サイドカー レース。 【運命共同体】モトクロスのサイドカーが世界一安心できない二人乗りだった

【著名人コラム】サイドカーレースに密着!【マシンについて教えて!編】

サイドカー レース

日本では、サイドカーのレースなんてやっていないんだろうなーっと思っていたら、実は昔からやっていた事実が判明!? 日本でサイドカーレースなんてやってないなんて書いてしまって、どうもスミマセンでした。 俺の思い込みの勘違いでした。 サイドカーレースでネット検索したらあっさり日本レーシングサイドカー協会がヒット。 動画もザクザク出てきてビックリ。 ライダーとサイドカーにのるパッセンッジャーの2人一組でレースするのだがパッセンジャーが、右に行ったり左に行ったりして重心変化させて最速のコーナーリングをしているのはすごい!! パッセンジャーが、ミスしてコースに振り落とされる動画もあってスゴイぞー。 サイドカーレースなんて雑誌で見たこともないから、かなりマイナーなモータースポーツなんだろう。 バイク雑誌の片隅にも見たことないし、オートスポーツにも載っているのがみたことない。 まぁ、空のF-1のエアレースだって雑誌で取り上げているところはないものなー。 かなり、マイナーなモータースポーツを扱っているBS11でもサイドカーレースはやってない。 サイドカーレースの車両は、完全にレース専用になっている。 クラスは、F-1・F-2が搭載エンジン4スト1300ccと入門クラスのF4は4スト150ccと2スト100cc。 F-1がロングホイールベースで、F-2はショートホイールベース。 F4に使われるタイヤは、カート用が流用される。 ひょっとしてエンジンもカート用なのだろうか。

次の

日本のレーシングサイドカーの第一人者、渡辺正人氏を取材!

サイドカー レース

マン島TTレースのサイドカーレース1は現地6月3日、ベン・バーチャル選手/トム・バーチャル選手組がコースレコードまであと1秒に迫る好走で今年も制した。 天候不順が続くTTレースの決勝初日は、1日から3日に順延され開催された。 TTレースのサイドカーレースはソロ(2輪)のレース同様、1台ずつ10秒ごとにスタートするタイムトライアルレースで、ウィーク中に2レースが行われる。 サイドカーレースは、1周約60kmのTTマウンテンコースを3周する。 現在はフォーミュラ2のレギュレーションで、主に600cc4気筒のエンジンを使ったレーシングサイドカーで競われる。 サイドカーレース1決勝は、第1レースのスーパーバイクTTで重大事故があった影響もあり、予定より15分ほど遅れ13時30分に始まった。 予選はベテランのジョン・ホールデン/リー・ケイン組がトップタイムを記録。 しかし、レースでは世界選手権チャンピオンチームのバーチャル兄弟組が終始、快走。 昨年、一昨年に続き3年連続完全制覇に向けてさいさきのよいスタートとなった。 なお、サイドカーレースで活躍しレース中の事故で大けがを負ったニック・クロウ選手の息子、ライアン・クロウ選手/カラム・クロウ選手兄弟組が初出場。 6位で完走し、ルーキーイヤーとしては前例のない好成績でデビューした。 【サイドカーレース1決勝リザルト】 順位/選手名/マシン/平均時速 1位:ベン・バーチャル/トム・バーチャル 118. 317マイル(189. 31km) 2位:ジョン・ホールデン/リー・ケイン 116. 687マイル(186. 70km) 3位:アラン・ファウンド/ジェイク・ローサー 115. 738マイル(184. 70km) 《小林ゆき》.

次の

サイドカーレーシングのアニメだと!?10月より放送アニメ「つうかあ」とはなんじゃ!!

サイドカー レース

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 ジェフ・レイバーン(ベン・マーフィ)は、オリンピックの水泳競技で金メダルを獲得したスポーツマンだが、最近は法律の勉強をしいられ、将来の選択に迷っていた。 そんなある日、デパートで万引きの疑いをかけられていたリン・カーソン(ウェンディ・ヒューズ)を救った。 リンを家まで送ったジェフは、オッカー・ハーベイ(ジョン・メイロン)が経営するオートバイのアクセサリー・ショップでオートバイ・レーサー同士の喧嘩をうまくおさめた。 そのオッカーの店を手伝っているデイブ・ファーガソン(ジョン・クレイトン)は、サイドカー・レースに熱中していて、リンを伴って店に顔を出すようになったジェフに、危険なこのスポーツの魅力を熱心に説く。 だが、リンとジェフがつきあっているのを見て面白くない顔をしている者がいた。 暴走族のテックス・ウィルソン(パトリック・ワード)とブルーイー・ウィルソン(サージ・ルザレフ)で、2人はデイブのガールフレンドだったリンを、ジェフが横取りしたと思い込んでいるのだ。 デイブに勧められてトラックに出たジェフは、サイドカー・レースに魅せられ、彼のアパートに引っ越して本格的なサイドカー・レーサーになるべく訓練を始めることになった。 リンが家事を引きうけてくれることになった。 ジェフはめきめき腕をあげ、デイブとジェフのチームはやがてレース界のトップに躍り出た。 トラックに出れば完璧なチームワークを見せる2人だが、リンのことになると2人の感情は微妙である。 デイブに冷たくされていると思い込んだリンは、一時、父(ピーター・グレイヴス)の家に帰ってしまう。 ジェフとデイブのチームはレースからレースへ優勝を続けた。 バザースの町で開かれる恒例のサイドカー・レースでは優勝者がヨーロッパに行けるというので選手たちはエキサイトした。 レースの前夜、ジェフはウィルソンの一味にからまれ、殴り合いからテックスを殺してしまう。 正当防衛とはいえジェフの心は重かった。 レース当日、血みどろの末、ジェフとデイブのチームは優勝した。 ジェフはこれを機会にサイドカーを捨てることを決意する。 そんなジェフの気持をデイブは理解した。 デイブに寄りそうリン。 すがすがしい青春の別れがそこにあった。

次の