページ目

らく よう えん

< ・ Wikipedia:索引 らくは読み仮名が「らく」で始まる記事の一覧である。 あ行 は行 か行 ま行 さ行 や行 た行 ら行 な行 わ行 らく [ ]• (らく)【曖昧】• (らく)【曖昧】• 【曖昧】• 【遅延】• 【の都市】• (-さわ)【ベネズエラ】• (らくあんが)【中国】• (らくあんけん)【中国】• (らくあんこうしゅ)【曖昧】• (-あんど-) らくい [ ]• (らくいちらくざ)• (-けん)【イタリア】• 【クラブ】• (-りれき)• 【】 らくえ [ ]• (らくえいしゃ)【企業】• 【女優】• 【女優】• 【女優】• (らくえん)【曖昧】• 【漫画】• (らくえん あいかわらずなぼくのばあい)【】• (らくえんえき)【北朝鮮】• (らくえんきっず)【】• (らくえんちょう)【名古屋市】• (らくえんつうしんしゃきたん)【漫画】• (らくえんとペリ)【オラトリオ】• (らくえん ながされて)【映画】• (らくえんのきず)【】• (らくえんのきみに)【楽曲】• (らくえんのこちらがわ)【小説】• (らくえんのつくりかた)【】• (らくえんノード)【漫画】• (らくえんのどあ)【楽曲】• (らくえん-まじょ-)【ライトノベル】• (らくえんべいべー)【楽曲】• (らくえんるうと)【漫画作品】• 【トレーディングカードゲーム】• (らくえんをください)【映画】• (らくえんをめざして)【楽曲】 らくお [ ]• (らぐぉんぐん)【北朝鮮】• (らくおんしゃ)【企業】 らくか [ ]• (らくが)【中国】• (らくがき)• (-おうこく)【ゲーム】• (らくがし)【中国】• (らくがん)【】 らくき [ ]• (らくきちざえもん)【陶芸家】• (らくきょうけん)【曖昧・中国】• (らくぎょうけん)【中国】 らくけ [ ]• (らくけ)【曖昧】• (らくけつ)【経絡】 らくこ [ ]• (らくご)【】• (らくこうく)【中国】• (らくごか)【職業】• (らくごきょうかい)• (らくごげいじゅつきょうかい)• (らくごけんきゅうかい)【曖昧】• (-たっきゅう-)【団体】• (らくごたてかわりゅう)• (らくごてんにょ-)【】• (らくごをた-)【コラム】 らくさ [ ]• (らくさいぐちえき)【】• (らくさい-)【CATV局】• (らくさい-)【】• (らくさい-びょういん)【京都府】• (らくさい-)• (らくさいゆうびんきょく)【京都市】• (-けん)【イタリア】• 【架空人】• 【落語家】• (らくさん)【脂肪酸】• (らくさんえん)【群馬県の観光地】• (らくざんえん)【新潟県の庭園】• (らくさんし)【中国】• (らくさんだいぶつ)【中国】• (らくざんやき)【曖昧さ回避】• 【陶器】 らくし [ ]• 【TV番組】• (らくしけん)【中国】• (らくししゃ)【京都市】• (らくしびじゅつかん)【愛知県】• (らくしゃ)【事故】• (らくしゃでぃーぷしょとう)【】• (らくしゅ)【文学】• (らぐじゅありーらいどふぃーちゃりんぐじぶら)【楽曲】• (らくしゅう)【曖昧さ回避】• (らくじゅえん)【静岡県の公園】• 【の神】• 【インド王妃】• 【資産家】• (らくしょ)【風刺】• (らくじょうけい)【陶芸家】• (らくじょうけん)【曖昧さ回避】• (らくしょうし)【中国】• (らくしょうはいぱーどーる)【漫画】• 【曖昧】• 【架空族】• (らくすいえき)【台湾・羅東森林鉄路】• 【架空人】• 【曖昧】 らくせ [ ]• (らくせいぎ)【競泳選手】• (らくせいけん)【曖昧】• (らくせいけんさ)【無線局】• (らくせいちゅうがっこうこうとうがっこう)【私学】• (らくせんうんどう)【政治活動】• (らくせんけん)【中国】• (らくせんてん)【展覧会】• 【楽曲】 らくた [ ]• (らくだいきしのきゃばるりぃ)【小説】• (らくだいにんじゃらんたろう)【漫画】• (らくだか)• (らくだずもう)【】• 【酵素】• (らくだぞく)• (ラクダムシあもく)【昆虫】• (らくちゃり)【自転車】• (らくちゅうほっけにじゅういっかじ)【京都市】• (らくちゅうらくがいず)【】• 【化学物質】• (らくちんごう)【】• (らくちんすぽーつきょうわこく)【テレビ番組】• (らくちんとりお)【芸人】 らくつ [ ]• (らくづきしん)【小説家】• 【架空物質】 らくて [ ]• (らくていけん)【中国】• 【曖昧】• (らくてつ)【馬術】• (らくてん)【企業】• (らくてんあどふぉーゆー)【広告】• (らくてんいーぐるすてぃーびー)• (らくてんおーくしょん)【インターネット】• (らくてんぎじゅつけんきゅうじょ)• (らくてんぎんこう)• (らくてんけーしー)• (らくてんし)• (らくてんしゅぎ)• (らくてんしょうけん)• (らくてんち)【曖昧】• 【遊園地】• (らくてんてぃーびー)• (らくてんでりばりー)【サイト】• (らくてんとらべる)• (らくてんひろば-)• (らくてんぶっくす)• (らくてんわしづかみ)【テレビ番組】 らくと [ ]• (らくとう)【呉の武将】• (らくとうこう)【韓国】• (らくとうじどうしゃきょうしゅうじょ)【京都市】• (らくどうにゅう)【陶芸家】• (らくとうりーぞくじちけん)【中国】• (らくどけん)【中国】• 【酵素】• 【化合物】• 【フィルミクテス門】• 【フィルミクテス門】• 【フィルミクテス門】• (らくとばちるすかぜいしろたかぶ)• (らくとりすか)• 【化合物】 らくな [ ]• 【インドの都市】• 【科学者】• 【楽団】• 【ボリビアの湖】• (らぐなしゅう)【】• 【サーキット】• 【曖昧さ回避】• 【ボリビアの湖】• (らぐなるしょうか)【詩】• 【ヴァイキング】• 【北欧神話】• 【ゲーム】• (らぐなろくてぃーしーじー)【ゲーム】• (らぐなろくひかりとやみのこうじょ)【ゲームソフト】• 【ラジオ番組】• (らくなん)【曖昧さ回避】• (らくなんけん)【中国】• (らくなんこうとうがっこう)【曖昧さ回避】• (らくなんしんとし)【京都市】• (らくなんたいむす)【】• (らくなんちゅうがっこう)• (らくねいけん)【中国】 らくの [ ]• (らくのう)• (らくのうあおもりのうぎょうきょうどうくみあい)• (らくのうがくえんだいがく)【】• (らくのうがくえんだいがくたんきだいがくぶ)• (らくのうがくけんきゅうか)【大学院】• 【製菓業】• (-か)【】 らくは [ ]• (らくば)【事故】• ()【】• 【ユダヤ教】• 【ボクサー】• (らく-)【オンライン交通情報】• (-ばん)【電子部品】• 【物語】 らくひ [ ]• 【球技】• (-だいひょう)• (-がっしゅうこくだいひょう)• (-だいひょう)• (-だいひょう)• (-だいひょう)• (-だいひょう)• (-だいひょう)• (-だいひょう)• (-だいひょう)• (-だいひょう)• (-だいひょう)• (-だいひょう)• (-だいひょう)• (-だいひょう)• (-じょしにほんだいひょう)• (-じょし-だいひょう)• (-だいひょう)• (-だいひょう)• (-だいひょう)• (-しょとうだいひょう)• (-だいかんみんこくだいひょう)• (-いちらん)• (-だいひょう)• (-だいひょう)• (-でんどう)• (-だいひょう)• (-だいひょう)• (-にほんだいひょう)• (-だいひょう)• (-だいひょう)• (-だいひょう)• (-だいひょう)• 【曖昧】• (-だいひょう)• (-ほんこんだいひょう)• (-みなみ-きょうわこくだいひょう)• (-だいひょう)• (らくひゃくしはいいきせん)【囲碁】• (らく-)【ソフト】• 【球技】• (-だいひょう)• (-だいひょう)• (-だいひょう)• 【道路愛称】• 【国際大会】• 【国際大会】• 【国際大会】• (らくひん)【神】• (らくひんおう)【詩人】 らくふ [ ]• ()【楽団】 らくへ [ ]• (らくへいけん)【曖昧さ回避】• (らくへいし)【中国】• (らくへいしょう)【清朝の官僚】 らくほ [ ]• (らくほうじ)【】• (らくほく)【曖昧さ回避】• 【架空球技】 らくま [ ]• (らくまえき)【鉄道省樺太西線】• (-しゅう)【】• (らくまんなおき)【写真家】 らくめ [ ]• 【オペラ】 らくも [ ]• (らくもすさん)【ギリシア】 らくや [ ]• (らくやき)【】• (らくやきしろかたみがわりちゃわん)【陶器】• (らくやま)【曖昧】• (らくやまたかし)【サッカー選手】• 【】 らくゆ [ ]• (らくゆうかいかん)【建物】 らくよ [ ]• (らくよう)【曖昧】• (らくよう)【曖昧】• (らくようえき)【中国】• (らくようがらんき)【中国仏教】• (らくようけん)【曖昧さ回避】• 【中国】• (らくようこうようじゅりん)• (らくようさんじゅうさんしょかんのんれいじょう)【巡礼】• (らくようし)【中国】• (らくようしゃ)【出版社】• (らくようしょくひん)【企業】• (らくようせい)【植物学】• (らくようそうごうこうとうがっこう)【私学】• (らくようでんがくき)【書籍】• (らくようひがしえき)【中国】• (らくようほくこうくうこう)【中華】 らくら [ ]• 【ポケモン】• (らくらい)【】• (-ぞく)【民族】• (-でんせつのうちゅうかいぞく)【小説】• 【コミューン】• (らくらくえん)【滋賀県の】• 【地名】• (らくらくおんせん)【北海道】• (-ごう)【乗り物】• (らくらくそう)【京都府のホテル】• 【JR東日本】• (らくらく-)【ソフト】• (-しっくす)【携帯電話端末】• 【携帯電話端末】• (-すりー)【携帯電話端末】• (-つー)【携帯電話端末】• (-つーえす)【携帯電話端末】• (-ふぁいぶ)【携帯電話端末】• (-ふぉー)【携帯電話端末】• 【携帯電話端末】• 【携帯電話端末】• (-むせん-)【通信】• 【ポケモン】• 【フランス】• 【曖昧さ回避】• 【TV番組】• (-あーる)【TV番組】• 【曖昧さ回避】• 【曖昧】• (-てん)【天文学】• (-ていり)【曖昧さ回避】• 【数学】• (-へいきんちのていり)【数学】• (-ほうていしき)【数学】• (-ぶぶんたようたい)【数学】• 【曖昧】• (-ほかん)【数学】• (-りきがく)【物理学】• (-きゅうでん)【スペイン】 らくり [ ]• (ラクリモーサ)【シングル】• (らくりゅうく)【中国】• (らくりょうし)【中国】 らくる [ ]• 【絵画】• 【フランス】 らくれ [ ]• 【フランスの都市】• (-じょう)• 【料理】• 【女優】• 【曖昧さ回避】• (らくろうきょく)【浪曲】• (らくろうぐん)【中国】• 【の村】• 【書誌学者】 らくわ [ ]• (らくわかいおとわびょういん)【医療機関】 らくん [ ]• 【曖昧】• 【漫画】• 【架空の街】•

次の

『どっかで見たような・・・』by 魯川人 : らくえん

らく よう えん

株式会社安楽亭(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:柳 先)は、2019年9月5日(木)に「えんらく 環七梅島店 東京都足立区 」をオープンしました。 本店は、安楽亭グループ初の食べ放題専門ブランドになります。 外観 えんらくのコンセプトは「自然派」。 「自然派」とは、やさしさを表現しています。 近年焼肉食べ放題専門店は多くの支持を集めていますが、その主な顧客層は若いお客様やファミリーのお客様となっています。 一方で、シニアのお客様や1人でお食事をされるお客様の焼肉に対するニーズも高まっていますが、焼肉食べ放題のメニューは、分量の多さからそれらのお客様のニーズに対応できていませんでした。 えんらくでは、それらのお客様のご要望にお応えするべく1品の分量を少なくできるハーフモードを導入。 「色々な種類のメニューを思う存分楽しみたい。 でも残したくない・・・」というお客様のおなかと心にちょうど良い、やさしいサイズの食べ放題もご用意しました。 このハーフモードの導入により、焼肉食べ放題店のメインターゲット層である若いお客様やファミリーのお客様に加えて、シニアやお1人のお客様にもお楽しみいただける焼肉食べ放題店を実現しました。 また、「えんらく」では成型肉や結着肉は一切使用せず、100%無添加の自然肉のみを使用。 タレについても、香料・保存料・合成着色料は一切使っていない無添加のタレで、からだにもやさしい商品をご提供いたします。 えんらくコース メニュー1 えんらくコース メニュー2 えんらくコース メニュー3 お肉については、えんらくでは工場ではなく店舗にてカットを実施。 鮮度にこだわったお肉を提供いたします。 また、スープもご注文を受けてから1品ずつ調理を行い、出来立ての美味しさにこだわりました。 食べ放題に特化したえんらくは、注文・配膳スタッフのオペレーションなどで商品の提供スピードをアップしつつ、美味しさへの一手間は簡略化しないことで、食べ放題ながら高い品質を保ち、従来の食べ放題では満足できなかったグルメなお客様にも納得いただける商品を提供いたします。 上記のような商品のやさしさ・こだわりに加えて、「えんらく」では店舗設備も重視。 ソフトクリーム・わたがし・ポップコーン・かき氷が取り放題の「わくわくBAR」を新設しました。 トッピングも充実しているので、様々なアレンジを試すことができ、作る楽しみを体感いただけます。 絵本・ぬいぐるみ・おもちゃなどを揃えた「KIDSコーナー」も設けて、小さなお子さまが遊べるスペースもご用意しています。 これらの設備は、「単なる焼肉を食べる場」ではなく、「食事の楽しさを感じていただく場」また「お食事を通して、ご家族やお友達とのふれあいの場」をご提供するという「えんらく」の想いを象徴するものです。 「えんらく」は、お子さまやファミリー層のお客様にもやさしいお店を目指していきます。 わくわくBAR KIDSコーナー メニュー構成においては、焼肉店のメインメニューであるお肉、ビビンバ・ユッケジャンスープなどのサイドメニューに加えて、「えんらく」ではおつまみ系メニューを強化。 同様に、アルコールメニューの品揃えにも力を入れて、飲み層のお客様にも嬉しい商品ラインナップとなりました。 また、「アゲアゲたこ焼き」「串焼トマト3兄弟」などワクワク感を感じる商品のネーミング、「なんでもバンズ お客様オリジナルハンバーグ創作用のバンズ 」「えんらくクレープ トルティーヤ 」などお客様でアレンジいただけるメニューの導入、女性やお子さまが喜ぶデザートの充実など、若いお客様やファミリーのお客様にお楽しみいただけるメニューをラインナップしています。 安楽亭グループでは、今後も「焼肉を通してお客様を心から元気にし、明日への活力を感じていただきたい」という想いの元、幅広いお客様に心ゆくまでお食事をお楽しみいただけるブランドを開発して参ります。 jp ~お取り寄せグルメが便利です~ 新型コロナウイルス感染症対策として、安全安心のグルメのお取り寄せグルメが人気ですので、是非この機会に検索してはいかがでしょうか。

次の