この apple id は まだ app store で 使用 され た こと が ありません。 このアップルIÿ…

iPhoneに Appleから身に覚えのない課金の請求がきました。これは詐欺に近い...

この apple id は まだ app store で 使用 され た こと が ありません

自分が買うつもりでスペックを見立てた MacBook Pro(13 インチ・タッチバー付)の購入計画を身内に取られた(?)ので、自分自身の Mac 購入計画は一旦流れた形になったが、その身内が元々使っていた MacBook(初代 2015 年モデル)をもらってひとまず使ってみることにした。 メイン機として使う場合は、Android やゆくゆくは iOS アプリのプログラミングに使うつもりなので、処理能力的にはすぐに不満になってしかるべきスペックの iMac または MabBook Pro を購入する可能性はあるが、今はひとまず一通り使ってみて、様々な使い勝手を知り尽す目的でこの MacBook を使うことにした。 まあ、元来 Linux ユーザーである身からすれば、macOS というのはエキスパートユーザーであっても、非エンジニア(プログラマー)人種、せいぜいシステムアドミニストレーター系の人種(ジーニアスバーとかサポートの人たちもこれに含まれるだろう)にとっての進化の最先端にある OS であって、Windows との比較で圧倒的な価値を持つものの、Linux のような、ユーザー層とエンジニア層の重なる度合いが高い世界とはベクトルが異次元であり、比較にならない。 Linux ユーザーにとって、自分で OS をインストールすることのようなシスアド業務は、まず最初のスタートラインに過ぎないわけである。 ちょいちょいとネットで情報を収集して、譲り受けた MacBook をおもむろにフォーマットして初期化し、OS の再インストールを行った。 何一つ難しいことはなく、ほとんど勝手にインストールは終った。 Apple 製品の主たるユーザー層に何を求めるというのだ? OS の再インストールで、OS のバージョンは古い、El Capitan あたりに戻ってしまうので、App Store から最近出たばかりの High Sierra をダウンロードして、アップデートしようとした。 ここで問題が発生した。 Apple ID によるサインインができないのである。 もちろん、パスワードを紛失したとかの、素人レベルのミスではない。 「この Apple ID は、App Store で使用されたことがありません」というエラー表示が出て、サインインを拒まれるのである。 ネット情報によると、クレジットカード情報を登録すればいいとか、iTunes アプリでサインインするといいなどといった情報が引っ掛かったのだが、すべて試したものの、依然として事態は打開できない。 まず、iTunes アプリでも、iBook アプリでも、App Store アプリと同じで「この Apple ID は、iTunes で使用されたことがありません」というエラー表示が出て同じ状態に陥る。 Windows に iTunes アプリをインストールしても同じである。 そもそもクレジットカード情報はウェブの Apple ID アカウントで入力して登録済。 しかし、敢えてエラー表示からアカウントのレビュー表示へと進んで、改めて登録内容を入力し直そうとするが、クレジットカード情報を更新する画面で更新内容を確定できず、内容の説明なしに赤い文字で www. apple. これはもう、こちらのやり方が間違っているという次元の話ではなくて(そういう低次元の問題であれば、ウェブの情報と自分で試行錯誤すればどうにかできる)、Apple ID アカウントに関する Apple 側の管轄する問題であると判断し、サポートに電話した。 全体で連続 2 時間ほど要したが、あちこちの部署をリレーされ、最終的に、iTunes 担当のサポートの方で、アカウントのロックを解除。 詳細は教えてくれなかったが、何らかのロックがかかっていたようだ。 自分は、iPhone を所有したことがなく、今回、MacBook Pro を購入するにあたって初めて Apple ID アカウントを作成したので、そのあたりも関係したいたのだろうか? このロック解除で、クレジットカードの更新画面で出ていた www. apple. そこで、改めて、iTunes の担当から戻された Mac のサポート担当者に、iTunes アプリでのサインインを試すよう指示され、成功。 ようやく、ネットで言われていた話へとつながり、App Store アプリでも「使用されたことがありません」エラーは解消されたのだった。 つまり、ネットの情報だけでは解決できなかった理由は、iTunes のアカウントのロックの問題と、「使用されたことがありません」エラーは App Store ではなくて iTunes アプリでしかアクティベーションが不可能である問題の、2 種の問題が重なっていたということのようだ。 しかし、1ユーザーの立場としては、Mac にはずっと憧れを持ってきたので(自分にとっては、あくまでも、今でも、iPhone は Mac の付属物的な位置付けである)、いきなり身に染み付いたエンジニア的習性による行為から、今回のようなハマリ事態に直面するとは、皮肉だ。 すっかり Mac は、iPhone の(アプリをプログラミングするための)付属物の立場に、なり下りきっていたということを具体的に自分で身をもって思い知らされた形になったのだから。

次の

3分で解決!「このApple IDはapp storeで使用されたことがありません」という理不尽なエラーが出た時の対処法!

この apple id は まだ app store で 使用 され た こと が ありません

今月から中学生の長男にiPhoneを持たせることになりましたが、そのまま渡してしまったら、厄介なトラブルが発生する可能性が高いことは、容易に想像がつきますよね。 こんにちはです。 iPhoneひとつあれば、様々なことができるのが大きな魅力ですが、これを子どもに対して無制限に許可してしまうのは、大きな不安がつきまといます。 そこで、iPhoneを子どもに持たせる際に、親として何点かやっておきたいことがあります。 思いつくところをまとめると、おおよそ下記5点になるのではないでしょうか。 iCloud用に子供のApple ID作成• 機能制限とパスコード管理• 居場所の確認ができる設定• 子供用WEBブラウザを用意• 使用にあたっての子供との約束 できるだけ早く・・・、できればiPhoneを子供に持たせる前にやっておきたいことは、「 iCloud用に子どものAppleアカウント作成」と「 機能制限とパスコード管理」です。 今回はこの2つに関して、私が行ったことを説明します。 なお、長くなりますので他3点に関してはまたの機会に。 iCloud用に子供のApple ID作成 子供のiPhoneに割り当てるApple IDを、 iTunes StoreとApp Storeは親のApple IDで、 iCloudのみ子供のApple IDに設定します。 こうすることで、親がiTunes StoreとApp Storeで購入したアプリやアプリ内コンテンツを、新たに購入することなく、子供のiPhoneにもインストールすることができます。 また、iCloudを子供のApple IDにすることで、メール、連絡先、メモ、写真等のデータを別IDで管理することができます。 別IDにすれば、これらのデータが、親と子供で一緒くたになることを防げますし、iCloudの無料データ容量5GBも個別に割り当てられます。 それでは、子供のApple IDを作成する方法を説明します。 なお、年齢制限により13歳未満はApple IDを作成することができませんので、その場合は親名義で新たにApple IDを作成するしかなさそうです。 子供のiPhoneの「App Store」を開き、「これならインストールしてもいいかな~」と思える無料アプリの[無料]をタップしてインストールします。 ここでなぜ 無料アプリを選ぶかというと、子供のApple IDにクレジットカード情報を登録したくないからです。 ここでまだApp Storeにログインしていなければ、サインインを求められますので、「 Apple IDを新規作成」をタップします。 Storeは「日本」を選んで「次へ」をタップします。 以降の画面にて、利用規約に同意し、メールアドレス、ID 確認用の質問と回答、生年月日等を入力し、パスワードを作成して手続きを進めます。 お支払い方法では「 なし」を選択し、[次へ]をタップします。 請求先住所の入力画面で、名前、住所、電話番号等、赤字の必須入力項目を入力して[次へ]をタップします。 画面右上の[終了]をタップして、確認メールが、登録したメールアドレス宛てに送られているかどうか確認します。 あとは、iPhoneの「設定」>「iCloud」>「アカウント」から、新規Apple IDを設定すれば、iCloudのアカウントには子供のApple IDが割り当てられます。 via: 機能制限とパスコード管理 私が子供のiPhoneに対してかけている機能制限は上記画像の通りです。 iPhoneの機能制限は、「設定」>「一般」>「機能制限」から設定します。 設定する際に、4桁の数字で 機能制限用パスコードを設定する必要があります。 これは子供に知られないよう親が管理しましょう。 まず、「 Safari」はまったく年齢フィルターがかかっていません。 制限をかけないとWEBサイトが見放題ですので使えないようにします。 「 iTunes Store」や「 インストール」、「 Appの削除」等も制限して、アプリやアプリ内コンテンツ等の購入と削除は行えないようにしておきます。 これで、親の知らないうちに課金されることもありません。 また、次回以降の記事で説明しますが、「 Find iPhone」や「 友達を探す」といった、GPSで子供の現在位置を確認できるアプリを勝手に削除することも防げます。 さらに、子供がiPhoneを盗まれて中身を覗かれたり、友達が勝手にいじる可能性もありますので、 自動ロックは必ず設定しておきましょう。 「設定」>「一般」>「自動ロック」で、自動ロックまでの時間を1分から5分の間で設定できます。 なお、 ロック解除のパスコードは、先ほどの 機能制限パスコードとは異なるものです。 ロック解除のパスコードは子供も知らないとiPhoneを使えませんので、子供が設定すればよいと思いますが、我が家の場合、変更した時は必ず親に伝えるように 約束しています。 このようなルールに関しては、また後日の記事にまとめて記したいと思います。 「子供にiPhoneを持たせる際に、親がやっておきたいこと」の記事一覧• 以上でした。

次の

このアップルIÿ…

この apple id は まだ app store で 使用 され た こと が ありません

何度か出てるかもしれませんが、 今回、iMac10. 5を「無料アップグレード」という言葉につられて「OSX El Capitan」にアップデートしようと思います。 Apple IDにログイン出来るのですが、上記の「この Apple ID は、App Store で使用されたことがありません。 」 という表示が出て、ダウンロードできません。 この言葉を検索するとIDに支払い情報、クレジットカードなどを登録すれば良いという事が出て来ますが 1、OSを 「無料アップグレード」するのに支払い情報が必要なのでしょうか? 支払い情報を入力したとして 2、 「OSX El Capitan」は本当に無料でアップデート出来るのでしょうか? 「OSX El Capitan」そのものは無料だが、付属する何かが有料とかあり得ないでしょうか? 3、一旦、支払い情報を入力し、OSをアップデートした後でクレジットカード情報を消す事は出来るでしょうか? 4、そもそもの問題なのですが 10. 5のiMac 2. 7Ghz intelCore5 に 「OSX El Capitan」は入るのでしょうか? 宜しくお願いします。 Apple IDにログイン出来るのですが、上記の「この Apple ID は、App Store で使用されたことがありません。 」という表示が出て、ダウンロードできません。 「」、この辺りの話ですね。 アクティベーションをしていないか、支払情報が正確に記入されていないかですね。 xyさんもお書きですが、 1、OSを 「無料アップグレード」するのに支払い情報が必要なのでしょうか? 本人確認や住んでいる国の確認(Storeの利用にはそのStoreのある国に住んでいる必要がある)。 2、 「OSX El Capitan」は本当に無料でアップデート出来るのでしょうか? 「OSX El Capitan」そのものは無料だが、付属する何かが有料とかあり得ないでしょうか? 無料。 3、一旦、支払い情報を入力し、OSをアップデートした後でクレジットカード情報を消す事は出来るでしょうか? できたはず。 4、そもそもの問題なのですが 10. 5のiMac 2. 7Ghz intelCore5 に 「OSX El Capitan」は入るのでしょうか? 「」。 Apple Footer 本サイトにはユーザが投稿したコンテンツ、コメント、意見が、参考を目的として掲載されています。 Apple は、提供された情報をもとに可能な解決方法を提供または推奨する場合があります。 すべての潜在的な問題は、電子フォーラム上の議論に詳しく記述されていない、いくつかの要因を含むことがあります。 そのため Apple は、本コミュニティフォーラムにて提案された解決策の有効性については保証いたしませんApple は本サイトの利用に関連する第三者の作為/不作為に関して一切責任を負いません。 本サイトへの投稿や本サイトに掲載されているコンテンツの利用についてはすべて に準拠するものとします。

次の