習志野高校野球部 2ch。 2013年04月高校野球176: 【佐野主将】習志野高校Part45【大器松山】 (988)

高校野球・習志野のサイン盗み疑惑、愛甲猛氏が「カンニング」「演技まで教えるべき」と糾弾

習志野高校野球部 2ch

どうも、やまけん Twitter: です。 8月6日 火 から、第101回全国高等学校野球選手権大会 夏の甲子園 が始まります。 各都道府県の出場校が決まり、千葉県からは習志野市立習志野高校が2011年以来の夏の甲子園出場を決めました。 各地方大会では、習志野高校が春の甲子園決勝で対戦した愛知の東邦高校など、名門校が続々と敗退する厳しい夏でしたが、そんな中で春夏連続甲子園出場を決めた習志野高校は本当に素晴らしいと思います。 習志野高校の野球部はとあるご縁があり、この夏も注目していました。 春夏連続の甲子園出場を決めた千葉県大会決勝戦も現地で観戦させていただき、優勝を決めた瞬間に立ち会うことができました。 習志野野球部については、この夏の千葉県大会で習志野野球部を見て、自分は 「習志野野球部は確実に春よりも進化している」と感じました。 今回のnoteでは、習志野野球部のどこが進化したのかという点に関して書いていきたいと思います。 夏の甲子園が始まる前のこのタイミングで、ぜひ多くの方に読んでいただきたいと思います。 1つ目の進化:「打撃力」 まず挙げたい進化は「打撃力」です。 春のセンバツでの習志野は、どちらかといえば「守りのチーム」で、攻撃面では打力で相手を圧倒するというよりかは相手のミスを見逃さなかったり、足を絡めたりして少ないチャンスをモノにするというスタイルでした。 相手投手の四死球やエラーなどから出塁することが多かった春の大会ではこの戦法が力を発揮しましたが、投手力や守備力が鍛え上げられるであろう夏の大会ではより「打撃」の成長が求められるのではないかと思っていました。 こちらは、春の甲子園と夏の千葉県大会での習志野高校の各選手 スタメン の打率です。 県大会と全国大会の違いもあり参考記録ではありますが、打率に大幅な成長が見られるように、現地で見ていた人間として確実に打撃面で進化が見られました。 春の大会でも随所で発揮した「粘り」に加え、各打者スイングが強くなっており、またチームとして相手投手の狙い球を絞って打席に立てていると感じました。 特に千葉県大会準決勝で、篠木健太郎投手と根本太一投手という140キロ後半のストレートを投げる投手を2人擁する木更津総合高校を相手にしても、そのストレートに振り負けずに得点した姿を見て確信しました。 個人名を挙げると、4番を打つ 櫻井亨佑選手、5番を打つ 高橋雅也選手、6番を打つ 和田泰征選手ら2年生の成長を大きく感じました。 センバツでもクリーンナップを打っていた櫻井選手、高橋雅也選手は帰ってきた春の千葉県大会から自信を持って迷いなくスイングできている姿が印象的で、昨年からベンチ入りするなど期待の大きかった和田選手も夏に試合を重ねる中で何かを掴んだのか、遂に覚醒したという印象を受けました。 2年生の4,5,6番は出塁能力も高く、彼らが出塁した後に勝負強い7番の 兼子将太朗選手がタイムリーヒットを放ち得点するという新しい得点パターンもできました。 昨年の秋は後輩捕手とレギュラー争いをしていた兼子選手ですが、今大会では打率. 500、チームトップの9打点をマークするなどすっかり頼もしい選手になりました。 春のセンバツでは打率. 545をマークした 根本翔吾選手の出塁能力と走力を生かして得点することが多かった習志野野球部ですが、この夏の序盤は根本選手になかなか当たりが出ませんでした。 そんな中でも上記4選手の活躍があり得点を重ねることができました。 従来の機動力も健在で、打力が増したことにより攻撃面での引き出しが増えたように感じます。 上記4名、個人的には特に 和田選手には甲子園でも期待したいと思います。 2つ目の進化:「投手力」 2つ目に挙げる進化は「投手力」です。 春のセンバツでは左投げの 山内翔太投手、アンダースローの 岩沢知幸投手が先発し、リリーフの 飯塚脩人投手に繋ぐという継投スタイルを全試合で採りました。 もちろん、タイプの違う2人の投手で継投することによって相手打線を翻弄し、打力を封じるのが狙いの1つではあったと思いますが、春の段階では投手全員が1人で1試合を投げ切るのに不安の残る状態であったために継投という選択肢を採っていた側面もあったかと思います。 しかし、準々決勝の成田高校戦、準決勝の木更津総合戦では飯塚投手が先発し両試合とも完投、決勝の八千代松陰高校戦では山内投手が先発して完投と、県大会の最後の3戦はいずれも1人の投手が投げ切り勝利しました。 飯塚・山内両投手ともスタミナ面が不安視されていましたが、完投で見事にそれを払拭してくれました。 従来の継投という選択肢に加え、完投という選択肢が増えたことの意味は大きく、特に2番手格の山内投手にも1試合を任せられるようになったことの意味は大きいと感じます。 また、飯塚投手の先発という選択肢も新たにできたことから、対戦する学校はこれまで以上に習志野の先発投手を予想したり対策を立てたりすることが難しくなったのではないか?とも思います。 そして、今大会では春のセンバツで登板のなかった10番の 山本慶都投手、11番の 杉山隆玄投手の2人が大会序盤から中盤にかけて好投し、飯塚投手や山内投手の負担を減らすことができました。 以前より安定感の増したこの2人は、甲子園の舞台でも同様に飯塚投手らの負担を軽減する役割を担えるのではないか?と思っています。 夏の甲子園では対戦校とともに暑さも敵となります。 勝ち上がって試合が続くと疲労も積み重なるため、目の前の試合を戦いながらいかに疲労を分散できるか?という点がキーポイントになります。 その点で、春に登板のなかった山本投手や杉山投手もある程度計算できるようになったことは大きいと思っています。 もちろん投手として見ても、各投手とも着実にレベルアップしています。 飯塚投手は時に130キロ後半を計測する高速スライダーや「揺れるように落ちる」フォークを投げて更に攻略の難しい投手になりましたし、山内投手はもともと安定していた制球に加えて各変化球の精度を高めたことで2巡目、3巡目の打線も難なく抑えられるようになりました。 残念なのは県大会で岩沢投手を見ることができなかった点ですが、習志野投手陣の「秘密兵器」的存在の岩沢投手はあえて県大会で「見せなかった」のが正しいのかもしれません。 岩沢投手の進化は甲子園の舞台で見られることを期待したいと思います。 夏の甲子園に向けて センバツで準優勝したことで各校からのマークも厳しくなったでしょうし、夏のトーナメントも決してくじ運に恵まれた訳ではなかった習志野高校野球部。 当然、春夏連続となる甲子園出場へのプレッシャーもあったことと思います。 そんな中で、春から進化した側面も見せつつ自分たちの野球をして激戦の千葉を制したのは本当に素晴らしいと思います。 冒頭にも貼った春のセンバツ後のnoteにも書かせていただきましたが、習志野の夏の課題は投打での勝負力と飯塚投手の負担軽減の2点だと思っていました。 しかしながら、習志野野球部もこの2点を課題と認識していたかのように夏に進化を見せてくれました。 何より、習志野の野球部には、高校生離れした「粘り強さ」があります。 ここ一番で簡単に失点しない、簡単に凡退しない粘り強さは、夏の大一番の勝負において確実に活きてくると思います。 千葉県民として、千葉の高校野球ファンとしての贔屓目なしに、今年の習志野は 優勝を狙えるチームだと思っています。 どうか、怪我と熱中症には注意して、夏に最高のパフォーマンスを発揮していただきたいと思います。

次の

習志野市立習志野高等学校

習志野高校野球部 2ch

】 【束になり】習志野高校Part37【美・爆音!! 】 【1回戦】習志野高校Part36【突破】 【夢舞台】習志野高校Part35【10年ぶり8回目】 【全員野球】習志野高校Part34【千葉最終決戦】 【Let'sGo】習志野高校Part33【結束力】 【常勝気流】習志野高校Part32【まとまり】 【春関出陣】習志野高校Part31【真夏へ躍動】 【宮内チーム】習志野高校Part30【潜在力の開花】 【祈・奮起投手陣】習志野高校Part29【新色】 【誰よりも長い夏へ】習志野高校Part28【雑草魂】 【雑草の如く】習志野高校Part27【夏への布石】 【成長の一冬】習志野高校Part26【新たな挑戦】 【山下主将】習志野高校Part25【祝高橋復活】 【パーパパパパ】習志野高校part21【Let'Go! 】 【雑草魂】習志野高校part19【レッツゴー】 【33年ぶり3回目】習志野高校Part18【選抜開幕】 【33年ぶり悲願】習志野高校Part15【秋関準優勝】 習志野高校野球部センバツ出場決定! 【33年ぶり悲願】習志野高校Part14【春センバツへ】 習志野高校 【名門復活への道 秋季大会1】 習志野高校 【名門復活への道】 【雑草魂】習志野高校【NARASINO】 2 : 第57回全国高等学校野球選手権大会 優勝 第49回全国高等学校野球選手権大会 優勝 第30回国民体育大会 優勝 第66回国民体育大会 準優勝 第17回学生野球協会結成記念大会 優勝 <その他の戦績> 国民体育大会出場 4回 選抜大会 出場 3回 選手権大会出場 8回 関東大会出場 20回 関東大会 優勝 1回 関東大会 準優勝 2回 春季県大会 優勝 8回 準優勝 4回 夏季県大会 優勝 8回 準優勝 3回 秋季県大会 優勝 6回 準優勝 3回 3 : 乙です。 4 : よし… 5 : 夏過去17年 96年〜12年 、春過去15年 98年〜12年 決勝進出校数 京都 3 平安、成章、外大西 大阪 2 桐蔭、関大一 兵庫 1 報徳 滋賀 1 近江 和歌山 1 智弁 屁 0www 夏過去17年 96年〜12年 、春過去15年 98年〜12年 ベスト4進出校数 京都 4 平安、成章、外大西、鳥羽 大阪 5 桐蔭、関大一、PL、創価、履正 兵庫 5 報徳、育英、東洋、社、国際 滋賀 1 近江 和歌山 1 智弁 屁 0www 6 : これはここだな。 7 : 乙 8 : 初戦は検見川と長生の勝者。 次はたぶん拓大紅陵。 勝ったら準々で木総か市船かな。 準決は望洋・経済・流経あたり。 かなり厳しいとこに入ったわ。 9 : 初戦から危ない。 その程度のレベルだぞ。 習高のファン、父母会の人が厳しいと思って球場へみに来たら その人たちの不安が選手に乗り移るのでこないでください。 習高のためですから是非おねがいいたします。 絶対、勝てると信じて応援してる人に 失礼です、選手はそうゆう応援を待っているんです、最初からかなり厳しいなんて そんなことないでしょう。 父母会の人がそれでは習高も先が思いやられる。 11 : 何をエラそうに言ってんんだ。 そんなこと言ってるからダメなんだよ。 ゆとりか? 誰が見に来たって堂々と戦えばいいんだよ。 12 : しがらみ 13 : 今年の習志野けっこういけるかも 14 : 屁とかリアルに雑魚やん 15 : 投手・松山の奮闘が必要だな 2008秋の山田みたいになってほしい 16 : 下馬評低いときのほうが、やってくれそうな気がする。 17 : 11 エラそうになんて言ってないだろ。 なんでもかんでも批判するんじゃねえ。 きもいか、うざいか、 笑 か、人のものまねしかできねえ馬鹿で幼稚な糞ガキが。 友達いねえだろ、反論できるか、糞ガキ。 18 : 気持ち悪いやりとりマジやめてくれ 恥ずかしいから出ていってくれ 19 : 1 遊 みやうち 20 : 宮内スタメン 来たか! 21 : 今日は文化祭。 そういう日は野球忘れて思いきり高校生してね 22 : 屁とは一体どこの高校を指してるのでしょうか。 誰か教えて 23 : おなら 奈良かな? 24 : 18 恥ずかしいから出て行ってくれと言われても慰謝料もいただかないといけないし 6人の子供の親権もあるしいまさら愛がなくなったといわれても困るし、子供を作る時、 ほとんど酔っ払ってたし、これからのことは家庭裁判所で、おねがいいたします。 おまえはアホか。 25 : 宮内やるな! 26 : 宮内HR 27 : なんで くだらん嘘を書き込むんだよ 28 : 嘘じゃありませんでした大変申し訳ありません 29 : ドンマイw同じ習志野ヲタ同士気にすんなよ。 いや、でも宮内凄いね。 他の卒業生も勿論現役部員も頑張って活躍してほしいね。 30 : 8月に習志野高校へ練習試合で遠征にいってきました。 地元では習高の愛称で呼ばれているそうです。 習高と書いた赤い帽子を被っている人達がいました。 公立高校でこんなすばらしいグランドを使用している このグランドを作ったという老人の人がいました。 なんでも昔から毎日かかさずグランドにきてるそうです。 遠征に泊りで行くと生徒と一緒に宿泊し元プロ野球選手の後関とかいう人が生徒時代にその人の 布団を敷く係だそうです。 プロ野球の近鉄に入団した松平とかいう選手の契約に立ち会った人で当時の監督には絶大の信頼が あったみたいです。 自分で我々に語ってくれました。 甲子園で二回も優勝する学校のグランドを 作った人ひとですからすごいですよね。 関心いたします。 31 : 3連休中の戦績は? 練習試合やったんでしょ。 35 : 当たり前でしょ… 36 : 父母会シャキッとしろよ 37 : 【余計なお世話、大きな迷惑、球場で加瀬に直接言え。 41 : >>40 ありがとうございます 42 : 2対1で勝利 43 : えー 習志野 どうしちゃったの? 44 : 次の紅陵戦は、グダグダな展開になりそうな予感。 昔はあーいうチームtくれたのに、何で今は作れないのだろうか? コーチ陣も変わらないのに。 あのときよりは戦力は上だろ。 一つ一つ粘り強く戦って、接戦を制してほしい。 59 : 拓大紅陵の1年はなかなか粒ぞろいらしいな 明日もまた競り合う展開になりそうだ 60 : 千様、明日の天台の第2・3のカードを教えて下さい! 61 : 第2試合東海大望洋対千葉経済… 第3試合千葉英和対銚子…ですね… 62 : ありがとうございます! 63 : 見に行けないよ仕事で 誰か実況してくださいな。 U-stどなたか頼みます 64 : ブラバンきますか? 65 : コンクールやマーチングの本番が近いし今週は来ないでしょ。 ちなみに選抜決めた時の秋は準決勝から来たよ。 66 : 習志野晴れてる… 67 : 14吉田… 28島… 39長嶋… 43松山… 55飯島 67熊澤… 76國吉… 81矢口… 92関… 習志野スタメン… 68 : 三回表終了習志野4ー4紅陵…習志野投手交代矢口から松山へ… 69 : 誰か実況してくれませんか 70 : 矢口って1年か… 余裕あるね〜 71 : 6裏攻撃中 7ー4でリード 72 : おーリードしてるんだ 観戦したい!仕事してる場合ではないんだがな 引き続き実況お願いいたします。 73 : まさかのコールド勝ちです 74 : 習志野11ー4紅陵…吉田と島の一二番が機能…三回からリリーフ松山無失点好投でコールド勝ち… 75 : 習志野が羨ましい! 松山くんのお姉さん紅陵だったんだけどねぇ。 やっぱり紅陵は指導者が魅力ないもんなぁ。 76 : 今日は皆良かったですが、 特に1年生が活躍しましたね! 飯島 吉田 関 国吉 島 矢口 飯島君に当たりが出て、プレーがイキイキしてきて安心しました。 センターラインが1年なので、伸びしろ期待しちゃいます。 77 : セカンドの吉田君、素晴らしい選手ですね。 攻撃でも守りでも彼を中心にゲームが動いています。 習志野高校のみならず千葉県の高校球界を引っ張っていく選手になってほしいものです。 78 : 松山君は、投げるたびに良くなってくるな。 段々投手の感覚が戻ってきているのかな。 野手は習高にしては、まだ下手。 これからなんだろうけど、もっとうまくならないと、今日みたいな余計な失点をする。 助かります。 87 : 習志野113 0 市船橋000 1 一死2、3塁から遊ゴロの間に1失点 次打者二ゴロでチェンジ 88 : 習志野113 00 市船橋000 10 両チームとも三凡 89 : 習志野113 000 市船橋000 10 二死から村井左安打、関死球 吉田四球で満塁 島 一ゴロで無得点 島君タイミングあってない 90 : 習志野113 000 市船橋000 100 ピンチ凌ぎました 91 : 長嶋、松山連打、飯島死球 無死満塁 92 : 熊澤2点タイムリー 勝ったかな 93 : 犠打のあと ワイルドピッチで1点 習志野113 000 3 市船橋000 100 94 : 習志野113 000 3 8 市船橋000 100 0 1 終了 7回コールド 習志野11安打 市船橋4安打 95 : あれ あれ あれ 習高 上り調子ですな〜 昨日あたりからようやくエンジンがかかって来た様な…。 持てる力を発揮出来れば県内では実力&安定感と頭一つ出てるのかな? 習高なら関東であっさり負けは無さそうな? 96 : 紅陵と市船に連続コールド勝ちか… 日大習志野戦と検見川戦はなんだったんだろう? これだから習志野はおもしろいんだ! 97 : 検見川のピッチャーは好投手だから、なかなか打てないよ 98 : 夏の柏日体ショックのあとこのスレは過疎ってたけどまた人の出入りが活発になりそうですね。 次はブラバン応援あるかも。 習高ファンは天台に集え!! 99 : 習志野対銚子商が見たい!.

次の

銚子商業と習志野を分けたもの。何故銚子商業は復活出来ず、習志野...

習志野高校野球部 2ch

澤田監督 チャレンジ精神。 結果を気にしすぎるあまり、赴任した当時のの選手は相手に向かっていく気持ちを忘れかけていた。 澤田監督の言葉により、の選手は実力を発揮し、2回戦で2016年秋の関東大会ベスト8のを破り、その後も順調に勝ち進み、ベスト16入り。 2018年夏も東千葉大会ベスト16入りを果たした。 「私は出身ですが、国際武道大に進み、、で指導者として学んだことを、で生かすことができたと思っています。 今までの野球しか知らなかった私ですが、外部に出たことは指導の勉強になりました」 さらに今年のチームは秋、春と県大会で二期連続ベスト4入りを果たした。 秋と春では勢力図ががらりと変わる千葉県においてこの安定感は抜群だ。 ただそんなチームについて澤田監督は、「個々の力という点では、2017年、2018年より劣ると思っています。 ただ、よかったのは、今の3年生たちは勝ち進んでいる先輩たちの姿を見ているので、これぐらいやらないといけない、当たり前の基準が出来上がっていたと思います。 今年は歴代の選手と比べても、精神的な強さもある選手も多かったですし、これまでの2年間の結果が良い形で生きていると思います。 もし就任してからの2年間、序盤での敗退が続いていれば、今年の実績はないと思います」 過去2年間の成果が良い形で生きていた。

次の