ビヨンドミート 株価。 【BYND】ビヨンドミート(Beyond Meat)の業績・決算と株価~ビーガン向け代替肉製造企業~被買収を前提にした割高な株価は維持できるか?

【BYND】ビヨンドミート(Beyond Meat)の業績・決算と株価~ビーガン向け代替肉製造企業~被買収を前提にした割高な株価は維持できるか?

ビヨンドミート 株価

*植物由来の代替肉メーカーである ビヨンド・ミート(BYND)は、今年最も好調な新規株式公開(IPO)銘柄の一つ。 5月初めのIPOで、現在の株価は公募価格の25ドルから310%、初値の46ドルから125%上昇している。 *2018年の売り上げは前年度比170%増の8790万ドルで、さらに今年は同140%増の2億900万ドル、2020年には同60%増の3億3500万ドルになると予想されているが、成長予想が株価に間違いなく過剰に織り込まれているのが問題。 ビヨンド・ミートの株価は102ドルで、2019年の1株当たり予想売上高の27倍。 通常、食品加工銘柄の株価は1株当たり予想売上高の2倍程度が多く、企業買収の場合でも5倍以上になることはない。 超割高なソフトウエア銘柄ですら7倍程度。 代替肉市場が急速に拡大し、ビヨンド・ミートが競合他社をしのぐ勢いであっても、現在のバリュエーションに見合う成長を維持できるという確証はない。 *食品大手の ネスレ(NESN. スイス)と タイソン・フーズ(TSN)も、代替肉製品を近々市場に投入しようと計画中。 ネスレは米国および欧州でベジタリアン、ビーガン向け食品を販売しており、ドイツでは同社の代替肉バーガーがマクドナルドの店舗で販売されている。 2019年6月3日号『バロンズ拾い読み』より 3. Beyond Meat Stock Could Burn Shareholders ビヨンド・ミート【食品銘柄】 競争が激化する中、割高なバリュエーションに見合う成長を維持できるか 投稿ナビゲーション.

次の

【スタバに採用?】ビヨンド・ミートの株価と今後の見通しは?

ビヨンドミート 株価

チーズやマヨネーズといった 動物性のソースが使われていること• 牛肉と同じグリルで調理されていること したがって、「P. T」は現状、 ヴィーガンマーケットを取り込める商品ではないと言えます。 では、ヘルシー志向の消費者へ訴求できるか?というと、• そもそもマクドナルドに行くユーザーは、ヘルシーな食事を求めていない! ため、非常に微妙だと思われます。 とはいえ、試験販売は好調のようですし、 正式採用されれば今後完全ヴィーガン向けのバーガーも開発され、ヴィーガン層も取り込めるでしょう。 現状日本ではサービスを利用できない 一般消費者としてサービスを利用できることが、個人投資家の大きなメリットです。 その意味で、実際にビヨンドミート社の肉を食べることができないというのは、投資する上での不安要素です。 ヴィーガンやヘルシー志向の消費者も、美味しくなければ誰も食べません。 美味しくなければ、それは実態を伴わない期待だけの株価上昇。 砂上の楼閣です。 株価の変動が大きい 上場からの値動きを見て分かるように、 ビヨンドミート(BYND)は株価の変動が非常に大きい銘柄です。 ゆえに、短期売買目的での安易な購入(=投機)は危険です。 一方で、同社の成長を信じ、中長期的に「投資」をするのであれば、購入する価値はあるでしょう。 (筆者も購入しています。 ) まとめ 新興企業株は成長期待から過大に評価される傾向にあり、 むしろ割安に置かれた成熟企業の方が、配当を加味したトータルリターンは大きいという「成長の罠」に陥りがちなことが知られています。 (より) 今回の急騰はマクドナルドへの採用期待が主な要因ですが、 短期的な要素に一喜一憂するのではなく、 企業の本質を見極めて投資することが、 結果的に大きなリターンをもたらすはずです。 投資する方は後悔がないよう、慎重に検討していただきたいと思います。 ちなみに、筆者はスイングトレードもやりますが、メインは高配当株投資です。

次の

ビヨンド・ミート、新型コロナウイルス禍でも株価上昇 人工肉はブームから生活必需品へ?

ビヨンドミート 株価

「新型コロナウイルスなど関係ない」「人工肉ブームは衰え知らずだ」「ブームから生活必需品へ」ウォール街の市場関係者からそんな声が聞かれる。 昨年5月、米ナスダック市場に新規上場したビヨンド・ミート。 植物由来の人工肉を開発・製造する同社は株式公開(公開価格25ドル)から2ヵ月半で約10倍に爆上げし、市場関係者の注目を集めた。 その後、株価は調整局面へ移行したものの、投資人気は根強いものがある。 とはいえ、2019年10~12月期決算が予想を下回ったことから一部では「投資家の期待が膨らみ過ぎている」(トレーダー)と警戒する声も聞かれる。 今回はビヨンド・ミートの最新動向をリポートしよう。 だが、純損益は45万2000ドルの赤字、1株損益も0. 01ドルの赤字であった。 純損益は前年同期の750万ドルの赤字から大きく改善したものの、市場予想の72万5000ドルの黒字にほど遠い数字となった。 ビヨンド・ミートは2019年7~9月期決算で初めて黒字を達成していたが、10~12月期は再び赤字に転落することとなった。 ビヨンド・ミートは10~12月期決算について「生産能力の増強を見据えた2つの共同工場で一時的に問題が発生したことが響いた」と説明、調整後の損益は950万ドルの黒字だったことも明らかにしている。 なお、2019年通年での純損益は1240万ドルの赤字、1株損益は0. 29ドルの赤字だった。 同じく売上高は2億9790万ドルで前年の8790万ドルから3. 4倍となっている。 ロックアップ解除後の安値から回復 ビヨンド・ミートの株価は3月4日現在で101. 89ドル(終値)で、年初来の上昇率は約35%となっている。 米主要株価指数が軒並みマイナス圏に沈む中、ビヨンド・ミートは大幅なプラスを維持する数少ない銘柄の一つである。 昨年5月2日、公開価格25ドルで新規株式公開したビヨンド・ミートは7月26日に一時239. 71ドルの高値を記録、わずか2ヵ月半で10倍近くに爆上げした。 その後は競合する大手食品会社が人工肉提供に乗り出したことやロックアップ(売却制限)解除等もあって調整局面へ移行、株価はやや荒い値動きとなっている。

次の