休職中 結婚。 うつ。休職。先が見えない彼を待つか、悩んでいます。

彼の休職(ぷよさん)|結婚式準備の相談 【みんなのウェディング】

休職中 結婚

電話するのも疲れちゃうしね。 私は精神科に通っていましたが、どんなに情けないことを言っても私のことを否定せず認め、受け止めてくれる先生には大変お世話になりました。 なかなか人と会うことも難しい状態だったので、精神科を 心の拠り所としてフル活用していましたね。 先生に 「元気になってきたね」と言われることが本当に嬉しくて、心の支えになっていました。 精神科が初めてで抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、行ってみると普通の病院と大きく変わりません。 1人自分の強力な味方が増えるのでまずは相談に行ってみましょう。 心のエネルギーを補充することと好きなことに触れることは相関関係があると思います。 私の場合やりたいことをすることによってできることが少しずつ増えていったり、元気になっていったりしていきました。 私は太陽の光が入る窓際でひなたぼっこしていたりしました。 そしてできれば、 散歩もするといいですね。 うつ病で引きこもっていると、筋肉量がどんどん落ちてきますし、暗い部屋にいると気持ちも沈みがちになります。 人がたくさんいるところは疲れやすいと思うので、公園など自然があるところがいいですね。 今だったら ポケモンGOをしながら散歩がおすすめですね。 捕まえていないポケモンを見つけるために 自然といつもよりたくさん歩いていることもあります。 ときどき過去の投稿を見返すことで 自分が少しずつ元気になっていることを客観的に感じることができました。 お気に入りの発信者を見つけたらそのブログをブックマークしておくといいでしょう。 検索から改めて探すとなると見つけられないこともありますし、探している途中で見たくないような発信が目に入っては辛いだけです。 とはいえ個人の発信者の体験記というのは あくまで参考程度にとどめておきましょう。 症状や発症理由はそれぞれ異なると思いますので、 治療については 担当医の方と相談すべきです。 うつ病時は大きな決断をすることを避けましょう、というのはよく言われますがその通りだと思います。 焦る気持ちは十二分に分かりますが、焦って解決するものではなくうつ病は時間をかけてゆっくりと治療していくものです。 変に焦って仕事復帰して『また再発してしまう』なんてことが起きるとあなたが辛いと思います。 また休職となれば職場にも迷惑をかけてしまうことになるので、やめておきましょう。 復職について考えるのはゆっくりすぎるくらい後ででいいです。 あえて 『仕事以外の楽しいことや好きなこと』に思いを巡らせるくらいがちょうどいいです。 真面目に考えるのであれば、 『自分がうつ病になった原因』や『今後どういう風に生きていきたいか』を考えていきましょう。 自分の嫌だと感じること(仕事でこれはしたくないとかこんな人とは一緒にいたくないとか)を整理しておくことはすごく大事なことですよ。 ただ一人で考えているとネガティブになってしまうこともあるので、 相談できる方や担当医の方と一緒に考えるのがおすすめです。 仕事復帰は焦らず、まずは治すことを考えてゆっくりと過ごしましょう。 まとめ:休職中の過ごし方は自由でいい。 焦らず休もう。 今回はうつ病で休職中の方におすすめの過ごし方を5つ紹介いたしました。

次の

【休職中の暇つぶし】よかったことまとめ

休職中 結婚

「休職」と「欠勤」の意味や違いについて見ていききますが、まずは、「休職」とは何か、その意味を理解しましょう。 休職とは、基本的には会社の指示や規定によって業務が免除されている事を指します。 休職は無給が多いですが、見舞金という名称等でお金が出ているケースもあります。 また、休職期間は概ね1年半です。 そもそも休職は法によってではなく、会社によって規定されるものというのを理解しておきましょう。 休業は会社側・労働者側の何らかの都合で長期休みになること 企業側の都合で労働者の業務を停止させる休職に対して、休業の場合は企業側の都合に加えて、本人(労働者)都合によるものの2通りがあります。 ここではその2通りに関してそれぞれ典型的な例をご紹介します。 休職の意味について見てきましたが、それに対して欠勤とは何なのでしょうか。 その意味と違いについて見ていきましょう。 欠勤とは、休職とは違い会社による業務免除がなされていないものを指します。 これが休職との大きな違いです。 また、欠勤の場合も基本的には無給です。 病気などの場合でも欠勤控除されます。 そのため、その後に有給として消化する方が多いと言えます。 欠勤は無給!受け取れる賃金はゼロ 欠勤とは悲しいことに、基本的に無給ですが、これをノーワークノーペイの原則と言います。 インフルエンザで休むにしても、怪我や風邪で休むにしても変わりありません。 ここが休職との大きな違いです。 欠勤はボーナスの査定にも大きく響く また病気以外にも、自己都合での欠勤は無給となるのが一般的です。 そうした欠勤のデメリットとしては、会社におけるボーナスの査定にも大きく響いてくる、ことと言えます。 欠勤するのであれば、有給休暇が残っているなら、有給として扱うべきでしょう。 欠勤と休職は金銭面の違い、そして同じ会社を休むにしても制度として見るとまったく別のものである、ということが分かりますよね。 ただ、この二つは違いが分からないまま、よく混同されます。 その理由は、休暇を取得する際にこの二つを連続で取るというケースが多いためだと言えるのです。 欠勤するのが休職の条件になっている場合がある 病気などで会社を休む場合、まずは欠勤をして、そのあとに休職期間となる場合が一般的です。 会社によっては、欠勤をするのが休職開始の条件となっている場合もあります。 有給休暇がなくなったら欠勤となり、そして欠勤期間を過ぎたら休職、というようになります。 つまり、欠勤という無給の期間を挟まなければ、休職に移れない場合が多いという意味です。 これを見れば、欠勤と休職の大きな違いが理解いただけるでしょう。 ただ、これはあくまでも一般的な形であって、原因や期間によって会社との相談も必要です。 欠勤とは休職と違い会社から業務免除されず賃金がもらえないという意味を理解しておこう 今回は、欠勤と休職それぞれの意味と違いについて見てきました。 会社での休みといっても、いろいろな種類があります。 欠勤とは休職と違い会社から業務免除されず賃金がもらえないという意味をしっかりとおさえておきましょう。 万が一のときのためにも、休暇に関する会社の規定についてもしっかりと理解しておくのが安心です。 就業規定などとあわせて確認をしてみましょう。

次の

休職中にすべきこと、してはいけないこと

休職中 結婚

休職中のボーナス事情とは? 休職中に ボーナスはもらえるのかご存知ですか? ボーナスは業績に対して与えられる報奨金なんだから、働いていないならもらえないんじゃない?と考える人が多いと思いますが、職業や休職のタイミングによって少々事情が変わってくるようです。 休職中の ボーナス事情について調べてみました。 公務員の場合 調べてみたところ、一般企業では休職中にボーナスを支給するかどうかは会社によって決められていて、ボーナスがもらえるというところは少ないようでした。 会社を休んでいて業績に何の貢献もしていないのだから当然と言えば当然の話です。 しかし、それが公務員となると事情が変わってきます。 公務員の福利厚生が一般企業と比べるとかなり手厚いのは有名な話ですが、公務員は休職中でも給与・ボーナス共に支給されます。 公務員はストレスなどによる病気で休職するパターンが一番多いそうですが、この病気による休職の場合は、なんと年間90日間までは給与が全額支給されるそうです。 その他の理由で休職の場合でも1年間は給与の8割が支給されます。 ボーナスに関しても自治体によって算出方法は異なり、減額はされるようですが、休職しても最初の1年間は支給されることが多いようです。 看護師の場合 看護師の仕事がハードなのは有名な話で、24時間体制で患者の急変に備える必要があるので夜勤や長時間勤務は当たり前、ちょっとしたミスでも患者の命に関わると思うと精神的ストレスも多いことでしょう。 そのため、看護師が休職する割合は高いようで、休職中の支援制度も充実しています。 休職中のボーナスは病院の規定で決まっていますが、満額支給されることは少なく、だいたいの場合は減額で、支給なしになるところもあるようです。 休職時期とボーナスの関係 一般の会社では休職中はボーナスをもらえるところは少ないと前述しましたが、休職のタイミングによってはもらえることもあります。 一般的に会社でボーナスを支給する場合は、支給規定に受給資格を定めています。 ですから、休職中であってもその受給資格に当てはまればボーナスはもらえることになります。 休職扱いで休んでいたのを、受給に関わる期間だけ有給消化に当て、ボーナスの受給資格を得るという裏技を使う人もいるようです。 いかがでしたか? ボーナスが出るか出ないかかは大きな違いなので自分の会社はどうなのか気になるところですよね?気になる方は就業規則をよく確認してみて下さい。 でも、まずは休職することがないように、肉体的にも精神的にも自分を労わりながら上手に仕事と向き合っていくことが大事だと思います。 『サンドラの週末』映画オリジナル予告編 カテゴリー•

次の