篠原 ゆき子。 篠原ゆき子は結婚して旦那がいる?出演作品と改名理由について | LANAKILA!

篠原ゆき子の家族は?結婚してる?子供は?出身高校などの学歴も調査

篠原 ゆき子

ドラマ「コウノドリ」でみせた迫真の演技が大絶賛され、話題になっている女優・篠原ゆき子さん。 妊婦役、仲の良い夫婦役を演じたことで、実際に結婚していて旦那がいるのか気になっている人は多いかもしれません。 また「コウノドリ」での演技に感動し、篠原ゆき子さんの出演した作品を持ってみてみたいと思った人も少なくないでしょう。 当記事では、篠原ゆき子さんの結婚や出演作品をまとめてみたいと思います。 さらに改名した過去がある篠原ゆき子さん、どんな理由があったのかにも迫ってみましょう。 スポンサーリンク 篠原ゆき子プロフィール まずは、篠原ゆき子さんの基本情報からチェックしていきましょう!• 生年月日:1981年1月21日• 出身地:神奈川県• 血液型:A型• 身長:161cm• 所属事務所:テアトル・ド・ボッシュ• 趣味:絵、小説をかくこと• 特技:料理 篠原ゆき子さんが所属するテアトル・ド・ボッシュという事務所。 初めて聞いたような気がするので大きい事務所ではないのかなと思ったところ、 演技派役者集団でした。 三浦友和さん• 佐藤浩市さん• 吉行和子さん• 賀来千賀子さん• 浅田美代子さん• 夏川結衣さん• 山本未来さん• 洞口依子さん などなど…素晴らしい役者さん揃いの事務所。 しかし篠原ゆき子さんは、元々は別の事務所に所属していました。 デビューから2013年までは、現在石田純一さんなどが所属するスカイコーポレーションだったのです。 なぜ移籍したのかについての説明はありませんが、新事務所のメンバーをみる限り、 役者としてもっと成長したいというような気持ちがうかがえますね。 そして実はこの時、改名も同時に行っています。 改名の理由って? 旧芸名は「篠原友希子」で、これは本名でもあります。 2013年事務所移籍を発表した2ヶ月後にブログで「篠原ゆき子」へ改名したことを報告しました。 改名の理由については、 事務所変わったし、気分一新、名前も一新、ということで。 すっきり簡単になったでしょ。 なんてブログでは説明されていました。 事務所移籍と同時に改名なんて何かありそう…とうがった見方をしていましたが、どうやら 黒い理由はなさそうです。 ご本人が言われていたように、「すっきり簡単」、これが改名の理由でしょうね。 結婚して旦那がいるの? 世間の反響が大きかったドラマ「コウノドリ」への出演。 妊娠27週のときに切迫早産で入院するも、お腹の赤ちゃんに突然異変が…という 難しい役だったにもかかわらず、自然な演技で視聴者の涙を誘いました。 辛い目に遭う役柄なので、同じ経験をした人の目にどう映るかが怖いと感じたそうです。 しかし、経験者の方からも 高い評価を受けたことで、篠原ゆき子さんも自信になったし嬉しかったでしょうね。 夫婦、妊婦といった役がここまで自然に演じられているので、私生活でも結婚して旦那さんがいるのではないかと思いますよね。 ところが、 篠原ゆき子さんは現在独身。 2018年には37歳になる篠原ゆき子さんだけに、今度結婚の話題が出てくる可能性は高そうですね。 でもこれだけの演技力を持っていて、「コウノドリ」でさらに注目されたので、女優としてもっと上を目指すことに集中したいと思うことも考えられます。 結婚しない人生も選択肢のひとつ。 どの決断をしても、どんな人生を歩んでもファンとして応援したいですね。 スポンサーリンク 出演作品まとめ 篠原ゆき子さんがこれまで出演した作品の中で、注目のものをいくつか紹介したいと思います。 映画「共喰い」 2013年の映画で出演者の演技力が光る作品。 重く暗い内容なので観る人は限られるかもしれません。 篠原ゆき子さんは、光石研さん演じる円の愛人・琴子を演じました。 迫力ある演技をみせる篠原ゆき子さんに注目です。 ちなみにこの作品で第28回高崎映画祭最優秀新進女優賞を受賞されています。 映画「二重生活」 2016年公開の映画。 主演は門脇麦さん。 篠原ゆき子さんは門脇麦さん演じる珠が尾行する石坂(長谷川博己さん)の愛人を演じました。 この作品でも愛人を演じ、実母から愛人役が板についてきたと褒められたという篠原ゆき子さん。 こういった体当たりの演技が絶賛されています。 映画「湯を沸かすほどの熱い愛」 2016年公開の映画。 宮沢りえさんは主演で、杉咲花さんと二人の演技が絶賛された作品。 多くの賞を受賞しました。 篠原ゆき子さんは酒巻君江役で出演。 ドラマ「カルテット」 2017年放送のドラマ。 篠原ゆき子さんは早乙女真紀役で出演。 ドラマ「リバース」 2017年のドラマ。 篠原ゆき子さんは、三浦貴大さん演じる村井の愛人で県議会議員の沼淵ことはを演じました。 映画やドラマのほか、CMにも多数出演されています。 今後もどんどん色々な作品に出演するであろう篠原ゆき子さんの演技から目が離せませんね! 最後に… 篠原ゆき子さんは決して主役ではないものの、作品を観終わった後、心に残る人だと思います。 その自然な演技力は天性のものとは違い、役作りはしっかり行う努力家だと言われています。 これからも篠原ゆき子さんの演技によって感動したり心を動かされることがあると思うので、注目していきたいと思います。 また、私生活では結婚の話題が出てくる可能性も高いので楽しみにしたいですね。

次の

東出昌大主演ドラマ『悪党』に板谷由夏、青柳翔、蓮佛美沙子、寛 一 郎ら

篠原 ゆき子

篠原友希子 ゆきこ が脱いでる!共食いで大胆演技が妖艶過ぎる。 篠原友希子 ゆきこ Yukiko Shinohara, 1981-01-21 — bufotenine bufotenine 篠原友希子 ゆきこ が出演した「共食い」。 映画タイトルから想像するに、一瞬ホラー映画かと思ってしまいますよね。 よくよく見てみたらホラーとは全く違いますね。 この映画は2013年に公開されました。 この映画のキャストも今となっては大人気俳優「菅田将暉」さんが主演ですよ。 恐いのは怖いですが・・・ YouTubeでも予告編が出ているので、まずはご覧ください。 どうでしたか? 菅田将暉も若い! 篠原さんですが、主人公の遠間を演じた「菅田将暉」さんの父親、 円「光石研」さんの愛人役を大胆に演じました。 円から暴力を受けながらも、遠間と3人で暮らしているという背景。 戦後のとある田舎町を舞台にして、人間の性と暴力が静かに描かれている映画として、 当時はかなりインパクトのある映画でざわついていました。 スポンサードリンク 共食いのストーリーは? — 一路 HopiCOWA <あらすじ> 昭和63年の夏。 遠馬は、17歳の男子高校生。 父の円と父の愛人の琴子(篠原友希子 ゆきこ )と三人で、川辺の一軒家に暮らしている。 円との交のたびに殴られたり首を絞められたりするせいで、琴子の顔には痣ができる。 その現場を見ていた遠馬は、円の血をひく自分も恋人の千種(木下美咲)に同じことをするのではないかと恐れている。 円が夏祭りの準備のため外出していたある日、琴子は自分が妊娠していることを遠馬に告げる。 円の子だという。 不機嫌になった遠馬は神社で千種を押し倒し、嫌がる彼女の首を絞めてしまう。 それ以来、千種は遠馬と会おうとしなくなる。 琴子は、近いうちに家を出ていくつもりだと遠馬に伝える。 夏祭り当日、円が家に帰ってくる。 円は、遠馬がアパートの女と交るときに暴力をふるったことを喜んでいる。 遠馬は、家を出て行った琴子がもう戻ってこないことを円に教える。 雨の中、円は琴子を探しに行く。 しばらくして、泣きじゃくった近所の子供たちが遠馬を訪ねてくる。 異変を感じた彼が神社へ向かうと、そこには千種が傷だらけで横たわっていた・・・ 篠原友希子 ゆきこ さんがこの映画で、 第28回高崎映画祭最優秀新進女優賞 を受賞しました! 『共喰い』 では、光石研さんがやりすぎという声もありましたが、 良い意味で原作が純文学ですから、インパクトを強く出したんでしょうね。 スポンサードリンク•

次の

ネタバレ感想「悪党~加害者追跡調査~」第3話|元殺人犯の家族を赦せるか

篠原 ゆき子

略歴 [ ] 小学校から高等学校まで、法律学科卒業。 スカウトがきっかけでデビュー。 モデル、タレントを経て、監督の映画『中学生日記』をきっかけに役者デビュー。 2011年、自身の最も好きな劇団であるの舞台『おしまいのとき』のオーディションで主役に抜擢され、暴力を含む激しい公演を1ヶ月間こなした。 そこでの演技はなどから高く評価された。 2013年、よりへ移籍。 篠原ゆき子へと改名。 2014年、映画『』(青山真治監督)により第28回最優秀新進女優賞を受賞。 人物 [ ]• 身長161 cm。 スリーサイズはB83、W61、H87。 靴のサイズは24 cm。 はA型。 プラス思考をする性格。 ペットにがいる。 特技は料理。 趣味は絵、小説を書くこと。 兄と妹がいる。 笑うとひき笑いでに間違われたことがある。 美味しいものを食べた時のほめ言葉は「天才」。 映画『中学生日記』では25歳で中学生を、ドラマ『』では29歳で高校生を演じた。 物を書くのが得意で、以前所属していたの友人達と作った自主制作映画「サンモリッツ」の脚本は本人が手がけた。 同事務所だったの結婚パーティーに出席した際、にナンパされた。 出演 [ ] 映画 [ ]• 中学生日記(2005年) - キー子 役• サンモリッツ(2008年)• オカルト(2009年3月21日、イメージリングス) - 右田紀子 役• 下校するにはまだ早い(2010年7月3日、アプレ) - 大塚冴子 役• (2010年10月2日、)• ここにいる(2010年) - 木下夏子 役• 終わってる(2011年3月5日、) - 町子 役• (2011年11月26日、)• (2012年7月14日、)• (2012年12月22日、和エンタテインメント) - ユカコ 役• (2013年8月31日)• (2013年9月7日、ビターズ・エンド) - 琴子 役• (2013年11月2日、東映)• (2014年6月27日、)• (2015年1月31日、東映) - 夏木いずみ 役• 続・深夜食堂(2016年11月5日)• (2016年1月9日、アスミック・エース)• (2016年1月30日、) - 飯田栄子 役• (2016年6月25日、スターサンズ) - 澤村しのぶ 役• (2016年10月29日、) - 酒巻君江 役• (2018年8月18日、エレファントハウス)• (2019年5月31日、ギャガ)• (2019年10月18日、KADOKAWA)• (2020年7月10日、)• (2020年秋公開予定、東宝) - 生島千代子 役• (公開予定、ヒコーキ・フィルムズインターナショナル) - 主演・吉岡真紀 役 テレビドラマ [ ]• 第8話 - 第9話(2005年6月6日 - 13日、)• 第6話(2006年12月25日、)• 「トラ トラ トラ」(2008年4月30日、) - ミーナ 役• 第11話(2008年9月14日、テレビ東京)• 第10話 - 第12話(2010年9月17日 - 10月1日、テレビ東京) - 神崎桜子 役• 「誘蛾灯の女」(2012年6月9日、) - 浜岡裕美 役• 第4話 - 第31話(2012年9月6日 - 10月16日、) - 園実 役• (2012年11月3日、)• 第2話(2013年1月18日、テレビ東京) - 女(娘) 役• 「君本家の誘拐」(2013年9月29日、WOWOW)• (2014年3月22日 - 3月23日、TBS)• 第5話(2014年5月22日、) - 国枝聡子 役• 戦う女 第1話(2014年10月17日、)• 第8話(2014年12月4日、フジテレビ) - 麗華 役• 第29話 - 第30話(2014年12月7日 - 21日、) - 夏木いずみ 役• (2015年1月8日 - 3月12日、TBS) - 志織 役• 第4話(2016年7月28日、) - 富沢璃菜 役• 最終話(2016年12月13日、)• 最終話(2016年12月24日、WOWOW) - 赤松静子 役• (2017年1月3日、)• 第7話(2017年2月18日、テレビ東京) - かえでの母 役• 第9話(2017年3月14日、TBS) - 早乙女真紀 役• 稲垣家の喪主(2017年3月18日、WOWOW) - 稲垣朱里 役• 第2話 - 第5話(2017年4月21日 - 5月12日、TBS) - 沼淵ことは 役• 第2シリーズ 第5話(2017年11月10日、TBS) - 西山瑞希 役• 「2」(2018年3月12日、TBS) - 鳥神純子 役• 第5話、第7話・最終話(2018年5月6日、5月20日・27日、NHK BSプレミアム) - 瀬古朝香 役• 第5話(2018年5月9日、テレビ朝日) - 酒井菜々子 役• (2018年6月16日 - 7月14日、WOWOW) - 岡島杏子 役• (2018年7月28日、NHK BSプレミアム) - 新宮華子 役• 第6話(2018年8月16日、フジテレビ) - 水野理香 役• 第9話(2018年9月8日、テレビ東京) - 山崎由里 役• 11「棟居刑事の黒い絆」(2019年2月17日、テレビ朝日)- 古田弓子 役• 第3話・最終話(2019年5月26日・6月16日、WOWOW) - 松原弥生 役• 第1話・最終話(2019年7月27日・9月14日、テレビ朝日)- 上妻美津子 役• 第8回・第10回(2020年4月8日・10日、NHK) - 神崎ます 役• (2020年6月8日、テレビ東京) - 丸岡一枝 役 ネットドラマ [ ]• 第40話(2016年10月21日・12月23日配信、) - 夏木いずみ 役• 深夜食堂-Tokyo Stories Season2- 第41話・第50話(2020年10月31日配信) バラエティ番組 [ ]• レギュラー(2004年 - 2005年 )• レギュラー(2004年 - フジテレビ)• セミレギュラー(2006年 - 2007年 )• 記念日工房(2006年 - 2007年 ameba studio) 舞台 [ ]• 「ヴィレン」(2006年)• 「鉄割のアルバトロスが」(2008年)• 「コミック」(2010年)• 「神社の奥のモンチャン」(2011年)• 「おしまいのとき」(2011年) - 主演 CM [ ]• (web 2003年)• (2003年)• 毎日骨太(2003年)• (2003年)• (2004年)• (2004年 - 2005年)• (2005年)• ジュラシックセール(2006年)• サーチアイシリーズ(2006年)• (2006年)• (2007年)• (2007年)• (2007年)• (2008年)• (2009年)• 出前館(2009年)• (2010年)• (2011年)• 「姉の変化(ビジネス)編」「姉の変化(畑)編」(2014年)• 「『想い』に寄り添う仕事篇(2015年)• 「Goods for you つながる篇」(2016年)• 「なくしもの篇」(2017年) スチル [ ]• (2005年)• (2005年)• NTTフレッツ(2006年) 雑誌 [ ]• TOKYO一週間• (2008年イメージガール) 受賞歴 [ ]• 第28回 最優秀新進女優賞 『』(2014年) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 高崎新聞. 2014年1月18日. 2014年1月18日閲覧。 2013年5月1日時点のよりアーカイブ。 2014年1月18日閲覧。 CINRA. NET 2014年12月22日. 2014年12月27日閲覧。 株式会社エイガ・ドット・コム. 2020年6月24日. 2020年7月15日閲覧。 ナターシャ. 2019年9月26日. 2020年1月25日閲覧。 コミックナタリー ナターシャ. 2019年5月25日. 2020年1月24日閲覧。 外部リンク [ ]• - テアトル・ド・ポッシュ• - - 本人によるブログ(新)• nQ6uS5fuLhKv3VC -.

次の