頑張る 類語。 「頑張る」ことの本当の意味

頑張るの語源と類義語、努力を表す四字熟語

頑張る 類語

目標を達成するあるいは、特定の原因または人への改革運動に従事するために、連続的に、活発に、または目立つように、力を発揮する; の主唱者である の意• 頑ばる• 苦難または逆境を通して生き続ける の意• 耐忍ぶ• 生きのびる• 堪忍ぶ• 持堪える• 生きのこる• 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の

「頑張る」の言い換え「類語」まとめ!

頑張る 類語

「頑張ります」は目上の人に使えない? 目上の人にはおすすめしない 目上の人とのメールや手紙、年賀状などのやりとりで激励を受けた時など、「頑張ります」と思わず答えたくなってしまいますね。 決して失礼な返答ではありませんが、社会人としてはどこか物足りない印象を受けてしまいます。 「頑張ります」は小さな子供も使うシンプルなフレーズですし、より社会人としてふさわしい敬語表現があるため知識や語彙のレベルが疑われてしまう結果となってしまいます。 また、具体的に何を頑張るのか、どう頑張るのかの具体性が感じられないことも問題です。 できればよりふさわしい敬語表現を使うようにしましょう。 謙譲語を使用する 「頑張ります」は敬語の分類でいうと丁寧語にあたります。 丁寧語は社内の先輩や親しい年上の人に使う分には問題ないのですが、ビジネスシーンで目上の人に使うにはふさわしいものではありません。 自分をへりくだることで相手を優位に立たせる表現である謙譲語に直して使用するようにしましょう。 仲間になら使用できる 「頑張ります」を例えば「一緒に頑張りましょう」というように、対等な関係で一緒に頑張っている仲間や自分が目上となる場合には使用することができます。 「頑張りましょう」は励ます気持ちを表す言葉として一般的に使われていますが、努力や忍耐を求める言葉でもあります。 一緒に頑張っている相手や目下の立場の人以外に使うと失礼に感じられてしまう場合があるので気を付けましょう。 「頑張ります」の謙譲語表現 「努めて参ります」「励んで参ります」 「努める」は、努力することを表しています。 「励む」も努力することや精を出すことを表しています。 それにそれぞれ「参ります」は「行く」の謙譲語である「参る」に丁寧語の「ます」を付けたものです。 それぞれ謙譲語の表現となりますので、ビジネスシーンで使用するのにふさわしいものとなります。 「尽力いたします」 「尽力」は力を尽くすという意味で、「一生懸命頑張ります」や「精一杯努力します」ということを示す表現です。 それに「する」の謙譲語である「いたす」と、丁寧語の「ます」が付いた謙譲語表現になります。 これもビジネスシーンにふさわしい表現です。 精励する所存にございます 「精励」は仕事に精を出してつとめてはげむことです。 「所存」は「思う」や「考える」の謙譲語である「存ずる」が含まれており、思っていることを伝える謙譲表現です。 それに「ございます」が付いた「~する所存にございます」の意味は、「~するつもりです」になります。 ビジネスシーンで使いたい例文 企業の姿勢を表す例文 ビジネス上のやりとりで、企業や組織の代表としてメールや手紙を出す時に使いたい「頑張ります」の例文を紹介します。 本年もより一層のサービス向上を目指して、社員一同全力を持って取り組んで参ります• 今後もお客様にご満足いただけるよう誠心誠意努めて参る所存にございます• 皆様に信頼される組織の実現に向け尽力して参ります• お客様のパートナーとして良いお手伝いができるよう、誠心誠意を尽くして参ります 個人の姿勢を表す例文 個人で取引先や上司にメールや手紙を出すときに使いたい「頑張ります」の例文です。 まだまだ至らない点もございますが、ご満足いただけるよう日々邁進して参ります。 ご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます• より一層仕事に邁進して参りますので、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします• より一層の精進を重ねてまいる所存です• 組織の発展に力を尽くしてまいる所存でございます• 学んだことを今後も活かし、さらなる成長を目指し努めてまいる所存です 避けたい誤った表現 頑張っていきたいと思います 「いきたい」の「たい」は希望の助動詞です。 「思います」の「思う」には、物事に対しての感情を表すことや「~だろう」と推測する意味があります。 つまりこれは「頑張る」ことを「いきたい」と「思います」で二重にあいまいにしているのです。 頑張ることがどこか他人事のような印象を与えてしまう表現ですので、ビジネスシーンに限らず使用することは避けましょう。 頑張らせていただきます 「させていただく」は、相手の許可を受けた上で、自分が行って恩恵をうけることに敬意を払う場合に使用する謙譲表現です。 頑張ることに対してだれかの許可を得ることになるので、頑張ることへの強い意思が薄れてしまいます。 この表現もいかなるシーンでも避けたほうが良い表現です。 努めて参りたいと思います 「努めて参ります」までは、努力することを「参ります」で謙譲語に表現したものなので問題ありません。 これに「思います」を付けてしまうと途端に他人事のようになってしまいますので避けましょう。 まとめ 「頑張ります」は子供も使うシンプルな言葉であるため、ビジネスで取引先や上司に使うにはふさわしくありません。 社会人にふさわしい敬語表現のレパートリーを広げて、自分の気持ちがうまく伝わるようにしましょう。 誤った避けたい表現もありますので、確認しておくことをおすすめします。

次の

「頑張る」に関連した英語シソーラスの一覧

頑張る 類語

「頑張ります」の「頑張る」とは、「我(が)に張る」や「眼(がん)張る」が転じて生じた言葉で、当て字として「頑張る」と表現するようになった言葉です。 意味としては「忍耐して、努力しとおす」や「気張る」など「困難に耐えて努力する」という意味と、「ゆずらず強く主張する」など「我を張る」意味があります。 「頑張ります」を使う場面 一般的に「頑張ります」を使う場面としては、期待されたり励まされたりした場合、その気持ちに応えて「頑張ります」という表現を使います。 また自分が努力をしようという意志として「頑張ります」と表現したり、親しい相手や、応援している相手を励ましたい時に「頑張ってください」を使う事があります。 但し、ビジネスシーンにおいては口頭でのみ使える表現ですので注意が必要です。 「頑張ります」は敬語なのか? 「頑張ります」は敬語ではない 「頑張る」が当て字として生まれた背景を考えると、「頑張る」は敬語ではなく、自分の状態や気持ちを表す表現としての言葉という事がわかります。 「頑張ります」と表現して謙譲語として使いたい場合も、そもそも敬語ではないため、謙譲語としての働きもありません。 ビジネスにおいて敬語として丁寧に表現したい場合は、「努力します」や「精進いたします」という表現で「頑張る気持ち」を伝える事が必要になります。 口頭で「頑張ります」を目上の人に伝える場合 ビジネスシーンにおいては、口頭で使う場合に限り目上の人に「頑張ります」を使っても差し障りはないとされています。 ただし、言い方として自分の熱意を込めて伝える事ができるように表現するのが好ましいでしょう。 「頑張ります」の前後に、「全力で頑張る所存です」や「一生懸命頑張ります」などを付け加えて言い方を工夫する必要があります。 「頑張ってください」は目上の人には使えない 「頑張ります」が敬語ではないことから、「頑張ってください」を目上の人に使うのは適切ではありません。 親しい友人など敬語表現にこだわる相手ではない場合には「頑張って」という気持ちをストレートに伝えることはできますが、目上の人には使うと失礼にあたります。 目上の人に「頑張ってください」という気持ちを伝えたい場合は、「応援しています」や「成功をお祈りいたします」という適切な表現を使って伝えるようにします。 「頑張ります」の適切な言い換え方 「頑張ります」の言い換え表現 「頑張ります」の適切な表現方法としては、「何に対して」「どのように」「どのような気持ちで」頑張るのかを、敬語を使って具体的に表現するように心がけましょう。 「今回の案件が成功するよう、一生懸命努力して参ります」や「皆さんの期待に応えられるよう、全力を尽くして取り組んで参ります」のように具体的に表現する事が適切な表現方法と言えます。 「頑張ってください」の言い換え表現 「頑張ってください」という気持ちを表現したい場合も、自分の気持ちを伝える時と同様に具体的に言い換えて伝えるようにしましょう。 「今回の案件の成功をお祈りします」や、「新天地でのご活躍をお祈り申し上げます」という表現で伝えます。 目上の人に「頑張ってください」という気持ちを表現する際には、具体的な言葉に尊敬語を交えて表現すると適切な言い方になりますので、言葉選びに注意して伝えるようにしましょう。 ビジネスで使える「頑張ります」の気持ちを伝える例文 「頑張ります」の気持ちを伝える例文 自分の「頑張る」気持ちを表現する際は、文脈に合わせて様々な表現ができます。 今回の案件が成功するよう、精一杯努力いたします• 皆さんのご期待に添えるよう、尽力致したいと存じます• 引き続き、安全を第一に日々努めて参ります• このような大役を仰せつかり、気を引き締めて精進する所存でございます• この案件が成功するよう、全力を尽くして参ります• 脇目も振らずに、成功を信じ邁進いたします 「頑張ってください」の気持ちを伝える例文 ビジネスシーンで「頑張ってください」という気持ちを伝える場合、目上の人にも目下の人にもどちらにも使えるように尊敬語や丁寧語を付け加えて使うようにすると便利です。 新天地でのご活躍をお祈り申し上げます• 新しい環境でのご活躍を陰ながら応援しております• ご活躍を微力ながら応援させて頂きます• 現地でのこ検討をお祈り申し上げます• 益々のご健勝とご多幸をご祈念いたします 「頑張ります」の類語 「頑張ります」の類語 ビジネスシーンでは「頑張ります」という意志を伝える場面は多く見られます。 「頑張ります」を使いたい場合は、適切な類語を使って失礼の無い言い回しで伝えるようにしましょう。 努力します• 尽力します• 尽くします• 努めます• 精進します• 邁進します• 力を注ぎます 「頑張ってください」の類語 「頑張ってください」は目上の人には使えないので、類語と尊敬語や謙譲語と組み合わせた文章を使って「頑張ってください」という気持ちを表現しましょう。 応援しております• ご活躍をお祈り申し上げます• ご健闘をご祈念申し上げます• ご健勝をご祈念いたします• ご発展をお祈り申し上げます まとめ 普段よく聴き慣れている「頑張ります」は「頑張る」を敬語で表現した言葉では無いことがわかりました。 親しい間柄で「頑張ります」や「頑張ってください」は活用できる言葉ですが、ビジネスシーンにおいては控えるべき表現という事になります。 しかし最近では口頭で使う時のみ「頑張ります」と表現しても失礼にはあたらない適切な表現として取り扱われています。 ただ言い方や前後に付ける言葉には充分に注意して使うことが必要です。 また「頑張ってください」は目上の人には使ってはいけない表現なので注意しましょう。 ビジネスシーンにおいては、「頑張ります」という敬語では無い表現はなるべく使わない方が賢明です。 しかし「頑張ります」という意志を伝えたい場面は数多く存在するのも事実です。 マナーをわきまえたビジネスマンとしては、「頑張ります」を言い換える類語を数多く把握しておいて、必要な時に適切な使い方で使えるようにマスターするのも仕事の一つかもしれません。

次の