コンサータ 流通。 コンサータ錠適正流通管理 事務局

コンサータ登録医師確認窓口と調剤手順を解説

コンサータ 流通

代表です。 いささか寒くなってまいりましたが、皆さま体調崩していないでしょうか。 私はしょっちゅう風邪気味になります... 昔からですが。 コンサータの流通管理が変わる さて、ADHDの治療薬として処方されるコンサータですが、この12月 もうすぐですね から処方の流れが変わります。 一言で言えば、これまでの規制に比べ、 患者登録が必要になる点で更に処方管理が厳格化、されます。 これまでも、コンサータは、開発元のヤンセンファーマとは独立した コンサータ錠適正流通管理委員会 以下、流通管理委員会 を通じて、処方医師が医療機関とセットで登録され 登録医師 、かつ調剤薬局も同委員会を通じて登録されていました。 つまり、 処方できる医師も薬局も登録者に限定されており、しかも 医師登録は医療機関とセットなため、同じ医師でもA病院では処方可能、B病院では不可ということもあり得る状態です。 下図の「これまで」の流れです。 これが、令和元年 2019年 12月1日よりシステムが変わるわけです。図の「これから」の部分が追加です。 つまり、コンサータ処方の際には、医師と薬局に加えて、 患者同意と、患者情報 イニシャル、性別、生年月日 が管理システムに登録され、 ID番号を記載された患者カードが登録事務局から患者に交付され、登録医師は処方内容を管理システムに入力し、処方箋を発行できます。 随分、処方の手間がかかることになりますね。 このお達しは登録医師には9月18日付けでメールが来てました。 患者登録部分に関わる記載を引用します 色、太字などは筆者 ・新流通管理は、 2019年12月1日より実施いたします。 2020年6月30日まで経過措置とし、2020年7月1日以降 も登録を継続いただく場合は、2019年12月に稼働する管理シ ステムにて2020年6月30日までに再登録をお願いいたします。 ・新流通管理では、 登録医師が患者又は代諾者から同意を取得し、 患者のイニシャル・生年月日・性別等の情報を管理システムに登録 し、患者の重複登録がないことの確認を経て患者ID・患者カード が発行されます。 ・登録医師が患者ID及び過去の処方内容を確認した上で、新たに 処方する内容を管理システムに登録し、処方箋を発行していただき ます。 ・ 2019年12月1日以降に新たに本剤を服用する患者について は患者登録が必要となります。 2019年11月30日以前に本剤 を服用していた患者についても、 2021年1月1日以降には全て登録が必要となりますので、お早 めに患者登録いただきますようお願いいたします。 詳細は改めてご 案内いたします。 ということだと思いますが、 基本的には大丈夫です。 移行期間は来年までありますから、少なくてもしばらく外来に行って処方されない、ということは無いでしょう。 ただし、今後も処方が必要な場合には、 2020年中には患者カードを発行してもらう、ことが必須です。 医師にとって処方行動は変わるか? 一定程度変わらざるを得ないと思います。 処方の厳格運用自体は、コンサータの薬としての性質を考えると止むをえない部分があるとも思いますが、この手間を経ないといけないとなると、 第1選択としては使いづらくなるのは確実です。診断までに一定の検査等を経るとはいえ、診断した日には普通は処方を考えますから、その時点で患者カードが届いていない状態で、かつ服薬が早いほうが良ければ、必然的に他の薬 ストラテラとインチュニブ から選択することになります。 薬を使う際には、必ずしも長期はまだ想定しなくても、一旦コンサータを使ってみて、あっているかどうか、ある意味試すことがあるのですが、そういう形での処方は難しくなるでしょう。 私としては、 患者カードがどれくらいの期間で発行されるようになるのかが最大の懸念です。 特に子どもに対して迅速な治療の機会を逸してしまうのは心配ではあります。また、転院時はどうなのか、他院からのものを継続使用できるのか、というのも心配なところでしょうか。 いずれにしても、流通管理委員会には、 次の情報を早くしていただければ、と。 ところで、こういった体制がどうしてできたか、はここでは割愛しますが、他の薬と比較すればかなり厳格に処方管理されているのは確かです。 この制度は平成19年 2008年 より実施され、最初期は登録医師590名、登録薬局が約2500ほどでスタートしているようですね。 公開されているコンサータ錠適正流通管理委員会の委員会議事録を見ると登録の一時停止処分なども時にくだされているのがうかがえます。 ちなみに私は2015年11月登録です。医師になり15年目での登録ですから遅いほう。それまでは処方が必要な時には登録医師にしていただいてました。 新情報が来ましたらまたお知らせするつもりです。 *********************************************** 本記事は株式会社ライデックによって作成されました。 できるだけ、簡単でわかりやすい言葉で、英語を日本語に意訳していますが、データの解釈や内容表現に誤りがあれば、コメント欄にてご指摘ください。 また、 弊社HPや Twitterにてさまざまな発達特性情報を発信していますので、興味のある方はそちらもチェックしてみてください。

次の

コンサータ処方の流れが変わりました

コンサータ 流通

一時期は情報不足で混乱した人も多かったみたい・・・ 簡単に説明すると、 コンサータを処方する医師と処方される患者さんの両方が管理システムに登録されていなければ、薬局はコンサータを処方できない仕組みになりました。 「えっ、もうコンサータを処方してもらえないってこと!?」とショックを受けた方も居るでしょうか。 ですが、 2019年12月までにコンサータを処方されていた方なら基本的には何の心配もいりません。 患者カードを渡されるので、それに名前や住所を記入するだけで手続きは終わり。 後は今まで通りに処方してもらえます。 が、今後ADHDを疑って病院を受診する人の場合、以前ほど簡単にはコンサータを処方してもらえなくなる可能性がある、ということですね。 なぜコンサータは流通管理されるようになったのか? 「ちゃんと今まで通り処方してもらえるなら一安心・・・」とほっとした方も居るかもしれません。 ですが大事なのはなぜ急に厳しく流通管理されるようになったのか、その理由を考えてみることです。 理由を考えてみると、 コンサータに潜むリスクが少しずつ浮き彫りになります。 私は以前にこんな記事を書いている通り、日頃コンサータに助けられている1人です。 コンサータを飲んでいるおかげで今普通に会社に行って働けていますし、それまで悩まされていた 日中の眠気や 注意力散漫になることが、かなり改善されたと思います。 だからこそメリットの方にばかり注目しがちなのですが、もちろんコンサータは魔法の薬ではないので、効果と引き換えにリスクもあるのですよね・・・。 今回はコンサータに潜むリスクについて考えてみます。 依存性がある コンサータのリスクとして真っ先に挙げられるのが、その 依存性です。 コンサータを処方される時に、医師や薬剤師から 「覚せい剤と同じ」という説明を受けて少しびびってしまった方も多いのではないでしょうか? 全くその通りでして、コンサータは別名メチルフェニデート。 覚せい剤などの麻薬と同様に、中枢神経を刺激する向精神薬なのです。 依存性が高く、1度飲み始めるとやめられなくなってしまう方も実際に多いのではないでしょうか? (一方のストラテラは中枢神経を刺激しないので、コンサータに比べると依存性は低いものです。 なのでストラテラを勧める先生も多いと思います) そう言う私も少し依存してしまっていて、コンサータなしでは日中働くことはできないと思います・・・。 から、コンサータの副作用についてまとめてみました。 全身 発熱をしばしば伴う、冷汗が出る、高熱、汗をかく、体のこわばり、発熱、体がかゆくなる、急激に体重が増える、疲れやすい、体がだるい、力が入らない 頭部 ぼーっとする、突然の意識の低下、突然の意識の消失、突然の頭痛、突然のめまい、意識の低下 顔面 あごの痛み 眼 白目が黄色くなる 口や喉 話しづらい、よだれが出る、飲み込みにくい、突然の嘔吐(おうと)、突然しゃべりにくくなる、突然言葉が出にくくなる、血を吐く、吐き気 胸部 しめ付けられるような胸の痛み、胸を強く押さえつけられた感じ、呼吸数が増える 腹部 お腹が張る、食欲不振 手・足 左腕の痛み、手足のふるえ、脈が速くなる、突然片側の手足が動かしにくくなる、手足のしびれ 皮膚 ほぼ全身の皮膚が発赤する、フケやかさぶたのようなものを付着しそれがはがれ落ちる、皮下出血によるあざ、皮膚の潰瘍、皮膚が黄色くなる 便 便に血が混じる(鮮紅色~暗赤色または黒色) 尿 尿の色が濃くなる その他 血圧が上昇する どうでしょう、これを見ると 「怖っ!!」と思うのも無理はないですよね。 実際この副作用にはかなりの個人差がありまして、コンサータを飲んだら心臓が痛くなったり頭痛がひどくなって全くダメだったという人も居れば、相性がよくて副作用に全く悩まされない人も居ます。 なので飲んでいて体調の変化や不調を感じたら、すぐに先生に相談するのが大事です。 なおコンサータの副作用で1番多く見られるのは 食欲減退・体重減少だそう。 それも大人より子供の方に多く見られるようですね。 特に成長期のお子さんの場合はたくさん食べるのが大事なので、これは少し問題かも。 間食をしたりエネルギー量の多いものを食べたり、量を増やしていく工夫が必要かもしれません?? ちなみに私の場合、ひどい副作用は見られないし食欲は逆に増したのですが、体重は少し落ちてしまいました。 自覚している変化は、 食べても食べても体重が増えなくなったことです。 1日中中枢神経が興奮していると、知らぬ間にエネルギーが消費されていくのかもしれません?? あとは血圧も上がったのですが、元がひどい低血圧に悩まされて「血圧を上げるために塩分をたくさん取って下さい」と健康診断で言われるぐらいだったので・・・笑 逆に血圧が上がってちょうどよくなりました。 それに伴って貧血と冷え性も改善しました。 なので私の場合は色々とちょうどよかったのですが、元から血圧が高い人などは健康に悪影響が出るかもしれません。 6倍 こんな記事を読みました。 どうやら 17歳未満でADHDを診断されているお子さんがコンサータを服用し続けると、 不整脈のリスクが約1. 6倍増大するようです。 さらに先天性に心疾患のある場合、不整脈のリスクは約3. これは怖い数字ですね。。 前項の依存や副作用の件も含め、子供にコンサータを飲ませることはできる限り避けるべきなのかもしれません。 最も怖いのはコンサータが譲渡され、健常者が飲むリスク(特に子供) 恐らくこれが今回の流通規制に至った1番の理由だと思うのですが・・・ 健常者、特に子供や若い人の間でコンサータが流通してしまうリスクが1番恐ろしいです。 コンサータはADHDの治療薬ですから、当然健康な人が飲めば効果が強すぎて様々な悪影響が出ることが想像できます。 覚せい剤と同じように中枢神経に作用するものですから、薬物依存になってしまう可能性も当然あるわけです。 そんな危険な薬でありながら、今までは処方の基準が結構ゆるかったのですね。 はっきりとADHDの検査をしたわけでもないのに、「ADHDの傾向あり」というだけですぐに処方してしまうような先生も居るようですから。 そして コンサータを他人に譲渡することは法律で禁止されています。 渡してしまうと逮捕されるリスクもありますので、子供などが知らずに友達に渡してしまうリスクも怖いですね。 例えばこんなツイートを見つけました。 TOEICを100点あげるには300時間の勉強が必要だと言われているらしいのですが、私はADHD治療薬コンサータを飲んだだけでノー勉で150点上がったので薬1つで450時間得したことになります。 — ミス慶應No. 7脳震盪ウサギエリカコチャン🐰🔪 kacochaan この女子大生は、どこからかコンサータを入手した模様・・・。 (友人からの譲渡説が濃厚なようです) コンサータを受け渡ししている時点ですでに法律違反ですし、このツイートを見て 「そんな楽してテストの点数上がるなら俺も飲んでみたい!!」と思う人が他に出てくるかもしれません。 覚せい剤や麻薬のようにコンサータが取引されるようになってしまうかもしれません。 これは確かに危ないし、流通管理が必要ですね。 実際に悲惨な事件も起こっていて、2007年の リタリン騒動が有名です。 向精神薬を服用していた米銃撃事件犯の少年たち ・・・この向精神薬の代表的な薬のひとつに、 リタリン(塩酸メチルフェニデートの一般製剤)がある。 すでに、スウェーデンでは1960年代後半に同剤の発売が禁止されており、 1970年代にはヘロインと同等の依存性があると指摘されていた。 それにもかかわらず、アメリカではADHDの特効薬として患者への投与を継続。 また、子どもへの投与だけではなく、大人の間でも「活動的になり仕事や家事がはかどる」という理由で、急激に広まっていった。 だがそうしたなか、少年たちによる銃乱射事件が学校内で多発する。 彼らは学習機能障害と診断され、リタリンなどの向精神薬を投薬されていた。 コロラド州ではその後、厳密な検査を行わず安易に診断を下されたADHDの子どもに対して、リタリンを強制投与することを禁止した。 なかなか悲惨ですね・・・ しかし、日本でも起こりうる話です。 まとめると、 コンサータが「活動的になり作業がはかどる薬」として健常者の間に流通してしまうのは避けなければならない。 特に子供の間に広まってしまうと、依存症や不整脈のリスクが高く非常に危険。 ということですね。 コンサータのリスクを理解して生活に役立てよう 以上、流通管理が始まったコンサータについて、改めてリスクを見直してみました。 こうやってまとめてみると危険な薬のような気がして、服用するのをためらう人も出てきてしまうかもしれません。 しかし コンサータはリスクさえしっかり理解して正しくお付き合いすれば、ADHDの人生を良くしてくれるものです。 私も含め、コンサータのおかげで仕事や生活ができている、と感謝している人も多いはず。 コンサータの不正な譲渡や悪用が減ってくれることを願うばかりです。 こちらの記事もおすすめです.

次の

【ADHD】 コンサータとストラテラとインチュニブの違い

コンサータ 流通

いや迅速にぱっと発行されて来るのかもしれませんが... 。 ・転院時は、患者カードがあれば大丈夫、なはずですが、 転院先の医師が流通システムに登録済みであるかどうか確認が必要です。多分ですが、 2020年6月30日までは、流通システムに未登録であっても、患者カードがあれば処方歴があるので、大丈夫だとは思います。 ・ 紛失時は、登録医師を通じて新しく登録が必要です。その分、処方の遅れにつながる可能性はあります。一応図の通り、救済策はあります。 でも、普通に 病院・薬局に忘れた時、どうなのでしょうか? 基本的に患者カードが必要なのですが、今までも通院をきちんとしてる方に対して、 今日患者カードが無いからといって、何もかもわかっているのに処方しない、処方箋を受け付けない、というのは倫理的にどうなの? と感じます。 しばらくしたら問題になりそうですね... また、そもそも、ADHDの方は忘れ物をしやすいのに、必ず持参、みたいな条件を課すのはやや理不尽な気がしないでもありません... まあ自動車免許のように外出時は必ず持つ、とか、保険証のように受診の際には必ず持つ、と身体に染み込ませていただくのが医療者側の希望となるでしょう。 コンサータ、ビバンセは第一選択薬なのに... 医療的に一番の問題点は、両薬とも世界的に第一選択薬として推奨されているのに、 第一選択薬としては非常に使いづらくなった、ということだと感じています。 処方濫発の医師、乱用リスクのある一部の患者さん、と行政から見れば問題と考える要素はあるのでしょうが、もっと現実的にやりやすい方法はなかったのでしょうかね... さて、blogの更新は今年最後になります。 皆さま良いお年を。 また来年もよろしくお願いします。 *************************************** ライデックでは、ブログ以外でも様々な発達障害の情報を発信しています。 気になる方は、やをチェックしてみてください。 できるだけ、簡単でわかりやすい言葉で記述しています。 データの解釈や内容表現に誤りがあれば、コメント欄にてご指摘ください。 また、 弊社HPや Twitterにてさまざまな発達特性情報を発信していますので、興味のある方はそちらもチェックしてみてください。

次の