いわきfcツイッター。 練習の6~7割が筋トレ、直後に500g超の肉を摂取。いわきFCのフィジカル革命【いわきFCの果てなき夢】

いわきFC

いわきfcツイッター

概要 [ ] 元々はに創設されたサッカークラブで 、に「 一般社団法人いわきスポーツクラブ」を設立し法人化。 大きな転機が訪れたのは12月のことである。 「スポーツの産業化」をキーワードに打ち出す、の日本総代理店・()社長のと、同学年で、「前に前にとゴールを目指すのがスタンダードになっている」世界のサッカーと「落ちない(降格しない)ように戦っているようにも見える」とのギャップを感じていた代表取締役社長のが意気投合。 加えて、ドームがいわき市に設置した流通センター「ドームいわきベース」のために取得できた土地がかなり広かったことから、敷地内にサッカーグラウンドを整備し、サッカークラブを運営するという構想がスタートする。 ドームは子会社「 株式会社いわきスポーツクラブ」を設立 し、いわきFCの運営権を一般社団法人いわきスポーツクラブから譲り受けて 、クラブ運営に本格的に参入。 大倉は湘南社長を退任して株式会社いわきスポーツクラブの代表取締役社長に就任した。 ドームへの運営移管後、「スポーツを通じて社会を豊かにする」という理念の下、「いわき市を東北一の都市にする」「日本のフィジカルスタンダードを変える」「人材育成と教育を中心に据える」というクラブビジョンを掲げている。 選手は全員ドームのとして雇用されており、午前中はドームいわきベースの敷地内に設けられた練習場「いわきFCフィールド」(2016年11月開場) と商業施設併設のクラブハウス「」(2017年6月10日開業) を拠点に練習を行い、午後は「ドームいわきベース」でドームのスタッフとして働くという、いわゆるという形の生活を送っている。 ドームのノウハウを生かしたフィジカルトレーニングを主体とした練習に特徴があり、選手全員が専門の栄養士が管理する食事を原則3食取り、サプリメントの供給を受けるなど、選手の肉体強化に主眼を置いた練習方針となっている。 は、いわき市のシルエットを模したものに右肩上がりの太いラインが入れられており、地域と共にあるチーム像、チームと共に上昇していくいわき市の姿を表している。 チームカラーは、ハワイのキングが着用する伝統衣装にちなんだ「KINGレッド」と、をはじめとしたいわきの湊を象徴する「湊ブルー」。 クラブスローガンは「 WALK TO THE DREAM」。 歴史 [ ] 県リーグ(2012年 - 2017年) [ ] いわき市において6月に創設。 に参入。 同年11月11日に「いわきスポーツクラブ」を設立し法人化。 が、からの復興や地域活性化を掲げ、いわき市内に物流センター「ドームいわきベース」を建設するとともにサッカークラブの立ち上げを計画。 12月11日に「株式会社いわきスポーツクラブ」を設立、同月28日、いわきFCの運営権を一般社団法人いわきスポーツクラブから譲り受けた。 1月13日、ドームキックオフパーティ2016にて、クラブビジョンを発表。 将来のJリーグ参入を目指すことや、いわき市内にサッカー専用スタジアムを建設する構想なども発表した。 監督に元のが就任。 強化・スカウト部門のスタッフに、湘南のスタッフだった と、株式会社ドームに勤務していたが就任。。 2月9日、新入団選手発表プレスカンファレンスが行われ、1月に実施した選手選考のトライアウト「コンバイン」やスカウトで入団が決まった全22選手を発表。 前年から引き続き在籍する選手は2名のみとなり20人が新加入となった。 クラブのシニアアドバイザーに元日本代表のが就任したことも発表された。 福島県リーグ2部で全勝優勝、第23回も優勝した。 は準々決勝で敗退。 8月14日には、スポーツを通じて東日本大震災からの復興や地域振興を目的としたイベント「いわきドリームチャレンジ2016」の一環として、とのチャリティーマッチをで開催している。 同イベントの収益の一部をいわき市東日本大震災遺児等支援事業基金に寄付した。 前シーズン終了後、ピーター・ハウストラが監督を退任 、後任には強化・スカウト本部長の田村雄三が兼務し、代表取締役の大倉智が新設された総監督に就任した。 選手はを含め14名が退団。 一方で期限付き加入中だったが完全移籍加入、からが完全移籍加入。 大卒8名と高卒4名が新入団した。 福島県予選となる福島民報杯・NHK杯 第22回福島県サッカー選手権大会では決勝でJ3のを下して天皇杯初出場を決め、本戦の2回戦でJ1のに延長戦で勝利した。 福島県リーグ1部で優勝(10戦全勝)し 、2部南に昇格。 全国クラブチームサッカー選手権大会では2年連続で優勝したが、は2回戦で敗退した。 東北リーグ(2018年 - 2019年) [ ] 田村体制2年目。 FWがに完全移籍した一方で、からGKが完全移籍加入。 東北2部南リーグでは2桁得点の試合を4試合記録するなど他チームを圧倒。 第17節(10月14日)の試合の勝利を以てリーグ優勝(その後リーグ18戦全勝)と1部昇格を決めた。 福島県予選となる福島民報杯・NHK杯 第23回福島県サッカー選手権大会では決勝では、2年連続対戦となったJ3のを下して天皇杯出場を決めたが、本戦では1回戦敗退となった。 では準決勝で()に敗れるものの、3位決定戦で(1部)を下して3位入賞となった(レギュレーションの関係でには進めず )。 田村体制3年目。 3年間在籍のDF古山瑛翔、MF板倉直紀、FW(に移籍)、さらに前年加入のMF河村英侑とGKが退団。 一方でから前年のJFLベストイレブンのDFを獲得したほか、を退団したGKが加入。 また、新卒者を中心に11名の選手を獲得した。 リーグ戦ではに2分、前年JFLから降格したに1勝1分した以外はすべて2勝で、無敗で東北1部を制しへ進出、1次ラウンドを2勝1分で1位通過、決勝ラウンドも2勝1分の成績で優勝を果たすとともに、翌年のJFL昇格の権利を獲得した。 このJFL昇格確定後、に入会の第1条件である「」入会認定を受けるための書類を提出した。 大倉は「今回の申請は、先を見据えてさらに上のカテゴリーに進むための手続きではありますが、私たちの目的はあくまでJリーグ入りではなく、スポーツを通じて『いわき市を東北一の都市にする』ことが変わらぬ目的であり、『復興から成長』へ向かって活動する中でより一層活動の輪を広げ、発信していくためには必要なステップだと捉えております。 」と述べている。 2020年 - (JFL) [ ] 2020年 詳細は「」を参照 クラブスローガン: WE PLAY ON~魂の息吹(いぶ)くフットボールで人の心をゆさぶる 田村体制4年目。 DF(に移籍)、DF(に移籍)、FW吉田篤志(に移籍)、FW(・に移籍)、FW(に移籍)ら13名が退団・引退したほか、MFがのにした。 一方でからMF、からDFとFWを獲得、また、新卒で()、()ら6名が加入した。 2月25日、として承認。 今回の承認に伴い、ホームタウンを従来のいわき市に、6町2村(、、、、、、、)を加えた、計9市町村へ拡大することも併せて発表された。 その後、6月30日には、2021年加盟へ向けたの申請を行った。 ホームスタジアム・練習場 [ ] スタジアム [ ] ホームスタジアムは、内にある(人工芝)である。 ただし、2020年に参戦するJFLで開催が義務づけられている「(ホームスタジアムとして使用できる)天然芝グラウンドの確保」ができておらず、クラブ代表の大倉は「当面、(いわき市)や()を会場として使用させていただくことで検討しています」と述べている。 内でのサッカースタジアム建設については、2017年頃から動きがあり、2018年度「いわき市スタジアムを中心としたまちづくり事業可能性調査」を行った。 これによると、最低15,000人以上収容できる天然芝を用いたスタジアムの構想として・・・の4地区から選定するとしている。 なお、想定ではいわきFCがスタジアムを建設し、周辺整備をいわき市が行うという想定でもある。 なお2020年6月に申請した2021年J3ライセンスにおいては、登記上のホームスタジアムをJヴィレッジスタジアムとすることを定めている。 大倉は「今回の審査基準の中で、J3を戦うホームスタジアムを明確にする必要がありますが、いわき市内に要件を満たせるスタジアムはなく、今年ホームタウンに加わった広野町のJヴィレッジスタジアムをホームスタジアムとして申請しました。 また、来年震災から10年を迎え、その節目の年にJリーグに参入し、震災後最前線で原発の復旧を支えた「Jヴィレッジ」という場所をホームに戦うことができれば大きな意味を持つと考えます」と説明している。 練習場 [ ] 2016年10月、いわき市常磐地区に練習グラウンド兼スタジアムの「いわきFCフィールド」やクラブハウスを備えた複合施設が完成し、ここを拠点に練習を行っている。 いわき工場(いわき電子)の跡地を利用して整備したもの。 当時県リーグレベルのチームが専用グラウンド・クラブハウスを設置することは話題にもなった。 東北社会人サッカーリーグ2部南• 2017• 福島県社会人サッカーリーグ2部• 2016• 福島県社会人サッカーリーグ3部東ブロック• 2015 カップ戦 [ ]• 2017, 2018, 2019• :2回• 2016, 2017• :1回• 所属選手・スタッフ [ ] 2020年 スタッフ [ ] 役職 名前 前職 備考 代表 代表取締役社長 総監督兼任 監督 いわきFC 強化・スカウト本部長 強化・スカウト本部長兼任 ヘッドコーチ いわきFC コーチ兼スカウト 新任 スカウト兼任 パフォーマンスコーチ ドームアスリートハウス GKコーチ GKコーチ 選手 [ ] Pos No. 選手名 前所属 備考 GK 1 元 21 31 DF 3 新加入 4 8 20 流通経済大学 新加入 26 MF 2 新加入 6 元 13 新加入 14 流通経済大学 新加入 15 17 新加入 24 25 33 FW 7 国士舘大学 9 新加入 10 11 桐蔭横浜大学 新加入 19 新加入 23 期限付き移籍中の選手 [ ] Pos 選手 生年月日 年齢 在籍年 移籍先 移籍期間 備考 MF 2000-05-16 (20歳) 2019年 2020年2月21日 - 12月31日 歴代所属選手 [ ] 1-10 [ ] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 2020 2019 2018 2017 2016 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11-20 [ ] 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 2020 サポーターズナンバー - - 2019 2018 2017 2016 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21-30 [ ] 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2020 - - - - - 2019 2018 - - 2017 2016 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31- [ ] 31 32 33 34-41 42 2020 - - - 2019 2018 - - 2017 2016 31 32 33 34-41 42 ユニフォーム [ ] ユニフォームの色 カラー シャツ パンツ ストッキング FP(1st) 赤 赤 赤 FP(2nd) 水色 水色 水色 GK(1st) 白色 紺 白色 GK(2nd) 黄 黄 黄 GK 2nd チームカラー [ ]• レッド、 ブルー• いわき市のシンボルマークにも使われているレッドとブルーをチームカラーとし、いわきの街・人と共に発展していくサッカークラブにするとの願いが込められている。 ユニフォームスポンサー [ ] 掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考 胸 STARTS 2016年10月 - 2016年10月 - 2019年はパンツ 鎖骨 2016年7月 - 右側に表記 2016年7月 - 2019年は胸 背中上部 TOKAN ORIENS 2017年 - 背中下部 ROHTO 2020年7月 - 袖 HAMADORI KOTSU 2016年8月 - パンツ なし - - ユニフォームサプライの遍歴 [ ]• トーカンオリエンス オフィシャルパートナー [ ]• チームオフィシャルバスを運用し、チームの移動時に使用される。 ときわ会• Freecom英会話教室• 福島トヨペット株式会社• ふたばロボット株式会社• ビジネスパートナー [ ]• 株式会社東日本計算センター• 常磐共同ガス株式会社• 株式会社磯上商事• 日栄地質測量設計株式会社• 株式会社高萩重機• 城北化学工業株式会社• 株式会社ヤマキ寝具• 常光サービス株式会社• 株式会社セーフティサービス• パルシステム福島• 株式会社渡辺組• 社団医療法人養生会 かしま病院• 医療法人そうまクリニック• 木村ミルクプラント株式会社• 三菱商事ファッション株式会社• 田村建材株式会社• イエステーションいわき(アドレス株式会社)• 株式会社鈴商• 株式会社TFY• 株式会社ジャクパ アカデミー [ ] U-18 [ ] 所属選手• いわきFC OfficialSite. 2016年10月19日閲覧。 2018年10月25日時点の [ ]よりアーカイブ。 2020年2月10日閲覧。 フットボールチャンネル. 2016年3月23日閲覧。 日比野恭三 2016年1月21日. 2018年10月25日閲覧。 2016年1月17日. スポーツナビ. 2019年9月1日閲覧。 株式会社ドーム公式. 2016年4月6日閲覧。 47NEWS. 2016年4月25日閲覧。 Sports Business Info. 2016年4月6日閲覧。 ゲキサカ. 2016年4月6日閲覧。 福島民友. 2016年12月13日閲覧。 福島民友. 2017年6月15日閲覧。 2017年6月11日. 2017年6月24日閲覧。 2017年4月21日. 2017年6月24日閲覧。 ゲキサカ. 2016年4月6日閲覧。 47NEWS. 2016年4月6日閲覧。 サッカーキング. 2016年4月6日閲覧。 Facebook. 2016年4月6日閲覧。 福島民友. 2016年11月7日閲覧。 福島民友. 2016年11月7日閲覧。 いわきFC OfficialSite. 2016年12月13日閲覧。 いわきFC OfficialSite. 2017年1月18日閲覧。 福島民友. 2017年6月23日. 2017年6月24日閲覧。 福島民友新聞社 2017年10月23日. 2017年10月23日閲覧。 これまでは所属するクラスに関係なく、同大会4位までに入賞すれば地域チャンピオンズに飛び級出場できたが、2018年からは地域1部の2位、または3位に入り、かつ同大会4位以内に入らないと地域チャンピオンズに出場できなくなるルールの改正がなされ、いわきFCは東北2部のため、出場できなくなった• いわきFC 2019年12月2日. 2020年2月10日閲覧。 プレスリリース , , 2020年2月25日 , 2020年2月25日閲覧。 プレスリリース , 公式サイト, 2020年6月30日 , 2020年7月5日閲覧。 2019年11月25日. REAL SPORTS. 2019年12月2日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 IwakiFcOfficial -• iwakifc -• iwakifc - この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

遺伝子情報で選手の筋力最大化、いわきFC「フィジカル×データ革命」

いわきfcツイッター

それでもあきらめない市といわきFC いわき市が昨年度から進めていたサッカースタジアム整備の事業可能性調査が終了し、6月5日に結果が公表された。 同市に本拠地を置く東北社会人サッカーリーグ1部・いわきFCのホームスタジアムが整備されることを想定した調査だが、市内のどこに整備しても赤字になるという結果が出た。 そんな施設を整備する意味はあるのか。 いわきFCは、米国のスポーツブランド「アンダーアーマー」の代理店であるドーム(東京都、安田秀一社長)が同市に進出するのに伴い、2015(平成27)年に設立された。 運営会社名はいわきスポーツクラブ(大倉智社長)。 現在は東北社会人リーグ1部(5部リーグに相当)で、将来のJリーグ入りを目指している。 同市上湯長谷のドーム物流センター隣接地に、商業施設複合型クラブハウス「いわきFCパーク」をオープン。 「アンダーアーマー」の直営アウトレット店や飲食店などを備え、年間30万人超が訪れる。 このまま順調に昇格していけば、2021(令和4)年にJ3昇格となるが、その際課題となるのがスタジアムだ。 J3は収容人数5000人、J2は1万人、J1は1万5000人規模のホームスタジアムが必須条件となっているのだ。 ドームはチーム立ち上げ当初からサッカー専用スタジアムを整備し、飲食、観光、交通などの産業も発展させ、地域創生につなげる構想を掲げていた。 だが、スタジアム整備には100億円規模の金額がかかるので民間企業だけで負担するのは厳しいことに加え、いわき市長選で現職・清水敏男市長が整備の必要性に触れていたこともあり、最終的には市が前面に立って計画を進めるのではないかとみられていた。 そうした中、スタートしたのがサッカースタジアム整備の事業可能性調査で、コンサルタント会社に委託する形で行われた。 市内では平、小名浜、常磐地区などが候補地に浮上し、誘致団体が設立されるなど盛り上がりを見せているが、果たして調査結果はどうだったのか。 結論から述べると、いずれの地区に整備した場合も年間7000万円以上の赤字が想定されるという結果になった。 具体的には、海外の最新スタジアム事例を参考に、4つのコンセプトを定め、それらのコンセプトに基づき4地区に絞り込んだ。 それによると、既存スタジアムの場合、年間運営費用に約1億7000万円かかるが、年間収入は付帯設備収入、広告費、合宿・フェス使用料などを合わせても約9000万円しかなく、約8000万円の赤字が発生する。 スタジアム整備にかかる初期投資は屋根無し天然芝スタジアムでも約110~120億円かかる。 仮にスタジアム整備をいわきFC、インフラ整備を市が担うとしても、相当な金額になる。 21世紀の森公園内にあるいわきグリーンフィールドを改修する場合の試算も行われたが、一気に改装する場合は約110億円かかり、リーグが昇格していくのに合わせて段階的に整備する場合は約35~38億円ずつかかるという。 初期投資が抑えられるという意味では最も現実的なプランかもしれない。 市創生推進課の担当者は次のように語る。 「欧米ではスポーツ施設を核としたまちづくり『スマート・ベニュー』が広まりつつあり、本市やいわきFCとしてもそうしたスタジアムを目指しているのですが、同調査は国内の既存スタジアムをベースにしているため、厳しい結果となりました。 新たなスタイルのスタジアムが本市で成り立つのか、加えて市民の人気が上がりスタジアム整備の機運が高まるのか、今後も検討を続け、見極めていきたいと思います」 この担当者によると、基本的に整備費用を出資するのはいわきスポーツクラブ(ドーム)というスタンスは変わっていないものの、行政主体でなければ活用できない補助金などもあるため、運営方法に関しては今後も考えていくことになるという。 福島民友7月14日付では大倉智社長が同調査を受けてコラムを掲載していたが、「既存の運営スタイルに基づいた調査結果は想定範囲内だった。 見えてきた課題の解決に向け、行政や地域と一緒に採算が取れるビジネスモデルを考えていきたい」、「議論は、欧米のスタジアム運営などを念頭に『まちづくり』に効果が生み出せるのではないか、というところからスタートした」、「これまで日本になかったスタジアム運営モデルがいわき市で生まれれば、市にとっても日本のスポーツ界全体にとっても素晴らしいことだ」と書いてあった。 市とほとんど同じスタンスと言えるだろう。 圧倒的な熱意と資金力で低評価を覆してきた同クラブだが、公的資金が投じられ整備されたスタジアムが赤字続きとなれば、さすがに市民は納得しないだろう。 まちづくりと一体化した「スマート・ベニュー」型スタジアムが完成するまでは相当時間がかかりそうだが、実現できるのか。 市といわきFCの次の一手が注目される。 Jリーグに入れば動員も増え、放映権料も一気に増加する。 そういう意味では、基本的なことだが、同クラブが今後どれだけ上のリーグで活躍し、スター選手を生み出せるかが大きなポイントになる。 HP facebook Twitter.

次の

いわき市雑談掲示板|爆サイ.com東北版

いわきfcツイッター

2017年の天皇杯(JFA 全日本サッカー選手権大会)で持ち前のフィジカルを武器に快進撃を見せ、多くのサッカー関係者やファンに衝撃を与えたいわきFC(東北社会人サッカーリーグ)。 「日本のフィジカルスタンダードを変える」という信念を持つ同クラブは今、「遺伝子データ」などさまざまなデータを駆使して新たな革命を起こそうとしている。 2019年1月26日に開催された「スポーツアナリティクスジャパン2019(以下、SAJ2019)」に、いわきFCのチームドクター・齋田良知氏と、同パフォーマンスコーチ・鈴木拓哉氏が登壇し、いわきFCの革命の内幕を語った。 その要旨をレポートする。 疲労度の数値化で受傷歴を作らせない アスリートが高いパフォーマンスを発揮するためにはケガの予防も不可欠だ。 ではケガのリスクファクター(危険因子)とは何なのか。 齋田氏は「受傷歴が最大のファクター」だと話す。 [画像のクリックで拡大表示] 「一度捻挫をした選手はまた捻挫をしやすくなりますし、肉離れや靭帯損傷なども同様です。 そうした受傷歴が生まれてしまうこと自体が、次のケガの最大のリスクファクターになってしまうのです。 つまり、いかに最初の受傷歴を作らないかが非常に重要です」 「メディカルスタッフの役割は『いかにケガを治療するか』にあると思っている方もいるかもしれませんが、それよりも重要なのは、アスリートのファースト・インジャリー(最初のケガ)を予防し、ケガなくトレーニングを続けられるようにすることなのです」(齋田氏) 受傷歴を作らないためにいわきFCが取り組んでいるのが、「疲労度の数値化」である。 次の4つの項目を定期的に計測し、各数値の状況によって選手の疲労度を数値化。 そのデータの状況によってトレーニングの負荷を変えているという。 <疲労度を数値化するための計測項目>• (1)尿比重から脱水の状態を確認• (2)長座位前屈から筋疲労の状態を確認• (3)Vertical jump(垂直跳び)で協調運動への対応を確認• (4)眼調整力から神経疲労を確認 「疲労度を確認するのに他の指標もあるかもしれませんが、この4つは選手たちだけでも短時間で計測でき、しかも再現性が高いので、いわきFCではこれらを測ることで疲労度を数値化しています」(齋田氏) 「年齢や性別、受傷歴などは変えられないリスクファクターです。 一方、選手の身体的特徴は変えられるリスクファクターです。 疲労度の数値化によって変えられるリスクファクターは変えていく。 そうすればトレーニングで適切な負荷を掛けられるようになりますし、フィットネスもどんどん高めていけるようになると考えています」(同氏).

次の