ブログ 稼げ ない。 ブログアフィリエイトは稼げない!?その理由とは|専門学生の成り上がりブログ

ブログ稼げない【3年300記事書いた収益のリアルを晒す】ブログで身につくスキルには価値あり。

ブログ 稼げ ない

う…、あ…、えっと… もしこの質問にパッと答えられないとしたら、 それは 稼げていなくて当然です。 だって、ちょっと考えてみてください。 食べログで集客しよう つまり必要な売上を稼ぐための 収益モデルですね。 ブログ収入の構造はすごくシンプルです。 コンバージョン率 コンバージョン率はアクセスしてくれた人のうち、 実際に 商品購入をしてくれる人の割合です。 アドセンスだったら クリック率ですね。 例えば1000人が記事を読んで、 そのうち1人が商品を購入したらコンバージョンは0. 商品単価 商品単価は自分がブログ収益化のために 導入している キャッシュポイントによって変わってきます。 ・アフィリエイトなら成約報酬 (数十円〜数万円までプログラムにより様々) ・アドセンスならクリック単価(20〜30円程度) ・自分のコンテンツを販売しているのならその単価 (数百円〜数十万円まで様々) ということになります。 あなたのブログが稼げない理由 ということでもうお分かりの通り、 あなたのブログが稼げていないということは、 この3つの要素からなる 掛け算の結果が低いということ。 で、でもこれ3つ全部高くするなんて超ムズいんじゃ… そう、 この3つ全てを高くすることは まず無理です。 それが出来たら一生遊んで暮らせる収入が手に入ります(笑) 大切なのは 組み合わせです。 例えば先程のカフェ経営の話。 ・毎月300万円の売上が必要 ・うちはカフェだから客単価は平均2,000円 ・つまり毎月1,500人のお客さんに来てもらう必要がある ・1,500人を集めるにはビラ配りじゃ無理。 食べログで集客しよう 客単価が低いから沢山のお客さんが必要で、 そのために食べログという手法を使って集客をするのですね。 これが客単価3万円の 超高級寿司店だったらどうでしょう? 300万円の売上のためには毎月100人来てくれればOK、 それなら集客は口コミでも十分なわけです。 大切なのは客数よりも 顧客の満足度だったり、 それに基づくリピート率だったりします。 ポイント キャッシュポイントの特性に合わせて、3つの要素の数値と、その数値を達成するための最適な手段を考えよう! 稼げるブログにするための正しい戦略 ということでここからは、 アドセンスとアフィリエイトを例に上げて ・稼げていない人がやりがちな組み合わせ ・稼ぐためにやるべき組み合わせ を紹介していきます。 あなたのブログに当てはまるものがあればぜひ参考にしてください。 アドセンスの場合 多くのブログ初心者がまず取り組んでいるのが アドセンスを使ったブログ収益化だと思います。 実際に「稼げない」と相談してくる方の多くもアドセンス挑戦者です。 アドセンスの場合の収益モデル ですが勘違いしないでくださいね。 クリックされるだけで収益になるアドセンスは、 初心者には一番最適なキャッシュポイントです。 ですがその唯一で最大の弱点はとにかく 単価が低いこと。 広告の設置場所や季節でクリック率や単価も多少変わるので一概には言えないけど、私の過去の実績では87万PVで月収33万円、111万PVで51万円だったよ。 YUME アドセンスで稼ぐためには? ということでアドセンスで稼ぐには、 圧倒的なアクセス数が必要になります。 では圧倒的なアクセス数を集めるのに 最適な手法は何かというとそれは トレンドです。 トレンドとは読んで字のごとく… 世の中で話題になっていること、 つまり 検索需要が多いものを記事ネタにすることで 大量のアクセスをブログに集める手法です。 ブログへのアクセスはほぼ 検索エンジンからやって来ます。 ですので 多くの人が検索することを記事にすれば、 より多くの人がブログに来てくれる可能性があるのです。 では検索需要が多いネタとは何かというと… テレビ露出の多い 芸能人や Twitterのトレンドに上がるようなネタです。 その年に一番多く検索されたキーワードを表彰する 『』というアワードもあるので参考にしてみてください。 ブログに何書こうかな〜。 俺バイク好きだからバイクについてなら書けそうだな。 よしハーレーについて書こう! では「ハーレーダビッドソン」にどれだけ 検索需要があるかというと… 月6万くらいでしょうか。 一方でブルゾンちえみはと言うと… 多い月で月間400万回検索されています。 30万円稼ぐのに100万PVが必要なアドセンスなら、 どちらで記事を書くべきかは明白ですよね。 検索需要が少ないネタを書いちゃってる人 そして2は 「トレンドやってるけど稼げてない」人が やってしまいがちなパターン。 それは「トレンド」と言いながら、 上位表示できそうなライバルが少ないネタばかり探し、 結果的に検索ボリュームが少ないネタ ばかり書いている人です。 ポイント アドセンスで稼ぐためには大量のアクセスが必要! 検索ボリュームの大きいネタを記事にすべし! 2. アフィリエイトの場合 続いて アフィリエイトの場合です。 アフィリエイトの収益モデルを考えてみましょう。 アフィリエイトの 商品単価は、 どのアフィリエイトプログラムを選ぶかによって変わります。 クレジットカードやFXなど1万円近い高額報酬のものから、 新規会員登録で数百円、といった低単価なものまで様々です。 そして集めることができる 潜在的なアクセス数は、 アフィリエイトをする商品ジャンル、カテゴリの 検索需要がどれ位あるかによってある程度決まってきます。 つまり完全に 自分でコントロールできるのは、 コンバージョン率ということになります。 アフィリエイトで稼ぐためには? アフィリエイトで収益を稼ぐためには ・そのパイの中でより多くのアクセスを集めること ・そして何よりコンバージョン率を上げること これが重要です。 この2つを達成するために絶対的に必要になるのが、 サイト全体の 「信頼性」 「専門性」 「権威性」ですね。 Googleが高品質なコンテンツと定義する 「E-A-T」です。 確かに、月50万円稼ぐブロガーが使っているテンプレートだから買う、パーソナルトレーナーが薦めるプロテインだから買うなぁ。 つまりコンバージョン率を上げるためには、 その商品に関連するジャンルの 特化ブログであったり その分野に 専門性がある人が書くという視点が非常に重要です。 そして専門性や信頼性が高いコンテンツが多いほど、 検索エンジンで上位表示されやすいので、 関連キーワードで上位を狙うためにも大切なことです。 アフィリエイトで稼げない人がやりがちなこと 前述の通りアフィリエイトで稼ぐためには、 サイト全体の専門性・信頼性・権威性が重要です。 一方でアフィリエイトで稼げていない人の視点は 「点」に集中しがちです。 一つの記事、一つのLPしか見ていない。 特に初心者の方のサイトを拝見すると、 まさに 「アフィリエイトするための記事」にしか なっていないことが多いです。 だからこの記事ではこの化粧品をべた褒めし、 別の記事では全く違うことを言っていたり、 ただの日記風の記事の中で愛用商品を紹介して、 「売れません(涙)」と言っている方も沢山います。 ポイント アフィリエイトで稼ぐためにはコンバージョン率が重要。 信頼性・専門性・権威性を伴うようにサイトを育てるべし。 ブログで稼ぐために絶対に必要なことまとめ ということで最後に今回の大事なポイントをまとめます。 POINT1. ブログ収益はアクセス数・コンバージョン率・商品単価の3つで決まる。 自分が活用しているキャッシュポイントによって、 この3つの最適な組み合わせを考えるべし。 POINT2. アドセンスで必要なのは大量のアクセス数。 検索ボリュームの大きいネタを記事にして、 大量の検索需要からアクセスを集めよう。 POINT3. アフィリエイトで必要なのは高いコンバージョン率。 信頼性・専門性・権威性を伴うようにサイトを育てて、 その商品が必要な人に役立つコンテンツを発信しよう。 残業が月150時間を超える働き方に疑問を持ち、会社に雇われない働き方にシフトする。 《週3日だけ働く》をテーマに、PC1で自由な働き方を実現するための情報を発信しています。 New posts will not be retrieved. There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time. Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved. There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time. Error: No posts found. Make sure this account has posts available on instagram. com.

次の

【ブログ1年やっても稼げない】見落としてたのは「穴」だった…

ブログ 稼げ ない

大げさな表現が多い• 言い切る表現が無い• 英語や難しい漢字の表現が多い• 常に同じ文面から記事がスタートしている• 具体的な数値や内容を出していない• 同じワードを狙った記事が多い• カテゴリー分けができていない• タイトルロゴ・プロフィール画像が手抜き• 画像の位置やデザインが崩れている• 本文の書体を変更している• タイトルと見出しを見ても記事内容が分からない• ブログ立ち上げから1度もリライトをしていない• 知識が無いジャンルに手を出している• 広告の数が多い• 自分の利益を優先している Amazon欲しいものリンクなど• 本文途中に広告を掲載している• サイドバーにメイン広告を掲載している• アフィリエイト広告を記事に『追記』している• 全ページの記事中にアフィリエイト広告を掲載している• 記事数が100以上なのに1日のアクセス数が100未満• 記事内容がネット情報のまとめになっている• 雑記ブログで『ターゲット層』を意識していない• アドセンス広告+SNS集客で運営している• アフィリエイトが悩みの解決口になっていない• 内部リンク・広告に対する説明ができていない• 自身の意見を前面に出すオピニオン記事が多い• アクセス数に対して広告のクリック率が低い• デメリットを伝えていない• ブログ運営の目的が統一されていない 上記の見出しを見つつ改善できた方は以下の記事をご覧ください。 ブログに関する記事をまとめており、収益化にも役立ちます。 当ブログでオススメしているロボアドバイザー。 これは元本割れのリスクがあるため「可能性があります」と伝えています。 正しい情報であれば、言い切る部分と分けて伝えましょう。 カテゴリー表記も「fashion」ではなく「ファッション」と書けばユーザーに一瞬で理解されます。 「曖昧」も普段は使わない難しい漢字。 「あいまい」と書きましょう。 」だけになってしまいます。 最初に誰向けの何を解決する記事なのかを説明しておき、その後で挨拶文を入れた方が分かりやすいです。 自己紹介から始まると、全ての記事の説明が自己紹介で終わります。 ユーザビリティに悪いためクリック率も下がります。 記事の内容の説明や結論から始めましょう。 「この方法ならアクセス数は倍増します。 」 よりも、 「タイトルと見出しに無いクエリを追記することで、アクセス数を3倍に増やすことができます。 」 と書いた方が納得できますよね。 「ブログ運営のコツ / 正しいタイトルの付け方」 「ブログ運営のコツ / 上がるタイトルの秘密」 これは 全く同じユーザー層しか集まらないため、アクセス数アップにつながりません。 「アクセス数が上がらないブログの原因」 のように、全く別のタイトル付けが必要になります。 特にタイトルで損しちゃっている方が多いです。 「30歳4人家族の家計簿を公開! 」 では、誰向けに何を伝えたいか全く分かりません。 検索もされません。 「30歳4人家族でも月5万円貯金する主婦の家計簿がこれだ! 見出しで「これは凄い! 」のような本文の延長上の言葉を使うのもNG。 見出しは目次で表示されるため、ユーザーの注目を集めます。 タイトルと見出しだけで内容が分かる記事はユーザーが読みやすい記事になります。 過去記事をリライトし、直近の記事へリンクを飛ばすことでユーザーの滞在時間を延ばせます。 ユーザーが求めている情報がグーグルサーチコンソールに表示されるため、クエリを追加してリライトすることも重要です。 1度もリライトせずに記事を更新していると過去記事が足を引っ張るようになります。 リライトについては以下の記事をご覧下さい。 成果の出る方法です。 知識を得てからブログを作り出さないと、あいまいな表現。 逃げの表現が多くなり、ユーザーに信頼感を与えません。 先に勉強する姿勢が大事です。 ちゃんとした答えが出せないため、あいまいな表現が多くなります。 文字数を増やそうと似た表現も多くなり、薄っぺらいだけのブログになります。 もちろん成果も出ません。 そうだ。 広告を増やそう。 」 そう思ってアドセンス広告を増やしていませんか? 広告が多いとユーザーは記事を読みません。 うさんくさく感じるためです。 保険屋さんにあなたが口を挟む暇も無く営業トークされたらうんざりしますよね。 広告の多さとは押し売りの強さ。 売れるものも売れなくなります。 」 とプロフィールの下に書いていませんか。 ブログで稼ぎたいなら徹底的にユーザー優先にしないといけません。 広告がユーザーの悩みの解決口になるためです。 特にAmazon欲しいものリストはユーザーに何のメリットもありません。 収益化するなら有益な情報を提供するなどの対価が必要です。 リード文下• 記事下 の2つ。 次が記事中です。 記事中にアドセンスを入れる際、H2見出しの上に入れましょう。 本文を遮って途中に入れると誤クリックの原因になります。 記事も読みづらくなります。 プラグインのWP QUADSでMiddle of Postを使うのは簡単ですが、記事中に配置される恐れがあります。 手間ですが記事ごとに自分で挿入しましょう。 スマホの場合、サイドバーは記事の後に配置されます。 サイドバーはサブ的なもの。 メイン広告を掲載しても効果はありません。 アフィリエイトは悩みの解決口にしなければなりません。 その記事全体でユーザーの検索意図に対する答えを書き、アフィリエイトを悩みの解決口にする戦略が必要です。 「上司との人間関係に悩んだら転職がオススメです。 」 のように追記しても「広告感」が強いですよね。 そのアフィリエイトを紹介する記事を作成し、そちらへ内部リンクで飛ばすことで成約率を高めます。 特にバナー広告は「広告感」が強いです。 全ページにバナー広告を掲載しているとユーザーの離脱率が上がります。 テキスト広告利用やアフィリエイト紹介記事へつなげる流れを作りましょう。 私が安定して高いアクセス数を獲得し、収益化に成功しているブログテーマはこちらです。 直帰率が高いとアドセンスの広告単価が下がったり関連コンテンツの許可が下りないデメリットがあります。 内部リンクを増やす• 1記事1記事を丁寧に書く• チェック記事を書く 当記事のようなイメージ のような方法で直帰率を下げましょう。 ㉒記事内容がネット情報のまとめになっている オリジナルコンテンツとは『ネットに無い情報』だと考えています。 ブログ記事を書く際にネット情報を参考にしているとオリジナルコンテンツになりません。 だから書籍からの情報や実体験が求められます。 目玉コンテンツとはオリジナルの内容。 既にネットで出回っている情報は需要が無く、グーグルの評価も上がりません。 ネット情報を参考に記事を書くのではなく、書籍を参考にしたり実体験を元にする・購入品紹介をしましょう。 ㉓雑記ブログで『ターゲット層』を意識していない 記事ネタに困らないので雑記ブログに挑戦するブロガーが増えています。 ユーザーにとって自分の知りたい情報ジャンル以外の情報はノイズ。 見たくもありません。 雑記ブログはノイズの宝庫。 雑多な内容の中に『ターゲット層を絞ること』で共通点を作りましょう。 35歳男性向けの総合情報ブログ• 20代女性のキラキラした生き方• 双子子育てに奮闘するパパの息抜きブログ のようなイメージですね。 ㉔アドセンス広告+SNS集客で運営している アクセス数が多くてもアドセンス収益が増えないケースがあります。 それがSNS集客。 SNSを経由して訪れるユーザーは『徹底的にブログを読む層』が多いんです。 しっかり読むからアドセンスをクリックしません。 同じくネット慣れしたユーザーもアドセンスをクリックしません。 SNS集客はアフィリエイトで収益化しましょう。 ㉕アフィリエイトが悩みの解決口になっていない ユーザーは悩みを持って検索しています。 ユーザーの検索意図に合っていない記事は読まれません。 悩みの解決にならないためです。 ユーザーがアフィリエイトサービスを利用するのは悩みを解決したいから。 記事で全ての悩みを解決してしまうとアフィリエイト商材を購入する理由が無くなります。 ユーザーの検索意図を考え、アフィリエイトを悩みの解決口になるように記事を書きましょう。 内部リンクはこちらの記事で詳しく解説しています。 内部リンクの重要性やクリック率を増やす方法も分かります。 関連記事 ㉗自身の意見を前面に出すオピニオン記事が多い プロブロガーさんに憧れて自分のことを伝える記事ばかり書いていませんか? プロブロガーは強いコミュニティを持っているか、ライフスタイルや生き方を貫いている人ばかりです。 彼らに憧れて何となく自分のことを書いても誰も読まれません。 自分のことを書く記事はタイトルがユーザーの検索意図とマッチしないため、検索流入も期待できません。 オピニオン記事は全体の1割にしましょう。 ツイッターのフォロワーが1,000人を超えるようなら、自分の考えを出すだけのブログを作っても勝算があります。 ㉘アクセス数に対して広告のクリック率が低い 1日1,000PV以上あるのにアフィリエイト広告がクリックされないのは問題があります。 ユーザーの検索意図とアフィリエイト商材がマッチしていない• 広告の質が悪い• 広告の配置が悪い• ライティングが悪い など、致命的なミスがあります。 アクセス数があるので、リライトすれば解決します。 改めて自分のブログの記事やクエリを見返しましょう。 ㉙デメリットを伝えていない ユーザーは 『お得な情報』に不安を持っています。 あなたがブログ運営をする目的は何ですか? 収益化したいならアフィリエイトブログにすればドンと稼げます。 安定して稼ぎたいならアドセンス特化。 発信力を付けたいなら、ツイッターを効果的に使いましょう。 収益化は二の次です。 アフィリエイトブログなのにツイッターと連動して宣伝しても怪しいだけ。 記事の内容もブレブレになり、収益も発信力も稼げません。 1ブログに求める内容は1つにすべきです。 その結果、収益も発信力も稼げる可能性はあります。 まとめ 記事最初でもお伝えしましたが、 結果には必ず原因があります。 私はGoogleの自動ペナルティを受けていたにも関わらず、記事を更新していればアクセス数が増えると2年間も信じていました。 結果は惨敗。 間違った方法で収益化・アクセス数アップをしていては結果は出ません。 大事なのは色んな情報を集めて試行錯誤することです。 すぐ実行できることから、ブログ運営の方向性を考えることまで30の項目をご紹介しました。 1つでもあなたのブログに役立つ内容があれば幸いです。 長い記事でしたが最後までお付き合い頂きありがとうございました。

次の

【やめとけ】アフィリエイトは稼げない!その理由を月収300万円のワイが教えたる。

ブログ 稼げ ない

【理由1】そもそも「稼ぐための記事」を書いていない 1 記事数が30未満 とにかくまずは30記事くらい書いてみてください。 そうすると、ブログの方向性は多少なりとも出てきます。 アフィリエイトのサイトなら30記事はむしろ多いですが、ブログの場合は少なすぎます。 あなたは稼げるか稼げないかの前に、そもそもスタート地点に立っていません。 Murakami()さんの次の記事に「アクセスはコンテンツの先にしか無い。 」という言葉が出てくるのですが、ほんとこれですよ。 参考 ブログのちから 2 魔法のランプを探している インプットばかりしてノウハウコレクターになっています。 今すぐ記事を書きましょう。 インプットの10倍くらいアウトプットしましょう。 3 ブログ論が多い ブログ初心者あるあるですが、最初の頃って自分がブログを開設するために調べたことを記事にしがちですね。 あなたがブロガーに向けて商品・サービスを売りたいならそれでもいいですが、そうでないなら八百屋が買い物客に「キュウリが20倍売れるPOPの書き方」を売っているようなものです。 「キュウリが20倍美味しくなる料理法」を紹介して、キュウリを買ってもらうのが八百屋の役割では? アフィリエイター向けの情報商材を売るならもちろんアリですが、たぶん、違いますよね。 【参考】ウケちゃんは静かに暮らしたい 4 拡散されないオピニオン記事が多い プロブロガー(最近はインフルエンサーの方がいいかも)になりたければ、オピニオン記事は必修科目みたいですね。 実際、プロブロガーさんを見ているとSNSでPVを稼いでいます。 だから気持ちはよくわかりますが、一方であなたのその記事はSNSで全然拡散されていませんよね。 拡散されないオピニオン記事は稼ぎにはつながりません。 5 自己満足の記事が多い 「自分」だけに向けられている記事では、「相手」に届きません。 「日記ブログ」と呼ばれるものはそうですね。 好きなようにブログを書くのであればそれでOKです。 しかし、目的が 「稼ぎたい」のであれば、 相手を満足させる必要があります。 好きなことを書いてもいいですが、稼ぎたければ好きなように書いてはいけません。 しかも何年もやっている方ではなくて、数か月で月6桁、半年で月7桁を超えているブロガーさんを見て、焦るかもしれません。 ブロガーは「ブログ」を見れば答え=「稼ぎのネタ」が分かってしまうので、時間の許す限りいろんなブログを見てください。 そして、このブログは一体何で稼いでいるのか?と考えてみてください。 収益報告やPV報告をしているブログがおすすめです。 短期間で結果を出しているものは、 「アフィリエイトで稼げるジャンル」で記事を書いています。 逆に言えば、アフィリエイトで稼げるジャンルで記事を書かない限り、なかなか稼ぐのからは遠ざかります。 自分の好きなことを書いても稼げないのは、広告主がいないからではないでしょうか? アフィリエイトで稼げるジャンル(と言われているものを含む)は、次のとおりです。 分け方は私の独断と偏見で行ってます。 金融系:カードローン・キャッシング、FX、クレジットカード、債務整理• マッチング系:転職(一般、看護師、薬剤師、SEなど)、婚活、出会い系• 美容系:脱毛、脱毛器、エステ、育毛剤、オールインワンゲル、ダイエット• 健康食品系:酵素、青汁、葉酸• 食品系:カニ• 見積系:引越し、車・バイク査定、不動産査定、自動車保険• 資料請求系:通信教育・資格講座、無料サンプル(化粧品など)• 定期継続系:ウォーターサーバー、格安SIM、レンタルサーバー、Wi-Fi• ノウハウ系:情報商材 この手の情報は、アフィリエイターさん(元ASPの方も?)が公開されているので、本当にありがたい限りです。 参考 HERO| 「〇〇が載ってない!」とか、「載ってるけど承認率低くて稼げないよ!」とか、いろいろツッコミどころがあるかと思いますが、私がアフィリエイトをやろうと思った時に率直に思ったのは、 「アフィリエイトで稼げるジャンルって、思った以上に狭い」ということでした。 なぜなら、ブロガーさんと話しているとよくあることなのですが、 「私、自分が使っていいと思うものしか紹介できないんですよね・・・」 というブロガーあるあるによって、アフィリエイトで稼げるジャンルのほとんどは、 自分がやりたいブログテーマと合わないため、「使えない」のです。 この点、アフィリエイターさんからすれば、 「なんで自分が使ったものに限定するんだろう・・・」と信じられないかもしれません。 そういうブロガーさんも意外と多く、結果として、 ブログで稼げるジャンルにうまくはまらない限りはアフィリエイトで稼げないということになります。 体験談を外注してまで集めるという発想は、基本的にブロガーにはありませんからね(苦笑)。 そもそも記事を外注すること自体がブロガーからすれば「違和感」があります(私は無理です)。 したがって、アフィリエイトで稼げるジャンルで記事を書いていない(書けない)から、多くのブロガーさんは、アフィリエイトで稼げません。 ・・・なお、私みたいにブログを運営していたら、 「お宝キーワード」で検索上位になって、そこから稼げるジャンルやニッチなジャンルのアフィリエイト広告がマッチして、稼げるようになった人がいるわけですが、それはまた別の記事で書きます。 わざわざアフィリエイト広告に合わせなくても、Google AdSense自体が広告を(あるときは無理矢理)合わせてくれます。 ・・・しかし、クリック報酬型広告で稼ぐためには、 「PV数」が必要です。 1,000PVより10,000PV• 10,000PVより100,000PV• 100,000PVより1,000,000PV と、 PV数におおむね比例して収益が発生します。 私もGoogle AdSenseを全く知りませんでしたが、導入するとすぐに収益が発生したのはもともとPV数が月間8万PVあったからです。 1PVあたり0. 3円くらいと言っている方が多い気がしますが、単価の高いジャンルなどバラつきがあるので、目安という程度でしょうか。 1PVあたり0. 1円だと少ない印象なので、配置や数を工夫してもいいと思います。 逆に1PVあたり1円だと、もしかしてAdSense広告じゃなくてアフィリエイト広告貼った方がいいんじゃないの?とも思ってしまいます。 一応、このブログでは、 「趣味ブログを月1万円稼ぐ自動販売機化」する考え方や具体的な方法を提供することが1つの目的ですが、Google AdSenseだけでいこうと思ったら、 月間3万3333PVは最低でもほしいですね。 3円=約1万円 PV数を増やす方法はいろいろありますので、今後ご紹介していきます。 ただ、テーマによってはニッチすぎてどんなにがんばってもPV数が増えない現実もあるので、その辺も書こうと思います。 できれば月10万PV目指していただくと月3万円の収入ができるのですが、こちらはブログのテーマや記事数などにもよるので、【中級編】ということにしておきます。 また、そこまで書いていくと、テーマによっては「アフィリエイトで稼げるジャンルの広告」につながる 「お宝キーワード」が発掘されることがあるので、PVあたりの収益は増えていきます。 関連記事>>> 【理由4】アフィリエイトとAdSense以外の収益化の方法を知らない ここからはこのブログではあまり扱いませんが、ブログで稼ぐ方法って、別にアフィリエイトとGoogle AdSense=広告収入だけではありませんよね。 もし自分がリアルビジネスをしていて、ブログを運営しているなら、ブログで集客して、自分のお客さんになってもらうのだって収益化の1つの方法です。 また、電子書籍(Kindle)やで情報を有料で売ることもできますし、に誘導して自分の好き・得意・趣味を活かして収益化している方もいます。 【参考】ココナラのカテゴリー• ハンドメイド• 法律相談・弁護士検索• 似顔絵・イラスト• 画像・デザイン• ビジネス• 恋愛・結婚• SEO・Webマーケティング• 美容・ファッション• キャリア・就職・資格• 心の悩み・健康• 文章・キャッチコピー• 動画・音声• 旅行・お出かけ• 趣味・娯楽• 語学・翻訳• マネー・不動産• 暮らし・住まい• 子育て・教育• グルメ・料理• IT・プログラミング• 副業・アフィリエイト ちなみに、クロネさんのイラストもココナラでイラストレーターさんに書いてもらったものです。 手に職持ってる方は収益化しやすそうです。 あとはコンサルやサロンを開く方法もありますが、「」で書いたように、自分が労働することになり、これは自動販売機化ではないので、収益化の方法としてはこのブログでは取り上げません。 関連記事>>> 終わりに 今まで大量のブログを分析してきましたが、「このブログは稼いでいるかな」と思った時に、私が見るポイントは上記のとおりです。 つまりそのブログの 「収益化の仕組み」を見ているわけですね。 あなたのブログには「収益化の仕組み」はありますか? ブログは別に記事を書いてコメントをもらったり、SNSでの交流をするのだって楽しいわけですから、無理して自分のブログで収益化をする必要はありません。 広告を貼ることで記事の内容がゆがむことだってありますし、ファンが離れることだってありますからね。 自分の好き・得意・趣味で本当に無理して稼ぐ必要があるのか、もう一度、考えてみてくださいね。 なお、もっと稼げない理由について深く知りたい方は、次の記事もあわせてお読みください。 次の記事へ>>>.

次の