ヴァン ゆん スタジオ。 芸能界入りを果たしたヴァンゆんチャンネル、テレビに引っ張りだこに

ヴァンゆんの年収は●億円!?家探しの条件もセレブすぎ?

ヴァン ゆん スタジオ

閉じる• ファーストステージ奈良本店• ファーストステージ富雄南店• ファーストステージ真美ケ丘店• ファーストステージ 真美ケ丘店 with AnneStyle• ファーストステージ近鉄生駒店• ファーストステージ桜井店• ファーストステージ高田店• ファーストステージ舞STYLE ならファミリー店• ファーストステージ舞STYLE イオンモール橿原店• ファーストステージ心斎橋店• ファーストステージ箕面店• ファーストステージ東大阪店• 舞スタイル イオンモール堺鉄砲町店• ファーストステージ伊丹店• ファーストステージ小町カレン 加古川店• ファーストステージ松井山手店• ファーストステージ舞STYLE 桃山店• ファーストステージ四日市店.

次の

『さんま御殿』大人気YouTuber・ヴァンゆんが大不評!「見てて恥ずかしい」(2020年6月4日)|ウーマンエキサイト(2/3)

ヴァン ゆん スタジオ

)」で活動するパフォーマーを全力で紹介。 "磨けば光る原石"となりうるパフォーマーを毎回スタジオに呼び、勝手に応援していくバラエティだ。 ゲストに大人気YouTuber"ヴァンゆん"を迎え、登場したSHOWROOMパフォーマーにアドバイスを送り、パフォーマーたちが活躍できそうなイベント企画を考えたりと好き勝手にサポート。 思わず応援したくなる次世代パフォーマーたちが、この番組をきっかけにスターになっていくかも... !? ぜひご注目ください! そこで「テレ東プラス」では、収録後のYouTuber"ヴァンゆんを直撃! 2回に渡ってインタビューをお届けする。 ヴァンビ「YouTubeの撮影は、基本家でカメラ1台と僕らだけじゃないですか。 大多数に見られながら撮るっていう経験がないので、実はめちゃめちゃ緊張してて...。 口カピカピでした」 ゆん「うん、臭そう 笑 」 ヴァンビ「どうにか水分を摂取しなきゃくらい、本当砂漠状態で。 でもやっぱ、スイッチ入ったらもちろん緊張はほぐれていったんですけど。 柴田さんのツッコミにもだいぶ救われて、"ありがとうございます"みたいな。 「今まではこういうところに力を入れてきたけど、今後はこういうところに力を入れていこう」みたいな変化ってあるんですか。 ゆん「ありますね」 ヴァンビ「今までYouTubeが軸だったので、YouTubeの戦略とかそういうものは色々勉強してきたんですけど、芸能界でそれが通用するかっていったら通用しない部分があるので。 例えば、僕がプロデュースをするYouTuberがいたとして、その子の数字を伸ばすくらいの自信はあるんですけど。 テレビだともうひよっこオブひよっこ状態でして。 ヴァンビ「僕の信念的にはやりたいことをやるんじゃなく、"求められていることをやる"っていうのがあって。 みんな結構自分がやりたいことをお客さんに押しつけがちだと思うんですけど。 もちろん、一部の人はそれで大成功するんですよ。 やりたいことと時代がマッチしたときには伸びるんですけど、100人全員がやりたいことをやってうまくいくわけじゃないし、僕も最初はうまくいかなかった。 けど、自分がやりたいことじゃなく、求められていることをやろうとなってからは、自然と時代の流れを自分で読んで合わせるようになるんですよね。 そうなってからは徐々に(登録者数が)増え始めた。 こう振られたら、なんて言おうとか考えたりして... 」 ゆん「そう、考えるようにしようって... 」 ヴァンビ「たまに考えすぎてMCが話していることが全然頭に入ってこないことがあるぐらい、考えてますね常に。 "俺、振られたらなんて言おう"って... YouTubeだと2人しかいないので」 ゆん「ずっと2人でやってきたから、お互いの空気感はわかってたんですけど、第三者の方がいると気を遣っちゃったりして、話し出すタイミングがわからない」 ヴァンビ「おもしろいこと、自分なりに言いたいことが思い浮かんでいるけど、あーその話終わっちゃった~みたいな 笑。 ゆん「マルチタレントっていうのが夢でしたが、ずっとYouTuberだけで生きてきて...。 ずっと、それだけじゃ先輩達と同じだなって思ってて。 ヒカキンさんをはじめ、上の方達の登録者数の規模は、別次元じゃないですか。 そういった方達に勝つには、新しいことをしなきゃいけないなと思ってテレビ行こうってなって...。 テレビ見てる人って、あんまりYouTube見てないじゃないですか。 それくらい、まだネットとテレビだと力の差が歴然なんです。 ヴァンビ「そうですね。

次の

ブラマヨ×ヴァンゆん、テレビ←→ネット企画バラエティでMCタッグ

ヴァン ゆん スタジオ

小学生のなりたい職業上位であるYouTuberに、また 新たな風が吹きました!! 人気YouTuberの 芸能事務所入りが決定したのです。 今回注目するYouTuberは、 イケメンと美女コンビで知られる ヴァンゆんチャンネル。 美男美女であるにも関わらず、 体を張ったネタ系動画が今、若者を中心にウケています。 また、 2人の絶妙な掛け合いが最高!! そんなヴァンゆんチャンネルの 2019年9月現在のチャンネル登録者数は155万人です。 今回は芸能事務所に所属し、今ノリに乗っているヴァンゆんチャンネルに注目! 2人がコンビを結成した理由、事務所入りした理由からヴァンビとゆんのそれぞれのプロフィールや気になる情報までたっぷりと紹介していきたいと思います。 はじまりは、2017年4月。 ヴァンゆん共通の友人であった YouTuberのあさぎーにょを通して、 ヴァンビがゆんのTwitterをフォローしたことがきっかけで2人は出会いました。 ヴァンビにフォローされたゆんは、すぐにフォローし返します。 そして2人は Twitter上でやりとりを行う仲に発展。 やりとりしていくうちに、どんどん仲良くなり「 YouTubeでコラボしよう!」という展開へ。 2人のコラボ動画はなかなか好評だったようで、視聴回数も多かった! 次第にコラボ動画が増え、 2018年には2人で生放送を行うまでの仲へと発展していきます。 YouTuberは視聴回数にて収益を得ています。 そのため視聴回数が多く好評なのであればコンビを組むのは必然…。 ヴァンビとゆんは当時所属事務所が違ったため、2人で活動するにあたって新たにチャンネルを開設するということはできなかったのだとか。 そこで ヴァンビのチャンネルにゆんが参加するという形でヴァンゆんチャンネルが誕生! すると、チャンネル登録者数が150万人を超える人気YouTuberへと成長を遂げたのです。 2019年9月4日(水)に公開された「 【ご報告】二人から大事なお話があります。 」という動画にて、 ヴァンゆんが太田プロへ所属することが発表されました。 動画が公開されると、ネットニュースを中心に大きな話題に!! なぜヴァンゆんの太田プロ所属が大きな話題となったのか。 それは、チャンネル登録者数が150万人を超えるYouTuberが芸能プロダクションに所属するというケースが過去になかったからです。 ヴァンゆんが太田プロへ所属することを決めた理由についてですが、 ゆんには芸能界で活躍するマルチタレントになるという夢があります。 そしてヴァンビには、ゆんを全力でサポートしたいという思いがありました。 もともとヴァンビはUUUM、ゆんはVAZと 2人は所属事務所が違っていました。 そのため、 一緒に行動できないなど不自由なことが多々あったのだとか。 そして「 マルチタレントになりたい!」というゆんの夢を叶えるため、芸能プロダクションに入り2人で一からやっていくことに決めたのだと言います。 話をした中、 太田プロが一番熱意を感じたため、所属することを決めたのだとか。 ヴァンゆんの本名・年齢(生年月日)は? チャンネル登録者150万人達成🔥 YouTube始めた時には想像できなかった世界が今、目の前に広がってる。 一つ一つの出会い、経験、成功、失敗、今は全てに感謝している。 そう思わせてくれたのは応援してくれるファンのみんな。 そして相方だ。 僕らの旅はまだまだ続く。 いや… これから始まる。 名前:VANBI(ヴァンビ)• 本名:小鹿万火(おがばんび)• 年齢:非公開 苗字も名前もとても珍しいですが、本名であるとのこと。 ヴァンビは年齢非公開ですが、2018年時点で20代前半だと言っていました。 名前:ゆん• 本名:熊崎優美(くまざきゆみ)• 年齢:1994年12月5日(現在24歳) ヴァンビとゆみは同じ年である可能性が高いと言えるでしょう。 ヴァンビは元バンドマンです。 LOG-ログ-というビジュアル系バンドで ボーカルとして活動していました。 しかし2016年3月27日に開催された高田馬場AREAワンマンを持ってバンドは 解散。 理由は メンバー同士の方向性や考え方に違いが生じたからだとのこと。 ビジュアル系バンドのボーカルとして活動していたヴァンビは、2018年に当時の先輩バンド 己龍とコラボしバンド活動を行っていたことがありました。 ゆんは元SKEでフィリピンハーフ? 最近特に撮影尽くしな毎日がシアワセ。 名古屋出身のゆんは 2011年に開催されたSKE48第5期生オーディションに応募し、6000人の中から16人にまで選ばれ、仮合格しました。 しかし最終メンバーには選ばれなかったとのこと。 ゆんはその後、 BSJというアイドルグループとして活動をスタートします。 グループのセンターとして大活躍していたとのこと。 「 アイドルは私のぶりっ子が生かせる天職」だと言っていたゆんですが、 予期せぬ形でアイドルを引退することになってしまいます。 ある日、 お父さんが突然倒れ植物状態 になってしまったのです。 ゆんは倒れたお父さんの会社を引き継ぐことになりアイドルを引退したというわけです。 現在アイドルとしての活動はしていませんが、名古屋で モデルとしても活動中。 YouTuberとして、そしてモデルとして忙しい日々を送っています。 ゆんは日本人のお父さん、フィリピン人のお母さんを持つ フィリピンハーフです。

次の