ブロック 塀 の 作り方。 外構の壁(塀)

コンクリートブロックを置くだけで簡単おしゃれな花壇作り!費用と作り方

ブロック 塀 の 作り方

コンクリート基礎の図面 型枠の高さは9センチ。 上から1センチは均しモルタルとするので、基礎コンクリートの打設厚さは、8センチとなる。 上の図面の通りとすれば必要なコンクリートは、 2. 495 - 2. 46-1. 232856m 3 重さにして500~600kgだ。 コンクリートミキサー車でも呼びたいところだけど、• コンクリートやの知り合いがいない• ミキサー車を呼ぶにしてはちょっと量が少ない ということで、DIYでコンクリート練りすることにする。 500kgのコンクリートをDIYで作らなければならないというのは始める前から気が重い話だ。 DIYでコンクリート工事 ここからが500キロのコンクリートを練る工程。 コンクリートを練る 一度に大量にコンクリートを練るのは体力的にしんどいので、一輪車の中で何度か分けながら練り作業を行う。 まずは砂とセメントを空練り。 ここまでは比較的容易なDIYだけど、砂利を入れると急に重くなりしんどくなる。 さらに水を入れるとさらに混ぜのDIYは負担だ。 暑い中、少しずつコンクリートを練っていく。 妻もいつものように日焼け止めを塗って参戦してくれた。 我が家のDIYは家族総出。 というよりも妻も半ば強制的にDIYに駆り出される羽目になっている。 コンクリートを打設 混ぜ終わったコンクリートを強靭バケツに入れ型枠まで運ぶ。 そして一気に流し込み、空隙ができないようにシャベルや棒などでひたすら突付く。 突きが甘いとコンクリートにたくさん空隙(ジャンカ)ができてしまうので、この作業は入念にやる。 ここでも妻が容赦なくDIYに参加。 頑張ってくれる妻に感謝。 セルフレベラーでコンクリートの天端均し コンクリートの打設が終わったら、天端を均す。 どうせ基礎の上にコンクリートブロックを置いてしまうので、この作業は必要はないのだけど、なぜこんなことをするのかというと、 「セルフレベラーをDIYで使ってみたかったから」 ただそれだけでそれ以外にな~んの理由もない。 セルフレベラーを流して数日後 基礎コンクリートは「カチカチ」かつ「ピカピカ」に固まった。 水平にはなったけど、この基礎コンクリートの上にモルタルを載せる時にモルタルと基礎の付着が悪くて困りそうだ。 やっぱ、これはベースに施工するものではないと実感した。 大量のクラック発見 一見ツルツルの基礎コンクリート天端だけど水で濡らすと細かなクラックが大量にあった。 クラックは、一般的に水が多い時に現れる現象だ。 セルフレベリングコンクリートは水の配合量が厳格に決められているので配合の間違いはないはずなのだけど、• 練りが甘かった• 練り置きしている間にセメントが沈んでしまった のいずれかにより、品質にムラがあったのかもしれない。 基礎コンクリート完成 とりあえず、基礎コンクリートのDIYが完成した。 型枠を外す コンクリートが固まるまで待ち、翌週型枠を外す。 型枠を止めるために取り付けてあった板ナットを取り外す。 そして、型枠の板を外す。 型枠の高さが10センチ程度と低かったためか、ちゃんと油を塗ってあったためか、型枠はすんなりと外すことができた。 型枠を外すと見えてきた問題点 型枠を外すと、これまで見えてこなかった問題点が見えてきた。 上の写真がコンクリートの締め固め不足によるジャンカ。 右の写真も同じようにジャンカができた跡。 空隙があったためにどんどんセルフレベラーが流れていってしまった様子がよくわかる。

次の

ブロック塀をDIY

ブロック 塀 の 作り方

基本形横筋 6個• 隅形(コーナーに使用) 4個• 笠木(上にかぶせるタイプ) 6個• コーナー笠木 4個 合計20個のブロックを使用しました。 1個288円だったので、約6. 000円でした。 カートに積んだら動かなかった!笑💦 店員さんに声をかけて許可をもらい、車をブロック売り場近くまで入れさせてもらいました。 1個11㎏…重い。 車が沈んで壊れるんじゃないかと思いました。 重い荷物を積んでいると、車は止まるにも時間がかかるのでくれぐれも気を付けて下さい。 お店によっては軽トラックの無料貸し出しをしているところもありますよ。

次の

敷地境界にブロックを建てる【写真】

ブロック 塀 の 作り方

そういう風に思わずに入られないくらい、世の中がブロック塀だらけでした。 とくに、高度経済成長期から頻繁にブロックが使われるようになりました。 これは軽い、安い、穴が合いていて鉄筋が通せて使いやすい、といういいことがあったからです。 とにかく、ブロック塀のブロックはそれ自体が特別な存在で、色々な所におもりとして登場したりもします。 もっともシンプルなあの形のものです。 色も最初は綺麗ですが、じきに薄黒くなり、劣化してボロボロになっていき、最後は手で空手のようにしても割れるくらいにもろくなります。 なんでこんなもので塀なんか作るんだ???という疑問にかられますが、たしかに、ふるいブロック塀は石でひっかいたらぼろぼろと削れていきます。 モルタルでできているわけですが、コンクリートは100年持つんじゃないのか??と疑問に思います。 しかし、何か化学変化で分解が進んでいるのでしょうか、、ボロボロになっていきます。 しかし、今では素材が変わり、いつまでもカチカチのブロック塀もあります。 これは昔のあの一般的なものとは違うのでしょう。 そもそも、ブロック塀のブロックはモルタルの中に発泡させてできた気泡があり、空洞がたくさんあります。 あれはやはり、家の構造の鉄筋コンクリートとは異なる性質があるのでしょう。 軽くすることを目的にしているわけでして違うようです。 しかし、重量ブロックというものもあり、普段見る軽量ブロックとは一回り大型の重たいブロックもあります。 こちらは、高い塀を作るのに適しています。 また、耐久力もかなりあるようです。 色のついた石が色をつけたセメントに混ぜてあり、さらに、模様のついた型枠に流しこんで成形したコンクリートブロックだと思います。 美観にこだわったブロックです。 レンガのような材質に見える色付きのコンクリートで作ったブロックを積んでいます。 以前、地震が少いという国に出かけた時に、ブロックでビルを作っていました。 平屋なら分かりますが、ビルです。 3,4階なら分かりますが、数十階建てです。 こんな無茶よく出来るな、、、と、ビビったものですが、日本のガイドの人と笑い話をしていました。 そこではその構造で一番いいということで、シロアリにも強くて最高だということのようです。 たしかに、ビルの数十階の位置までコンクリートを流しこむのは大変ですが、ブロックであれば、いざと慣れば、手作業でモルタルをこねて、その階で積んでいけてしまいます。 ピラミッドじゃないですが、そのように徐々に高さを上げていけばいいということのようです。 しかし、そういうところも、めったにないですが、地震が起きます。 かなり直下型で大きいのが来ることがあります。 そういうときには被害も相当なものだったようです。 DIYでブロックを積むのは予想以上に大変! かりに、ブロック塀で塀を作ろとすると、ものすごく大変です。 実はとても技術もいり、まっすぐにするには初めての人ではできないといいます。 しかも、一度きりの作業で、それがずーっと残ります。 そういうわけで、とても未経験者が1人で塀を作るのは危険です。 また、安全性も大事です。 そもそも、ブロック塀は、見えないところで、地面の中にコンクリートでできた基礎、土台となるものがしっかりと埋め込まれて作られています。 ここから鉄筋を出して固定して、それをブロックに通しながらモルタルで固めて、積んでいくわけです。 これをやらないと、とても重いブロックの固まりが、人に向かって倒れてくることになり、怪我をすることは避けられなくなってしまいます。 ちゃんと、強烈な地震が来ても耐えられるように作っているわけです。 それでも、倒壊するものもあるくらいですので、高さのあるブロック塀はDIYでも作らないほうが賢明です。 また、基礎という、地面の下を堀り、鉄筋をはって、コンクリートを流し込む作業が必要になります。 これは50cmくらいの針金のようなフェンスを軽く留めるだけのブロック1段の塀でも、しっかりと地面の下に突き刺さっています。 この基礎の部分はかなりの容積があり、単純にこの部分のコンクリートを手作業でこねてみると考えてください。 ?kg、いや、トンでしょう。。 そんなものをやって、休みの日の次の日にまともに仕事ができるでしょうか??? 業者だったら、機械でセメントを練ったり、ミキサー車を呼んで作るのですが、プロでさえそうやっているのを手作業でやろうなんて、少し、無謀すぎると思いませんか?? そう、考えていくと、確かに高い外構工事がそれなりの値段なんだなと納得できるような気もします。 また、ブロックを諦めて、海外の腐らない木を使って塀を作ることも簡単な方法です。 また、一部に既成品のルーバーフェンスなどを使えば、簡単で、補修も取り替えも楽なので、現実的なものになってきます。

次の