電線 ハーネス。 ハーネス製作・加工専業のベルデンキ 株式会社ベルデンキ

ワイヤーハーネスとは? 車の起動に欠かせない部品の役割と今後の需要|工場タイムズ

電線 ハーネス

電柱地中化、五輪開催が追い風 光ファイバーが好調 電線業界の過去の推移をみますと2007年から09年にかけて減少、09年から増加に転じ、16年には再び減少しましたが、17年、18年には再度増加に転じています。 2018年度は国内の銅電線の出荷量が2年連続で増加し、建設、電販向けが伸びました。 近年の電線は 主流だった銅電線からアルミ電線へ換えられています。 アルミは銅よりも軽く低コストのため、送電線や自動車のワイヤーハーネスなどにも利用されてきています。 2018年2月に国が発表した無電中化の政策や東京五輪開催が追い風となり、インフラの需要が期待されています。 近年の電線業界は多角化が進み、 既存の電線事業が縮小傾向にあります。 代わりにクラウドサービスの拡大で通信用光ファイバーが好調。 大手三社では 自動車事業や光ファイバーなどが収益の柱になっています。 国内外でクラウドや5G、通信ケーブルの需要が底堅い 国内では インフラ老朽化対策や電柱の地中化、クラウドサービスなど、電力や情報通信関連の需要が今後も期待できます。 一方、2016年10月埼玉県で起きた地中送電ケーブルの火災によって、旧式のケーブル交換時期が早まるとされ、旧式ケーブルの技術者不足などが懸念されています。 海外に目を向けますと、 5GやIoT関連の市場拡大や欧州向けの再生エネルギー関連、新興国の開発等の通信用光ケーブルや電力ケーブルなどの需要拡大が見込めます。 今後は海外事業が成長分野と見込まれ、電線各社は海外展開を加速しています。 業界首位の住友電気工業と3位のフジクラは海外事業が柱で、米国、中国、アジア、その他の地域にも進出。 住友電気工業はドイツのシーメンスと事業提携し欧州とアジアを開拓。 フジクラはミャンマーとブラジルでEPC事業を成長させています。 国内、海外ともに追い風が続く電柱業界ですが、2018~20年までの無電柱化推進計画、東京五輪、都市開発などの 大型案件後には懸念が残ります。 長期的に見れば、人口減少や少子高齢化に伴う住宅着工の減少などが予想され、市場を縮小させるリスクが潜在的にあります。

次の

ハーネス製作・加工専業のベルデンキ 株式会社ベルデンキ

電線 ハーネス

ワイヤーハーネス(Wire Harness)は主に電気を伝える電線と、その電気を周辺外部に接続して伝達する端子やコネクタを組み立てた部品の集合体です。 各種機器に動力となる電力と、機器制御のための電気信号を伝達する役割を持ち、自動車や様々な機械装置に組み込まれています。 電気配線を必要とする機械装置であれば、ほぼ間違いなく使用されるため様々な分野の業界で使用されています。 ワイヤーハーネスは広義の解釈で電気を1対1で伝達する簡易な構造の物から多数対多数で伝達する非常に複雑な構造の物、また細い物から太い物まで用途により幅広く存在します。 ワイヤーハーネスは簡略してハーネスと呼称されるほか配線、ケーブル、電線、コード、束線やケーブルアッシー、電線加工品、ケーブル加工品、コネクタ配線、ケーブルハーネスなど慣用的な表現を含め様々な表現で呼称されています。 ワイヤーハーネス(Wire Harness)の語源は所説ありますが、馬をコントロールする為の手綱や頭部、首、胴体に巻くバンドを総称するハーネス(Harness)に針金や電線を表すワイヤー(Wire)が合さってできた言葉であると言われています。 電線を複数組み合わせて製作された電気配線が馬具のハーネスに似ていたことから、このように呼称されたと考えられています。 現代においてハーネスは馬具の他にも動物や人体に巻き付けてコントロールや安全のための固定をおこなうバンドの呼称でもあり、ワイヤーハーネスと混同されやすい言葉です。 ワイヤーハーネスには機械組立工程の簡略化、接続間違いの防止など作業性に関する機能やスペースの簡略化、可動や振動による摩耗の低減、耐火や耐油や耐ノイズなど環境耐性といった物理的な機能を持たせることができます。 ワイヤーハーネスの主な構成部品は電線・ケーブル、端子、コネクタ、外装品(チューブなど)です。 ワイヤーハーネスの設計では、各種部品の性能と特性から部品を選定しワイヤーハーネスに様々な機能や特性を持たせることができます。 ワイヤーハーネスの製造は電線の曲がる癖を感じ取ったり、手の感覚で調整する作業が多くみられ、FA機械による全自動化が他の製造業に比較して進んでいないのが大きな特徴です。 そのため、人海戦術による人手をかけての加工が主流で生産は主に人件費が低い国や地域でおこなわれています。 大量生産をおこなっている製造現場ではライン作業が主流で各作業を細分化し、半自動・全自動機械を導入して効率的に流れるように人員と機械を配置しています。 ワイヤーハーネスの製造現場は加工や作業に強い力が不要で女性に向いている軽作業や手作業が多いため、女性人員の比率が高い傾向にあります。 ワイヤーハーネスの製造は日本標準産業分類において「大分類 E 製造業」、「中分類29 電気機械器具製造業」に該当し、小分類は「299 その他の電気機械器具製造業」の「2999 その他の電気機械器具製造業」に分類されることが主流です。

次の

トキワ電線株式会社 ホームページ 〜ワイヤーハーネス製造・加工〜

電線 ハーネス

概要 [ ] ワイヤーハーネスは、狭義には複数の電線を結束帯やチューブ、粘着テープなどでまとめ、端部に複数の電線を一度に接続できる多芯を取り付けた物で、組み込まれる機械に固定するフックなどを備える場合も多い。 まとめられていない電線の束にくらべると、機械の組立工程を簡略化できるだけでなく、電線の束が占める空間を小さくしたり、振動による擦れ合いを小さくできる。 電線の被覆や保護具にを用いることで火災時に延焼する危険性を低減できる。 広義のワイヤーハーネスは特に自動車を除く用途において、汎用ケーブルでは長さ・機能・コストなどに不都合があると考えられるときに特定用途に対して製作される多芯ケーブル、まとめられていない電線を指すこともある。 、、各種製造装置用途では、コネクタ、電線、端子類に、類で名前をつけて設置作業現場での誤配線を防止するとともに、メンテナンス作業を効率化している。 多種多様で自動化による生産に不向きなため、手作業で生産されている。 構成部品 [ ] 電線 [ ] 使用する電線には、電流や周波数特性といった必要な電気特性が求められ、周囲への電磁気的なリーク防止や電線同士や周囲への短絡の危険性も最小限にする必要がある。 一般的には、銅合金製の複数素線に耐摩耗性が高い絶縁体を被覆している。 このような電線被覆材料には、一般的にが使われているが、・機器ではで指定される物質を含まないもの、自動車ではにより前記に加えてを含有しない被覆を用いる様になっている。 通電電流、印加電圧に対して電線の太さが決定される。 日本の自動車向けではJASOに準じたサイズが主流である。 素線構成は、一般構成のものの他に、屈曲耐久性能に優れた構成のものがある。 エンジンルーム等の高熱部分には、耐熱性能に優れた被覆を用いる。 微弱電流の回路など外来ノイズの影響を受けやすい線路には、またはあるいはその両方が施されることが一般的である。 電線色は、主にメーカーの生産性で決定されることが多いが、でガイドライン指示されているものもある。 回路では白地に黒ストライプが主流である。 また、自動車や航空機のような搭載電子機器の増加に合わせて必要な信号線の数が増えたため、デジタル信号による多重化された信号をわずかな本数の線で送るようになると、ワイヤーハーネス内の電線も少なくなる傾向がある。 光ファイバー線を電線とは別に配線する場合や、電線と同様に光ファイバー線もワイヤーハーネス内に含む場合がある (詳細は、の項を参照のこと)。 コネクタ [ ] 各電線の両端にあって適切な回路へ電気を伝えると同時に固定する接続部である。 電線と同様に適切な電気特性や安全性などがもとめられる。 コネクタはハウジング内に接続端子を持ち、組み立て時には信号や電力を誤接続しないような形状を備え、また、容易に接続が可能で接続後は振動等では容易に外れず長期間安定的に接続が維持され、修理などの必要に応じて容易に外せることが求められる。 コネクタは初めに電線に接続端子が付けられ、その後、接続端子がハウジングに収納されることが一般的である。 成形・保護具 [ ] コルゲートチューブや樹脂テープなどによって主な電線の束である幹線電線を束ね、プロテクターなどで保護する。 幹線電線から個別の電線が分岐する分岐部では、結束を保つために熱可塑性樹脂などで固定される。 固定具 [ ] 筐体などに固定するためにグロメットやクランプ、クリップと言った固定具が組み込まれることが多い。 固定具と保護具は相互に兼ねることがある。 その他 [ ] 1対1の接続だけ行う配線の他に、3ヶ所以上の機器の端子間を電線で接続したい場合があり、多数の電線を束ねるワイヤーハーネスでは、その途中に中間接続部を設けて複数の電線を相互に接続するジャンクション・ボックス(Junction Box; JB)を持つものがある。 ジャンクション・ボックスは電線同士を接続するため内部に接続端子に電線、またはプリント基板やバスバーなどを収めており、また一部のものは、ヒューズやリレー、サーキットブレーカーまで収めている。 半導体素子などの電子回路を含むものはA-JB Active Junction Box と呼ばれる。 カルテル [ ] メーカーや車種ごとに専門性が高くなる傾向があり、過去には特定の事業者による大規模なが結ばれたケースもあった。 におけるカルテル(反トラスト法違反)の罰金額の最高事例は、自動車用ワイヤーハーネスをめぐるカルテルであり、2011年、日本のとに対して計5億4800万ドルの支払いが命じられたものである。 出典 [ ].

次の