デュランダル。 武器/【デュランダル】

【エピックセブン】デュランダルの評価・おすすめ装備キャラ|ゲームエイト

デュランダル

ギルバート・デュランダルとは、に登場するである。 概要 コーディネイター 生年日 C. 年 年齢 歳 体重 69kg 前大戦で最高評議長が戦死し、代わりに穏健の・カナーバが議長の座に就いた。 しかし連合との間に結ばれたユニウス条約でト側に不利な結果をもたらしたためを取って辞任。 その後に議長の座に就いたのがギルバート・デュランダルである。 艦長とは元人の関係。 しかし二人の間には遺伝子上の関係でが生まれなかった。 人口減少に頭を抱えるトはが生まれないのは認めないという統制を敷いており、はと別れ、別の男とする事になった。 は取り乱す事もなくを見送ったが、は心の底からをての時に味わった失意が彼の理想をませ、後のへと繋がる。 元々は遺伝子研究者で、ニーメンデルで研究に従事していたという。 この頃からとの親交があったという。 議長として就任した後、アーーの新が奪取されたり、の破片がに落着したり、それを難癖のように非難する連合が強引に開戦してきたりと矢継ぎに大事が発生する。 それに対して冷静かつ速な対応に取り組み、・で被災したのに対して即座に援助を開始し、強引に開戦させてきた連合に対しては限の防衛に留めた。 またトに領土的野心がいという事を示すために大規模な戦を動かす事も控えていた。 このようなを好まず、人的なを行うの政策は、当時の導の強引なやり口の立った連合との相対的較などもあり、多くの一般たちから大いに支持されることになる。 しかしその一方で自分の理想通りにことをる進める為に様々な画策を行っていたと臭わせる描写も随所に存在している。 の替え玉である・キャンベルの徴用、自身のにのが映りこんでいる描写、自らのでとに植え付け葬ったの死に際に「」とな発言をしている等。 そしての死後、自分の最終標とも言えるという物を全に向けて発表、その導入に乗り出そうとする。 このは にを中心としたの発言あ曖昧なこともあって詳細はあまりわかっていなかったが、人々が生まれながらに持つ遺伝子を解析し、その人に合った役職に就けるようにするという「遺伝子を基にした全規模の的な物」という見方がのの間で広まっている。 これは前述した本人がての人であると、婚約統制から来る遺伝子相性のの所為で別れざるを得なくなったというも大きくしているとされており、そういった点から最初から遺伝子でその人の運命を固定し、争いや不等のい、自分の様にする人と別れなくてはいけないような悲劇もくなるという遺伝子至上義のをしていたのではないかとされている。 この自体が任意なのか強制なのかすらも中ではられていなかったが、仮に強制の場合は例え遺伝子的に優れていないという理由だけで自分の就きたい職、やりたいことが出来なくなるという遺伝子による強制的で統制されたのい管理が生まれてしまうという可性もんでいる。 この発表後からは今までの的なやり口から妙に強引なやり方に走るようになり、その典がトに大規模なを与えたを修復し、それをザッへと向けるという手段に打って出る。 そしてそれに対して抵抗の意を示してきたの残党やとのにおいての照準を今度はに向けたり、にを味方を巻き込む形で発射するなどした。 しかし最終的に、も破壊され崩れ落ちる要塞の中でてたと、の先駆けとも言え、それを否定し自らを撃ったと共にの中へと消えていった。 余談 前述したようにの件やの件など決して清廉潔とは言い難いではあるが、その対抗組織とも言えるやの方が寧ろ問題が多い所為で彼の方をなに見立てるとどうにも疑問が生じる形に見えるというも多い。 というよりにによるの異様な持ち上げのを喰らっていると言える の徴用に関しては彼自身がを具としてしか見ていない節も多々存在しており、実際に本物のラクスが表に出て以降はかなりぞんざいな扱いをするようになっている。 が、これに関してもそもそも前大戦から姿をくらまして、のゴタゴタに関する取るべきを取らずにいた本物のラクスの所為ということもあり、の扱いはともかくとして「代理のラクスを用意する」という行為自体は一概に全にだとは言い難い。 そもそも前大戦ので精的に参っていたとかならまだ、やといった最新鋭を始めとする自軍戦を固めるのに奔走していたというのだからますます判断に困ってしまう の件にしてものと取られやすいが、実は連合軍はその直前にザッ基地から艦隊を発進させていたりする。 そもそもが討たれた跡と言っても、あの時点でトはまだ連合とは交戦状態にあり、その相手が軍を動かしたとあっては先に撃って出ると言う行為自体は別におかしい事ではい。 ただ、それでも自に多大なをもたらしたのようなをわざわざしてまで使って、民に対する説明はどうだったのだとかという問題点もあることは確かだが 及びに至ってはそもそも開戦当初はは連合側だったこと、を始めとした一の再三に渡る妨行動、自軍のやそのの、捕縛の妨やその結果のトに対するによる大と挙げればキリがく、がの照準に定されるというのは寧ろ当然の話であると言えなくもない。 作界におけるであることには間違いないのだが、それに対する側の組織がそれ以上に所為で、色々とな立場に置かれている難儀なであると言えよう。 関連項目• で・・・と、だけを見て精面を押さえつけようとしたらどうなるかの実例見せてるし、と&、生体なんかだけをめた結果と来てて不安要素たっぷりだし。 ラクス達にも悪いとこあるのは認めるが 艦隊とか種時代のだし 、のやり方は自身の的のためにと人をぼろぼろにしたと同じでになる。 としての手腕や人との接し方は、含め多くの人が信用するのお人なのにね、悲しいね。 ・・・まあ界で、この人以外にって呼べるのウしか居ないけど。 はやり方がだし 1146 ななしのよっしん.

次の

遊戯王カードWiki

デュランダル

諸作品におけるローランの剣 [編集 ] 諸作品のなかで、幾つかの由緒(過去の持ち主)が示されている。 『ローランの歌』では天使からシャルル王に渡すように授けられ、その後シャルル王からローランに授けられた剣として登場し 、『』では『』に登場するの英雄が使っていた剣とされる。 当時のの形態を考えると、(馬上では片手、徒歩では両手で使う剣)の一種としてみなされる場合が多い [ 独自研究? 『ローランの歌』によれば黄金の柄の中には、(聖ペテロ)の歯、(聖バシリウス)の血、市の守護聖人である(聖ディオニュシウス)の毛髪、の衣服の一部らが納められている。 作中では 「切れ味の鋭さデュランダルに如くもの無し」とローランが誇るほどの切れ味を見せる [ 要出典]。 そしてロンスヴァルの谷で敵に襲われ瀕死の状態となったローランが、デュランダルが敵の手に渡ることを恐れて岩(もしくは)に叩きつけて折ろうとするが、剣は岩を両断して折れなかったというエピソードが有名。 『』では、セリカン(絹の国、古代中国の呼称)からグラダッソ、人の王などの強敵がデュランダルを獲得しようと死闘を繰り広げた。 語源 [編集 ] 「不滅の刃」の意と断ずる日本語の資料もあるらしいが [ 要出典]、欧米の学術論文では諸説ある。 まずデュランダル Durendal のをなす dur- は、 で「硬い」の意と解釈できるが、「持続する、長久の」の含みがあるとも考察されている。 中世の『 偽テュルパン作年代記 ()』には、「ドゥレンダは、強烈な斬撃を秘めし意に解釈されにけり」云々の一文がみえる。 同書にこのような注釈がつくということは、フランス語では意味の読み解きが困難な剣名であった、すなわち外国語の剣名であったことの傍証であるという主張がある。 天使がカルル王(シャルル王)に剣を渡す場面の挿絵が、 デア・シュトリッカー ()の『カルル大王』の手写本にみられる。 英語:"enduring"• ウォレン女史の英訳説明では"strong scythe"• ラテン語原文:'Durenda interpretatur durum ictum cum ea dans• 英語原文の説明では"blade [that] dulls cutting edge" or "blade blinds". 英語原文の英訳は "master of stone"。 同様の剣名はをはじめ多数ある。 またズルカルナイン(双角王)という添え名からもわかるように、「ズル」とはかならずしも「制すもの」という意味ではなく、「~を持つもの」の意味にもなる。 出典 [編集 ]• , p. 443, 注16• , p. 313. の訳を引用• , p. 314. の訳を引用• Sayers, Dorothy L. 1957. The Song of Roland. Hammondsworth, Middlesex, England: Penguin Books. 0-14-044075-5• , p. 158. 1993. Stanford University. 254, note 43. , p. 272, 注14 "a scimitar or scythe which holds up, resists, endures"; , p. 158に拠る。 1949 , , Modern Language Notes 64 3 : 161—, ,• , p. 273. 1987 , , Journal of the American Oriental Society 107 2 : 267—277, ,• Brault, Gerard J. 2010 [1978]. University Park: Pennsylvania State Univ. 443. 0-271-02455-0. 149—66• 『ロランの歌』有永弘人訳、岩波書店〈岩波文庫 赤501-1〉、1961年1月。 4-00-325011-7。 『ローランの歌』佐藤輝男訳、筑摩書房〈ちくま文庫〉、1986年10月。 4-480-02076-4。 『ロランの歌』栄三訳、白水社、1990年12月。 4-560-04600-X。 藤井康生 『人文研究 大阪市立大学文学部紀要』 48巻6号、303—328頁、1996年。。

次の

武器/【デュランダル】

デュランダル

【 不利 】 164 以下 82 ほとんど動かない。 【 互角 】 184 92 押し勝つことが多い。 【 有利 】 225 113 一方的に押せる。 ただし、セット効果、錬金効果、食事による増減分は2倍にならない。 LV上げ狩場・狩場までの行き方• ドラクエ10 金策情報 神聖秘文検索 判明している文字を入力して検索してください。 2〜3文字分かれば、ある程度絞られますので、 神聖秘文攻略に活用下さい。 レモンスライムクイズ• 条件:1 条件:2 HPで絞り込み 対象項目 並びかえ ドラクエ10 最新情報• オススメ狩場• 特訓モード• モンスター目的別• ドラクエ10をはじめよう!• モンスター系統別• モンスター弱点別• モンスターレベル別• モンスター経験値別• ゴールド別• 五十音順• おすすめ書籍• モンスターシール【今日】• 6月25日の出現予報 日本時間• [00:00〜]• [00:36〜]• [02:24〜]• [04:12〜]• [05:06〜]• [06:54〜]• [07:48〜]• [09:36〜]• [10:30〜]• [12:18〜]• [14:06〜]• [15:54〜]• [16:48〜]• [17:24〜]• [19:12〜]• [19:48〜]• [20:42〜]• [21:18〜]• [23:24〜] モンスターシール【明日】 6月26日の出現予報• [00:00〜]• [00:54〜]• [02:42〜]• [03:18〜]• [03:54〜]• [04:48〜]• [05:24〜]• [07:12〜]• [09:00〜]• [09:54〜]• [11:42〜]• [12:36〜]• [14:24〜]• [15:18〜]• [17:06〜]• [18:54〜]• [20:42〜]• [21:36〜]• [22:12〜] ドラクエ10 最強攻略モンスター図鑑• ドラクエ10のモンスター全種類(Ver3. 5対応)のHP・経験値、弱点・耐性、ドロップする宝珠、倒し方・攻略法!ボス系のサポート仲間のみ討伐。 モンスター討伐に欠かせない生息場所・座標、行き方、おすすめ狩場や効率の良いレベル上げ方法、特訓モードや汗と涙の結晶化に必要なモンスターLV、ドロップ品を使った金策など。 当サイトは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。 当サイトのコンテンツを利用することによって生じた、いかなる不利益も運営者は保障いたしかねます。

次の