アウトドア スパイス。 【5選】アウトドア用スパイスはふりかけるだけで簡単本格的な味に!キャンプ料理やBBQのクオリティをグッとあげちゃう!|【CAMP BALLOON】

アウトドアスパイス界が激戦区!「ほりにし・黒瀬・マキシマム」を食べ比べたので美少女に例えてみた

アウトドア スパイス

味付けが1本で決まる(持ち運びが楽)• 肉・魚・野菜・米…あらゆる食材に合う• 塩気+ガーリックなどパンチのある味がアウトドア感満載 この3つが挙がるのではと考えています。 元来スパイスというのは普段の料理にも活躍する調味料ですが「アウトドア」とわざわざ呼称するということは、やはり3つめの 「アウトドア感を楽しめる味」というのが大きいのではと勝手に推測している私です。 また、何故ここまで人気を博しているのかというと、 アウトドアなのに本格的な美味しさが味わえるというのも大きな要因でしょう。 実際に私も初めて使用したときは「アウトドアスパイスのみの味付けでこんなに美味しいの!?」と驚愕しました。 アウトドアスパイスさえあれば、 キャンプ飯はもちろん、自宅での料理も格段にレベルアップしますよ!では、アウトドアスパイスにはどんな種類があるのか、巷で噂のBIG3をご紹介してきましょう。 魔法の調味料!アウトドアスパイスBIG3を徹底比較 アウトドアスパイス界のBIG3 【マキシマム・黒瀬のスパイス・ほりにし】の特徴を実際に私が食べた感想を交えご紹介していきます。 マキシマム 緑のラベルと赤いキャップがレトロ感を漂わせる「マキシマム」。 製造元は、宮崎県にある中村食肉という食肉や加工肉を扱っている会社です。 株式会社中村食肉と検索すると、宮崎牛や黒豚に並び、マキシマムの文字が!実はこのマキシマム、味は1種類ではなく 「ゆず味」や 「ワサビ味」、極めつけは 「マキシマムポテトスティック」というおつまみ&おやつに最適な商品など幅広く展開しています。 スパイスの形状は、細かく粉砕されており色味はほとんどありません。 では、一体どのようなものが調合されているのかというと、塩につづきガーリック。 そしてマキシマムならではなのが、 かつお調味粉末と ナツメグ・ クミン・ ローレルです。 ほかの2種類には入っておらず、 マキシマムの特徴を生み出しているのがこの4つと言われています。 実際に食べてみた感想は「パンチが効いてる!」です。 私的には、 BIG3の中で最もスパイス感を強力に感じました。 とくに強く感じるのが、恐らくクミンやナツメグなどカレーならではの香り。 また、塩気もかなりしっかり目でした。 ラベルに記載してあるように、さまざまな料理に合うことを確信しつつ、私がおすすめしたいのは「生魚」の調理です。 BIG3の中で最も香りやスパイス感が強いので、 臭みが気になる生魚との相性はバツグン。 生魚にマキシマムをまぶして焼くだけで、レストラン並みの料理が完成しますよ! 黒瀬のスパイス スパイスだと一目で分かるラベリングが嬉しい「黒瀬のスパイス」。 九州は福岡県の鶏肉専門店「かしわ屋くろせ」が製造しています。 「これだけ有名なのだから、さぞかし大規模な店舗なんだろうな~」と思いネット検索してみるとびっくり。 昔ながらの商店街にありそうな懐かしい風景が掲載されています。 また、 創業70周年を迎えている老舗中の老舗であり、衰えない人気の高さを窺えます。 スパイスの形状はマキシマムよりも粗く、色味も全然違いますね。 スパイスの中身はというと、塩につづいて胡椒やフライドガーリックなど、ほかの2つとあまり変わらない調合となっています。 しかし、食べてみると分かるのが 「ガーリックの主張の強さ」。 ほかのスパイスと黒瀬のスパイスを比較すると、明らかにガーリックの強さが違います。 フライドだから?と考察してますが、 肉との相性は最高です。 牛・豚・鶏・羊… どんな肉も黒瀬のスパイスを一振りすれば御馳走に早変わり!キャンプやバーベキューで肉を焼くという方は、黒瀬のスパイスを常備しておけば間違いないでしょう。 ほりにし シンプルなデザインが目を引く「ほりにし」。 和歌山県にあるアウトドアショップ「Orange」が販売していることで知られています。 まず、ほかのスパイスと明らかに違うのが 「アウトドアスパイス」と銘打っている点。 販売元がアウトドアショップなだけあり、キャンパーの心をくすぐります。 【材料】• 刺身用サーモン1さく• マキシマム適量• オリーブオイル大さじ1• スキレットやフライパン 1. サーモンは調理器に合わせてカットし、マキシマムを振りかける 今回はスキレットを使用したので、サーモンを半分にカットしました。 両面にマキシマムを振りかけ、手ですりこみ味を馴染ませます。 調理器で両面を焼き上げる よく熱したスキレットにオリーブオイルをひき、サーモンを焼いていきます。 レアに仕上げるには、片面およそ30秒焼き上げましょう。 焼き時間を調整し、好みの焼き具合に仕上げて下さい。 刺身用のサーモンを使った、 ちょっと大人なレアステーキの完成です。 マキシマムが持つパンチ感が、 生魚のくさみを消し去り旨味を引き出します。 キャンプのおつまみに、ぜひお試し下さい。 黒瀬のスパイスで焼きスペアリブ 【材料】• 豚スペアリブ好きなだけ• 黒瀬のスパイス適量• オリーブオイル大さじ1• あれば付け合わせの野菜オクラ、アスパラ、人参など• フォーク• フライパン 1. フォークでスペアリブを刺す スペアリブをフォークでランダムに刺していきます。 とくに、骨と肉の間を刺しておくと、肉が離れやすくなり食べやすいです。 スペアリブにスパイスを振りかける スペアリブに黒瀬のスパイスをふりかけ、手ですりこみます。 そのまま 15分ほど放置し、味を馴染ませましょう。 フライパンで焼く よく熱したフライパンにオリーブオイルをひき、スペアリブを入れます。 スペアリブをひっくり返し、蓋をして蒸し焼きにする 片面に焼き色がついたらスペアリブをひっくり返し、蓋をして蒸し焼きにします。 火加減は弱火でおよそ15分焼きましょう。 また、付け合わせの野菜がある場合は、このタイミングで加えて下さい。 ガーリックが効いた黒瀬のスパイスが、 スペアリブの美味しさを最大限に引き出します。 ボリューム満点ながら、 味は繊細かつ旨味たっぷり。 バーベキューの肉料理は、スペアリブに決まりです! ほりにしで生ハムサラダ 【材料】• ミックスリーフやレタスなど好みの野菜好きなだけ• 生ハム適量• ほりにし適量• オリーブオイル気持ち多め 1. ボウルに材料を全て入れ混ぜる ボウルに野菜・生ハム・ほりにし・オリーブオイルを入れて混ぜ合わせます。 オリーブオイルを気持ち多めに入れると、ほりにしが野菜にしっかりと馴染みます。 ほりにしの強すぎないスパイス感は、 生野菜と組み合わせると魅力全開。 オリーブオイルと合わせれば、 まるで高級サラダのような風味が生まれます。 材料を混ぜるだけなので、キャンプの1品におすすめです。 キャンプの調味料に万能スパイスを持って行こう ご紹介したように、 アウトドアスパイスは旨味が凝縮した万能調味料です。 肉、魚、野菜…それぞれの個性を活かしたアレンジ料理も楽しいですよね。 キャンプならではの料理を楽しみたい、できるだけ簡単に料理をしたいという方は、ぜひアウトドアスパイスをバッグに一つ忍ばせてみて下さい。 関連記事はこちら.

次の

アウトドアにこれ1本!motteco(もってこ)スパイスの無限に広がる可能性を食べつくしてみた!

アウトドア スパイス

¥554 スパイスや調味料が20種以上! このズラリと並んだ原材料。 なんとスパイスや調味料が 20種以上もブレンドされている! 塩や醤油などの和風テイストの中にガーリックの風味が広がります。 フランス料理でも使われる ミルポアパウダーは、数種類の野菜と油とバターを凝縮させたもの。 単調にならない 深みのある味は飽きがきません。 肉はもちろん、野菜にも豆腐にも!? お肉はもちろん、 合わないわけがない! ほりにしを振りかけた瞬間から食欲をそそる香りが……! これだけのスパイスが入っていながら複雑な味にならず、お肉の旨味を引き出してくれます。 ベーコンブロックもスペシャルなご馳走に、これは美味すぎる……。 ほりにしが合うのは お肉だけじゃない。 例えば サラダにかけても……。 冷奴にもバッチリマッチしてくれる! この汎用性の高さ、アウトドア以外でもついつい使っちゃいます。 残念なところ:関東ではなかなかお目にかかれない ほりにしは和歌山のアウトドアセレクトショップがつくっている商品の為、関東ではなかなかお目にかかれずインターネットからの購入がメインの購入手段となります。 もっと気軽に購入できたら嬉しい……!もっと多くの人にこの味を知ってほしいファンの1人です! とりあえず持っていこう! 口には大き目の穴が4つ、スパイスも大粒なので 出すぎてしまうこともなく使いやすいです。 多くのスパイスや調味料がブレンドされているので、なかなかカラフルです。 キャンプやバーベキューに行く際は とりあえず持っていきたい1本。 いつものメニューにほりにしをふりかけるだけで新しい味が楽しめる! この魔法のスパイス、どんなメニューに合うか考えるのも楽しみのひとつ。 次は何を試してみようかな〜…… と考えるのも楽しくなりますよ。

次の

【5選】アウトドア用スパイスはふりかけるだけで簡単本格的な味に!キャンプ料理やBBQのクオリティをグッとあげちゃう!|【CAMP BALLOON】

アウトドア スパイス

外観比較 外観比べてみました。 見た目は、こんな感じ。 ほりにし:粒は大き目、塩ベースに赤系のスパイスがちりばめられている配色。 黒瀬のスパイス:粒は3つの中で中間の大きさ、黒、赤、白のスパイスがバランスよく配合。 マキシマム:粒は一番細かい、明るい色のスパイスは目立たず、モノトーン系スパイスが配合。 ちなみに、オリジナルのスパイスケースだと統一感がないので、我が家では入れ物を変えています。 といっても、Seriaの100均ケースなのであまり高級感なくラベルもちょっと事務的でいけてないです。。。 何か良い入れ物物色中です。 ほりにし 黒瀬のスパイス マキシマム 3つ試して、我が家の感想は、こんな感じ。 ほりにし:塩・ガーリックの味が一番しっかり。 黒瀬のスパイス:ペッパー系の主張があり、塩コショウの味も感じられる。 マキシマム:上2つとは少し違う味、カレー?や旨味が感じられる。 結論、「どれもイケてる」スパイスです。 アウトドアにあれば便利この上ないです。 個人的には、マキシマムの旨味やコクがある感じが好きです。 単なるスパイスではなく、追加で味が乗る感じです。 ほりにしと黒瀬のスパイスは、まさにスパイスといった感じで、パンチが効く料理になりますね。 まとめ おいしい料理はキャンプの醍醐味のひとつ。 今回紹介したスパイスは、さっと振るだけで料理の幅を広げてくれますよね。 アウトドア専用っぽくて料理の締めに登場させばテンションあがること間違いなし。 味を覚えておけば普段のおうち料理にも使えて本当に便利なアイテムだと思います。 まだ試したことのない方、ぜひともトライしてみてください。 以上、 「自称アウトドア三大スパイスを比べてみた!「ほりにし」「黒瀬のスパイス」「マキシマム」」でした。

次の