サンチュ 栽培。 サンチュの育て方|栽培のコツは?室内のプランターで育つ?

サンチュの育て方・種播きと植え付け、用土、株間、追肥や収穫などの栽培管理

サンチュ 栽培

適正土壌酸度は Ph6. 0~6. 5 植え付けの2週間前くらいに苦土石灰や、消石灰などを畑に混ぜ込んで土壌酸度を弱アルカリ性からアルカリ性に調整しておきます。 植え付けい週間前までに、堆肥と元肥を施してよく耕しておきます。 堆肥と元肥には、牛糞や豚糞に鶏糞、化成肥料などを混ぜて使用するとよいでしょう。 土壌適正酸度 Ph6. 0~6. 5です。 弱アルカリ性の土壌を好みます。 畝 畝幅60cm~70cmくらいに条播きして栽培します。 一般的に、成長とともに間引きして栽培していきます。 畑で栽培する場合は、敷き藁やマルチなどで栽培すると、土の跳ね返りを防ぎ、さらに雑草の繁殖を防いで除草の手間も省けます。 乾燥しやすいので、栽培期間を通じて注意が必要• 冬場はトンネル栽培が有効• 間引きながら成長させていく 水やり 水やりは、乾燥したらたっぷり水やりしてください。 苗が定着してからも、根張りが浅く、意外と乾燥しやすいので注意が必要です。 日照りの時期には水やりが必要です。 土寄せ 強い茎を作るためにも、株が小さい頃は、追肥の際に軽く土寄せをしておきます。 根を痛めないように注意が必要です。 支柱 必要ありません。 トンネル 冬場の積雪時などには、トンネル栽培が必要です。 また春や秋にも害虫から守るために、不織布などでトンネルを作って栽培すると、効果的です。 その他の作業 特にありませんが、害虫や乾燥、土の跳ね返りなどで、病気の発生には気を付けてください。 間引き 間引きながら最終的に株間15㎝から20cm程度になるまで間引きます。 サンチュの収穫 サンチュの収穫時期の判断は、草丈を見ただけで分かるので簡単です。 大きく育った外葉を随時収穫していくか、ある程度大きくなった株を根元からはさみで切り落としたりして丸ごと収穫します。 種まきから収穫までは春まきで60日、秋まきで60日から100日が目安• 草丈が20㎝から25㎝くらいになったころが収穫適期です• 大きく成長した葉を、随時摘み取りながら株の栽培を続けることができる• 大きく成長した株を根元から丸ごと収穫することもできる 収穫時期 種播きから収穫までの期間は、春まきで60日、秋まきで60日から100日前後です。 品種や気候によって若干の違いが出てきます。 収穫の目安 サンチュの草丈が20㎝から25㎝くらいに成長したころ、または株の直径が35cmから40㎝くらいに成長したころに収穫します。 収穫方法 収穫ハサミで根元から切り取るか、大きくなった葉を随時摘み取りながら栽培を続けることもできます。 Advertisement 関連する記事• 目次 1. しゅんぎく栽培の特徴2. シュンギクの栽培カレンダー3. サンチュの植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. 生育適温[…]• 目次 1. ブロッコリー栽培の特徴2. ブロッコリーの栽培カレンダー3. ブロッコリーの植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. […]• 目次 1. ジャガイモ栽培の特徴2. ジャガイモの栽培カレンダー3. 種イモの準備4. ジャガイモの芽出し(浴光育芽 よくこういくが)4. 浴光育[…]• 目次 1. チンゲン菜栽培の特徴2. チンゲン菜の栽培カレンダー3. チンゲン菜の植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. 生育適[…]• 目次 1. ニンジン栽培の特徴2. ニンジンの栽培カレンダー3. ニンジンの植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. 生育適温3. […].

次の

サンチュ栽培中!お水替えしました

サンチュ 栽培

サンチュとレタスは、見た目の違いはもちろん、大きく異なる点がある。 それが栄養価だ。 サンチュは緑の濃い緑黄色野菜であるのに対し、レタスは色の薄い淡色野菜である。 サンチュにおいても同じことがいえるため、サンチュの方が普通のレタスよりも栄養価が高いということになる。 サンチュは多くの場合、かき取られた状態で販売されている。 成長した葉を外側からかき取り、出荷される。 これに対して、普通のレタスは丸のまま販売されることが多い。 サンチュは栽培、収穫に手間がかかることもあり、レタスに比べると価格もやや高めである。 サンチュはレタスとは異なり、丸の状態になるわけではないので、比較的長い間、収穫が可能。 家庭菜園で育てることもできる。

次の

【水耕栽培】チマサンチュ成長記録~種まきから収穫まで~

サンチュ 栽培

水耕栽培を始めて約一ケ月半が経とうとしています。 ついに今日は初収穫です。 はじめに植えたチマサンチュは、世話がうまくできなくて一株だけになってしまいましたが、残った一株はすくすく育っておいしそうな葉がコップからはみ出しています。 今日はチマサンチュの収穫までの成長記録をまとめたいと思います。 チマサンチュ成長記録 種まきから収穫までのチマサンチュの成長の様子を写真で紹介していきます。 小さな種から、食べられる葉っぱに成長したのはとてもうれしいです。 途中、失敗もあって再チャレンジしています。 本当に小さな小さな種です。 まだ水だけでの栽培です。 後に比較的元気な苗をヤシ殻繊維に植え替えて一株だけが生き返ることになります。 欲張って3粒ずつ• 手前がチマサンチュ、ハート型の葉っぱはルッコラです。 白くなっていた葉が緑色に戻って元気になりました。 葉っぱが白っぽくなってきました。 まき直しチマサンチュ• 水をきれいにして、専用肥料を使えばすくすく育つのがわかったので、株を少し増やすことに。 売っているチマサンチュと違ってとても柔らかい葉っぱなので、傷つけないようにハサミで切ります。 収穫した葉です。 サラダに加えました。 おまけ 収穫後のチマサンチュ チマサンチュの種まきから収穫までの感想 新型コロナでステイホームが続いて気分が滅入ってきたので、心の潤いにとはじめてみた水耕栽培ですが、途中でせっかく育てた苗をほとんどダメにしてしまってがっかりすることもありましたが、ついに収穫までいきました! うれしい!! 水耕栽培は、きれいな水と適した肥料がキモでした。 チマサンチュは、もう少し株を増やして夕食の一品にできるくらい収穫しようと目論んでいます。 虫除けネットカプセルのおかげで防虫剤の必要もないので、安心安全な無農薬野菜です。 ベビーリーフも種のまき直しをして、再挑戦中です。 最初から専用の肥料を使って、栽培容器を定期的に水洗いして管理していけば、初心者でも本当に野菜が作れると思います。 プランターで野菜を育てるには、結構な量の土が必要です。 園芸が趣味の夫が庭で育てているプランターは重たいです。 いざ栽培をやめようと思っても、普段のごみの回収にはだせなくて土の廃棄ってむずかしいんです。 その点、この水耕栽培は土といってもほんのちょっとだけ。 栽培容器も100均の水切りカゴなので、軽くて扱いがらくらく。 マンションのベランダ菜園にしても良いと思います。 園芸好きの夫も水耕栽培が面白いようで、栽培容器に藻防止のアルミシートを作ってみたり、日に何度も容器を見に行っています。 (笑) ******************* 今回挑戦した水耕栽培はこの本の先生 伊藤龍三さんのやり方で行いました。 防虫ネットカプセルなどアイディアと工夫が満載です。 『かんたん水耕栽培 決定版! 』 おすすめの肥料 ハイポニカ水耕栽培液体肥料 栽培の様子はこれからも記録していきたいと思います。 スポンサーリンク• コメント:•

次の